クリスマスの花

イブは天気予報と違って暖かな良い天気だったけれどクリスマスは寒い冬の日.

今年は初めてクリスマスローズが,その名のとおりクリスマスに花をつけた.

原種系クリスマスローズ・HGCパウロ
原種系クリスマスローズ・HGCパウロ

今年の夏はトケイソウを,冬はスノードロップを,うちの庭に初めてお迎えしたけれど,40球買ったスノードロップの球根の,気の早い2球がイブには開花していた.

スノードロップ エルウィシー
スノードロップ エルウィシー

スノードロップは春咲きの球根で1番先に花をつけるというけれど,残りの球根は年が明けたら芽が出て咲き始めるはず.(このまま2球で終わることはないはずだけれど,他の球根が全然芽吹かないのでちょっと心配)<br><br>クリスマスローズは薔薇でないけれど,今年の猛暑で葉を全部おとし,10月になってようやく葉が芽吹いてきた,わが家のシンボルローズのラプソディーインブルーは,ようやく蕾から花へだけれど,このまま開花できないかも.

S. ラプソディーインブルー(西側)
S. ラプソディーインブルー(西側)
S. ラプソディーインブルー(東側)/シシガシラ
S. ラプソディーインブルー(東側)

ラプソディーの後ろではシシガシラが開花中.

シシガシラ
シシガシラ

シシガシラは,神戸の祖父の家で背の高い石垣の上に並べて高い生け垣のように植えてあったのをまねて,わが家に石垣はないけれど,北西端のレイズドベッド花壇の道路側で,背の低い生け垣として使っている.

シシガシラの背の低い生け垣
シシガシラの背の低い生け垣

シシガシラの手前にスノードロップが,さらに手前がムスカリの列植になって,赤(シシガシラ)→白(スノードロップ)→紫(ムスカリ)と季節の移り変わりにつれて色を変えるボーダー花壇を目論んでいるのだけれど...

東側のボーダーではマダムアルフレッドキャリエールが思いがけず開花していた.

N. マダムアルフレッドキャリエール
N. マダムアルフレッドキャリエール

この薔薇はテッポウムシに枯らされたのの2代目だけれど,1代目は春の一季咲きしか記憶にないのに,初夏に返り咲き,クリスマスにも返り咲きしている.

わが家の南東の勝手口のアーチでは,ブラッシュノアゼットの蕾がたくさんあったけれど,寒さでそのまま立ち枯れていたのが残念.

N. ブラッシュノアゼット
N. ブラッシュノアゼット

オールドローズは返り咲きしないと思っていたけれど,ノアゼットは冬まで返り咲きし続けるみたい.

上の画像で,ブラッシュノアゼットの後ろのお隣さんの社宅では,堤防側のフェンスの先に,さらに生け垣として植えてある寒椿の赤い花が美しい.

わが家とお隣のボーダーでは,サザンカ朝倉も11月1日からずっと開花している.

サザンカ 朝倉
サザンカ 朝倉

西側のボーダーでイングリッシュローズをポット植えにして並べているのの中では,最も陽あたりの悪い北端のパットオースチンにたくさん花が今でもついているのはなぜ?

ER パットオースチン
ER パットオースチン

南側のボーダーでは,12月初めから咲き続けているセプタードアイル.

ER セプタードアイル,2016年12月10日
ER セプタードアイル,2016年12月10日

冬剪定して,一番整っていた花を,一ヶ月以上前にもらってきたけれどまだ枯れずにいる切り花の菊といっしょに玄関に飾りました.

剪定したER セプタードアイルの花と1月以上もっている切り花のキク
剪定したER セプタードアイルの花と1月以上もっている切り花のキク

わが家の北東端には,風水にはこだわりがないけれど,名前に惹かれたのとヒヨドリさんに気に入ってもらえるかもと思って南天植えていて,この実が美しく色づく

ナンテン
ナンテン

とお正月というかんじ.<br><br>今年の春,薔薇とツバキの配置の見直しで,東側ボーダーに植えていた秋咲きのツバキ太神楽や桃清司,菊冬至が植え場所がなくて,結局北側道路の生け垣裏に移したけれど,ここは陽あたり悪いからか,例年12月には開花している菊冬至にようやく1つ蕾がありました.

