タグ別アーカイブ: ジュビリーセレブレーション

冬の薔薇と多肉

今年の冬はどうもカワアイサ(川秋沙)さんがやって来ないような感じで,原因としては,川の水位が低くて文字通り「広瀬」川状態で川底の石がところどころ水面に顔をだしていて,水中に潜って魚をとるカワアイサさんは来ないみたい.それどころか冬になると下流から移動してくるカイツブリさんも来ていない.

初雪が降って山には雪が積もっているので,薔薇のシーズンは終わりでアイスバーグを別にしてピンクの薔薇ばかり咲いている.

ER エヴリン,2019年12月7日
ER エヴリン,2019年12月7日
CL ニュードーン,2019年12月7日
CL ニュードーン,2019年12月7日

寒さに負けず豪華に咲くイングリッシュローズの今年最後の花

ER ジュビリーセレブレーション,2019年12月7日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年12月7日

も素晴らしいけれど,可憐なオールドローズの花

N ブラッシュノアゼット,2019年12月7日
N ブラッシュノアゼット,2019年12月7日

の存在感が張り詰めた冬の朝の空気の中で素晴らしい.

パット・オースチンとブルー・ムーン・ストーンの蕾はこのまま開かずに終わるような感じで,プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントとラプソディー・イン・ブルーは開くかもしれない.

薔薇はもっと手入れしないと駄目で,そのために数を減らすべきなんだけれど,多肉の方は私の場合,下手に手入れするより放置しているほうが良いみたいで,今年初開花したアルブカ

アルブカ・コンコルディアナ
アルブカ・コンコルディアナ,2019年3月16日

は花後に水もあげずにバックヤードの軒下に放置していて,そのまま枯れていたけれど,今年も秋になったら水なしの乾いた鉢から芽数が増えて芽吹いて来ていたので,水をあげてデッキに持ってきていたのが生長中.

アルブカ・コンコルディアナ,2019年12月7日
アルブカ・コンコルディアナ,2019年12月7日

今年の春に出先から持ち帰り,2階のベランダで夏の間,水やり忘れて放置していたエケベリアも枯れることなく,今冬の葉色の透明感が今ひとつだけれど,順調に生長中.

エケベリア・カンテ,2019年12月8日
エケベリア・カンテ,2019年12月8日
エケベリア・ラウリンゼ,2019年12月8日
エケベリア・ラウリンゼ,2019年12月8日

デッキの水苔とらないと…

 

秋咲き椿と秋の薔薇

今年は9月に加茂覆輪が椿のトップで開花.

ツバキ加茂覆輪,2019年9月29日
ツバキ加茂覆輪,2019年9月29日

玄関脇に植えている秋咲き椿の雪灯籠も本日開花していました.

雪灯籠,2019年11月8日
ツバキ雪灯籠,2019年11月8日
雪灯籠,2019年11月8日
ツバキ雪灯籠,2019年11月8日

嗅いでみたら,ほんの少し甘い香り.

玄関脇のわが家のシンボルローズは深い秋色で素晴らしい香り.

ER ウィリアムシェークスピア2000,2019年11月8日
ER ウィリアムシェークスピア2000,2019年11月8日

春は今ひとつ垢抜けない田舎ピンクだった薔薇.

ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年5月27日
ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年5月27日

今日は花は終わりかけていたけれど,本来のライラック・ピンクのシックな花色と香り.

ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年11月8日
ER チャールズレニーマッキントッシュ,2019年11月8日

ボタンアイが好き.

今年絶好調のアイスバーグは素晴らしい花付き.

FL アイスバーグ,2019年11月8日
FL アイスバーグ,2019年11月8日

デッキの上では,イングリッシュローズのベストと思う薔薇が一輪だけだけれど,素晴らしい花色と香りで開花していました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年11月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年11月8日

9月になれば

夏草に埋まって放置されていたイングリッシュ・ローズのハーロー・カー.

お盆休みに地味に草抜きして救出していたのが開花しました.

ER ハーロー・カー,2019年9月6日
ER ハーローカー,2019年9月6日

ハーロー・カーは当初,現在は蓮華升麻植えている北西端の花壇に植えていたけれど,さすがに日照不足で南側のガーデンのベンチ脇に移植したけれど,生垣にも使える薔薇ということで,棘が酷くてちょっと…

上の写真のハーロー・カーの後ろに見えるデッキの上で咲いているのは,イングリッシュローズのジュビリー・セレブレーション.

8月初めの三番花に続いて一月で美しいシェードの四番花が咲き揃いました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日

美しく,香りが良く,丈夫で,しかもわが家のシュラブ・ローズのなかでは最も四季咲き性が強く素晴らしい薔薇.


