カテゴリー別アーカイブ: 薔薇

アポイ桔梗と薔薇ブルームーン・ストーンが返り咲きました

6月末に咲き始めた絞り咲きアポイ桔梗.

絞り咲きアポイキキョウ,2019年6月30日
絞り咲きアポイキキョウ,2019年6月30日

盛夏の間は休んで,返り咲き始めました.

絞り咲きアポイキキョウ,2019年8月16日
絞り咲きアポイキキョウ,2019年8月16日

(今回最初に咲いたの絞り咲きでないけれど…)

桔梗は秋の七草なので文字通り秋が来たということでしょう.


もう薔薇を新しく買うことはしないと思っていたけれど,結局買うことにした,わが家で最新の薔薇.

初めて買うナーセリーの薔薇で,ここのナーセリーの薔薇は栽培が難しいと思っていたけれど,一番花

S. ブルームーンストーン,2019年5月27日
S. ブルームーンストーン,2019年5月27日

二番花

S. ブルームーンストーン,2019年7月7日
S. ブルームーンストーン,2019年7月7日

に続いて,三番花

S. ブルームーンストーン,2019年8月16日
S. ブルームーンストーン,2019年8月16日

と40日周期で返り咲きしています.

 

チャールズ・レニ・マッキントッシュが咲きました

チャルズ・レニ・マッキントッシュの二番花が咲きました.

ER フォールスタッフとチャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日
ER フォールスタッフとチャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日
ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日
ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年8月11日

本来はライラックピンクのニュアンスカラーのオールドローズ的な雰囲気の花のはずなのだけれど,一番花のとき

ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年5月27日
ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年5月27日

よりさらにピンクよりになって,ピンクのカーネーションと同じような花色と花の感じ.

ポットカーネーション クレア,2019年8月11日
ポットカーネーション クレア,2019年8月11日

チャールズ・レニ・マッキントッシュは寒冷地向けの品種なので,秋にならないと本来の色が出ないのかも.


暖地向けのエヴリンの少し色褪せた杏色が美しい.

エヴリン,2019年8月11日
エヴリン,2019年8月11日

 

ジュビリーセレブレーションの三番花が咲きました

南側のデッキに生垣的にポット植え3個並べているジュビリーセレブレーション.

昨日咲いていた花はいまひとつだったけれど,

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

午後降った雨のせいか,今朝は美しい花が咲きました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日

6月2日の一番花,

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

梅雨入りして状態が悪く写真撮らなかった7月の二番花に続いての三番花で,この薔薇は,つる薔薇にはならないけれど,四季咲き性は抜群.


回復中のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントは6月の一番花

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日

に続いて二番花がひとつ咲きました.

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日


四季咲き薔薇でなく,つる薔薇になることを選ばれたかたは,6月の一番花がフェンスの前で咲いて

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

今朝はフェンスよりずっと上の天空高く,二番花が咲き揃いました.

ER フォールスタッフ,2019年8月9日
ER フォールスタッフ,2019年8月9日

 

 

フォールスタッフとエヴリン

イングリッシュローズの夏に強い品種は日本の気候では巨大化して,つる薔薇になるというけれど,フォールスタッフは1.8 mのフェンスを軽々と超えて開花中.

ER フォールスタッフ,2019年8月8日
ER フォールスタッフ,2019年8月8日

もっとも,そんな暑さに強い薔薇ばかりでなく,この暑さでは,無理してつけた花にも精彩がない

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

のも多いけれど,そんななか,1991年作出の古いイングリッシュローズのエヴリンが顔をしっかりあげて美しい花をつけていました.

ER エヴリン,2019年8月8日
ER エヴリン,2019年8月8日

(エヴリンはオースチンローズのカタログによると暖地向きとか)

昼顔と蕺草

うちの庭であまり蔓延っていない姫女菀は好きな野草でないけれど,昼顔

ヒルガオ,2019年7月21日
ヒルガオ,2019年7月21日

と蕺草

ドクダミ,2019年7月21日
ドクダミ,2019年7月21日

の花は好き.

ヒルガオとドクダミ,2019年7月21日
ヒルガオとドクダミ,2019年7月21日

昼顔はあらゆる植物に絡みついて,庭から駆逐するのが困難といわれるのと,名前のイメージが悪いので,花は好きだけれど蔓をみるたびに根元から切り取っていたけれど,

ヒルガオとCL サンセットグロウ,2019年7月21日
ヒルガオとCL サンセットグロウ,2019年7月21日

雨の中美しい.

