アウシュビッツ収容所の解放日と「アンネの日記」

こんにちは。

 

1945年1月27日のこの日、

何があったかご存知ですか?

恐ろしいナチスの独裁政治による大虐殺が行われていた

アウシュビッツ収容所の囚人が解放された日です。

 

私は10代から「アンネの日記」が愛読書でした。

アンネの日記

アンネ、日記、隠れ家・・・という響きは、

10代の私にとって、

日記に夢を語りかける少女のお話ぐらいにしか受け止めておらず、

手に取ったと記憶していますが、

成長とともに

この日記の背景にはもちろん、

あの恐ろしいナチスから逃れているユダヤ人の家族、

そして悲しい結末が書かれているということに

気づかされます。

オランダの隠れ家アンネ・フランクの家には一度、訪れたいと

思っていました。

 

6年ほど前にそれは実現。

オランダのアンネフランクの家

早朝から行列に並んだ。

オランダのアンネフランクの家

かなり大人気です。

本棚に隠れた秘密の隠れ家。

あまりにも小さく狭い部屋に約2年あまり8人が生活していた

とは、想像を絶しました。

オランダのアンネフランクの家

オランダのアンネフランクの家

結局、密告により、全員収容所に連行され、

アンネは、短い生涯を終えるのです。

隠れ家からほど近い西教会。

きっとアンネもこの鐘の音を聞いていたことでしょう。

オランダのアンネ・フランクの家に隣接する西教会

アンネの父親、オットー・フランクがただ一人生き残り、

「アンネの日記」を出版したのです。

いまや世界中の言語に翻訳され、誰もが知る

日記となりましたよね。

 

とても辛い場所だけれど、

一度訪れたいのは、

ポーランドにある

負の世界遺産アウシュビッツと

ビルケナウ強制収容所の見学です。

恐ろしい場所ではあるけれど、

まるで現実のことではないような残虐で

極悪非道な大量虐殺の現場に

触れることで、

我々の日々の平和や自由のとらえ方について

考えさせてくれるのではないかと思うからです。

今一度「アンネの日記」を読み直そうかな。

 

スタッフS

**********************************************

あなたのライフプランに合わせてお庭の空間をご提案☆

造園・ガーデニング・外構工事
及び付帯設備等を 幅広く手掛けています。

エクステリアのことならお任せください!

お問い合わせ☆ご来店お待ちしております~

株式会社 グリーン造園
〒078-8208
北海道旭川市東旭川町下兵村385番地
TEL 0166-36-2525
FAX 0166-36-4484
e-mail info@greenzouen.com
URL    https://www.greenzouen.com/

「アウシュビッツ収容所の解放日と「アンネの日記」」への2件のフィードバック

  1. 今日はそういう日だったんですね〜っ

    また二度と同じことが起きないように

    語り継ぐことが大事だと思います。

    大事に読ませて頂きました。

    ありがとうございます。

    1. 山形のに~の さん!
      こんにちは。
      読んでくださってうれしいです。
      人種差別、戦争・・・など
      未だ起こっていること。
      いつになったら平和な世界が訪れるのでしょうね。
      こういうことを忘れない、語り継ぐということが
      大事ですよね!
      こちらことありがとうございました!

山形のに~のです にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)