カテゴリー別アーカイブ: 花の記録

クレマチス・ミケリテが返り咲きました

テキセンシス系のクレマチスの場合,株が充実するまでは春には咲かず,夏か秋にシーズン初めて咲く場合があって,四季咲き性がそれほど強くない感じで,8月になって咲き始めたプリンセス・ケイト

C(Tx) プリンセス・ケイト,2019年8月15日
C(Tx) プリンセス・ケイト,2019年8月15日

も,6月のプリンセス・ダイアナと同じ

C(Tx) プリンセス・ダイアナ,2019年6月23日
C(Tx) プリンセス・ダイアナ,2019年6月23日

ように,移動したハーフアーチに向かって咲き上がっている.

C(Tx) プリンセス・ケイト,2019年8月19日
C(Tx) プリンセス・ケイト,2019年8月19日

庭の中央のピエール・ド・ロンサールのオベリスクでは,6月

C(JM) ミケリテ,CL ピエールドロンサール,R. ブルーランブラー,2019年6月9日
C(Vi) ミケリテ,CL ピエールドロンサール,R. ブルーランブラー,2019年6月9日

に続いて,今度は一人でミケリテが花付き良く,ひっそりと返り咲いていました.

C(Vi) ミケリテ,2019年8月19日
C(Vi) ミケリテ,2019年8月19日

カーポート目地の玉竜とカーポート奥の蓮華升麻

カーポート建てたとき,カーポート屋根の下の十字の部分と手前の目地には迷わずに玉竜入れた.

アーチのピエールドロンサールとアンジェラ,2010年6月18日
カーポートの目地に入れたタマリュウ,2010年6月18日

屋根の下の十字の部分の目地の玉竜は雨がかからず水やりしないと枯れるので子供に水やり頼んでいたけれど,水やり中にわんこさんが道路から入ってきたラブラドール二匹組みに噛まれる事件があって,それ以降水やりしてくれなくなって,夏の乾燥で枯れた.

そこで,屋根下の十字の部分には代わりにバークチップを入れたけれど,バークチップだと風や洗車の際に飛んでなくなっていくので,今年の3月末に88 mm幅で100 mmの目地に入るベルギーレンガ(普通のレンガは100 mm幅)に変えた.

カーポートの目地に入れたベルギーレンガ,2019年3月24日
カーポートの目地に入れたベルギーレンガ,2019年3月24日

カーポートの手前の部分は屋根にかかるけれど,風があれば雨が少し吹き込むので,たまに水やりすれば大丈夫かと思ったけれど,雨の流れ込む両端の部分は別として,中央の部分は乾燥で雑草に入れ替わってきた.

カーポートの目地に入れたタマリュウとベルギーレンガ,2019年6月22日
カーポートの目地に入れたタマリュウとベルギーレンガ,2019年6月22日

目地に最初に入れた玉竜を,せめてカーポートの手前の部分だけでも残して置きたいと思っていたけれど,この先ずっと草取りして水やりするのも大変なので,お盆休みの最終日に急遽ベルギーレンガ買いに行って玉竜と交換し,撤去した玉竜は上の画像後ろに見える堤防側のフェンス際に移植しました.

カーポートの手前の目地に入れたベルギーレンガ,2019年8月19日
カーポートの手前の目地に入れたベルギーレンガ,2019年8月19日

上の画像右側のフェンス際に植えている蓮華升麻.7月初めに蕾が上がって

八重咲きレンゲショウマ,2019年7月7日
八重咲きレンゲショウマ,2019年7月7日

期待が膨らんだけれど,梅雨明けの酷暑でくす玉のような蕾が固まったまま開く気配がなく,

八重咲きレンゲショウマ,2019年8月8日
八重咲きレンゲショウマ,2019年8月8日
八重咲きレンゲショウマ,2019年8月19日
八重咲きレンゲショウマ,2019年8月19日

このまま花が見られず立ち枯れになる恐れも.