2009年12月,大阪空港の屋上のデッキガーデンで出会った,ジュビリー・セレブレーションに負けない美しいシェードの伝説の薔薇ピース.

HT ピース,大阪空港,2009年12月7日
HT ピース,大阪空港,2009年12月7日

2010年4月に,二苗買って植えつけたけれど,ハイブリッドティー育てる知識も技術も根気もなく一苗枯らし,残った方も,なかなかピンクのシェードの秋薔薇が見られなくて(ちゃんとした薔薇ナーセリーでなく,もと菊屋さんの園芸ショップで買ったのが悪かった?),ほぼ黄薔薇なのだけれど少しピンクが入った三番花が咲きました.

HT ピース,2019年9月6日
HT ピース,2019年9月6日

気温が下がって咲く四番花に期待したいところだけれど,この薔薇は,花期が極端に短くて庭に戻ったら花が終わっていた,ということが度々あるのが残念なところ.

デッキの先の西側フェンス,北側道路の玄関アプローチ正面.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日

昨年冬に,ホームセンターの予約苗カタログの表紙に載っていて一目惚れして,今年3月に薔薇ナーセリーよりお迎えしたわが家で最新の薔薇.

S. ブルームーンストーン,2019年9月6日
S. ブルームーンストーン,2019年9月6日

素晴らしい三番花が次々と上がっていて(荒探しが得意な私的には,香りが弱いのと,花付きは良いのだけれど,花がバラバラの方向を向くのが少し残念),その後ろでは,強剪定した,つる薔薇の,剪定しなかったシュートに素晴らしい深紅に黄金の蘂の花が咲き,

ER フォールスタッフ,2019年9月6日
ER フォールスタッフ,2019年9月6日

さらに後ろでは,ライラックピンクのイングリッシュローズの三番花が少しライラックのシェードを取り戻して開花.

ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年9月6日
ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年9月6日

お盆休み中になんとか草抜きして芝刈りしたけれど,芝の調子も今ひとつだけれど,

高麗芝と梅の木,2019年9月6日
高麗芝と梅の木,2019年9月6日

毎年,梅は花後剪定せず落葉期が剪定適期というのを良いことに放置していて,今年の冬こそ剪定しなくては.

ジュビリー・セレブレーションとパット・オースチン

お盆休みになんとか今シーズン初の芝刈り(というか,芝刈り機で草も一緒に刈ると噛みこんで芝刈り機が止まってしまうので,まず草刈り機で草刈り)して,雑草の下でところどころ枯れていた芝も台風のもたらした雨でなんとか息を吹き返し,デッキの上に並べているジュビリー・セレブレーションも三番花が咲きそろった.

デッキの上のER ジュビリーセレブレーションと庭の高麗芝,2019年8月20日
デッキの上の ER ジュビリーセレブレーションと庭の高麗芝,2019年8月20日

高温のデッキの上に鉢植えしていて,夏の強い日射しで弱って今ひとつだった花も,美しい秋花へと移り変わりつつある.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月20日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月20日

一番花がトップで咲いたパット・オースチン.二番花は最後に咲き,三番花も涼しくなってから咲き始めました.

ER パットオースチン,2019年8月21日
ER パットオースチン,2019年8月21日

 

 

ジュビリーセレブレーションの三番花が咲きました

南側のデッキに生垣的にポット植え3個並べているジュビリーセレブレーション.

昨日咲いていた花はいまひとつだったけれど,

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

午後降った雨のせいか,今朝は美しい花が咲きました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日

6月2日の一番花,

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

梅雨入りして状態が悪く写真撮らなかった7月の二番花に続いての三番花で,この薔薇は,つる薔薇にはならないけれど,四季咲き性は抜群.


回復中のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントは6月の一番花

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日

に続いて二番花がひとつ咲きました.

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日


四季咲き薔薇でなく,つる薔薇になることを選ばれたかたは,6月の一番花がフェンスの前で咲いて

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

今朝はフェンスよりずっと上の天空高く,二番花が咲き揃いました.

ER フォールスタッフ,2019年8月9日
ER フォールスタッフ,2019年8月9日

 

 

フォールスタッフとエヴリン

イングリッシュローズの夏に強い品種は日本の気候では巨大化して,つる薔薇になるというけれど,フォールスタッフは1.8 mのフェンスを軽々と超えて開花中.

ER フォールスタッフ,2019年8月8日
ER フォールスタッフ,2019年8月8日

もっとも,そんな暑さに強い薔薇ばかりでなく,この暑さでは,無理してつけた花にも精彩がない

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

のも多いけれど,そんななか,1991年作出の古いイングリッシュローズのエヴリンが顔をしっかりあげて美しい花をつけていました.

