カテゴリー別アーカイブ: 多年草

秋薔薇とクレマチス

わが家で最も暑さに弱く,夏の間葉を全部おとして休養していた薔薇が葉を出して開花しました。

ラプソディー・イン・ブルー
ラプソディー・イン・ブルー

春先に強風でシュート全部折られたあげくテッポウムシに一苗枯らされたウィリアム・シェークスピア2000。クリムゾンの花色とあわせるためにお迎えしたモーブの花色のクレマチスが返り咲いています。

ベル・オブ・ウォーキング,インターナショナル・ヘラルド・トリビューン
ベル・オブ・ウォーキング,インターナショナル・ヘラルド・トリビューン

玄関脇でも同じ早咲き大輪系のクレマチスが返り咲いています。

円空
円空

軒下のハーフアーチに,つる薔薇として育てることにした,わが家で一番人気の薔薇。

パット・オースチン
パット・オースチン

一緒に植えている今年絶好調のチューリップ咲きのクレマチスのハーフアーチの右側に植えているのは,二番花のあと中途半端に高い位置で剪定したので既に三番花が開花していますが,地際まで強剪定したハーフアーチの左側の株も,蔓を伸ばして開花しました。

プリンセス・ダイアナ
プリンセス・ダイアナ

風露草と沈丁花

ゲラニウム・サマースノーが咲いています。

サマースノー,2021/09/11
サマースノー,2021/09/11

秋雨が続いても暑い日が多かったので夏の花のツユクサ(露草)も返り咲いています。

競争相手のカタバミ(方喰)やジシバリ(地縛り)抜いて手助けしているからか,庭中に拡がっているゲラニウムと同じフウロソウ(風露草)の仲間の野草のゲンノショウコ(現の証拠)も開花のピークです。

ゲンノショウコ,2021/09/11
ゲンノショウコ,2021/09/11

玄関のステップ,短足のわんこさんが飛び降りると腰痛めると思って作ったスロープ,悲しいけれど必用無くなったのでスロープ通すために前にずらしていた沈丁花を犬走りの方に植え戻しました。

ゲンノショウコとジンチョウゲ前島,2021/09/11
ゲンノショウコとジンチョウゲ前島,2021/09/11

変化するアポイ桔梗の絞り模様と鹿子蛾

絞り咲きアポイ桔梗実生で増やして,もともと絞り咲きするの家の庭には一苗しかなかったので,絞り咲きするのが15倍に増えて,一つ一つ違う絞り模様毎日眺めて飽きもしないけれど,子苗の絞り模様

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

褒めたら,親苗の方も素晴らしい絞り花が咲きました。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/05
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/05

今年は咲かないと思った蕾のなかった子苗もここに来て蕾をあげてきています。


入手することのできない木蓮を増やして生垣にするために今年は接ぎ木に挑戦していますが,穂木をとろうとしたら,鹿子蛾(判子蝶)がとまっていました。

カノコガ(ハンコチョウ),2021/09/05
カノコガ(ハンコチョウ),2021/09/05

白と青

2017年10月にお迎えしたアポイ桔梗フェアリースノー。

初夏に咲き盛夏は休んで涼しくなると返り咲きするふつうの桔梗と違って,初夏しか咲かず,植え場所の陽あたり良くないけれど,もともと返り咲きしない品種かと思っていたけれど,年々大きくなって今年は立派に返り咲きしました。

アポイキキョウ・フェアリースノー,2021/09/03
アポイキキョウ・フェアリースノー,2021/09/03

脇では庭で増殖中の大好きな野草のゲンノショウコ(現の証拠)も開花してロケット型の鞘から種を飛ばす準備も出来ています。

ゲンノショウコ,2021/09/03
ゲンノショウコ,2021/09/03

花の大きさこそ違うけれど,フェアリースノーと同じように白地に青筋の入る美花。

ゲンノショウコ,2021/09/02
ゲンノショウコ,2021/09/02

今年4月に,昨年採っておいた種を蒔いて育てた絞り咲きアポイ桔梗。咲き始めたのが少し遅かったので今年は一季咲きですが,次々に白地に青の絞り花が開花しています。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

元苗が年々絞りが弱くなって吹っかけ絞りと絞りのない青花になっていったので,種採って実生で育てましたが,子苗はみんな素晴らしい絞り花。

2016年に最初に開花したときから絞り咲きしなかった方のアポイ桔梗。

こちらは,ときどき弱い吹っかけ絞りの花が混じるようになり,去年くらいから八重の花が混じるようになってきました。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