ツバキ 菊冬至
ツバキ 菊冬至

多肉の紅葉とクリスマスローズの開花

陽あたりのない北側窓辺で4年間放置して徒長していたエコポチの多肉セット.

お陽さまにあてるために室外で管理することにして,南側掃き出し窓の外のデッキに出して,

エコポチ ミニ多肉3種セット,2016年10月15日
エコポチ ミニ多肉3種セット,2016年10月15日

冬の間は,ビニール温室買ってその中に入れておこうと思ったけれど,冬は庭を強風が吹き抜けるし,雪が積もって壊れたりもするし,ものをなるべく増やさないようにしているので,結局温室買うのやめて,冬の間は休眠期なので,もとの北側の室内の窓辺で管理し,春になったら南側のデッキに戻すことにしたけれど,デッキに出したときに一度水やりしたきり一度も水やらずに,お日様にあてて放置していたら

サボテンの紅葉,2016年12月25日
サボテンの紅葉,2016年12月25日

画像右のサボテンが見事に紅葉していた.ただ同じように放置していた,左の丸いサボテンは全く紅葉していなくて,真ん中の多肉は,葉はあまり紅葉していなくて,かわりに茎は紅くなっているけれど,購入したとき

エコポチ ミニ多肉3種セット,2012年10月6日
エコポチ ミニ多肉3種セット,2012年10月6日

は葉が全体に紅葉していたようなかんじ.

出先の方で育てているハオルチアも

H. エンペラー,2016年10月23日
H. エンペラー,2016年10月23日
紅葉したH. エンペラー(手前左)と紅葉していないH. オブツーサ紫系(手前右),2016年12月18日
紅葉したH. エンペラー(手前左)と紅葉していないH. オブツーサ紫系(手前右),2016年12月18日

紅葉しているのと紅葉していないのがある.


 

今年最後の週末,年末に届いたゲラニウムや植えそびれた球根の植え付けして,サービスヤードに放置していたクリスマスローズ庭に移動してたら,蕾がついているのあったので玄関の方に移しました.

原種系クリスマスローズ・HGCパウロ
原種系クリスマスローズ・HGCパウロ

原種系はハイブリッドに比べて開花早いけれど,通常は年明けてから開花して,一番寒いくらいの時期に咲き続けている

原種系クリスマスローズ・HGCパウロ,2011年2月28日
原種系クリスマスローズ・HGCパウロ,2011年2月28日

のだけれど,年内に開花(多分)するのは,購入したとき(開花株)を除いて初めてになるはず.<br><br>クリスマスローズは薔薇と同じで返り咲きすることがあって,原種系のニゲルの場合はHGCパウロが2012年4月30日に,ハイブリッド系のシングルピコティーが2012年5月26日に返り咲きした記録がある.

寒スイセン

毎朝通る通勤路.

寒咲きの日本スイセン?が開花していた.

通勤路のスイセン
通勤路のスイセン

白い副冠が美しい.

スイセンはチューリップと違って放置していても毎年開花するので,自宅の庭で最近購入したことなかったけれど,今年,スノードロップ買って,同じようにうなだれて咲く雫スイセンも購入しました.ちょうどこの白い副冠の花と同じような花が咲くはず(というか同じ花かも).

すぐそばでは,ふつうの黄色の副冠の日本スイセンも開花.

通勤路のスイセン
通勤路のスイセン

スイセンは水辺の花というイメージなのに,なぜ山道に自生しているのかな.

その先では,10月から咲いている熱帯植物のアブチロンが咲き続けていて,

通勤路で咲き続けているアブチロン
通勤路で咲き続けているアブチロン

11月末から咲いているピンクの野ばらもまだ咲き続けていた.

通勤路のピンクの薔薇
通勤路のピンクの薔薇

多肉と竜宮城と笛吹峠の話売り

そろそろこれ以上増やすのやめようと思う大好きな多肉・ハオルチアのコレクション.

