冬の多肉, part 2

出先で育てている多肉.暖房費節約のため一部屋だけで暮らすことにして,多肉はエアコンかけていない部屋の窓枠に放置.

昨年末から水やりしていなかったけれど,昨日朝水やりしました.

エケベリア ラウリンゼ
エケベリア ラウリンゼ
エケベリア パウダーパフ
エケベリア パウダーパフ
エケベリア カンテ
エケベリア カンテ

全体に水切れの感じで,とくに下葉が枯れこみやすいカンテがちょっと,だけれど,水やり修行中ということで.

冬の多肉

夏型の生長パターンのアロエや春秋型のハオルチアの場合,冬が休眠期なので,6年以上冬の間はほとんど水もやらずに放置していても(というか私の場合放置している方が良いのかも)枯れない多肉

エコポチ ミニ多肉3種セット,2012年10月6日
エコポチ ミニ多肉3種セット,2012年10月6日

と同じように放置していたら,去年の冬アロエディコトマ

アロエ ディコトマ,2016年10月29日
アロエ ディコトマ,2016年10月29日

を枯らして,ハオルチア

ハオルチア エメラルドフラッシュ,2016年10月15日
ハオルチア エメラルドフラッシュ,2016年10月15日

はほぼ枯れかけた.

よく考えると,冬といってもトイレの北側窓枠に放置していた多肉と違って,わんこさんのいるリビングは24時間エアコン暖房していて,冬でも20℃をきることはないし,エアコン暖房なので,加湿空気清浄機をつけていても湿度は30%以下なので,冬=休眠期とならずに水切れで枯れる.

家族で植物に水やりしてくれるひといないので,今年からは自分が家を離れる前に十分水やりというか水かけて,なんとかハオルチアは

ガーデンシクラメンとハオルチア エメラルドフラッシュ
ガーデンシクラメンとハオルチア エメラルドフラッシュ

回復傾向だけれど,購入したときのふくよかさはない.(窓の外のトキワマンサクは雪で枝が折れて枯れこんできていますね)

 

さよならレオナルド・ダ・ビンチ

今年は1月後半になってから,庭のメインツリーにするためにヒメシャラの株立ち買ったり,オールドローズの長尺苗2本(ほんとうは大苗買う予定が,長尺苗あります,ということで)買ったりして,雪の合間に,かじかむ手で凍っている地面が融けるの待って堀上げて,植え場所ドミノ移動して植え替えていて,最後に念願のポット植えにしていたオリーブ4苗を堤防側のボーダーのフェンス間際に

フェンス際に植えつけたオリーブ
フェンス際に植えつけたオリーブ
  • ネバティロブランコ
  • マンザニロ/ アルベキナ
  • ネバティロブランコ

という感じで3箇所等間隔に地植えし,オリーブとオリーブの間に,つる薔薇として仕立てる予定でもともと植えていた

  • レオナルド・ダ・ビンチ
  • ザ・ジェネラス・ガーデーナー

を,オリーブの中間にくるように位置を微調整していて,少し左に寄っていたレオナルド・ダ・ビンチの株をもって,右隣に掘った植え穴にずらしていたら,ポキッと株元で折れて,えっ,て思って株元見たら,テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)が株元をくり抜いて大穴あけていて,そこから折れていました;;

レオナル・ド・ダビンチ2009年12月5日に注文して,届いた苗を東側のボーダーで,安物オベリスクに植えていたけれど,本来はフロリバンダだけれど,

レオナルドダビンチ,2012年7月14日
レオナルドダビンチ,2012年7月14日

日本ではつる薔薇としても育てられるくらい丈夫な生育旺盛な薔薇で,庭の大改造した2015年12月23日に堤防側の今の場所に,ダークピンクのつる薔薇として仕立てるために植え替えていたけれど,意気込みと違って樹高30cmくらいと低いままで不調で,今年からきちんと管理して回復させるつもりだったのだけれど.

テッポウムシ対策,最近有効な防除方法が確立したみたいだけれど,黒星対策をきちんとしていると結果的にテッポウムシ対策もできるということなのだけれど.

オリーブの生け垣とヒヨドリと犬が教えてくれた水漏れ

晴れているかと思ったら急ににわか雪が降って雪が積もったり,陽が射して雪が融けたりの変な天気だけれど,雪が積もってしまうと庭仕事できないので昨日もまた植物の植え替え.