すぐに取らず,花が終わるまで待って根元から刈り取るようにすれば良いかも.

陽あたりの良い南側花壇

今年真っ先に開花した薔薇パット・オースチンが,二番花としては最後に開花.

ER パットオースチン,2019年7月13日
ER パットオースチンとC(IF) 流星,2019年7月13日

パット・オースチンのカッパーオレンジに合わせて寄せ植えしているクレマチス流星もようやく咲きそろったけれど,どちらも虫に花を喰われていて,この日花を喰った犯人でないけれど,一仕事終わって?パット・オースチンにとまっていたカミキリ母さんを初駆除(去年から足で踏むの後味悪いので,摘まんでロックのかかる庭の屑籠にポイ,って返って残酷かも).

流星の方は同じ系統というか元になったアラベラや,同じ花壇に植えていてハーフアーチのてっぺんまで咲き上がったプリンセス・ダイアナに比べて今ひとつだけれど,手入れ悪いからか.

もう一つのブルーのアポイキキョウは絞り咲きしない方も一週間遅れで開花して咲きそろいました.

絞り咲きアポイキキョウ,2019年7月13日
絞り咲きアポイキキョウ,2019年7月13日
絞り咲きしない絞り咲きアポイキキョウ,2019年7月13日
絞り咲きしない絞り咲きアポイキキョウ,2019年7月13日

サンセット・グロウとピエール・ド・ロンサール

わが家では通常四季咲き薔薇は45日周期くらいで返り咲くけれど,一番花と二番花の間だけは30日周期くらい.

あいにくの雨と管理人がサボっていることもあり,状態は悪いけれど,先週に続いてどんどん二番花が咲いている.

S? ブルームーンストーン,2019年7月7日
S? ブルームーンストーン,2019年7月7日
ER ベンジャミンブリテン,2019年7月7日
ER ベンジャミンブリテン,2019年7月7日
FL アイスバーグ,2019年7月7日
FL アイスバーグ,2019年7月7日
FL インターナショナルヘラルドトリビューン,2019年7月8日
FL インターナショナルヘラルドトリビューン,2019年7月8日

薔薇と同じくらいよく返り咲くカーネーションも,去年挿し木したのは5月には咲かなかったけれど開花.

ポットカーネーション クレア,2019年7月8日
挿し木したポットカーネーション クレア,2019年7月8日

2017年7月2日に挿し木した四季咲きする,つる薔薇サンセット・グロウ.1年で大きく伸長して鉢増しした翌春2018年6月2日には開花.

挿し木したCL サンセットグロウ,2018年6月2日
挿し木したCL サンセットグロウ,2018年6月2日

今年5月12日に堤防側で枯れたつる薔薇(イングリッシュローズ)のピルグリムの代わりに植えつけ,写真撮らなかったけれど5月末に一番花が開花し,今は二番花が開花しています.

CL サンセットグロウ(挿し木),2019年7月8日
CL サンセットグロウ(挿し木),2019年7月8日

通常つる薔薇は一季咲きか返り咲きで四季咲きしないのだけれど,サンセット・グロウは四季咲きする,つる薔薇といううたい文句どおりだけれど,わが家のメインガーデンのセンターに植えている,つる薔薇も四季咲きするようになって,二番花が先週から引き続き開花中.

CL ピエールドロンサール,2019年7月7日
CL ピエールドロンサール,2019年7月7日

もっとも,ピエール・ド・ロンサールは海外ではシュラブローズ(木立ち薔薇)で,日本では,つる薔薇として扱われているので四季咲きしても不思議でないかも.

堤防の法面で咲いている黄色い花はブタナ.

四季咲きピエール・ド・ロンサールと紫陽花

梅雨の雨が降り続いて薔薇には苦難の日々だけれど,先週開花し始めた四季咲き薔薇の二番花は

ER グラハム・トーマスの2番花,2019年6月23日
ER グラハム・トーマスの2番花,2019年6月23日
ER ジアレンウィックローズ,2019年6月24日
ER ジアレンウィックローズ,2019年6月24日

今週になって続々と開花.

ER ベンジャミンブリテン,2019年6月30日
ER ベンジャミンブリテン,2019年6月30日

降り続く雨のせいで,今ひとつ状態が悪くて,蕾や花弁が変色して写真のせられる美しい花がなかなかないのが残念.