寝室の腰高窓の窓枠の上に置くのは,いくら小さな多肉の鉢でも限界で,今あるの整理するためにメタルラック買おうと,土曜日ホームセンターに下見に行き,うちに帰ってシミュレーションして,日曜日買おうともう一度行ったけれど,結局,ラックを

  1. 当初置こうとしていた寝室におくと水やり面倒,
  2. それでは,リビングのベランダに置こうと思ったけれど,台風や暴風のときに,陽あたりと風通しのためには,ある程度高い場所に置く必要のある,軽い多肉の鉢が風で巻き上げられてベランダの外に飛ばないか心配なので,室外に置きっぱなしにもできない,
  3. ならば,室内のリビングの掃き出し窓の前に置こうかと思ったけれど,観葉植物として置いているコルディネリの鉢もあるし,これに背の高さのある安っぽいメタルラック置くと目障り

ということで,メタルラック買うの結局やめて,100円ショップに売っているミニメタルラックのシリーズの300円の「バスケットだけ」買って,多肉寄せ植え的に管理することに.

ハオルチアいろいろ(子だくさんのエケベリア スターライトの子株含む)
ハオルチアいろいろ(子だくさんのエケベリア スターライトの子株含む)

これだとちょうど多肉の鉢が15鉢入って,これに,購入したときにもらったプラスチックの4鉢用のトレイ

エケベリアとハオルチア
エケベリアとハオルチア

と合わせて,持っている多肉すべて水やりしたあと一時的にベランダの手すりの上で日向ぼっこさせても

ハオルチアいろいろ
ハオルチアいろいろ

(紅葉していないのも多いけれど,まずまずのも)

エケベリアとハオルチア
エケベリアとハオルチア

いいし,水切りできたらそのまま,室内に取り込めばよい.

sn3s1002-tc
コルディリネとバスケットに入れたハオルチアいろいろ

ベランダの掃き出し窓の内側は,ベランダの屋根がある分,特に夏場は,腰高窓ほど日照はよくないけれど,ハオルチアのように,日照必用ないものにはちょうど良いカモだし,腰高窓には,日照と風通しの必用な,くるくる(アルブカ)と,まっすぐ(アロエ・乙姫の舞扇)だけ置いて管理すればよい.

アルブカ コンコルディアとアロエ プリカティリス(乙姫の舞扇)
アルブカ コンコルディアとアロエ プリカティリス(乙姫の舞扇)

(以下植物と関係ない長文のブログで,写真も何もありません.見てやろうというかただけお進みください.なお,見ても,びっくり玉手箱ではありませんのでご安心ください)

先週職場の忘年会.

うちの職場は毎年,1階が魚屋さんで,そこが直営している2階の海鮮料理屋(注,「龍宮城」ではありません)さんで忘年会していて,新鮮な魚料理と日本酒飲み放題が魅力で,近辺のよく知らない銘酒だけでなく,「八海山」とか「浦霞禅」とか東北の酒もあって,久しぶりに日本酒飲んだけれど,最近は日本酒よりビールの方が美味しいと思うのはなぜ.子供の頃 二十歳過ぎの頃はビール苦いだけと思っていたのだけれど.

それでおいしいお酒とビール飲んで,お造り食べながら,育てているアロエ「乙姫の舞扇」の,「乙姫」って,なんか怖いイメージなんだけれど,どうしてか考えてみた.

乙姫さんって,「決して開けてはいけません」という意地悪なお土産を,浦島太郎さんに渡しただけでなく,よ~く考えたら,「鯛や鮃の舞い踊り」でもてなした後に,「もてなした鯛や鮃はどうなった」のかなぁと思うと,「カルガモ農法」と同じくらいシュールな話だし,「竜宮城」っていう名前がそもそも怪しいし,それでウィキ先生に聞いてみたら,浦島太郎と竜宮城伝説に関しては,いろんな解釈あるけれど,自分的には,『御伽草子』の,

浦島太郎は年の頃24,5の若者で,漁をしながら両親を養っていて,ある日網にかかった亀を助けてやって,実はこの亀こそ乙姫で,浦島太郎は竜宮城で乙姫と夫婦になり3年間幸福に暮らすが,両親のことが心配になり,乙姫に「決して開けてはいけない」という玉手箱もらって別れ,もと住んでいた浜にもどったら,700年の歳月がたっていて,絶望して玉手箱を開けたら,三筋の煙が立ちのぼり,浦島太郎は忽ち老人となり,その後鶴になって,亀の乙姫と蓬莱山でふたたび一緒に暮らす

という話が,もっともしっくりとくるけれど,この話って,鶴女房(助けた鶴が貧乏な若者の妻となって恩返しするが,「決して見てはいけない」という約束を破ったために,美しい妻を失う)のような,「愚かな男」と「美しい,自分を犠牲にして尽くす女」という,日本昔話によくある語り部である女性の思い(骨身を削って家族を支えてきた)を反映した話でなく,両親のことを心配する浦島太郎が,玉手箱開けることを知っていて玉手箱を渡し,結局自分のもとに取り戻すという,怖い話で,たぶんこの話から教訓引き出すとしたら,

「楽しい時間はあっという間に過ぎる」

というのでなく,

「見てはいけないものは,(言われなくても)決して見てはいけない」

ということなのかも.