子苗ウリハムシに喰われたとき,親苗に薬かけなかったので,ウリハムシに喰われているけれど,チューリップでもツバキでも,絞りはウィルスに感染しておこるので,アポイ桔梗絞り咲きにしたのはウリハムシがウイルス媒介したからかも。

2010年5月に庭にお迎えしたアイスバーグの純白の三番花が開花しました。

アイスバーグ,2021/09/03
アイスバーグ,2021/09/03

この花買ったのはガーデンセンターにおいてあったポット植えの花が,白でなくて薄いピンクを帯びてツバキ羽衣のように美しい色

アイスバーグ,2010/05/02
アイスバーグ,2010/05/02

だったからですが,翌年からふつうの白薔薇となって,しかも耐病性が弱くて黒星だらけで,まともに返り咲くこともなかったのですが,ここ数年耐病性がめざましく向上してきて四季咲きするようになり(つるアイスバーグだったので返り咲き品種)ました。

アイスバーグのわきの,つる薔薇サンセットグロウのオベリスクでは,2009年12月にお迎えした青真珠という名のクレマチスの二番花が咲いています。

パールダズール,2021/09/03
パールダズール,2021/09/03

素晴らしい青だけれど,ちょっと大味。

わが家のクレマチスの中では最も良く返り咲きする早咲き大輪系のクレマチスの三番花も咲きました。

円空,2021/09/02
円空,2021/09/02

このクレマチス,最初に買って1年で枯らしたパテンス系八重のクレマチス新紫玉の青紫花が忘れられなくて,同じナーセリーの新花として販売されたの2014年10月に買って植えたのですが,数年間ほとんど花がつかず,花が咲いても一季咲きでパテンス系のクレマチス育てるの難しいと思ったのですが,今ではわが家でもっとも良く咲くクレマチスになりました。

新枝咲き

新枝咲きの紫陽花は前年生長して木質化した固い枝でなく,当年成長した柔らかい緑の枝に花をつける。

いつでも切れて花を気にせずコンパクトな樹形を維持でき,しかも切れば返り咲きも期待できるという意味で新枝咲きの紫陽花は,年数が経つと大きくなって持て余し,剪定のタイミングもテクニックも難しい旧枝咲きより魅力的なのだけれど,緑の柔らかい枝に花をつけるので,水切れで萎れ,雨が降ると重くなった花穂が地面に突っ伏す。

庭のローメンテナンス化を図るために今年庭にお迎えした糊空木の新品種ストロベリー・ブロッサム。

ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/08/08
ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/08/08

花穂は30 cmにもなるというのに樹高は 1 mくらいで大きくならず,新枝咲きなのでいつでも剪定でき,シーズン終われば株元まで強剪定できる。

しかしながら,新枝咲きなので,今朝見たら台風の雨を花穂が吸って,花が地面に伏せていたので,支柱で支えることにしました。

ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/08/09
ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/08/09

支柱で支えると花穂が上がって存在感が一気に上がりました。

でも,後ろの木立ち性のクレマチス

クレマチス IF. アラベラ,2021/08/09
クレマチス IF. アラベラ,2021/08/09

と一緒で,支柱で支えるのは手がかかる。

 

ジュビリー・セレブレーションとアラベラ

本来なら7月初旬に咲き始めているはずのジュビリーセレブーレーションの二番花。

夏の日射しで焼けたフライパンのようになる人工木のデッキの上のプラ鉢に植えていて,黒星と梅雨開けの猛暑で葉を落として,枯れるかもと心配したけれど,暑さは続いていても復活して二番花が,暑さのせいで本来の美しい花色

イングリッシュローズ; ジュビリー・セレブレーション,2021/05/22
イングリッシュローズ; ジュビリー・セレブレーション,2021/05/22

のグラデーションでないのは残念ですが咲き始めました。

イングリッシュローズ,ジュビリー・セレブレーション,2021/08/07
イングリッシュローズ,ジュビリー・セレブレーション,2021/08/07

後ろに写っているエケベリアの女王様も遮光した方が良いかもと思ったけれど,素焼き鉢に植えているからかデッキの上でも大丈夫みたい。


わが家で最古参のクレマチスのアラベラ。

今年は例年になく早く5月中に,通常気温の高い夏の時期は青の花色がぼけて白っぽくなるのだけれど,青紫で開花し,

IF. クレマチス;アラベラ,2021/05/23
クレマチス IF. アラベラ,2021/05/23

二番花が本来の花色で,梅雨は終わっているけれどツユクサと一緒に,咲き始めました。

クレマチス IF. アラベラ,2021/08/06
クレマチス IF. アラベラ,2021/08/06

 

