カテゴリー別アーカイブ: 花の記録

白い副冠の寒咲き水仙と赤い実と青い実

季節が自宅の庭より一月早くすすむ通勤路.

寒咲き日本水仙が開花しました.

通勤路の寒咲き水仙,2020年1月10日
通勤路の寒咲き水仙,2020年1月10日

この水仙,副冠が白で一般には黄色い副冠の日本水仙より垢抜けていて,副冠は小さいけれど園芸品種の雫水仙タリアのように美しいけれど,強健で急速に勢力範囲を拡げている.分球ではこんなふうに広範囲に一気に増えることは出来ないだろうから,どうやって増えているのだろう.

そのわきでは,実葛(サネカズラ)の赤い実が美しい.

通勤路のサネカズラ,2020年1月10日
通勤路のサネカズラ,2020年1月10日

ここ数年冬になると川原にやって来ていた川秋沙(カワアイサ).
カワアイサの群れ,2016年11月12日
カワアイサの群れ,広瀬川,2016年11月12日

昨年の春は4月14日まで川にいたけれど,昨年の冬は例年なら遅くとも11月末(秋沙,つまり秋が去ると)にはやって来ていたのにずっと見なくて,年末の夕暮れに一瞬オスが一羽川面を滑走して着水したように見えた(暗かったのでカルガモを見間違えたのかも知れない)けれど,年が明けても,はっきりと見たことはなくて,今冬は川原にやって来ないような感じ.それどころか,冬になると毎年下流から移動して来るカイツブリも見ない.

水鳥だけでなくて普通の渡り鳥もあまり見なくて,ジョウビタキは昨年末に,ツグミは年明けて,ようやく庭で見たけれど,今朝散歩していたら,ジョウビタキが堤防の木にいました.

ジョウビタキ,広瀬川,2020/01/11
遊歩道わきの木にいたジョウビタキ(写真中央),広瀬川,2020/01/11

散歩から戻ってきたら,お隣の住宅の堤防側に生えている(目隠しに植えたのかも知れない)唐鼠黐(トウネズミモチ)の木にヒヨドリの群れがいて賑やかでした.

群れでいるヒヨドリは渡りの途中のグループで,ふだん見かける留鳥のヒヨドリとは違う,とどこかで読んだけれど,どうなんだろう.

ヒヨドリが群れていたトウネズミモチの木には紫の実がいっぱい.

トウネズミモチ,2020年1月11日
トウネズミモチ,広瀬川,2020年1月11日

うちの庭の堤防側の南面は,今はレッドロビンの生垣を撤去してメッシュフェンスに替えたけれど,もともとはブロック塀で,ブロック塀撤去して生垣に替えるときに外構業者に見積もりとったけれど,生垣にする樹種,造園業者の提案はネズミモチで,ネズミモチって何って調べたら,ネズミの糞のような実がなる植物っていうことでやめたけれど,ネズミモチのこと今回もう一度調べたら,お隣さんの堤防側に植わっている木もネズミモチでなくて外来植物のトウネズミモチで,ネズミモチは,生垣の樹種選ぶとき素敵かな,と思っていた洋風生垣に使うプリベットと見分けるのも難しいくらい似た植物だとか.

プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントとエヴリン

数年前にテッポウムシの被害にあって,シュート1本だけになったわが家のイングリッシュローズでは最大の花をつけるプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント.

鉢上げして回復傾向にあって,今年は6月2日に開花,

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年6月2日

8月9日に二番花が一つだけ開花,

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日

その後ずっと花がなかったけれど,12月になってようやく三番花の蕾が三つ出来たけれど,

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年12月8日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年12月8日

寒さで開花しそうになかった,

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年12月21日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年12月21日

ので,切り花にして家に取り込んだら一つ咲きました.

切り花にして開花させた ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年12月31日
切り花にして開花させた ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年12月31日

一緒に切り花にしたブルームーン・ストーンは咲きそうにないよう.

プリンセス予備がひとつもないので,時期的に無理な感じだけれど,今日一枝とって挿し木にして室内にとりこみました.


2011年12月29日にホームセンターに一鉢だけあったの購入した,プリンセスに負けない大輪の花をつけるイングリッシュローズのエヴリン.買った苗を鉢増ししようとしたら接ぎ目にひびが入っていて,ずっと生育不良で見るべき花もなかったけれど,ホームセンターで買ったのが悪かったと思っていた.

2015年12月31日にガーデンセンターに花を見に行ったとき,初売り用に3鉢セット販売で並んでいたのの一つにエヴリンあるの見つけて一苗だけで定価で売ってもらって,買って帰った.