わが家のピエール・ド・ロンサール.以前は秋に春とは違った雰囲気の花が少し返り咲きするくらいだったけれど,一昨年くらい前からイングリッシュローズに負けない四季咲き薔薇を目指していて,5月末の一番花に続いて,

CL ピエール・ド・ロンサール,2019年6月1日
CL ピエール・ド・ロンサール,2019年6月1日

紫陽花と一緒に二番花の蕾が上がってきて開花し始めました.

CL ピエールドロンサール,2019年6月30日
CL ピエールドロンサール,西洋アジサイ エンドレスサマー,2019年6月30日
CL ピエールドロンサール,2019年6月30日
CL ピエールドロンサール,西洋アジサイ エンドレスサマー,2019年6月30日

雨が好きなはずの強健な西洋アジサイのエンドレスサマーも,降り続く雨で重くなった花が地面に垂れておじぎしているけれど,新枝咲きの弱点かも.

枯れこんでいたヤマアジサイは,中央で枯れずに残っていた枝の花は切り花にして玄関に飾り,枯れこんでいた枝は確かめながら枯れていない部分まで切り戻したけれど,旧枝咲きなので雨にも負けずしっかりとした感じ.

ヤマアジサイ ジャパーニュミカコ,2019年6月30日
ヤマアジサイ ジャパーニュミカコ,2019年6月30日

 

壺型クレマチス

今年は朝顔の種まきし損なって,あっという間に薔薇の二番花の季節に.

ER ジアレンウィックローズ,2019年6月24日
ER ジアレンウィックローズ,2019年6月24日

草刈り兼ねた芝刈りも梅雨に入って思うように出来ず,庭は夏草で荒れ放題.

西洋アジサイ エンドレスサマー,2019年6月24日
西洋アジサイ エンドレスサマー,2019年6月24日

唯一南側の花壇の前だけエッジングして,

エッジングした芝,2019年6月22日
エッジングした芝,2019年6月22日

剥ぎ取った芝はカーポート側の枯れこんだ場所へ.

ここの花壇は春先にカラスノエンドウに席巻されて,アポイキキョウ枯れたかと心配したけれど,カラスノエンドウ取り除いたら無事芽吹いてきていました.もうすぐ開花するはず.

泰山木に沿わしてる,つる薔薇ニュードーンの花後剪定していたら,何年か前にマイブームだった壺型クレマチスのうち,強健で唯一残ったクレマチスが開花していました.

C(Vi) ポンパドールピンク,2019年6月24日
C(Vi) ポンパドールピンク,2019年6月24日

蝶を呼ぶ青い花

2017年5月に西洋アサガオ ヘブンリーブルーのタネまいたついでに種まきしたオキシペタラム ブルースター.

冬越しできないので一年草ということだったけれど,鉢植えしていたのは室外でも越年できて今年も開花.

オキシペタラム ブルースター,2019年6月23日
オキシペタラム ブルースター,2019年6月23日

春先に切り戻しただけで肥料もあげていないので精彩がなくて申し訳ない.

この青い花は家の庭の花の中でも蝶さんの人気が高く,今年はまだ見ていないけれど,去年の夏の開花中はひっきりなしに蝶が来ていました.

ブルースターにやって来たスジクロシロチョウ,2017年8月20日
ブルースターにやって来たスジクロシロチョウ,2017年8月20日

家の庭のもう一つの誘蝶植物のラベンダーには,今日モンキチョウがやって来ていました.

イングリッシュラベンダー ブルークッションにやって来たモンキチョウ,2019年6月23日
ブルークッションにやって来たモンキチョウ,2019年6月23日

蝶の種類にもよると思うけれど,今庭で咲いている他の花

ポットカーネーション クレア,2019年6月23日
ポットカーネーション クレア(挿し木したの),2019年6月23日
イモカタバミ,2019年6月23日
イモカタバミ,2019年6月23日
ゲラニウム スプリッシュ・スプラッシュ,2019年6月21日
ゲラニウム スプリッシュ・スプラッシュ(ジョンソンズブルーと入れ替え),2019年6月21日
C(F) ビェネッタ,2019年6月22日
C(F) ビェネッタ,2019年6月22日
C(Tx) プリンセス・ダイアナ,2019年6月23日
C(Tx) プリンセス・ダイアナ,2019年6月23日
CL パルフェタムールの2番花,2019年6月23日
CL パルフェタムールの2番花,2019年6月23日
ER グラハム・トーマスの2番花,2019年6月23日
ER グラハム・トーマスの2番花,2019年6月23日

にはあまり興味ないみたい.

今日は雨が降っていなくて,草抜きというか草刈りしたけれど,薔薇の2番花の季節に.