 

種から育てた絞り咲きアポイ桔梗が開花しました

2015年10月18日に届いたポット苗を素焼き鉢に鉢増しして植え付け,2016年6月26日に初開花した絞り咲きアポイ桔梗。

2苗組みでお迎えしたけれど,1苗は最初から絞り咲きしなくて,絞り咲きする方も,ここ数年絞りでない花が混じるようになり,このままだと絞り花が消滅するかもと思って,去年の秋に種をとっておいて冷蔵庫で保管していた。

今年4月18日に庭に植えている種採った元苗が芽吹いてきたのみて,種採っていたこと思いだし,3×3×2の18セルトレイ買ってきて種蒔き。

4月30日にほぼ100%発芽したの18苗に間引いて,

6月04日に鉢上げしていた12苗ののうち

2苗が種蒔きから110日目で開花していました。

実生なので,ひょっとして絞り咲きしないかもと思っていたけれど2苗とも,おなじような吹っかけ絞りの花でした。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/08/06
絞り咲きアポイキキョウ,2021/08/06

先々週,種採った元苗の花柄全部切り戻して庭を離れましたが,絞り咲きしない絞り咲きアポイキキョウは,初夏花がさらに3つ咲いていました。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/08/06
絞り咲きアポイキキョウ,2021/08/06

園芸オタクの私的には絞り花の方が涼しげで良いと思うけれど,青い花が好きな妻は絞り花には興味ないみたいで,紫花しか切り花に使わない。

去年の夏休みは来られなかったけれど,今年の夏休みは家に来て過ごしている小さなひとたちが,庭で水鉄砲で遊んだり,バーベキューしたり,花火して楽しんでいるけれど,「庭にいっぱいあるセミの抜け殻集めて見せてくれた」(^^;)と妻がいっていました。

妻は虫嫌い。

夏の強い日射しのなかで

北側玄関脇のミニオベリスクに3本植えにしている早咲き大輪系のクレマチス。去年は花付き良く返り咲きしたのですが,今年は伸長しても花が咲かず,梅雨があけてからようやく最初の花が一つ咲きました。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23

今年はパテンス系はみんな不調で花付きが悪いのですが,それでも南側に植えているのは二番花が2週間前に咲いているので,陽あたりの良い南側に移植しようかと思いましたが,美しい花色なのでやっぱりここに置いておくことにします。

リビングの腰高窓の前にハーフアーチ設置して植えたイングリッシュローズのパット・オースチン。二番花の最初の花はいつもの素晴らしいカッパー・オレンジの花色で咲きましたが,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

二番花の最後の花は夏の強い日射しでピンクの花色になり,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24

まるで違う薔薇のようです。

ハーフアーチの後ろに見える,今年絶好調のダイアナさんは6月4日に一番花が咲き,高いところの花柄取らなかったので二番花はアーチのてっぺんで,一番花のイソギンチャクのような花柄と一緒に咲いていて不思議な光景ですが,夏の強い日射しに負けないビビッドピンクの花色で,まだまだ蕾もたくさんあります。

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/07/24
クレマチスTx. プリンセス・ダイアナ,2021/07/24

パット・オースチンと同じオレンジのイングリッシュローズのレディー・オブ・シャーロット。パット・オースチンに花色の点では,はるかに及びませんが二番花は同じ強い日射しのなかでも花色があまり変化しません。

イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25
イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25

つる薔薇なのに四季咲きする,私にとって大切な想いのある薔薇の二番花も咲きました。この花色は子供の頃の夏休み入ってすぐの悲しい出来事があった日のことを想い出させる,その日に実家の庭で咲いていた,お別れにしたノウゼンカズラの花色と同じ花色です。

つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25
つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25

アイスバーグの二番花も強い夏の日射しをよせつけない純白で咲いています。

フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24
フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24

