つる薔薇とオベリスク

新しいつる薔薇買ったとき,最終的には壁面に誘引するつもりだったけれど,とりあえずオベリスク支柱代わりに使おうと思って組み立て式の安いの買ったけれど,高さはともかく幅が全然足りなかったので,オベリスクやめて支柱で誘引した.

CL パルフェ・タムール,2017年8月26日
CL パルフェ・タムール,2017年8月26日

将来的にはラッティス・フェンス使って壁一面に誘引出来たらと思っている.

新しく買ったこのつる薔薇,最初無理して今回買った細いオベリスクに誘引しようとしたけれど,とてもしなやかで素晴らしい.

がちがちに固いピエールさん

ピエール・ド・ロンサール,2017年6月4日
CL ピエール・ド・ロンサール,2017年6月4日

とは大違い.

結局使わなかったオベリスク,玄関から庭への入口の角にあるつる薔薇の後ろの,雨樋に誘引していたクレマチス フレッダに使うことに.

ER フォールスタッフ,2017年8月26日
ER フォールスタッフ,2017年8月26日

わが家の玄関のシンボルローズ,ウィリアム・シェークスピア2000は雨の多い今年あまり調子よくない

ER ウィリアムシェークスピア2000,2017年8月26日
ER ウィリアムシェークスピア2000,2017年8月26日

けれど,つる薔薇として育てることにしたフォールスタッフは繰り返し花をつけていて,さすがに暑さで少し脱色しているけれど,斑入りというか絞り咲きになっているようにも見える.

ER フォールスタッフ,2017年8月26日
ER フォールスタッフ,2017年8月26日

リリオペ増殖中

夏というとリリオペという感じだけれど,どうみても異常気象の今年の夏リリオペの開花も遅れ気味.

ヤブラン,2017年8月16日
ヤブラン,2017年8月16日
ヤブラン,2017年8月26日
ヤブラン,2017年8月26日

(フレンチラベンダー遅ればせながら少し剪定)

それでも,延び延びになっていた東側のボーダーの草抜きしていたら,草の中からリリオペが出て来て,リリオペ密かに増殖中.

ヤブラン,2017年8月26日
ヤブラン4株,堤防側(右)からウメの木(左)に向かって増殖中,2017年8月26日

画像中央の支柱立てたところに10月に来る予定のヤマアジサイ植える予定.(新しく出たピンクアナベルの改良品種も欲しいけれど植える場所もうありません)

小さな宝石,アリウム

毎年夏に東側のボーダーでひっそりと咲く野草のアリウム.

アリウム・ネアポリタヌム,2017年8月26日
アリウム・ネアポリタヌム,2017年8月26日

アリウムはネギの仲間で姿は葱坊主という感じ.

晩春に咲く園芸品種のアリウムや切り花でよく見る大きな球状の花のアリウム・ギガンチウムと違って,うちの庭にあるのは誰かさんが運んで来た原種?の野草で夏になってから咲くけれど,白く小さい花をよく見ると,野草には見えず小さな宝石のよう.

アリウム・ネアポリタヌム,2017年8月26日
アリウム・ネアポリタヌム,2017年8月26日

バーガンディとブリリアントピンク

無農薬といって放任栽培のうちの庭では,耐病性が弱い(世間では耐病性があると言われているが)アイスバーグは,毎年黒星に冒されてぼろぼろになって,アイスバーグはシュートをなかなか更新しないので,酷い状態からなかなか回復しない.


2009年9月2日に購入したバーガンディ・アイスバーグ.

ほぼ無理,枯れる,と思う状態の樹高20 cmだけれど,毎年今頃に花を1つつける.

FL バーガンディ・アイスバーグ,2017年8月26日
FL バーガンディ・アイスバーグ,2017年8月26日

2010年8月11日に購入したブリリアント・ピンクアイスバーグ.

バーガンディに比べると比較的調子が良かったけれど,去年アイスバーグ一族を全部南側ボーダーから東側ボーダーに移植したからか調子落としているいるけれど,こちらは二番花が開花.

FL ブリリアント・ピンク・アイスバーグ,2017年8月26日
FL ブリリアント・ピンク・アイスバーグ,2017年8月26日

どちらも花弁の裏は白が残るので,白花アイスバーグの枝変わりなんだけれど,こういうところが,イングリシュローズのグラデーションやバイカラーの美しいシェードの花色につながっていったのだと思う.

