タグ別アーカイブ: 園芸

結果オーライ +.゚(*´∀`)b゚+.゚イィ

チューリップ2種目が咲きました。

チューリップ

前回に引き続き、どんなお色のチューリップを植えたのか、

記憶の中からスッポリ抜けておりましたが、

咲いた花を見て、またまた、

「そうやっ‼この淡い色のチューリップ買ったわ」・・・って事になりました(^^;

チューリップ

来春はそんなことにならぬよう、色を書いたラベルを挿さないとね。

・・・・・って、言ってみたけど、

ラベルを挿すことすら忘れるような気しかしない・・・(。-_-。)チーン

チューリップ

でもね、このチューリップ、実は晩秋に植え忘れてて、今年の初めに慌てて植えたの。

球根も少々フニャってて、お花は諦めてたんだけど、

そんなことが無かったかのように元気に成長して、

加えて、球根全てから花芽をあげてくれてたんです♪

球根栽培が下手な私にとっては快挙よ快挙(= ̄▽ ̄=)V やったね

球根花の苦手意識が少しほどけた気分です。

コチラはオマケのチューリップさん♪

チューリップとムスカリのコラボ

肌寒い中、頑張ってるよ♪

花壇で頑張ってお花を咲かせてくれている植物達。

切り戻しをしたルドベキア・タカオが、

又、花茎を伸ばしお花を咲かせてくれました。

ルドベキア タカオ

まさか、又この姿が見られるとは思ってもいなかったので、嬉しさ倍増です♪

そして、ノゲイトウもまだまだお花を咲かせ続けてくれています。

ノゲイトウ

今まで何度か育てていますが、今年はとっても長持ちしてくれて、

オマケにこぼれ種からの発芽も♪

だけど、来年の花期までこの子達生き延びられるのかな?(;^ω^)(汗)

そして、こぼれ種から発芽し、お花を咲かせ続けているシレネ 桜小町

シレネ 桜小町

小さな小さなお花ですが、アチラコチラの鉢に種を落とし、

我が物顔でシレ~っと花咲かせています。

か弱そうに見せて、図太いそんなところが大好きです♪

どのお花も僅かですが、我が家の花壇ではそれでも十分。

お花の少ない時期にはとっても有難い存在です。

少しでも・・・

インスタントモルタルを使って「花器」を作ってみました。

・・・と言っても浅くて小さな多肉用ですけど(笑)

インスタントセメントで多肉の花器

一応ハート型です(伸びきった歪なハート型ですけどね(ーー゛)

そして、色はやっぱり好きな色が一番♪・・・とブルーに決めました。

インスタントセメントと多肉

少々ビビットな色になり過ぎている感は否めませんが、

日々の風雨にさらされれば良い感じにくすんでくれるのではないかと思います。

花壇にお花が無い時だからこそ、こういうごまかしも必要だ‼(≧▽≦)ニャハ

目を凝らしてみると・・・

咲いているお花も殆どなく寂しい花壇となっていますが、

目を凝らして見るとかろうじて咲いているお花が・・・

リッピア 『スイートメキシカンハーブ』

リッピアスイートメキシカンハーブ

昨年の宿根からの発芽で、今年も元気に育ってくれました。

今年は伸びたツルが他の鉢に入り込み、そこに根を張り、

シレ~っと我が物顔でお花を咲かせています。

西日ガンガンの場所で鉢植えにも関わらず

元気でいられれるってだけ繁殖力が強い強者って事なのかな(笑)

『シレネ桜小町』

シレネ 桜小町

この弱々しい見た目に反して、こぼれ種から芽が出るわ出るわ(笑)

基本、初夏が花期となっていますが、こぼれ種からの開花で、

晩秋までお花を咲かせ続けてくれます。

『エキナセア』

お花が咲き終わり真っ黒になった花芯。

エキナセア

まるで「まっくろくろすけ」のようで、

とっても可愛く見えたのでパシャリ。

みんな今年の猛暑を頑張って乗り越えてくれたんだよね。

ありがとね(´∀`*)

おばちゃんの夏休みの工作

少し前の話ですが、

その後の使い道も考えず、ルナリアの漂白をしました。

ルナリアの漂白

折角、漂白したので、何かに使えないかと考え、

こんなものを作ってみました。

ゴウダソウ ルナリアの漂白を使った工作

遠い昔、子ども達が小さなころに読んであげた絵本「にじいろのさかな」をイメージし、

板材に色を塗り、魚の絵を描き、

漂白ルナリアをうろこに見立てて張り付けてみました。

ルナリアの漂白

見えにくいですが、数枚、キラキララメ入りマネキュアも塗っています(^^;

