松ぽっくり

複雑で、難しく、センスのあるリースは作れない 大根チャンに, 作れた雑で簡単なリースです

CIMG2365

松ぼっくり一応熱湯消毒はしました。百均の飾り物とマネキァで 大 小同じようなものを

CIMG2367

ホリ-さんのブログにもありましたが、台にペットボトルのふたを利用して、ツリ-のつもり?

CIMG2373

かまぼこ板に、色々載せました。

CIMG2376

大掃除をしてたらこのようなツーリが、箱の中から出てきました。

懐かしいです。これタカショウさんの、私がブログを始めた最初の頃のプレゼントで当たりました

CIMG2369

 

電気を消して暗くするとこんな感じです

CIMG2371

たま~にしか更新することが出来なかつたブログでしたが、今年もお世話になりました。

皆さん良いお年お迎えください。来年も宜しくお願いいたします。

来年はもう少し更新回数を増やせるように頑張らなくちゃと、思いつつ

作ってみました

天皇、皇后殿下が、奈良県橿原市の、神武天皇陵に参拝された時の写真です。

CIMG2353

お二人の笑顔が、とても素敵です

CIMG2348

 

 

このフォトフレ-ム はぎれとダンボ-ルを使って作りました。

CIMG2273

縦置き、横置き、2枚入り、好きな形で縁飾りは、100円ショップの、小物を使って

CIMG2276

 

 

 

 

行って来ましたよ

NHK Eテレで放送されている、大和尼寺精進日記

音羽山観音寺 ずっとずっと訪ねてみたかった。12月1日青空が広がる暖かな日

念願の夢が叶いました。おばさん四人で出発

註車場に行く途中に、三人のお人形が出迎えてくれました。 可愛い

CIMG2337

歩き始めると最初の道案内板

CIMG2296

坂道を5分位上がると民家が見えてきました そこには、またまた可愛いお二人さんの出迎え

CIMG2299

可愛いね、癒されるねと喋っていると、後ろから白の軽トラックが上がって来ました。

運転手さんが窓を開けて、おはようございますと声をかけてくださいました。

キャ-!!ピックリ 慈瞳さん 何とラッキ-な事まさかこんな所でお出会い出来るとは

厚かましく握手と、記念撮影をお願いしたら、快く応じてくださいました。

今日はお寺で、撮影があるにですよと、忙しくされてる中本当に申し訳なく思いました。

優しくそこに杖があるから使ってくださいと、言い残して、急な狭い坂道を登っていかれました。

CIMG2334

車には撮影に必要な資材が乗っているような感じでした。急な坂は車いっぱい いっぱいです。

怖い、こんな坂道を、笑顔が素敵な慈瞳さん、運転もかなりお上手

CIMG2335

両側には、大きな杉の木がしげる、キツイ坂道、心臓パクパクです。

CIMG2304

30分程歩くとこんな橋が、ここでまたまた慈瞳さんと合流 ここからは仏さまの世界みたいです。

CIMG2305

ここで車から、資材を下して、お寺に通じるトロッコ?に積んでました。

そこから15分位歩くと、階段の続くお寺が見えて来ました。

CIMG2306

本堂の前では、テレビでよく見る、ご住職さん、慈瞳さん、まつちやんのお人形さんが迎えてくれました。愛くるしくて、可愛くて、癒されます。

CIMG2310

本堂にお参りさせて頂きました。先手千顔十一面観世音菩薩で眼病の観音様だそうです。

本堂では、温かいお茶にお菓子を頂きました。お参りに来て、こんな接待をして頂けるとは

ほんわかと、幸せいっぱいです。ありがたい気持ちいっぱいです

樹齢600年のイチョウの木

CIMG2321

この木の下、たくさん落ちてるイチョウ葉の上で、まつちゃんとお会いする事が出来、握手してもらいました。またまた感激。でもご住職さんとはお会いすることは出来ませんでした。残念でした

CIMG2322

お寺の横にはこんな滝が、滝のお水を水筒に頂いて来ました

CIMG2330

裏山から、展望台に上がりましたが、ここもキツイ坂道 またしても心臓パクパク

CIMG2328

眼下に広がる大和の山々

CIMG2326

朱印とお守りを頂き帰って来ました。

CIMG2341

幸せな一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12

 

 

 

珍しいもの

アケビの大豊作です。

CIMG2247

大きくなって、 熟していきます。

CIMG2252

食べ頃になりましたが、美味しいものがたくさんある現在 皆さんに喜ばれる味ではなく

見向きもしてもらえません  私もあまり食べたいとは、思いません。

CIMG2253

夏の時期に、こんな事も起こってました

CIMG2259

二匹も、身近な所から 巣立ってました

CIMG2265

裏庭の木から、旅立ち 最後はどこで迎えたのでしょう 最近気がつきました。

CIMG2260

寒くなってきた庭 夏の名残が 元気もらえる花たちです。

CIMG2235

CIMG2244CIMG2237

 

