タグ別アーカイブ: プリンセスアレクサンドラオブケント

ジュビリーセレブレーションの三番花が咲きました

南側のデッキに生垣的にポット植え3個並べているジュビリーセレブレーション.

昨日咲いていた花はいまひとつだったけれど,

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

午後降った雨のせいか,今朝は美しい花が咲きました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日

6月2日の一番花,

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

梅雨入りして状態が悪く写真撮らなかった7月の二番花に続いての三番花で,この薔薇は,つる薔薇にはならないけれど,四季咲き性は抜群.


回復中のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントは6月の一番花

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日

に続いて二番花がひとつ咲きました.

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日


四季咲き薔薇でなく,つる薔薇になることを選ばれたかたは,6月の一番花がフェンスの前で咲いて

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

今朝はフェンスよりずっと上の天空高く,二番花が咲き揃いました.

ER フォールスタッフ,2019年8月9日
ER フォールスタッフ,2019年8月9日

 

 

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラーが咲きました

予定になかったけれど,薔薇が咲きそうな予感がして1週間ぶりの庭.

勝手口のアーチのわきで,先週開花していた棘のないブルボンローズがお出迎え.

B. ゼフィリーヌ・ドルーアン,2019年6月1日
B. ゼフィリーヌ・ドルーアン,2019年6月1日

先週開花したマダム・ゾイットマン

D. マダム・ゾイットマン,2019年6月1日
D. マダム・ゾイットマン,2019年6月1日

に続いて,マダム・アルディーも開花.

D. マダム・アルディー,2019年6月1日
D. マダム・アルディー,2019年6月1日

どちらも純白にグリーンアイという究極の美しさに,大好きなレモン香.

アイスバーグも引き続き開花.

FL アイスバーグ,2019年6月1日
FL アイスバーグ,2019年6月1日

純白でなく覆輪のペインテッド・ダマスク,レダも開花していた

D. レダ,2019年6月1日
D. レダ,2019年6月1日

けれど,梅の木の株元に置いていたけれど,強い日射しで色が飛んでしまっていて精彩がなく残念.

ふと梅の木を見上げると,

R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月1日
R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月1日

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラーが開花していました.

R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月1日
R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月1日

今年はなんの手入れも出来なくて,来年早春,梅の木をもう少しコンパクトに仕立て直したいと思ってます.

ポールがある意味わが家のメインガーデンのシンボルになっているけれど,庭の大改造で玄関側にあったオベリスクごと陽あたりの良い堤防側のセンターに移したピエール・ド・ロンサールも開花.

CL ピエール・ド・ロンサール,2019年6月1日
CL ピエール・ド・ロンサール,2019年6月1日

真夏に移植させてずっと不調で花付きが悪くなっているけれど,何度も返り咲きするようになって,つる薔薇から四季咲き薔薇を目指しているのか.

CL ピエール・ド・ロンサール,2019年6月1日
CL ピエール・ド・ロンサール,2019年6月1日

暑さのせいかもしれないけれど,花の感じも少し変わったよう.

先週,今週には咲くと思ったプリンセスも開花.

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月1日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月1日

この薔薇,一時弱ってもうダメと思ったけれど,ようやく花がつくまでに回復だけれど,シュート1本だけなので心許なくて,挿し木で増やしましょう.

素晴らしいクリムゾンレッドの花色とオールドローズ香で,イングリッシュローズ集めるきっかけになったウィリアムシェークスピア2000も先週から咲き続けているクレマチスのウォーキング小町(Belle)と期待したとおりに一緒に開花.

ER ウィリアムシェークスピア2000とC. ベル・オブ・ウォーキング,2019年6月1日
ER ウィリアムシェークスピア2000とC. ベル・オブ・ウォーキング,2019年6月1日

ただ,ウィリアム,暑さのせいか,いつもの精彩がない.

カーポートの脇では先週蕾だったクレマチスがラプソディーと開花.

C. ビェネッタ,S. ラプソディー・イン・ブルー,ヤマボウシ,2019年6月1日
C. ビェネッタ,S. ラプソディー・イン・ブルー,ヤマボウシ,2019年6月1日

それだけでなくて,ヤマボウシとも一緒に開花していて素晴らしいけれど,去年枯れたと思って買い換えた(植え替えるとき根は生きている感じだった)ビェネッタ,花見たらビェネッタでなくてテッセンのような感じ…

C. ビェネッタ,S. ラプソディー・イン・ブルー,2019年6月1日
C. ビェネッタ,S. ラプソディー・イン・ブルー,2019年6月1日