アポイ桔梗と薔薇ブルームーン・ストーンが返り咲きました

6月末に咲き始めた絞り咲きアポイ桔梗.

絞り咲きアポイキキョウ,2019年6月30日
絞り咲きアポイキキョウ,2019年6月30日

盛夏の間は休んで,返り咲き始めました.

絞り咲きアポイキキョウ,2019年8月16日
絞り咲きアポイキキョウ,2019年8月16日

(今回最初に咲いたの絞り咲きでないけれど…)

桔梗は秋の七草なので文字通り秋が来たということでしょう.


もう薔薇を新しく買うことはしないと思っていたけれど,結局買うことにした,わが家で最新の薔薇.

初めて買うナーセリーの薔薇で,ここのナーセリーの薔薇は栽培が難しいと思っていたけれど,一番花

S. ブルームーンストーン,2019年5月27日
S. ブルームーンストーン,2019年5月27日

二番花

S. ブルームーンストーン,2019年7月7日
S. ブルームーンストーン,2019年7月7日

に続いて,三番花

S. ブルームーンストーン,2019年8月16日
S. ブルームーンストーン,2019年8月16日

と40日周期で返り咲きしています.

 

プリンセス・ケイトが咲きました

植え場所試行錯誤し10年目にして,ようやくうまく咲かせられるようになったクレマチス プリンセス・ダイアナ.

C(Tx) プリンセス・ダイアナ,2019年6月9日
C(Tx) プリンセス・ダイアナ,2019年6月9日

3年前に購入した同じテキセンシス系のプリンセス・ケイトもダイアナさんと同じミニオベリスクに移植し,左右のミニオベリスクで2品種2苗ずつ嫁姑寄せ植えしようとしたけれど,右のオベリスクはダイアナ,左のオベリスクはケイトだけになって,ケイトさんが今朝開花していました.

C(Tx) プリンセス・ケイト,2019年8月15日
C(Tx) プリンセス・ケイト,2019年8月15日

左右のミニオベリスクの間には2階からネット垂らして西洋朝顔ヘブンリーブルー植えていた

西洋アサガオ ヘブンリーブルー,2017年9月17日
西洋アサガオ ヘブンリーブルー,2017年9月17日

けれど,今年は種まきし損なって,とりあえずやめにして,右側のハーフアーチをセンターにもってきて,クレマチス絡ますことにしました.

クナウチアとゲラニウム

ようやく芝刈りして,芝のエッジからフェンス際へ 雑草 野草とっていったら,夏草に負けてなくなったと思っていたゲラニウム サマースノーが咲いていました.

ゲラニウム サマースノーとクナウチア アルベンシス,2019年8月11日
ゲラニウム サマースノーとクナウチア アルベンシス,2019年8月11日

クナウチア アルベンシスは5月末から3ヶ月近く咲き続けていて,もうしばらく咲き続けると思うけれど,サマースノーの方は連続開花か返り咲きなのか分からないけれど,去年の酷暑で消滅した四季咲きゲラニウムのロザンネ(夏の間は休む)よりも花期が長くて丈夫かも知れない.

チャールズ・レニ・マッキントッシュが咲きました

チャルズ・レニ・マッキントッシュの二番花が咲きました.

ER フォールスタッフとチャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日
ER フォールスタッフとチャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日
ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日
ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日

本来はライラックピンクのニュアンスカラーのオールドローズ的な雰囲気の花のはずなのだけれど,一番花のとき

ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年5月27日
ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年5月27日

よりさらにピンクよりになって,ピンクのカーネーションと同じような花色と花の感じ.

ポットカーネーション クレア,2019年8月11日
ポットカーネーション クレア,2019年8月11日

チャールズ・レニ・マッキントッシュは寒冷地向けの品種なので,秋にならないと本来の色が出ないのかも.


暖地向けのエヴリンの少し色褪せた杏色が美しい.