どちらの苗も2017年になって,本来の大型の花を咲かせるようになり,同名の香水会社のシンボルローズであるという先入観なしでもわかる素晴らしい香りと,シーズンによってアプリコットからピンクに色変わりするニュアンス・カラーの花色のとても素敵な薔薇だったけれど,昨年水切れで不調になったり枯れたりする薔薇が多かったので,今年2月23日に底面吸水鉢に鉢増ししてサンセットグロウのオベリスクの隣に置いていたのが6月2日に開花.

ER エヴリン,CL サンセットグロウ,2019年6月2日
ER エヴリン,CL サンセットグロウ,2019年6月2日

8月11日には二番花が開花.

ER エヴリン,2019年8月11日
ER エヴリン,2019年8月11日

その後,ここの植え場所が夏草に覆い尽くされてしまったので,梅の木の株元に移動していたのが9月28日に三番花が開花.

ER エヴリン,2019年9月28日
ER エヴリン,2019年9月28日

12月に今年最後の四番花が開花しました.

ER エヴリン,2019年12月7日
ER エヴリン,2019年12月7日

エヴリンに使っていた底面吸水鉢,南側のボーダーに地植えしていたセプタードアイルとシンデレラを鉢上げするのに使うことにして,エヴリンはベンチ後ろに定植し,

ベンチの後ろに定植した ER エヴリン,2019年12月31日
ベンチの後ろに定植した ER エヴリン,2019年12月31日

南側のボーダーはセンターに移したイングリッシュローズの四季咲きランブラー,

ER ジ・オルブライトン・ランブラー,2018年6月2日
ER ジ・オルブライトン・ランブラー,2018年6月2日

挟んで両側に3本ずつ薔薇の代わりにオリーブを入れることにしました.

空いた鉢でシンデレラ

鉢上げした CL シンデレラ,2019年12月31日
鉢上げした CL シンデレラ,2019年12月31日

とセプタードアイル

鉢上げした ER セプタード・アイル,2019年12月31日
鉢上げした ER セプタード・アイル,2019年12月31日

を鉢上げしたけれど,どっちもテッポウムシに大穴開けられていました(セプタードアイルは超深植えしていて大丈夫だけれど,シンデレラは大丈夫かな).

アイスバーグとテッポウムシ

2009年のゴールデンウィークにガーデンセンターで出会って一目惚れして購入したアイスバーグ(厳密にいうと,つるアイスバーグ)の鉢植え.

FL アイスバーグ,2010年5月2日
FL アイスバーグ,2010年5月2日

同一品種3本の寄せ植え大鉢で花付き抜群だった(値段もこれまで買った薔薇のなかで最高だった)が,水やりできない家なので,地植えにしたら,あっという間に黒星病だらけになって,何年もほとんど花がつかず生育不良で忘れられた存在だったが,ここ数年好調で今年も5月27日に開花.

FL アイスバーグ,2019年5月27日
FL アイスバーグ,2019年5月27日

冬になって多くの薔薇が蕾をつけても完全には咲ききれないなか,さすがにドイツの薔薇からなのだろうか,最後まで綺麗に開花.

FL アイスバーグ,2019年12月25日
FL アイスバーグ,2019年12月25日

耐病性の基準を満たさないと世に出さないイングリッシュローズと違って,ほとんどの薔薇は最低限の薬剤散布が必要なのだろうから当然と言えば当然なのだけれど,わが家の庭で10年近く過ごすうちに耐病性を身につけたということのよう.

アイスバーグは黒星には弱いけれど,わが家の庭で薔薇が枯れる原因のテッポウムシの餌食になったことは一度もなくて,理由はアイスバーグのスリムなウエストにあるような感じ(基本的にわが家ではテッポウムシ対策で深植えしていて,太い台木の部分は土の中).


例年だと年明けからばたばたと移植や冬剪定しているけれど,今年は年内に移植だけでも済ますつもりで,ここ数年不調だけれど,四季咲き性は抜群だったピエール・ド・ロンサールの株元整理して,枯れた太いシュート取り除くのにはノコギリ必要かなと見ていたら,…

テッポウムシに枯らされたCL ピエールドロンサールのシュート,2019年12月22日
テッポウムシに枯らされたCL ピエールドロンサールのシュート,2019年12月22日

枯れたのはテッポウムシに株元喰い抜かれていたからで,手でもって簡単に根元から折れました…

ひょっとして不調な薔薇はみんなテッポウムシのせいでは,と思って他の薔薇も株元の雑草取り除いたら,

わが家で唯一成功していたフレンチローズのジェネラシオン・ジャルダンも,今年はほとんど花がつかず,南側のボーダーに植えているので水不足で枯れたのかと思っていたら,

テッポウムシに枯らされたS ジェネラシオンジャルダンのシュート,2019年12月22日
テッポウムシに枯らされたS ジェネラシオンジャルダンのシュート,2019年12月22日

同じようにテッポウムシに喰い抜かれて枯れていて,それ以外にも,わが家で最も美人のイタリアンローズのヴァリエガータ・ディ・ボローニャも.

