お庭周囲にコの字型で設置した人工木目隠しフェンスBR

東京都にお住まいのI様邸にて、お庭の周囲に人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

下記は設置前の写真です。家屋側面には隣家の玄関や駐車場があり、少々見通しが良い状態のため、人工木による目隠しフェンス設置のご相談をいただきましたupimagephoto0620a
当店では、下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。全体の高さは約1.8mで、コの字型に設置していくものになりますflair
imagephoto0620b
まずは例によって、土中用金具の埋め込みからスタートしています。間隔や通りがズレることのないよう慎重に設置を行っていますnote
imagephoto0620c
人工木ポストを立て終え、角部より板材の貼り付けが始まりましたhappy01 板同士の隙間は10mmとなっています。
imagephoto0620d
側面も貼り終えて、駐車場側がみごとに目隠しされました。ご覧のように駐車場側は板の化粧面を外向きに設置していますnote

下段のブロックが見えている箇所については、後ほど植栽を埋め戻していきます。
imagephoto0620e
植栽を埋め戻して、角部の仕上がりは写真のようになりましたflair
imagephoto0620f
反対側に回って撮影してみました。お庭の中がしっかり目隠しされています。
家屋の仕切りにフェンスがあることで、施主様だけでなく隣家の方から見てもありがたいのではないかと思いますが、いかがでしょうかhappy01
imagephoto0620g
さらに駐車場とは反対側に向かって、フェンスは貼られていきますsun 一直線に伸びたボーダーフェンスは見栄えも美しく、お庭の雰囲気が大きく変貌しています。
imagephoto0620h

もともと設置されていたウッドデッキ正面部分も、きれいに納めることができましたupimagephoto0620i

こちら側も板の化粧面は外側に向けて設置されています。
ようやく板材の貼り付けを終えて、この後は基礎部分のモルタル固定へと進んでいきますflair
imagephoto0620j
土中用金具の周りを掘り込み、モルタルを流し込んで強固に固定を行っています。
写真の手前は強風対策の控えと一緒に固定をしている写真になりますが、硬化を待って土を被せたら完成ですup
imagephoto0620l
すべての工程を終えて、これで完成です。
フェンスのブラウン色が周囲とも調和して落ち着いた雰囲気を醸し出していますshine

目的であった周囲からの目隠しもしっかり施されて、木の温かみ溢れる雰囲気に仕上がりましたhappy01
imagephoto0620m

I様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000