椿の開花と金木犀

もともとは椿の庭を目指していて,10年前にブロック塀撤去して生垣に替え,カーポートと門袖新しくしたときに,玄関脇のシンボルツリーは,堤防側の境界でモミジの木の下で株立ち状に自生していたヤブツバキを植え替えた.

玄関脇のヤブツバキと隣接国有地の桜,2010年4月25日
玄関脇のヤブツバキと隣接国有地の桜,2010年4月25日

ただ椿のように本来高木の下で生育する日陰の木の場合,植え替えた場所は北側道路沿いではあっても,午後から夕方は結構強い日射しがあり,花付きは抜群に良くても花も木も傷んで精彩がなくなるので,カーポートを耐積雪20 cmから50 cmのタイプに建て替えたときに,袖壁脇のシンボルツリーを夏椿ホワイトチルドレンに植え替えたけれど,カーポートの屋根が1.8 mから2.6 m高になって玄関が透け透けになって,生長激遅の夏椿が大きくなるの待っていられないので,ひと月でライラックに植え替えた.

ライラック,2016年4月29日
ライラック,2016年4月29日

また,唯一残っていた北側道路沿いの生垣

レッドロビンの生け垣,2017年9月24日
レッドロビンの生け垣,2017年9月24日

も,諸般の事情と手入れの危険性があることもあり,玄関脇に1本だけ残して,アルミフェンスに交換し

玄関脇に1本だけ残したレッドロビン,2018年10月6日
玄関脇に1本だけ残したレッドロビン,2018年10月6日

生垣のレッドロビンを抜いた跡に椿を植え替えて,椿中心のシェードガーデンにした.

その後,結局1本だけ残していたレッドロビンも,生長遅いけれど,お気に入りの四季咲き(秋咲き)ツバキ雪灯籠を,玄関脇のシンボルツリーに育てることにして植え替えた.

ツバキ雪灯籠,2018年11月25日
ツバキ雪灯籠,2018年11月25日

この椿は10月から開花するだけでなくて,日陰でも花付きが抜群に良く,今朝一箇所で蕾が二つついているところは一つに摘蕾しました.

ツバキ雪灯籠,2019年9月29日
ツバキ雪灯籠,2019年9月29日

金木犀の良い香り…(金木犀は30 m離れた,道路を挟んで向かい側の住宅の玄関前に植わっていて自分の知っている樹木の中でも金木犀が最も香りが強い)

雪灯籠の後ろには,まだ返り咲きしている紅花トキワマンサク.

紅花トキワマンサク,2019年9月29日
紅花トキワマンサク,2019年9月29日

その後ろにも花が見えるので見たら,秋咲き椿の加茂覆輪が開花始めていました.

ツバキ加茂覆輪,2019年9月29日
ツバキ加茂覆輪,2019年9月29日