薔薇ナーセリーではテッポウムシの被害にあう薔薇はないという話で,その理由は定期的に薬剤散布しているので,土壌に薬剤が浸透してテッポウムシが生育できないということのようだけれど,カミキリムシ手でとって処理するだけでは追い付かず,これ以上のテッポウムシ被害なくすには,わが家でも定期的な薬剤散布が必要のような気がするけれど,どうする…

冬に咲く美しい白い花と薔薇

先々週にいくつか蕾があがっていたスノードロップ.

庭に戻ったら開花していました.

スノードロップ エルウィシー,2019年12月21日
スノードロップ エルウィシー,2019年12月21日

玄関脇では,同じ雪の名前を持つ美しい秋咲き椿が,同じように美しい白い花を引き続き咲かせていました.

ツバキ 雪灯籠,2019年12月21日
ツバキ 雪灯籠,2019年12月21日

今年不調だった棘のない薔薇も最後の美しい花.

FL インターナショナルヘラルドトリビューン,2019年12月21日
FL インターナショナルヘラルドトリビューン,2019年12月21日

今年好調だったオレンジの美しい薔薇は,もう花が開かないかと思ったけれど,なんとか咲き始めていたけれど,

ER パットオースチン,2019年12月21日
ER パットオースチン,2019年12月21日

今ある蕾は咲かないでしょう.

オールドローズに四季咲き性を,という目標で育てられているイングリッシュローズだけれど,イングリッシュローズらしからぬ剣弁高芯咲きのハイブリッドティー的花型のイングリッシュローズのシーズン最後の花が美しい.

ER マリネット,2019年12月21日
ER マリネット,2019年12月21日

冬の薔薇と多肉

今年の冬はどうもカワアイサ(川秋沙)さんがやって来ないような感じで,原因としては,川の水位が低くて文字通り「広瀬」川状態で川底の石がところどころ水面に顔をだしていて,水中に潜って魚をとるカワアイサさんは来ないみたい.それどころか冬になると下流から移動してくるカイツブリさんも来ていない.

初雪が降って山には雪が積もっているので,薔薇のシーズンは終わりでアイスバーグを別にしてピンクの薔薇ばかり咲いている.

ER エヴリン,2019年12月7日
ER エヴリン,2019年12月7日
CL ニュードーン,2019年12月7日
CL ニュードーン,2019年12月7日

寒さに負けず豪華に咲くイングリッシュローズの今年最後の花

ER ジュビリーセレブレーション,2019年12月7日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年12月7日

も素晴らしいけれど,可憐なオールドローズの花

N ブラッシュノアゼット,2019年12月7日
N ブラッシュノアゼット,2019年12月7日

の存在感が張り詰めた冬の朝の空気の中で素晴らしい.

パット・オースチンとブルー・ムーン・ストーンの蕾はこのまま開かずに終わるような感じで,プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントとラプソディー・イン・ブルーは開くかもしれない.

薔薇はもっと手入れしないと駄目で,そのために数を減らすべきなんだけれど,多肉の方は私の場合,下手に手入れするより放置しているほうが良いみたいで,今年初開花したアルブカ

アルブカ・コンコルディアナ
アルブカ・コンコルディアナ,2019年3月16日

は花後に水もあげずにバックヤードの軒下に放置していて,そのまま枯れていたけれど,今年も秋になったら水なしの乾いた鉢から芽数が増えて芽吹いて来ていたので,水をあげてデッキに持ってきていたのが生長中.

アルブカ・コンコルディアナ,2019年12月7日
アルブカ・コンコルディアナ,2019年12月7日

今年の春に出先から持ち帰り,2階のベランダで夏の間,水やり忘れて放置していたエケベリアも枯れることなく,今冬の葉色の透明感が今ひとつだけれど,順調に生長中.