ER エヴリン,2019年8月8日
ER エヴリン,2019年8月8日

(エヴリンはオースチンローズのカタログによると暖地向きとか)

イングリッシュローズが咲きすすみました

ここ数年真っ先に咲くイングリッシュローズは,植え場所がわが家で最も陽あたりの良いところに植わっていることもあるかも知れないけれどパットオースチン.

ER パット・オースチン,2019年5月25日
ER パット・オースチン,2019年5月25日

先週は開花する感じがしなかったけれど,イングリッシュローズのなかでは一番好きなウィリアムシェークスピア2000が,開花して咲き進んで最終段階の花で,魅力的なカップ(&ソーサー)咲きが見られなかったけれど,一緒に咲かせるクレマチスが見つかって良かった.

ER ウィリアムシェークスピア2000,C. ベル・オブ・ウォーキング,2019年6月2日
ER ウィリアムシェークスピア2000,C. ベル・オブ・ウォーキング,2019年6月2日

素晴らしいオールドローズ香.

玄関周りに香りのある花木集めていて,イングリッシュローズのなかでも特に香りが素晴らしいエヴリンを玄関側のローズポット5鉢のなかの2鉢にして置いていたけれど,今年のライラックブームで,エヴリンはメインガーデン奥のサンセットグロウのオベリスクの両脇に移動させて,代わりにライラック・センセーション植えたけれど,そのエヴリンが開花.

ER エヴリン,CL サンセットグロウ,2019年6月2日
ER エヴリン,CL サンセットグロウ,2019年6月2日

香水会社のシンボルローズになっているという先入観なしでも分かる素晴らしい香りだけれど,花色もアプリコット系のなかでもピンクが入ったり,レモンイエローになったり,開花時期によって微妙にニュアンス変えて,しかもプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日

と一二を争う大輪花(重い花のために枝がしなって地面に倒れるので支柱で支えました).

花付きと返り咲き性,美しさ,香り,丈夫さ,どれをとっても問題なく,個人的にイングリッシュローズのベストと思うジュビリーセレブレーション

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

はデッキの上にポット3つ並べて,バラの生垣に.

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

上の写真,デッキの先に見える赤い薔薇は,つる薔薇として育てることにしたフォルスタッフ.

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

花色そのものはクリムゾンレッドの花色のなかでベストと言われていたウィリアムシェークスピア2000を凌ぐ感じ.

バックヤードではグラハム・トーマスが開花.

ER グラハム・トーマス,2019年6月2日
ER グラハム・トーマス,2019年6月2日

グラハムは大型化するので本当はつる薔薇として堤防側で育てたいのだけれど,ずっと不調で陽あたり良すぎるのも水切れで不調になったり枯れたりする原因かもと思って午前中しか陽のあたらないバックヤードで療養中.

バックヤードではもうひとつのイングリッシュローズのマリネットが開花中.

ER マリネット,2019年6月2日
ER マリネット,2019年6月2日

この個性的なイングリッシュローズは不調でなくて,むしろ好調なのだけれど,適当な植え場所なくて,とりあえずここに.

バックヤードの入口ではイングリッシュローズでないけれど,泰山木に沿わせているニュードーンが開花.

CL ニュードーン,2019年6月2日
CL ニュードーン,2019年6月2日

泰山木はニュードーンのせいかどうか分からないけれど完全に枯れてしまって,手前に新世代の木蓮のクレオパトラ植えているけれど,ニュードーンを今後どうしたものか.ニュードーンの棘があまりに凄いので引退させようかと思っているけれど,つる薔薇の棘が凄いのはあたりまえか.

堤防側に植えている薔薇は,イングリッシュローズに限らず咲いていなくて,唯一,遅咲きのフレンチローズのジェネラシオンジャルダンに花が一つ.

S. ジェネラシオン・ジャルダン,2019年6月2日
S. ジェネラシオン・ジャルダン,2019年6月2日

ジェネラシオン春になって,シュートの一つが枯れて,去年の夏の酷暑の影響かと思ったら,株元テッポウムシに喰われていたけれど,深植えしていて別のシュートが残って助かった.

堤防側には,つる薔薇やランブラーなど大型の薔薇植えているので,花が咲くのも遅いと思うけれど,そういえばわが家で最大のランブラーがこの一週間で一気に開花した

R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月2日
R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月2日

ので,堤防側のつる薔薇・ランブラーも来週には咲くかも.

薔薇の生け垣

せっかくの美しい四季咲きの薔薇なので,いつも眺められるようにリビングの掃き出し窓の外のデッキの上に底面吸水鉢使って置いて,

ER ジュビリー・セレブレーション
ER ジュビリー・セレブレーション

薔薇の生け垣に.

ER ジュビリー・セレブレーション
ER ジュビリー・セレブレーション
ER ジュビリー・セレブレーション
ER ジュビリー・セレブレーション