庭は芽吹くのですが・・・

 

 

今日も雨降りfree-illust46381-1

おまけに風が吹き気温もぐっと下がり、冬に逆戻り。。。

 

だからテラスにダ~と出てrun

秒札でパチリ(^_^;)

 

 

 

アメリカハナズオウ シルバーの蕾が膨らんできました。

とっても可愛い小花が咲きます。

 

リセさんのお庭に咲くハナズオウの葉は銅葉。

うちのは名前のとおりシルバーの葉が付きます。

班入りの葉は涼しげでいて、とっても美しいのですが、

西日のさす我が家の庭では、夏になると葉が焼けてしまいます。

 

 

庭入り口のパーゴラに這わせたアンジェラとニュードーンの新緑が雨に濡れ

いつも以上に美しく見えました。

 

我が家の庭にも本格的な春がやってきたように見えますが、

パーゴラにはヒビが入り、傾きを押さえています。

 

DSC_0624

 

 

その両端に植えられているアオダモと常緑ヤマボウシにも

芽吹きが始まったのですが、大事なところの枝が折れています。

 

3年目を迎えた庭木は少し大きくなり、落ち着きを見せ始めた矢先の出来事でした。

 

2018年 庭崩壊 DSC_0436

 

 

お隣と太陽光を設置した企業さんとの話し合いが上手くいっていないようで・・・

庭の再生が始められず

芽吹きが始まった庭を見る度に

切ない思いと一緒に溜息が出てしまいます。

 

ハナズオウ シルバーの根元に零れ種から芽を出した

勿忘草の花芽を見つけました。

 

勿忘草

 

 

「早く忘れてしまいなさい。」と言ってくれているのだと思おうとするのですが、

芽吹けば芽吹く程、そんな気持ちになれず・・・

 

0

6 thoughts on “庭は芽吹くのですが・・・

  1. そうね、3年目の綺麗になっていた矢先のことでしたよね。
    ひどいわ~~。いやよね~~。
    でもそんな気持ちにかかわらず花は咲いてくれますよね。
    うちの庭のアーチやパーゴラを見るともっとひどいから安心すると思いますよ。
    縛って直してここまで使わんでもと言うくらい使っています。
    天災も時として非情だと思う時がありますが前だけを向かないとやっていけませんね。
    いろんなことがあっての庭で、すずらんさんの庭の試練、きっとこれが素晴らしくいいことに変わりますよ。
    もっともっと愛着がわくと思います。

    1. そうですね。
      花は忘れずに咲いてくれました。
      これからも。
      そう~ それも含めてリセさん家のお庭、楽しみにさせていただきますね(*^。^*)

  2. すずらんさんのとこ、、
    それとなく、ちょっと複雑な状況なんだろうな、と
    、、、感じてましたが、
    本当に近所関係は、、、ややこしいですね。

    先日、むぎちゃんと近所づきあいとかの話をしてた時、
    すずらんさんの話もチラッと出して、、
    (私の話は、いつもあちこち飛びます、、笑)
    以前ムギちゃんの実家で起きた話に飛んで行きました、、。
    (その話、何度か聞いてたけど、、)

    ちょっと長くなるけど、書いてみますね。

    ムギちゃんの実家(福島県)で、
    10年くらい前??大雪で隣(空き家)の屋根から
    大雪が実家にドサ~ッ、、で
    実家の柱が傾いたんです。
    今はムギちゃんのご両親は亡くなってるけど、
    その時は、離れて住んでる弟さんが空き家の家主と
    、、ちょっと、もめたそうです。
    空き家の主が、そういう保険に入ってなかったので
    ムギちゃんの実家の方の保険を使ってくれないかと言って
    弟さんが怒って文句言ったそうです。
    結局、お隣が高額な費用を払い修理してもらったそうです。

    この場合、隣が空き家=人が住んでない、というのは
    、気持ちが楽だけど、、
    すずらんさんの場合、、ちょっと複雑ですよね。
    長くなったので、ここで終わります。

    1. ムギちゃんのご実家でも、そんなお辛いことがあったのですね。
      弟さんが怒られた気持ち私わかります。
      きっと言われ方が悪かったのではないでしょうか?
      私電話で一方的に業者さんから同じ事を言われました。
      「庭に関しての保険には入っておらない」とお伝えしたところ
      「保険会社に聞いたんですか!」「 本当に調べたんですか!?」って(涙)
      使えるものならば使って頂こうと、聞かれる前に調べておいたのですが・・・
      腹立たしさを通りこし、悲しい。
      色んなことがあり過ぎて、
      アップしてはいけないと思っていたのですがしてしまいました。

  3. そうだったのね。お辛らいですね。
    なかなかお庭に手を付けられないと仰ってたので、
    そう言う事なのかなと思っていましたが、難しい問題ですね。
    普通の年の積雪ならそこまで大事にはならなかったけど、
    数十年ぶりの大雪でしたからね、被害も大きかったのだと思います。
    今は手も付けられずお悲しいでしょうが、
    その時が来たら、その想いを精一杯お庭に向けてあげてあげて下さいまし~。

    1. そうではないんですよ。
      大雪になる前の最初の雪で庭木がなぎ倒されてしまいました。
      太陽光の表面は滑るので雪が積もる事がなく、降った側から軒に積り
      それが一気に飛び込んできました。

      工事に入った時から心配してたことが起こってしまいました。
      境が十分に無い雪国には設置は無理なのでは・・・
      待つしかないですね。

Comments are closed.