世界の冷凍機産業調査、サイズ、成長、トレンドレポート、シェア、トップメーカー、洞察分析、2024-2036年予測

市場の定義

チラーは、何かを冷却したり、さまざまなタイプの製品を氷点以上で保管したりするために使用される機器として知られています。この装置は、吸収冷凍サイクルを使用して液体冷却剤から熱を除去します。冷却プロセスには、液体冷却剤から蒸気圧縮または吸着冷却を介して熱を除去することも含まれる場合があります。

Chillers Market

サンプルPDFレポートの請o求はこちら: https://www.sdki.jp/sample-request-108875

チラー市場の成長要因

当社のチラー市場分析によると、主要な成長ドライバーの一部は次のとおりです。

産業アプリケーションにおけるプロセス冷却の需要の拡大: 一人当たりの所得の増加により、世界的に人々の生活水準が向上しており、これがエアコンや冷蔵庫などのレジャー用品や快適品の需要の増加につながっています。 空調機器の世界需要は2022年までに約118百万米ドル台に達し、これは10年前以来最高の数字であり、2019年の全体ピークである117百万米ドル万台以上を上回りました。冷却機器市場を推進するもう1つの要因は、食品およびヘルスケア分野の拡大です。 人口増加や冷凍食品需要の高まりなどにより、冷凍機器市場は拡大しています。その結果、冷凍の必要性が高まり、チラーの需要が高まっています。

スマートチラーの人気の高まり: コネクテッドチラーは、チラーに IoT を組み込む必要性の結果として生まれました。 予防保守などの独特の特性を使用することが支持されています。 インテリジェントチラーによって、中断の減少、機器の寿命の延長、停止の減少がすべて実現されます。その結果、メーカーはネットワーク化されたチラーの開発に注力しています。 インテリジェントチラーは、危機や状況の悪化に迅速に対応して問題を回避します。したがって、チラーの効率の向上により、スマートチラーの需要が増加しています。したがって、IoT統合の増加が、予測期間全体を通じて市場のCAGRをサポートすると予想されます。

最新の開発

2022 年 1 月: Kaltra GmbH は、Powerstream II 水冷チラーを発売することでチラーのポートフォリオ製品を拡張したと発表しました。 このチラーは R1234ze 冷媒で動作することが知られています。
2022年12月:Yanmar Energy System Co、Ltdは、ハイブリッド冷凍機システム「スマートミックスチラー」を開発したと発表しました。 このチラーはダイキン工業株式会社と東京ガスとの協力により製作されました。

競争力ランドスケープ

世界のチラー市場調査レポにおける主な主要企業には、LG Electronics Inc、 GREE ELECTRIC APPLIANCES, INC、Carrier Global Corporation、Trane Technologies Company, LLC、Thermax Limited などが含まれます。さらに、日本市場のトップ 5 のプレイヤーは、Mitsubishi Electric Corporation、Daikin Industries, Ltd、 Nippon Midea Co, Ltd、 POLARIS INDUSTRIES INC、Fluid Chillers, Incなどです。この調査には、世界のチラー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)