水仙ディアラブとツルニチニチソウ

去年ダブルの水仙買おうと思ってカタログ見て買った水仙ディアラブ.

水仙ディアラブ,2019年4月29日
水仙ディアラブ,2019年4月29日

ダブルでなくバタフライ咲きという副冠にフリルが入る咲き方の変わり咲き水仙でした.

今年はカラスノエンドウが大繁殖して大変なことに,ディアラブはその影響か半分くらいしか発芽してこなかった...

それでも,ムスカリと水仙とカラスノエンドウで配色良いのと,カラスノエンドウはグランドカバーとしては良いかも.

アポイキキョウ枯れたかと思ったけれど,後日カラスノエンドウとったら芽吹いてました.

日陰ではツルニチニチソウが開花.

泰山木の株元で咲くツルニチニチソウ,2019年4月29日
泰山木の株元で咲くツルニチニチソウ,2019年4月29日

陽向が好きでツルニチニチソウより早く咲く姫ツルニチニチソウと違って,ツルニチニチソウは花も日陰を向いて咲き,どこまでお日様が嫌いなのでしょうか.

 

 

泰山木から新世代の木蓮へ

昔からうちの庭にある泰山木.

タイサンボク,2014年6月28日
タイサンボク,2014年6月28日

花期が極端に短くて,いつも地面に落ちている素晴らしいマグノリアの香りの花がら見てから,花が咲いていたことに気付く私にとっては幻の花だった.

そんな泰山木は,北米を代表する花木であり,大きくなり個人の庭に向かないと言われるのに狭い通路に植えているからか,それとも沿わせた,つる薔薇のニュードーン

LCL ニュードーン/ タイサンボク,2016年6月10日
LCL ニュードーン/ タイサンボク,2016年6月10日

に負けたからか,上の方から枯れこんで,もはやニュードーンの支柱でしかない状態になってしまった.

そういうわけで泰山木の代わりに,今度は泰山木のように大きくならず,近年北米やニュージーランドで魅力的な品種が続々と発表されている新世代の木蓮を植えることにして,堤防側に背の高い生け垣として使うために,ブラックチューリップ2本と,その後,ブラックチューリップの改良品種で赤紫系の品種で最高の美花といわれるクレオパトラ買って,さらに従来にない珊瑚色の花色の複色花のコーラルレイクも買った.

ブラックチューリップは,買った2本のうち1本に今年ようやく蕾がついて,

モクレン ブラックチューリップ,2019年4月14日
モクレン ブラックチューリップ,2019年4月14日

初めて花が見られると思ったけれど,「花期が短い問題」で昨日庭に戻ったら,花が終わっていた...

ただ,ブラックチューリップの改良品種のクレオパトラの方は,植えつけた翌年の去年には開花していた.

モクレン クレオパトラ
モクレン クレオパトラ,2018年4月15日

クレオパトラは名前がちょっと...だけれど,花色が魅力的なだけでなく丈夫で若木から開花し樹形も円錐形に整う,ということなので,枯れた泰山木の手前に代替として今年の2月に植え替えて,さすがに今年は花が無かったけれど,元気に芽吹いて樹形も整っている.

枯れた泰山木の手前に植え替えた,モクレン クレオパトラ.
枯れた泰山木の手前に植え替えた,モクレン クレオパトラ,2019年4月28日

クレオパトラ植え替えたあとには,私としては,最も花色が魅力的と思うコーラルレイクを植え替えて,コーラルレイク,木蓮集め始めた3年前は東側のボーダーの中央に植えたけれど今ひとつで,あっちこっち植え替えていて,結局ブラックチューリップと同じ堤防側に植え替えて,木蓮移植に向かない樹種なので枯れるかもと思って,結局毎年1本ずつ買い増して,そのうち一番古い3年前に購入したのがついに,...

モクレン コーラルレイク
モクレン コーラルレイク,2019年4月28日

開花.

木蓮の花型どことなくチューリップに似ていて,その株元では,同じように美しいバイカラーで八重咲きのチューリップのアップスターも

チューリップ アップスター
チューリップ アップスター,2019年4月28日

一緒に開花していました.

桜と川秋沙

久しぶりに庭に戻った土曜日の午後,わんこさんと堤防の遊歩道を散歩.

堤防の法面には自生している水仙,堤防沿いのグランドには桜.

広瀬川,2019年4月13日
広瀬川の堤防の水仙と桜,2019年4月13日

桜の花を見るたびに,昔うちの庭の隣の国有地にあった桜

堤防沿いの元国有地のサクラ,2010年4月25日
堤防沿いの元国有地のサクラ,2010年4月25日

を思い出します.

この桜は道路計画が橋からトンネルになり伐採を免れていたけれど,結局国有地が競売され,落札した不動産業者が転売するために伐採した.


翌朝いつものように散歩していたら,川面にはまだ,カワアイサがいました.

広瀬川,2019年4月14日
広瀬川にまだいたカワアイサ,2019年4月14日

7年目の美しい春の妖精

数日前にも雪が積もって通勤のときブーツの中まで雪が入ったと妻が怒ってたりしたけれど,私が戻ったときはもうすっかり春.

広瀬川
広瀬川,2019年4月13日

先月末に咲き始めた姫ツルニチニチソウの回りで,うちの庭で春真っ先に咲き始めるオオイヌノフグリも咲いていて,

ヒメツルニチニチソウとオオイヌノフグリ
ヒメツルニチニチソウとオオイヌノフグリ

庭のあちこちで数が増えて青い宝石を散りばめたよう.

オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ

すべての花々が一斉に咲き始める美しい東北の春だけれど,7年前にお迎えして,5年前に最初で最後の花を見て,去年の春突然復活した,最も美しい春の妖精と思う片栗が,今年も一輪の花をつけていました.