(浦島太郎さんも,玉手箱開けなければ,乙姫のもとに戻らず,絶望から立ち直り,「人間界」でその後生きられたのでは)

こども向けに脚色された昔話は,「本当は怖いグリム童話」といっしょで,毒にも薬にもならない話になっていることも多いけれど,『浦島太郎」は,最後に毒があるというか考えさせられる,などと,アルコールの回った酔った頭で妄想してました.

今年,久しぶりに,『遠野物語』読み返して,そこには,日本昔話といっしょで,鶴女房や亀女房のような,狐や馬と夫婦になる話や,決して教科書には載せられない,悲惨な話,怖い話,性的な話がいっぱいで,メンタル面が落ち込んでいるときは,読むと調子悪くなるけれど,『遠野物語』よりずっと読みやすく,文学的には優れていると思う,井上ひさしの『新釈 遠野物語』も併せて読み返してみたけれど,ほとんどの話は忘れていたけれど,『笛吹き峠の話売り』という,愚かな男と,美しく,数奇な運命をたどる女(人間)の夫婦の話だけは,読んだときの強い印象が残っていて,はっきりと覚えていた.

2つのコルディリネと多肉

ベランダ緑化計画で買った緑のトリカラーのコルディリネ.このままでは不在の間に水切れで枯れるので,底面吸水鉢を購入.

観葉植物的に使うために室内用に買った赤いバイカラーの方は,自宅でジンチョウゲの挿し木に使っていた底面吸水鉢をあけて,持って帰って植えようと玄関に置いていて,家出るときに持って帰るの忘れたので宅急便で送ってもらって,一緒に植え付け.

コルディリネ ピンクシャンパーン/ エレクトリックピンク
コルディリネ

多肉,寝室の腰高窓の窓枠に飾っている

アロエ プリカティリス/ H. 玉扇
アロエ プリカティリス/ H. 玉扇

のは良かったのだけれど,水やりするときはリビングのベランダに移さないとだめで,今日のように天気が良くて,風がない日は,そのまま幅38cmあるベランダのフェンスの上に置いて日向ぼっこさせて

コルディリネ
ベランダで日向ぼっこする多肉とコルディリネ

水を切ってから,戻していたのだけれど,毎回たくさんの鉢を移動するの面倒なので,多肉育てているひとがよく使っているメッシュラック買ってベランダで管理しようかと思ってホームセンターに行ったのだけれど,かっこいいのがないのと,台風や冬の強い季節風のとき,多肉の鉢が万一飛んで下に落ちることがあってもだめだし,ものを増やさないこと自戒しているのでメッシュラック買うの止めて,2割引きになっていたヒヤシンスの球根1つ買って帰りました.

多肉とモッコウバラとユズ

室内や雨のあたらない屋外で植物育てるときに問題になるのは不在時の水やり.

底面吸水鉢か自動灌水装置がないと,ふつうの植物では,長期間の不在で枯れてしまうけれど,多肉の場合は水切れに強いというか,季節によっては水やりしない方が良いけれど,3週間自宅離れていたら,乾燥している冬のキッチンの窓際に置いているハオルチア,かつかつになっていた

H. エメラルドフラッシュ
H. エメラルドフラッシュ

けれど,なんとか大丈夫だった.

休みの日,朝ひとりで早起きしてわんこさんと散歩行く前は,ここのカウンターで窓の外見ながらコーヒー飲む.

以前は紅茶の方がずっと好きで,朝起きて甘いミルクティー飲むの楽しみだったけれど,紅茶は茶葉の後始末が面倒(ティーバッグは論外の味なので考えていない)なので,最近はいつも後始末楽なペーパーフィルターでコーヒーいれて飲むけれど,こないだいつも買う500g入りのコーヒー,間違って粉でなく豆の方を買って来たけれど,豆碾いて飲んだ方が圧倒的に美味しかったので,今度から豆にしようと.