この薔薇は12年前に,アイスバーグにしては珍しいように思えるうっすらピンクを帯びた白の花色に魅せられてお迎えしたのですが,数年したら本来の氷河の白の花色になり,ここ数年は耐病性が来た時とは比べものにならないくらいアップして,もともと,つるアイスバーグで返り咲きだったのが四季咲きするフロリバンダになりました。

アイスバーグの隣では,同じように12年前にうちの庭にお迎えしたセプタード・アイルの二番花も,強い日射しに色褪せずにソフトピンクの優しい花色で咲いています。

イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24
イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24

この薔薇は数年前接ぎ目の少し上を鉄砲虫に喰い抜かれて枯れると思ったのですが,傷跡はそのままですがこうして毎年繰り返し美しい花を咲かせてくれています。

唐松草が咲きました

糊空木の花がようやくほぼ咲き揃いました。

ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/07/23
ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/07/23

昨夜雨が降ったけれど,連日の猛暑で花穂が一部枯れこんでいますが,白花との境はうっすらとピンクに変わっているので,このまま苺色になるのでしょうか。

大きくならず円錐形の整った樹形のはずですが,西洋紫陽花エンドレスサマーと同じで,新枝咲きで当年成長した緑の柔らかい花枝なので,乾燥して水切れになっても,昨夜のように雨が降って花房に水がたまっても,花穂が地面に伏せてしまいます。

唐松草(タリクトラム)が咲いています。

タリクトラム・デラバイ,2021/07/23
タリクトラム・デラバイ,2021/07/23

すでに下の方の花は散り種ができ始めていますが,朝陽があがると小さい虻が花に集まってきて蜜を吸っていました。

今年不調なクレマチスと最後に咲いたクレマチス

早咲き大輪系クレマチスの二番花が咲いています。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11

今年はパテンス系の円空とベル・オブ・ウォーキングが不調で,どちらも南側の株は早咲き系らしく5月に少し花をつけました

クレマチス・円空,2021/05/09
クレマチスPa.D. 円空,2021/05/09

が,北側の株は成長するだけで葉は茂っても花を全くつけません(肥料あげなかった?)。

フロリダ系のヴィエネッタはもともと気まぐれなところがありますが,今年絶好調のテキセンシス系のプリンセス・ダイアナ

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04
クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04

に遅れて少し花をつけました。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05

このとき芽吹いていなくて枯れたと思った,わが家の北西端に植えている株が,ビェネッタには良くあることですが,その後スギナの中から芽吹いてきて成長して花付きよく開花しています。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10

ジャックマニー系のガブリエルは枯れてはいないのですが,未だ開花せず(今年は開花しない?),多分今年わが家のクレマチスの開花の最後となる花が咲き始めました。

クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11
クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11

わが家のクレマチス,最近は早咲き大輪で薔薇と競演でき,強健な(以前は栽培が難しいと思っていた)パテンス系とフロリダ系が中心なのですが,会津の風は10年前に壺型クレマチスに凝っていたとき買って1年で枯れたけれど,最も魅せられたキングス・ドリーム(どんな夢?)

クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日
クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日

もう一度育てたいとず~と思っていて,たまたま会員になっている種苗店のカタログにのっていた新品種?の会津の風がキングス・ドリームに似ていると思って,注文して育てています。

壺型クレマチスでわが家に唯一残っていたポンパドールピンクは,堆肥つくろうとしていた土嚢を,枯れた泰山木の脇にポンパドールピンク植わっているの忘れて置いていて,気付いて土嚢除けたときは手遅れで,結局今春消えました...

昨年春,雑草と一緒に引き抜いて不調だった涼しげな名前のゲラニウム・サマースノーの二番花も花付き良く開花しています。

ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11
ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11

わが家にけっこうな数が自生している野草のゲンノショウコと花は似ていますが,花付きが良いのと繰り返し咲いてくれるのが素敵です。

高温と雨で咲いてもすぐに崩れていく庭の薔薇の中で,先週咲き始めたパット・オースチンの二番花が美しい花を保っています。

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

庭の薔薇と違って,軒下で雨がそれほどかからないのが関係していると思いますが,2009年8月にお迎えして12年,過酷なわが家の環境で耐病性を改善していったのが大きいと思います。

(今気付いたけれど,花の上の茎にチュウレンジハバチの母さんが,いつもの逆立ち産卵中だった)