エケベリア・カンテ,2019年12月8日
エケベリア・カンテ,2019年12月8日
エケベリア・ラウリンゼ,2019年12月8日
エケベリア・ラウリンゼ,2019年12月8日

デッキの水苔とらないと…

 

冬鳥が来て寒椿が咲きました

さすがに,この季節ともなると空気は冷たいけれど,視界は良くて遠くまでよく見える.DSC_4470-ctc

今朝の気温は-3℃.仕事のために朝6時に家を出て,川を渡っていたら橋の下に冬鳥が(写真はすべてスマホで撮っているので,小さくしか写っていないけれど),

オナガガモ,広瀬川,2019年11月29日
オナガガモの群れ,広瀬川,2019年11月29日

初めは秋が去ったの告げるカワアイサ(川秋沙)さんかと思ったけれど,警戒心の強いカワアイサさんは,こんな人通りの多い橋のそばには来なくて,ここ数年はあまり見かけないオナガガモさん6羽の群れでした(岸辺にいるのはカルガモさんのつがい).

仕事帰りに,もう一度今度は橋の反対側を渡っていたら,マガモさんのつがい.

マガモのつがい,広瀬川,2019年11月29日
マガモのつがい,広瀬川,2019年11月29日

以前はオナガガモさんやマガモさんが冬鳥のメインだったけれど,数年前から「見られたらラッキー」と言われているカワアイサさんの群れが川にやって来るようになって,その代わりかオナガガモさんやマガモさんはあまり見かけなくなったのだけれど,川沿いの遊歩道を家までカワアイサさん探しながら帰ったけれど,いなくて,今年はカワアイサさんは川に来てくれるのだろうか.


堤防の遊歩道の脇では寒椿が咲き揃いだしていました.

寒ツバキ,広瀬川,2019年11月29日
寒ツバキ (立ち寒椿),広瀬川,2019年11月29日

夕べ家に戻ったのは夜遅かったので気がつかなかったけれど,わが家の庭でも寒椿が咲き始めていました.

寒ツバキ 獅子頭,2019年11月29日
寒ツバキ獅子頭,2019年11月29日
寒ツバキ 獅子頭,2019年11月29日
寒ツバキ獅子頭,2019年11月29日

上の画像玄関脇のツバキ雪灯籠の後ろに植えている常磐万作,

トキワマンサク,2019年5月25日
紅花トキワマンサク,2019年5月25日

秋に返り咲くこともある細いピンクのリボンを集めたような繊細で美しい花が魅力的な Signature Plants (どう訳すか分からない)と思っていたけれど,常緑の緑の葉の紅い新葉が緑の葉に映えて抜群に美しい.

紅花トキワマンサク,2019年11月29日
紅花トキワマンサク,2019年11月29日

お隣さんの堤防沿いに立ち寒椿が植わっているの思い出して見に行ったけれど,野薔薇のローズヒップがあるだけで寒椿の花はまだ咲いていなくて,わが家の庭で最も良く返り咲くオールドローズが咲いていました.

N. ブラッシュノアゼット,2019年11月29日
N. ブラッシュノアゼット,2019年11月29日

今ある蕾や,咲き始めている花

ER パットオースチン,2019年11月29日
ER パットオースチン,2019年11月29日

は,このまま寒くなると咲かないで絶ち枯れる恐れもあるけれど,

銀の棘が素晴らしい.

紫陽花とローズヒップ

天気は良いけれど風の強い朝.いつものように堤防の遊歩道をわんこさんと散歩.

広瀬川,2019年11月17日
広瀬川,2019年11月17日

冬鳥の川秋沙(カワアイサ)さんが,まだ川に来ていないので,秋はまだ去っていない(秋沙)けれど,すでに風が冷たい.

秋色紫陽花は装飾花(萼)が枯れて,紅葉して赤紫になったのを言うと思うけれど,新枝咲き紫陽花の「終わりのない夏」は,本当の花なので葉の紅葉と併せて美しい.

西洋アジサイ エンドレスサマー,2019年11月16日
西洋アジサイ エンドレスサマー,2019年11月16日

エンドレスサマーは多分毎年この時期に少し返り咲きしていて,気付かなかっただけと思うけれど,今年は後ろに植えているバレリーナのローズヒップがたくさんついていた

H. Msk シンデレラ,2019年11月16日
H. Msk バレリーナ,2019年11月16日

ので気づきました.

美しい秋薔薇と早春に咲く瑠璃色の野草の不思議な開花

わんこさんに連れられたバックヤードをめぐる旅.

山茶花の次はバックヤードで休養中のイングリッシュローズを代表する銘花.秋花は特に黄色の純度が高くて素晴らしい.

ER グラハムトーマス,2019年11月16日
ER グラハムトーマス,2019年11月16日

育てる人が育てると,つる薔薇的に生長して素晴らしい景色をつくる薔薇なのだけれど…

10月末にようやく本格的に芝刈りして,芝も見られる状態になったけれど,すでに枯れ始めていて今シーズンも終わり.