窓の外にはキモッコウバラとトキワマンサクとツバキが見える.

今年咲かなかったキモッコウバラ.来春は植え替えの疲れから回復して咲くでしょう.

日曜日の朝,妻は町内会のボランティアで出かけ,ボランティアといっても市から謝金が出て,町内会長のおくさんからパウンドケーキもらったので,お礼にクッキー焼いて持っていったら,町内会長さんのお家にあるユズもらいました.

お礼に頂いたユズ
お礼に頂いたユズ

黄色い実と緑の葉のコントラストが美しいけれど,ユズは薔薇どころでない槍のような棘があるはず.

午後にはまた雪が.

sn3s0962-tc-t
2016年12月11日

今年初めてお迎えした球根

前から欲しいと思っていたスノードロップ.

例年だとチューリップやスイセン注文して息切れしてしまうけれど,今年は専門書も買って,真っ先に注文していて,10月6日に植えつけていたのが一つだけ芽を出して(手前で芽をだしているのは,毎年買っているムスカリの今年買った新品種)開花.

ガランサス エルウィシー,2016年12月10日
ガランサス エルウィシー

北側ヤマボウシの株元のシシガシラの手前に40球買ったの植えつけたのだけれど,今の所1球のみ芽吹いて開花していて,他のは大丈夫か.

スノードロップは海外,とくに英国で人気みたいだけれど,国内で簡単に手に入るのはエルウィシーしかなく,八重咲きのヒッポリュッテもたくさん欲しかったけれど,高かったので2球だけ入手して一緒に植えつけたのだけれど,1週間後気が変わって堀上げて,鉢植えにしたけれど,大丈夫かな.

スノードロップも雪が良く似合う.

ガランサス エルウィシー,2016年12月11日
ガランサス エルウィシー

雪の朝

今年自宅では,すでに何度か雪が降ったようだけれど,私が戻って始めての雪の朝.

ウィリアムシェークスピア2000とパンジー
F. インターナショナルヘラルドトリビューン/ ER ウィリアムシェークスピア2000とパンジー

雪に薔薇も良く似合うけれど,

ER パットオースチン
ER パットオースチン
ER チャールズレニーマッキントッシュ
ER チャールズレニーマッキントッシュ

赤いシシガシラの花もよく似合う.

シシガシラ
シシガシラ

今年2月20日に買い増し,10月から咲き続けている極早咲きのツバキ雪灯籠の白い花も白い雪によく似合うし,素晴らしい名前つけてもらってよかったね.

ツバキ 雪灯籠,2016年12月11日
ツバキ 雪灯籠

2012年11月11日に,わが家に最初にお迎えした接ぎ木苗(呼び接ぎ)の雪灯籠.

高い接ぎ木苗買ったけれど,実は接ぎ木出来ていなくて,小さいままだけれど,毎年花はつけていて,今年は少し遅れたけれどこちらも開花.

ツバキ 雪灯籠(最初に購入した方),2016年12月11日
ツバキ 雪灯籠

雪灯籠のそばに植えているフロリダ系のクレマチス ビェネッタ.

フロリダって暖かいところのイメージあるけれど,秋冬は花持ちが良くて,10月の花が,雪が降っている今もまだ残っている.

C ビェネッタ,2016年12月11日
C ビェネッタ

今朝降った雪の量は少しで

dsc05812-tc

昼前には雪は消えた.

 

ウィリアムシェークスピア2000が不調な理由

3週間ぶりに自宅にもどって,玄関前のアルミフェンスでは寒い冬にも負けず,パットオースチンが同じように開花していて迎えてくれた.

ER パットオースチン,2016年12月10日
ER パットオースチン

庭ではジェネラシオン・ジャルダン

S. ジェネラシオン・ジャルダン,2016年12月10日
S. ジェネラシオン・ジャルダン
S. ジェネラシオン・ジャルダン,2016年12月10日
S. ジェネラシオン・ジャルダン

とセプタードアイルが美しい.

