雪灯籠と獅子頭の生垣

秋咲きの椿の雪灯籠が次々に咲いています。

雪灯籠,2021/12/04
雪灯籠,2021/12/04

雪灯籠は花付きが良くて,一ヶ所に2個も3個も蕾をつけるので,気付いたときに蕾をとって1個にしていたけれど,1個ずつ順番に咲いていくみたいなので,蕾の数を減らす必要はなかったみたい。

生長激遅の常緑樹の椿のなかで,雪灯籠は生長が早いのでアルミフェンス裏に雪灯籠を並べて二段の生垣とするつもり。

玄関とカーポート挟んで堤防側のレイズドベッドはフェンスがなくて寒椿(山茶花)獅子頭の低い生け垣。

スノードロップ・エルウィシーとシシガシラ,2021/12/04
スノードロップ・エルウィシーとシシガシラ,2021/12/04

カーポート挟んで1本だけ袖壁前に植えていた獅子頭が先月どういうわけか,あっという間に枯れたので一番堤防側の端の獅子頭を,枯れたのの代わりに袖壁前に移植しました。

シシガシラ,2021/12/04
シシガシラ,2021/12/04

カーポートの両脇に植えているラプソディーインブルー,暑さには弱いけれど寒さには強いので,まだまだ開花するつもり。

ラプソディーインブルー,2021/12/04
ラプソディーインブルー,2021/12/04

カーポートの脇の玄関アプローチ沿いに3本ポット植えにしている,わが家で最古参のイングリッシュローズ・ウィリアムシェークスピア2000。

今年の春,鉄砲虫にもっとも道路寄りの1本枯らされて,代わりに来春接ぎ木して植え替えるつもりで,とりあえず空いていたポットに妻がホームセンターで買ってきたパンジー4苗,どこに植えればよいの,と聞かれたので枯れたウィリアムのポットに植てもらったけれど,接ぎ木しなくても植え場所がなくて持て余していた取り木苗のフォールスタッフが一株あるの思いだして,フォールスタッフは樹形が,つる薔薇的に生長して四季咲き性に劣る点を除いて,花色も花型もウィリアムと変わらないというか優れているようにも見えるので,とりあえずフォールスタッフを枯れたウィリアムの代わりに使うことにして,ウィリアム2鉢を隣どうしに並べて,パンジー4苗を2苗ずつに分けてウィリアムと寄せ植えにしました。

パンジーとウィリアムシェークスピア2000,2021/12/04
パンジーとウィリアムシェークスピア2000,2021/12/04

日本海側は雪というので,今日遅ればせながらタイヤ交換しました。