エヴリン,夏美しく色褪せる

2011年12月29日にホームセンターでアブラハム・ダービーばかり並んでいたイングリシュローズのロングポット苗の中に一苗あったのを見つけて購入したエヴリン.

家に持って帰ってよく見ると接ぎ目が割れていて,当初は生育不良でほとんど花がつかなかったけれど,最近は今年は絶不調のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントにつぐ大きな花をつけていて,一番花は豪華

ER エヴリン,2017年6月4日
ER エヴリン,2017年6月4日

だけれど,淡い色彩のアプリコットピンクの夏花が日々白く色褪せていくところが好き.

ER エヴリン,2017年8月25日
ER エヴリン,2017年8月25日
ER エヴリン,2017年8月26日
ER エヴリン,2017年8月26日
ER エヴリン,2017年8月27日
ER エヴリン,2017年8月27日

エヴリンは香水会社のシンボルローズなので香りも素晴らしいけれど,フルーツ香に若干個人的には苦手なムスク香が混じりニュアンスを与えている.

ジュビリー・セレブレーション,夏花の魅力

2010年9月11日にわが家にお迎えしたジュビリー・セレブレーション.

ER ジュビリー・セレブレーション,2010年9月13日
ER ジュビリー・セレブレーション,2010年9月13日

残暑厳しいころ届いた苗は暑さのせいかピンクが脱色してイエロー主体で,伝説の薔薇ピースのような素晴らしい花色だったけれど,この花色で咲いたのは残念ながらこのときだけ.

地植えした苗は,秋には濃いピンクから周辺にかけてソフトピンクに変わる美しいクラデーションにイエローの入る本来の花色で咲いた.

ER ジュビリー・セレブレーション,2010年10月17日
ER ジュビリー・セレブレーション,2010年10月17日

甘く爽やかなフルーツ香.

美しいだけでなくてとても強くて,四季咲き性も抜群だったので,その後2苗買い増して,今は南側デッキの上に薔薇の生け垣として3苗ポット植えしている.

春に咲く一番花はもちろん素晴らしいけれど,

ER ジュビリー・セレブレーション/ G. ロザンネ,2017年6月5日
ER ジュビリー・セレブレーション/ G. ロザンネ,2017年6月5日

やや脱色した淡いピンクの花色でポンポン咲きの夏花

ER ジュビリー・セレブレーション,2017年8月12日
ER ジュビリー・セレブレーション/ G. ロザンネ,2017年8月12日

も大好きだけれど,最初に買った苗の夏花のようにイエローの多い花色で咲かないのが少し残念.

一緒に咲いているゲラニウム ロザンネ.

ブルーの春花からピンクかかったヴァイオレットの夏花に.

山椒と青シソとアップルミント

わが家で唯一のキッチンガーデンの植物は山椒.

サンショウ(雄花),2017年5月4日
サンショウの花(雄木),2017年5月4日

新芽のころは家族が盛んに使っているけれど,葉が固くなると使わなくなる.

うちの山椒は雄木のようなので,山椒の実がならなくて山椒の実がなるのを見たいと思っていて,山椒の雌木を買おうかなと思っていたら,朝倉山椒というのがあって,これは1本で実がなるという素敵な品種のようなので今年5月21日に購入して,今まである山椒の雄木の隣に植えつけた.

朝倉サンショウの木に来たカラスアゲハ,2017年8月13日
朝倉サンショウの木に来たカラスアゲハ,2017年8月13日

今春家族が青シソの栽培セット買ってデッキの上で育てていて,これもキッチンガーデンの一部と思うけれど,水やり大変なので夏ごろに栽培放棄してデッキに放置していた

青シソ,2017年8月6日
青シソ,2017年8月6日

の譲りうけて底面吸水鉢に植え替え,キッチンカウンターの上で育てることにして,

青シソ,2017年8月6日
青シソ,2017年8月6日

陽あたりどうかと思ったけれど室内のこの場所で十分のようで,復活しました.

青シソ,2017年8月25日
青シソ,2017年8月25日

キッチンで育てた青シソのいいところは香りが売っているのと違ってとても良いところ.