ER セプタードアイル,2016年12月10日
ER セプタードアイル

3週間前に妻が教会でもらってきて玄関に飾っていた花も,百合は枯れていたけれど,咲き続けているものも.

dsc05776-church,2016年12月9日
玄関の切り花

家を出る前に,ホームセンターで妻が買って来たパンジー4苗を,玄関前に2+1苗をポット植えしているウィリアムシェークスピア2000の2苗の方のポットに寄せ植えした

ウィリアムシェークスピア2000のポットに寄せ植えしたパンジー,2016年12月10日
ウィリアムシェークスピア2000のポットに寄せ植えしたパンジー

けれど,もう1つのポットの方にも同じように植えることにして,妻にパンジー2苗追加で買ってきてもらっていたのを植え付け.

こっちのウィリアムシェークスピア2000は,どういう訳か,北側のシュートが枯れこんでいて,南側のシュート1本になっていて,イングリシュローズは交配親のアイスバーグほどでないにしても,シュートあまり更新しないので,180度回して,シュートない方を南側にして,陽が当たってシュート出るかも,と思っていたけれど,パンジー植えるためにバーグチップどけて,枯れているシュートを剪定しようと手でもったら,ポキッと折れてU(゜Д゜)U株元に大穴がぽっかりと空いた.

不調なER ウィリアムシェークスピア2000,2016年12月10日
不調なER ウィリアムシェークスピア2000

画像の左側のシュートが枯れたのは,テッポウムシに株元食害されて枯れていたからで,右側のシュートが1本残っているのは奇跡的.

とりあえずテッポウムシ用の専用殺虫剤を穴から注入したけれど,ノズルの根元まで入るくらい深い穴が空いていて,接ぎ木した台木の太い部分がほぼ食害されているみたいで,いずれこの苗は枯れるのは避けられないような感じだけれど.パンジー植えつけました.

テッポウムシに食害されたウィリアムシェークスピア2000へのパンジーの植え付け,2016年12月10日
テッポウムシに食害されたウィリアムシェークスピア2000へのパンジーの植え付け

テッポウムシ対策で,薔薇苗を深植えしていて,テッポウムシに枯らされて,その代わりに届いていたサンセットグロウの大苗も,今回深植えしたけれど,深植えしたくらいで諦めるテッポウムシではないみたい.

薔薇苗きちんと殺菌消毒すれば,土壌も消毒され,テッポウムシも食害できないというけれど,今後歳をとったときの事考えると,なるべくメンテの楽な庭にしたい.

こどもの家にあげることにしたオリーブ

オリーブ ネバティロブランコ,2016年12月10日
オリーブ ネバティロブランコ

だけれど,老後は薔薇でなくてオリーブ育てたほうが良いかも.


3週間前私が家を離れたあと,妻とこどもが,湿疹の治療のために病院に連れて行って,抗生物質と薬用シャンプーもらってきたわんこさん.

治っているのを確認するために,私がひとりで動物病院に連れて行った

sn3s0954-tc

けれど,私がいない3週間に150g体重が減っていて,わんこさん,お菓子あげる私がいないと週50gずつ体重減るみたい.

前に行っていた動物病院の先生が,「メタボだね,お父さんがお菓子あげたりしているんでないですか.アメリカだと犬太らせると,動物虐待で飼い主が訴えられますよ」と言っていた;とか.

クコ(枸杞)とテン(貂)

毎日遠回りして通る山沿いの通勤路.

通勤路のシュウメイギク,2016年12月2日
通勤路のシュウメイギク,2016年12月2日

赤や黄色のいろんな木の実がなっているけれど,特に赤い美しい実のがあって,

クコ,(手前の葉はツルニチニチソウ)
クコの実,2016年12月5日(手前の葉はツルニチニチソウ)

調べたらどうもクコみたい.クコは花もきれいだった.

クコの花,2016年11月2日
クコの花,2016年11月2日

落葉低木とあるけれど,毎朝見ているけれど,落葉するような感じがしない.

クコの実,2016年12月8日
クコの実,2016年12月8日

クコの実は不老長寿の実として知られていて,漢方薬や民間薬としても使われているというのだけれど,摂り過ぎに注意情報も.

この後,目の前を黄色い小動物が横切って,草むらの中に逃げていって,調べたらコウライテン(高麗貂)のよう.

タヌキやハクビシンは何度も見たことあるけれどテンを見たの生まれて初めて.

テンって夜行性の動物というイメージなんだけれど,朝帰り?