環境保全区域で家を建てるには:番外編

宮城第一高第二グラウンドの保全率違反を仙台市長に告発したところ,1月25日付けで,


「送信いただいた写真の防球ネットは、広瀬川の清流を守る条例により高さが15m以下の鉄筋コンクリート造の柱、鉄柱、木柱その他これらに類する工作物であり、許可不要となります。」

図5 グラウンド東西北面を取り囲む柵(高さ10m超)と照明搭(高さ5m超),2021/01/11撮影
仙台市長が「フェンス(塀)」でなく「鉄柱」であるとしている(ネットの部分はお見えにならないようである)工作物,2021/01/11撮影

との回答が来ていましたので,以下のように,違法性を改めて指摘しました:

1.「塀」でなく「鉄柱」であるとされるなら,フェンス(塀)としての機能をもたらす「ネット」を取り外してください.

「ネット」は,グラウンド利用者にとっては,(1)敷地外からの侵入を防ぎ,(2)敷地内からボール等が敷地外に出て行くのを防ぐ,「壁」として機能するメリットがありますが,「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則」で禁止されている「かすみ網」と同じように,広瀬川に生息している貴重な野鳥の生命を奪います.

また,実際に野鳥等の動物がネットに絡まり傷ついたり死亡した場合は,野生動物にとって危険なネットを許可なく大規模に環境保全区域に設置した宮城県知事は,「動物の愛護及び管理に関する法律」の動物虐待罪により刑事責任を問われる場合があります.

2.画像奥に見えますように,隣合うフェンスの頂部間10ヶ所以上に鉄パイプ製の「梁」が渡され,隣合う鉄柱間を固定しておりますが,こちらも(写真の工作物が)「塀」もしくは「柵」でなく「鉄柱」であるとされるなら撤去してください.

3.鉄柱,塀,柵などは,広瀬川の清流を守る条例施行規則第12条第一号に掲げられている,「工作物」であり,条例第9条にあるように,

  • 非常災害時の応急修理,または
  • 通常の管理行為その他の行為のうち自然的環境の保全に支障を及ぼす恐れがないもの

以外はあらかじめ市長の許可を受けなければならない条例第9条)と定められておりますので,写真の工作物の新築に関しては,規模(高さ)の如何によらず「許可不要」でなく「許可必要」にあたると思われます.


仙台市長からの反論が来ましたら,あらためて番外編(2)として続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)