 

 

 

初めて育てました

頂いた種の中に、どんな花が咲いてくれるのか? わからないまま 種から育てるのは初挑戦

オクラのような蕾がたくさん尽いてくれてます 黄色い蕾です

CIMG2173

トランペット?この花は下にぶら下がる ではないみたい

夕方訪ねてくれた、近所の奥さんが、変わった白い花が咲いてるねと、教えてくれましたCIMG2176

外に出ると、真っ白な朝顔のような花が咲いてくれてました お昼には、開花しなかったのに

不思議な花です 朝鮮朝顔だそうです

黒法師も、二鉢になってしまいました CIMG2186若緑とのコラボです

CIMG2180

 

えらいこっちゃ!!

ワァ- 気がつけば大変な事に、毎日バタバタしていて、大事な所に、目が行ってません。

北海道特産の南瓜種  友からもらって育てました。植える場所が無いためいつものフェンスを、借りて、すると えらいこっちゃsign03 大変な事に フェンスの間にしっかり挟まって、気がつけば、外すにも外されなく、でもうまく挟まったものです。wink

CIMG2121

段々大きくなって前後に食い込んでいます 痛々しいですがどうすることも、出来ません

CIMG2124

今日の南瓜 大変な中 立派に成長してくれそろそろ食べ頃ですが、どうやって収穫しょうか? 悩みます 包丁で半分に切る以外方法は、ないと考えています 大手術ですhospital

CIMG2141

思い切ってメスを入れましたが、一回の手術では成功しませんでした 爪を立てて食べ頃を確認しましたが、中身はまだ充分には実のってなく、この状態でしばらく様子を見る事に切り口から虫に食べられるかも?

CIMG2153

この状態で、放置するとは、大根チャンの性格丸出し 大胆でいい加減

残りはこんな感じです痛々しいです

CIMG2158

もう一つは、ネットをかけて、空飛ぶ南瓜に、台風が来たら落ちないかと これも心配

CIMG2143

南瓜の種をくれた友が、八丈島から取り寄せてくれた、アシタバ、これも栽培が難しい

CIMG2144

最初の古い葉2本分は、残して3本目の新しい葉茎が、20~30cmになったらつ摘むように

CIMG2123

一葉収穫しましたが、トマトジュ-スの中に、味は良く分かりませんでした。

CIMG2126

虫にも良く食べられます。大きくなって沢山収穫できると良いのですが  さてはて?happy01

こんなお盆休みを、送ってますが 大きな台風が近づいてます  皆さん充分に気を付けて

大きな被害にならないように、祈ってます

 

 夕焼け

綺麗な夕焼けです。

CIMG2043

夕焼けに、さよならした庭。

CIMG2042

一日に、終わりを告げると、明るい陽ざしと共に、新しい一日の始まりです。

待っていた 蕾が膨らんできました。

CIMG2054

眩しいほどほ、綺麗に咲いてくれました。

CIMG2060

でも花の命は、儚いもの一日で、終わりを告げました。CIMG2058

 

毎年おなじ頃に、同じ花が咲き、変わり映えのしない平凡な我が庭。

CIMG2069CIMG2065CIMG2066CIMG2064

こんな毎日なので、ブログ更新も気が引けて、なかなか前に進みません。

でもこれが、幸せなのかなぁ

初めての雪化粧

昨夜から雨の降ってるのは、分かっていましたが

朝 雨戸をあけると窓からは、こんな景色が、びっくりです

CIMG1912

雪国の人には申し訳ないですが やった!! いつも見てる、遠くに山に雪化粧

お日様が当たって綺麗な景色です

CIMG1911

このような景色はこの時期 1~2回ほどしか見られません

左から金剛山 葛城山です

裏の空き地は お日様が当たってます

CIMG1913

 

数少ない我が家の花達

CIMG1919

 

ビオラのお母さんはパンジではないですね

CIMG1914

私はそんな気がして

CIMG1918

 

黄色のポスト

日本建国の地 奈良県橿原市

橿原神宮にお詣りするには、この駅を出て徒歩10分位です。

近鉄橿原神宮前駅 中央出口を出たところに、こんな素敵なポストが置かれてます。

幸せの黄色いポスト 。

CIMG1829

観光に来られた方 帰りには、このポストより旅のお便りを、受け取られた方には きっと幸せが届きますよ

投稿する人も幸せな気持ちになれる事間違いないですよね

CIMG1830

ことしも皆様に幸多き良き年でありますように。

遅くなりましたが今年も、宜しくお願いいたします。

CIMG1908