先週庭の中央に定植したオリーブだけれど,根が浅いのでフェンス際の,昔堤防側にあったモミジ

モミジとヒヨドリ,2012年2月20日
モミジとヒヨドリ,2012年2月20日

の切り株の残っている,ふつうの植物は植えつけられない場所にも植えつけられることが分かって,そちらに移動.

フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日
フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日

両脇が2株ある強健なネバティロ・ブランコで中央はアルベキナとマンザニロの寄せ植えにして,3箇所等間隔で並べて,これで実もなると思うのだけれど.

上の画像いちばん右のオリーブ植えた場所

フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日
フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日

にはマダム・アルフレッド・キャリエール植わっていたけれど,バックヤードの以前キモッコウバラの植わっていた場所

キッチン窓から見たバックヤードとバードテーブル
バックヤードに植え替えたマダムアルフレッドキャリエール(一番左)とバードテーブル,2018年2月18日

へ移動.

雪が積もるようになって,キッチン窓前のバードテーブルにリンゴの余ったの置いておくように家族に頼んでいたら,最初人が食べる大きさで置いてあったので,闘争心旺盛なヒヨドリさんどうしが,翼嚙んで取っ組み合いの喧嘩していて,持ち運べる一口大にするように家族に頼んでいたけたれど,最近はリンゴないとキッチンの窓から覗いてリンゴまだぁ?と催促するようになり,昨日はリビングで庭見ていたら,掃き出し窓のデッキのローズポットの枝

DSC_0816-ct
2018年2月12日

にとまってリンゴ催促されました.

マダム・アルフレッド・キャリエール植え替えた場所,1月末にツバキを植え替えた場所

2018年2月12日
2018年2月12日

だけれど,バックヤードにはわんこさん足をケガしたりしないように来させないけれど,植え替えたときは,こどもに催促してバックヤードの私のところまで来て,さらに先に進んで,エコキュートのところまで行って,クンクンいうので見たら,エコキュートから水漏れしていて,どうりで最近お湯の保ちが悪いと思っていたけれど,修理することにしました.

(エコキュートの寿命10年とかで,このあと故障続出するので,定価70万で買い換え薦められたけれど,とてもそんな大金だせないので,10分の1ですむ水漏れ箇所の修理したけれど,水道代がどうなるのだろうか...)

 

 

真冬の植え替え, part 2

土曜日,こどもたちは今年始めたスキーするために市内のスキー場に.

日曜日,こどもたちは朝庭でわんこさんと遊んで

DSC_0807-ctm

帰り,その後どちらもしない方が良いけれど,鉢植えのオリーブの定植とモクレンの植え替え.

月曜日,朝起きたら大雪.

DSC_0816-ct

オリーブは当地では地植えできないということだけれど,大丈夫か.

ツバキやトキワマンサクも

DSC_0818-ct

暖かい土地の植物なので,雪に弱く心配.

新しく買ったツバキと青いスイートピー

年明けに椿ナーセリーから椿の新品種買いませんか,とDM来て新品種高いから買わないつもりだったけれど,素敵な紫の花色でしかも秋咲きだったので,買います,ということで購入して雪の中植えつけ.

ツバキ藤衣,2018年2月4日
ツバキ藤衣,2018年2月4日

切り花のスイートピー,けっこう花もちよくて昨年末の

南天とスイトピーと薔薇
南天とスイトピーと薔薇,2017年12月24日

3週間以上もって,スイートピーって暖色の花色のイメージだったけれど,今度買ってきたスミレ色の花も素晴らしい.

南天とスイートピー
南天とスイートピー,2018年2月4日

夏椿と姫沙羅

雪は残っているけれど,陽射しは暖かい日.

広瀬川
広瀬川,2018年2月3日

以前うちの庭の堤防側にあったモミジの木.

モミジとシジュウカラ,2011年6月12日
モミジとシジュウカラ,2011年6月12日

西側隣地の国有地が競売になって維持できなくなって伐採して,去年代わりに葉っぱの少ないモクレンを導入したけれど,やっぱり柔らかで小さな葉っぱがたくさんある木が欲しくて,椿の庭でもあり,去年始めて開花した夏椿

ナツツバキ ホワイトチルドレン,2017年7月1日
ナツツバキ ホワイトチルドレン,2017年7月1日

の花の美しさもあって,夏椿の株立ちのなるべく大きいの購入することにして探したけれど,夏椿には樹形の良いのがなかったのと,株立ちとはいえ大きく成り過ぎる恐れがあったので,姫沙羅にすることにして,個人的に好きな樹形のがあったので購入して届いたの植えつけました.

ヒメシャラ,2018年2月3日
ヒメシャラ,2018年2月3日