ち1

ブロックでつくらない災害に強い塀 スマートウォール

少し前に字ブロック塀の事故がありましたが、それ以降既存のブロック塀に関するお問い合わせを多くいただいてます。ブロック塀に対する基準も厳しくなり、またイメージも悪くなってます。

先日メーカーさんの研修でブロック塀に代わる新しい提案があり研修に行ってきました。

アルミフレームと高密度の発泡スチロール(結構硬いです・)で造るブロック塀に代わる塀です。

早速実際の現場で実践しました。(鳥栖市のお宅で・・ありがとうございました。) IMG_0192まずはアルミのフレームを設置します。

IMG_0194次に高密度の硬い発泡剤を組み込んで

IMG_4595接続部分を専用のテープで目地処理

IMG_4596塗壁作業前の下地が完成

ち2

ジョリパッドで塗壁仕上げをして表札つけて完成です。

見た目はブロックじゃないなんて全然わかりません。なんらそん色なく出来上がりました。

実際のブロック塀は門塀と言えども重量があるため、高くなると後ろに控えブロックをつかなくてはいけません。その点このスマートウォールは高くしても自重が軽いため控えを入れる必要がないそうです。施工性が良くい左官さんが不足している現状では工期短縮の意味合いもあり現場は大助かりですね。今は出始めで少し高めですが安全には替えられないかな・・と思います。

これは門塀だけでなく目隠しやデザイン塀に応用できそうです。

いかがですか? 古くなった危険ないイメージがついたブロック塀をリフォームしては・・

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)