高麗芝,2019年11月16日
高麗芝,2019年11月16日

(わんこさんも気持ちは若いけれど,12歳半で少し大人)

芝生で紅葉した桔梗の花壇見ていたら,何やら瑠璃色の美しい花が.わが家で早春真っ先に咲くオオイヌノフグリが開花していました.

オオイヌノフグリ,2019年11月16日
オオイヌノフグリ,2019年11月16日

同じ花壇で黄色花をつけているカタバミや芝刈りする前の芝生で咲いていた西洋タンポポ

芝に生えて開花しているタンポポ,2019年10月26日
芝に生えて開花しているタンポポ,2019年10月26日

は春から秋まで咲くけれど,オオイヌノフグリは春しか咲かないはずなのに.

日記見返したら,2017年12月15日にも開花していました.

玄関に戻ったら,イングリッシュローズの中でも特にオールドローズ的と思う薔薇が美しく開花していました.

ER ジアレンウィックローズ,2019年11月16日
ER ジアレンウィックローズ,2019年11月16日

黒星なんとかしないと.

山茶花が咲きました

わが家のシンボルツリーの山法師もすっかり紅葉し,

ヤマボウシ,2019年11月16日
ヤマボウシ,2019年11月16日

玄関脇の新たなシンボル椿となった雪灯籠も今年はたくさんの花がついた.

ツバキ雪灯籠,2019年11月16日
ツバキ雪灯籠,2019年11月16日

フェンス裏の通路,どういう訳かガラスのかけらが落ちていたりするので,ふだんわんこさんを入れないけれど,奥まで行きたいと言うので,ついて行ったら朝陽をあびて山茶花が咲いていました.

サザンカ朝倉,2019年11月16日
サザンカ朝倉,2019年11月16日

椿と山茶花の見分け方で,秋に咲くのが山茶花,春に咲くのが椿と言っているところもあるけれど,9月に咲いた加茂覆輪

ツバキ加茂覆輪,2019年9月29日
ツバキ加茂覆輪,2019年9月29日

や雪灯籠のように山茶花より先に咲く秋咲き椿もいろいろあるし,春に咲く春山茶花もあり,春山茶花は今年はまだ開花していない寒椿シシガシラと同じ山茶花と椿の交配種で,寒椿は文字通り寒(冬)に咲き,春山茶花は春に咲く.

ハルサザンカ 宝塚,2019年5月25日
ハルサザンカ 宝塚,2019年5月25日

ウィズリーとフィネス

土曜日わんこさんを1.5ヶ月に一度のシャンプー・トリミングに預けているあいだ,ホームセンターで花を見ていて,ガーベラ欲しいと思ったけれど,ローズピンクのイングリッシュローズかと思った美しい薔薇があって,名前見たら,2017年に京阪園芸から販売されたフィネスで,もう薔薇は買わないつもりだったけれど,香り嗅いだら,素晴らしいオールドローズ香(ダマスク香)に大好きな柑橘系の香りが混じり,昔育てていて枯らしたイングリッシュローズのウィズリー

ER ウィズリー,2010年6月12日
ER ウィズリー,2010年6月12日

と同じ大好きな(^^;)ローズピンクの花色で,イングリッシュローズよりずっと安い値段で,消費税上がって,もう薔薇は買うつもりなかったけれど,どうしよう,どうしよう,と思って迷って,結局わんこさん迎えに行く時間ぎりぎりになって,買うことにして家につれてかえりますた.

もう植え場所なくてどうしようかと考えていたけれど,香りの素敵な薔薇なので,なるべく玄関の近くということでライラックの南側のラベンダー一鉢どかして代わりに植えることにして,とりあえず鉢を置きました.

S. フィネス,2019年11月10日
S. フィネス,2019年11月10日

ローズピンクのイングッリシュローズ,ウィズリーは2008年に耐病性を改良したウィズリー2008が発表されたけれど,花色が薄いぼけたピンクになって,買い直すことなかったけれど,去年ハーローカーを二苗買ってベンチの両脇に植えているけれど,こちらは少し花の厚みが薄いすっきりした感じ.

ER ハーロー・カー,2019年9月6日
ER ハーロー・カー,2019年9月6日

フィネスが発表された2017年は,わが家で現在もっとも注目しているこの薔薇

S. ブルームーンストーン,2019年9月6日
S. ブルームーンストーン,2019年9月6日

も発表された年でもあるけれど,どちらも日本人の育種家が育てたということで,万年初心者の自分ももう少しレベルアップしたいけれど,なかなかうまく育てられない.