カタクリ
カタクリ

 

10年目の椿とクリスマスローズ

どんなに生垣薄く剪定してもフェンスに比べれば厚さがあるので,引退してもらったレッドロビンには申し訳ないが,狭い北側の生垣裏の通路を有効活用して,椿とクリスマスローズのシェードガーデンにできて良かった.

アルミフェンス裏のシェードガーデン
アルミフェンス裏のシェードガーデン,2019年2月23日

椿は薔薇と違って,どちらかというと半日陰~日陰が良いので,今ひとつバランスの悪い薔薇と一緒に東側の花壇に放置していた椿も移植できた.

そんな椿ガーデンの春咲き椿のトップをきって桃太郎が開花.

ツバキ桃太郎
ツバキ桃太郎

北側通路裏より陽あたりの良い西側玄関前の花壇では3月末にわが家のシンボルの春咲き椿が開花しているけれど,今年は花弁にシミがはいって花色も薄くて不作.

ツバキ羽衣
ツバキ羽衣

羽衣は桃太郎と花の雰囲気が良く似ているけれど,花色が白に近い淡いピンクで上品なのと,花型が八重の桃太郎に対して蓮華咲きでさらに美しい.

祖父の庭から引き継いだ木が唯一残っている四季咲き(秋咲き)椿で,今年は開花が遅れた菊冬至も花付きが抜群に良いけれど

ツバキ菊冬至
ツバキ菊冬至

大丈夫かな(椿が花付き良くなるの枯れる前兆の場合があるので).

同じように四季咲き椿で11月から開花している太神楽はまだ,花がたくさん.

ツバキ太神楽
ツバキ太神楽

その先で赤い椿の花が咲き始めていて

ツバキ久賀一号
ツバキ久賀一号

ラベルはなかったけれど,花を一目見て,10年前に出先きのホームセンターで売っていた挿し木苗購入して,自宅の庭に持ち帰り植えつけたけれど,10年間一度も開花していなかった久賀一号だと,買った時についていた花のカラー写真つきラベルの印象が鮮明だったので分かりました.

名前は分かっていた(どういう訳か,久賀二号と覚えていて,昔からエクセルでつけている園芸日誌見て,久賀一号が正しい名前と分かった)けれど,どんな椿か調べたこともなかったので,調べてみたら,ツバキ・サザンカ名鑑に載っていなくてよく分からないのだけれど,久賀白というのは載っていて,椿で有名な五島列島(椿の産地は,新潟,江戸,愛知,肥後とかいろいろあるけれど,東の大島,西の五島列島と言われるそう)の久賀島の椿だからついた名前のよう.

ここのシェードガーデンは椿の根締めにクリスマスローズも一部株分けして移植していたけれど,ツバキと違って全体的に日照量が不足していて不調で,唯一朝陽が少しあたる東側端に鉢植えで放置していた,10年くらい前にクリスマスローズ買い始めたころ春先ホームセンターで処分されていた開花まで2~3年のシングル小苗買ったカシスレッドのみが順調に開花していました.

クリスマスローズ カシスレッド
クリスマスローズ カシスレッド

アネモネと蓮華升麻

クレマチスやクリスマスローズもそうだけれど,とりわけ美しい花の多いキンポウゲ科の植物.

そのなかでも数年前から,美しくて,でもちょっと怪しい感じのアネモネに魅せられて,一昨年購入した原種系アネモネ・パブニナ

原種系アネモネ パブニナ,2017年3月18日
原種系アネモネ パブニナ,2017年3月18日

が今年も開花.

アネモネ パブニナ
アネモネ パブニナ

(カラスノエンドウなんとかしないと)

同じように一昨年購入したキンポウゲ科のレンゲショウマ.

一昨年は鉢植えで室内で育てていて蕾もあがって

レンゲショウマ,2017年8月6日
レンゲショウマ,2017年8月6日

期待が膨らんだのに開花直前にチョンボして枯らして,去年買い増したのと一緒に2本地植えにしたけれど,去年は蕾もできず失敗.

去年買い増したのは今年3月中旬には芽吹いてきていたけれど,一昨年買ったほうは芽吹いていなくて,枯れたかと思って今年3月末にたまたま売っていたの見つけて2苗買い増して,とりあえず鉢植えにしたけれど,結局去年買ったの

レンゲショウマ
レンゲショウマ

に加えて一昨年買ったのも芽吹いてきて,

レンゲショウマ
レンゲショウマ

レンゲショウマ(すべて八重咲き)が4苗になって,花はまだ見てないけれど,レンゲショウマって結構丈夫かも.

今地植えしている北西端の花壇,レンゲショウマ植えるには,春秋は午前中少し陽が差して,夏は日陰になるので向いているのかもって思って,レンゲショウマの両脇の日陰に去年無理して植えた,わが家のイングリシュローズの新入り

ER ハーロウカー, 2018年9月14日
ER ハーロウカー, 2018年9月14日

南側の花壇に移して植え替えて,レンゲショウマ4苗フェンス沿いに並べて植えるつもり.

今年こそレンゲショウマの花がみたいけれど,夏のお天気しだいかな.

姫蔓日々草の開花と川秋沙

例年になく雪が少ない冬だったけれど,4月になって雪が降ったりしたけれど,庭に積もった白い雪の中で青紫のヒメツルニチニチソウの蕾が膨らみ始めていて,雪があがった後に開花.

ヒメツルニチニチソウ
ヒメツルニチニチソウ

川面にはカワアイサの群れがいるけれど,そろそろお別れ.

カワアイサ,広瀬川
カワアイサ,広瀬川