ぷくぷく泡もルナリアです。

ルナリアの漂白を使った工作

少々、幼稚な仕上がりですが、

老年おばちゃんのボケ防止の手仕事と、

生温かい目で見て頂けたら嬉しいです。

ニャハハハハハハハ~~~~(^^ゞ

当たり前じゃない(。-_-。)

ハマナデシコのお花が咲いています。

ハマナデシコ

種からの開花です。

10月一杯まではお花を咲かせてくれるので、これからの時期、期待大のお花です。

そして、コチラが同じハマナデシコの仲間、フジナデシコです。

フジナデシコ

数年前に一度お迎えして以来、

毎年、宿根とこぼれ種からの開花を繰り返していたのですが、

その状況に甘え、種取り、植え付けは不必要かと手を抜いた翌年の事、

何年も宿根していてくれた根は枯れ、

加えてこぼれ種からの発芽が殆ど見られないという状況になってしまいました(>_<)

唯一、一枝だけ発芽したヒョロヒョロのフジナデシコを大事に育て、

種取りをして、又、こうしてお花が見られるようになりました。

そんな状況になって初めて気付く己の横着さ・・・(一一”)

毎年、お花を咲かせてくれることは、

当たり前であって当たり前でないことを痛感しました。

フジナデシコ

同じフジナデシコでもこの株は少し色味が違っています。

1年草も2年草も、勿論、宿根草も樹木も、

毎年、同じように育ち、お花を咲かせ、種を残してくれるとは限らないんですよね。

我が家の極小の極狭の花壇に縁があってきてくれたお花達と、

長いご縁が続きますようにと願って、大事に育てようと思います。

観賞価値アリアリ⤴

咲いているお花がすっかり少なくなった花壇ですが、

ドリコスラブラブとフウセンカズラが元気な姿を見せてくれています。

ドリコスラブラブ

ドリコスラブラブは綺麗なお花の後に、

こんな目を引くお色の鞘を付けて花壇に彩を与えてくれています。

ドリコスラブラブ

そしてフウセンカズラも、沢山の風船を付けて、風に揺られています。

フウセンカズラ

どちらも何と可愛い姿でしょう。

夏花が少なくなった花壇の貴重なお花達に心癒されています。

主力メンバー

カイガルディア グレープセンセーションのお花が咲き出しました。

カイガルディアグレープセンセーション

このお花をお迎えして数年、

見た目のひ弱さに反して、毎年、沢山の花芽をあげ、楽しませてくれます。

加えて、初夏から晩秋まで、長い期間咲き続けてくれる心強い存在で、

ここ数年、我が家の夏花壇には無くてはならない主力メンバーです。

カイガルディアグレープセンセーション

今年は昨年に比べ幾分か株が痩せたような気もしますが、

それでも、沢山の花芽が上がってきているので、

この夏もどうか乗り切ってもらえる事を願っています。

渋可愛いお花✿

ペンステモンのお花が咲き始めました。

ペンステモン ルビーレース

ペンステモン

深みのある落ち着いた赤いお花は中央に黒っぽい目が入り、

シックな印象のある花です。

脇枝からも開花する性質があり、一番花が終わった後も、

次々と開花し他のペンステモンに比べて花期が長いのが特徴で、

耐暑性は多少あるようですが、

どちらかというと午前中の陽が当たるような場所が好みのようで、

西日ガンガンの我が家の花壇は厳しい環境のようです。

ペンステモン

なので、軒下の場所をキープ。

何処まで元気でいられるか分からないけれど、

見守りつつ、この可愛さを愛でて行きたいと思います。

そして、花壇の片隅ではシナモンマートルのお花も咲いています。

レモンマートル

昨年、お花が終わってから、少々剪定しすぎたのか、

今年は少々お花が少なめですが、

しべツンツンの愛くるしい姿は今年も健在でとっても可愛いです。

レモンマートル

このお花は枯れると茶色くなって落ちるのですが、

星形のガクが緑色になって可愛いので、ドライにも使えて気に入っています。

今年も勿論、ドライにする予定です(≧▽≦)

これからの季節に期待大‼

サルビアのお花達が咲いています。

サルビア イパネマ パープル

サルビア スパルパボルドー

サルビア ファイヤーセンセーション

サルビア ファイヤーセンセーション

サルビア ファリナセア ホワイト

サルビア ファリナセア ホワイト

これからの季節、暑くなってくる花壇ではサルビアたちは力強い存在です。

うちの花壇は西日しか当たらず、

それに加えてアスファルトの照り返しもキツく、

スリット鉢の中はまるでサウナ状態。

耐暑性ありと書かれたお花でも生き残るのが厳しい環境なので、

その中で生き残り、加えて宿根しているこのサルビアたちは、本当に有難いお花達です。

これからますます暑くなるので、

この夏もどうか頑張って生き残ってほしいと願っています。