同じように家族が買って来て栽培放棄されているアップルミント.

有効な利用方法がなくて,ポットから庭に逃亡したの

西洋シャクナゲ太陽の株元で咲くアップルミント,2017年8月11日
西洋シャクナゲ太陽の株元で咲くアップルミント,2017年8月11日

は今や雑草扱いだけれど,うちの庭からなくなることはない(根絶させるのが難しい).

絞り咲きアポイ桔梗とマダム・アルフレッド・キャリエール

絞り咲きアポイ桔梗,2年目の夏の今年は新境地に

絞り咲きアポイキキョウ,2017年8月19日
絞り咲きアポイキキョウ,2017年8月19日

2代目マダム・アルフレッド・キャリエールは何度も移植しているからか本領が発揮できないけれど,それでも雨の中で返り咲いている白い花が美しい.

N. マダムアルフレッドキャリエール,2017年8月16日
N. マダムアルフレッドキャリエール,2017年8月16日

この時期に川の方から聞こえるホオジロ

ホオジロ,広瀬川,2015年3月17日
ホオジロ,広瀬川,2015年3月17日

の囀りが抜群に美しい.

今年桔梗がとくに美しいのは気温が上がらずにずっと返り咲きながら開花していることもあるけれど,いつも美しい花を食い荒らす,ウリハムシやコガネムシが鳥さん

半枯れのタイサンボクにとまっているスズメ,2017年8月11日
半枯れのタイサンボクにとまっているスズメ,2017年8月11日

ががんぱったからか,ほとんどいないこともあるけれど,1代目マダム・アルフレッド・キャリエールを始め多くの薔薇や果樹を枯らしたこの方は

ゴマダラカミキリ,2017年8月20日
ゴマダラカミキリ,2017年8月20日

今年もやって来るけれど,セミでも襲う気性の荒いスズメさんでも処理してくれないので,自分で処理するしかないけれど,自分で踏むのはやめて家庭ゴミ袋に入れて清掃工場に送り市で処理してもらうことにしました.

枯れたクリスマスローズとムスカリの芽吹き

雨が続いた今年のお盆休み.

北側の花壇ではクリスマスローズ

ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチドロップ,2017年4月30日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチドロップ,2017年4月30日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・プラムピンク,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・プラムピンク,2017年4月15日

が腐って全滅.

ムスカリ

ムスカリ ブリンブリン,2017年4月30日
ムスカリ ブリンブリン,2017年4月30日

が芽吹いてきました.

枯れたクリスマスローズと芽吹いてきたムスカリ,2017年8月20日
枯れたクリスマスローズと芽吹いてきたムスカリ,2017年8月20日

新しく買ったつる薔薇

David Austin のつる薔薇の本読んでいて,「どのイングリッシュローズが一番好きですか」とよく聞かれるけれど,「答えられない」といつも言っているけれど,実はこの花が好きと書いてあったイングリシュローズ.

どんな花かお盆休みにガーデンセンターに見に行って,花は咲いていなかったけれど,お店にあって買おうかと思ったのだけれど,そのそばで咲いていた紫の原種系のような一重の花をつけたつる薔薇パルフェ・タムール(Parfait Amour, 「完全な愛」という意味か)

ガーデンセンターで咲いていた紫の一重の薔薇
ガーデンセンターで咲いていた紫の一重のつる薔薇

に一目惚れ♡

大好きなナーセリーであるワーナーの新作(2009年)つる薔薇で,紫の花色もスパイス香もわが家にある同じナーセリーの半八重の薔薇

ラプソディーインブルー,2017年6月4日
S. ラプソディーインブルー,2017年6月4日

をつる薔薇にした感じで,すぐ買いたかったけれど植え場所確保できるかわからなかったのでそのときは買わずに家に帰り,南側の花壇に植えていた深紅のオールドローズのスブニール・ド・ドクトル・ジャメイン

スブニール・ド・ドクトル・ジャメイン,2017年5月24日
HP スブニール・ド・ドクトル・ジャメイン,2017年5月24日

を南側のボーダーの枯れたライラック リラワンダーの代わりに植えることにして購入し植えつけました.

CL パルフェ・タムール,2017年8月20日
CL パルフェ・タムール,2017年8月20日