作成者別アーカイブ: niwamama

niwamama について

石川県の能登半島、海あり山あり緑あり。お庭の仕事で日々、癒されています。造園・リガーデン・エクステリアの設計から施工まで。お客様とスタッフに支えられて楽しい夢のある庭づくりに励んでいます。 『庭づくりは子育てと同じ』愛をもってじっくりと手がけて。 時間を超えて成果は必ず返ってきます。 正直に信念・工夫・こだわりをもって、心豊かな仕事です。 お客様のありがとうの笑顔が何よりの宝物です。

加速

春の日射しで

31418甍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いらかの波が光り輝き

あちらこちらで 春のささやき

鳥のさえずり

 

蛙の鳴き声(早くない?)

一気に加速の春モード

ジュンベリー1419

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過ごしやすい春と秋が近年滞在時間が短い気がする。

ジュンベリーも儚き花びら開きだして

もっと ゆっくりでいいのにね

もっと 穏やかな季節味わいたいなぁ~

そんな独り言を呟けば

窓の外から応援団、鳥さん達の元気な声に サンキュー

 

ツチグリ坊や

ツチグリ君、雨が降ってお目覚めのご様子^^
君と出会って、もう8年ばかりでしょうか?
不思議で堪らなくて、山から持ち帰り・・・
煙を吐くキノコ君だったのよね^^
IMG_20190410_154306
冷たい気まぐれ春雨に元気一杯

日本人です。

空を仰いで花を愛で
花なら蕾と頬を寄せ
地べたに一輪土に身を落とせど
どれも愛しい
桜のように
冷たい風にも
気まぐれ風にも
身を任せる
友と眺めし四月の一日
桜の咲く日
限りがあるとは気付かずにいた頃
今年も出会えたほのかな香りとかそけき花びら
また
ハラハラと舞う日迄

しゃくなげの

三寒四温を繰り返しながら

気が付けばいつの間にか

通り過ぎる風は激しいながらも暖かい。

敏感に受け取るのは新芽達

 

2019-04-08 13.23.11

イワヤツデも裾に葉っぱを従え背比べで並んでる

シャクナゲもほら、いつものあの色で蕾みだした

 

2019-04-08 13.47.21

何気に歌っていた音楽の授業で習った歌を口ずさむ

「夏の思い出」

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬(おぜ) 遠い空
霧のなかに うかびくる
やさしい影 野の小径(こみち)
水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている
夢見て咲いている水のほとり
石楠花(しゃくなげ)色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

シャクナゲ色に黄昏れた空、どんなだろうと

何も判らず丸暗記で歌っていた

シャクナゲの花を間近に見るようになって

改めて此の歌詞の空を見てみたいといちも思う

シャクナゲの咲く頃。

 

 

雪?

昨日に引き続き雪が・・・・・

緑色が濃くなりつつある中庭は

彩り鮮やかに美しい景色を魅せてくれる。

雪冬に切なく別れの涙か

来る春に訪れの喜びのほとばしりか

IMG_20190403_064431暖冬だった冬にちょっぴりアクセントを残してくれた

日陰ならいざ知らず

寒いといえどもその景色は永くは無い輝きで

まるで春の幻想のようだった

足踏みが聞こえそうな寒い四月、今日で3日目。

降ったり止んだり

雷に雨、あられまで・・・・
そんな三月最後の日
晴れ間をみてお外へ

外気温が下がってきてるのか、
お日様が近い?
あったかい感覚を顔にうける

何を包んでいるの?
何を怖がってる?
大切に守っているのは何?
牡丹の新芽は柔らかに色付き始めてる
IMG_20190331_110007.jpg

イワヤツデの新芽も林立^^
IMG_20190331_110110.jpg

さぁ 楽しみな季節
足踏みしたり
後退しながら
季節のバトンタッチは歯がゆい進み方
それがまた
いいのよねぇ

イワヤツデ

イワヤツデ 耐寒性多年草です。

岩ヤツデ新芽

 

 

 

 

 

 

暑さと寒さにも、比較的たえてくれて、
山野草です。
切れ込みのある葉をひろげ、
花茎から、たくさんのつぼみをつけます。
小さな白いがく片と花びらが、
重なり合って

大きな葉っぱの上で守られている姿が愛おしくて大好きです。

今年も新芽が

きつい春風に

うてなをかしげつつ

みんなで集まっています。

ありがとう

happy birthday

 

ひっそりと

2019-03-22 09.18.32葉の風に隠れて

一人静かに咲かんとする

黄色い風を逃れてか

春の風は気まぐれで

冷たい時と生ぬるいまどろみ

そこここに

名も無き草は競わんばかりに顔を出し

何処吹く風にも揺らぎもせず

我が命だけを見つめるか

あー

止んでおくれ

春風よ

芽吹きだした

ライラックもヒョウタンボクもか細き新芽は怯えてる

そう 黄色い春風

一番怖いは、花粉症と付き合う吾なりか。

 

こだま!

ケーキ

 

 

 

 

 

 

三月生まれ 手を挙げて
8日、13日、15日
二人の孫と私
この度
13日生まれと15日生まれ
図らずも合同誕生会をして頂きました。
ケーキカット
急遽だったのでこれだけと
名前入りケーキの上のろうそくは生まれ月の3本

おめでとう!
ありがとう!
可愛い声と賑やかにこだまする部屋にケイオウザクラが彩り添える。

sakura