小鴨と尾長鴨と鳰

昨年末,橋から携帯で撮ったオナガガモの群れ.

オナガガモ,2020年12月25日(携帯で澱橋より撮影)
オナガガモ,2020年12月25日

群れの左に1羽だけいるの,コガモだと思って画像拡大して

オナガガモ,2021年1月23日(1200mm相当のデジカメで澱橋より撮影)
オナガガモの群れに1羽いるコガモ(○印),2020年12月25日

たぶんコガモのオスでした.

一月後に同じ橋を通ったら,またオナガガモさんの群れがいたけれど,コガモさんもいたので,新しく買ったカメラで撮ったら,

コガモ,2021年1月23日(仲の瀬橋)
コガモ,2021年1月23日

素晴らしい.

オナガガモさんは食事に夢中でグラマラスなお尻しか撮れません.

オナガガモ,2021年1月23日(仲の瀬橋)
オナガガモ,2021年1月23日(仲の瀬橋)

写真だけ見るとコガモみたいだけれど,前後の写真からオナガガモでした.

どうして,オナガガモやコガモはオスばかりでいるのだろう.

1年前に別の橋から携帯で撮って拡大したカイツブリ.

カイツブリ,2020年1月25日
カイツブリ,2020年1月25日

ちょっとボケているけれど,今年も同じ橋の下にいました.

カイツブリ,2021年1月23日(澱み橋)
カイツブリ,2021年1月23日(澱み橋)

1200mmレンズは大きく撮れて鳥の観察(水中に潜り魚をとる水鳥の大きな足)には素晴らしい.でも,図鑑的で平板な構図は今後工夫の余地があると思う.

川底のゴミまで写っていていろいろ考えさせられます.

(広瀬川で暮らす生き物の一年のアーカイブはこちらです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)