エヴリン,2019年8月11日
エヴリン,2019年8月11日

 

ジュビリーセレブレーションの三番花が咲きました

南側のデッキに生垣的にポット植え3個並べているジュビリーセレブレーション.

昨日咲いていた花はいまひとつだったけれど,

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

午後降った雨のせいか,今朝は美しい花が咲きました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日

6月2日の一番花,

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

梅雨入りして状態が悪く写真撮らなかった7月の二番花に続いての三番花で,この薔薇は,つる薔薇にはならないけれど,四季咲き性は抜群.


回復中のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントは6月の一番花

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日

に続いて二番花がひとつ咲きました.

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日


四季咲き薔薇でなく,つる薔薇になることを選ばれたかたは,6月の一番花がフェンスの前で咲いて

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

今朝はフェンスよりずっと上の天空高く,二番花が咲き揃いました.

ER フォールスタッフ,2019年8月9日
ER フォールスタッフ,2019年8月9日

 

 

フォールスタッフとエヴリン

イングリッシュローズの夏に強い品種は日本の気候では巨大化して,つる薔薇になるというけれど,フォールスタッフは1.8 mのフェンスを軽々と超えて開花中.

ER フォールスタッフ,2019年8月8日
ER フォールスタッフ,2019年8月8日

もっとも,そんな暑さに強い薔薇ばかりでなく,この暑さでは,無理してつけた花にも精彩がない

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

のも多いけれど,そんななか,1991年作出の古いイングリッシュローズのエヴリンが顔をしっかりあげて美しい花をつけていました.

ER エヴリン,2019年8月8日
ER エヴリン,2019年8月8日

(エヴリンはオースチンローズのカタログによると暖地向きとか)

白詰草と風露草

今年はまともに一度も芝刈りできず.芝に代わって庭で拡大中の白詰草を

シロツメクサ,2019年8月8日
シロツメクサ,2019年8月8日

夕方芝刈りしようと思ったら午後は雨.

芝には拡大しないお利口さんの現の証拠が咲き始めました.

ゲンノショウコ,2019年8月8日
ゲンノショウコ,2019年8月8日

昨年10月に買ったゲラニウム サマースノー.

今年5月に咲いた花見たら,

G(Py) サマースノー,C(PaD) 円空,2019年5月25日
G(Py) サマースノー,C(PaD) 円空,2019年5月25日

現の証拠とあまり変わらない小花だったので少しがっかりしたけれど,サマースノーは秋まで咲き続けると思ったけれど,夏草に負けてなくなったみたい.

 

 

黄鹿の子百合が咲いていました

久しぶりに戻った庭.

黄鹿の子百合が咲いていました.

黄カノコユリ,2019年8月8日
黄カノコユリ,2019年8月8日

2017年7月に通勤路の,とあるお家で咲いているの見かけ,

キカノコユリ,2017年7月13日
キカノコユリ,2017年7月13日

反り返っている花弁と長い睫(雄蘂)のバランスが美しいと思って,2017年12月9日に種苗店で探して見つけたの買って届いたの植えつけて,昨年初開花

黄カノコユリ
黄カノコユリ,2018年8月5日

最初から予想していたけれど,なかなか黄色の黄鹿の子百合が手に入らなくて,オレンジ色の黄鹿の子百合だけれどしようがない.

カーポート脇の花壇のコーナーに植えたけれど,花が道路側に出て花粉が通る人につく恐れがあるので,去年花後に後ろのフェンス前に移動させたけれど,移植し損ねたのか,増殖したのが残っていて,今年もまた同じ場所でも咲きました.

黄カノコユリ,2019年8月8日
黄カノコユリ,2019年8月8日

奥に移動させたのも中途半端なので,どっちもオールドローズ移植させて空いているヤマボウシの両脇に移植させます.

奥で空いた場所には,今年こそ咲いて欲しい森の妖精

レンゲショウマ,2019年8月8日
レンゲショウマ,2019年8月8日

の鉢植えしているのを涼しくなったら定植します.