カテゴリー別アーカイブ: ブログ

嫁菜と都忘れ

7月から通勤路で咲いている嫁菜.

通勤路のヨメナ,2019年7月3日
通勤路のヨメナ,2019年7月3日

(7月3日の日記では嫁菜はWikipediaで秋咲きとあることから,春咲きの深山嫁菜(野春菊)としましたが,嫁菜は秋咲きでも花期は7~10月ということのようなので嫁菜に訂正します)

この時期に同じように咲いている姫女菀のように,大量の花をつけ

ヒメジョオン,2019年7月21日
わが家のヒメジョオン,2019年7月21日

辺りを席巻しようとすることもなく,ひっそりと咲いているが,

通勤路のヨメナ,2019年7月24日
通勤路のヨメナ,2019年7月24日

ここ数日ブロック塀脇で咲き始めた花は整っていて抜群に美しく

通勤路のヨメナ,2019年7月28日
通勤路のヨメナ,2019年7月28日

その優美な花色が心和ませる.

嫁菜という名前は「この仲間で最も美味で,花が優雅なことから」(野草見分けのポイント図鑑,講談社,2014)つけられたとあり,嫁のように働きもので,美しい,という意味のようだ.

野春菊(嫁菜)の園芸品種の都忘れの名前は,佐渡に流された順徳帝が庭で咲いている紫の野菊を見て

「紫といえば京の都を代表する美しい色だったが、私はすべてをあきらめている。花よ、いつまでも私のそばで咲いていておくれ。都のことが 忘れられるかもしれない。お前の名を今日から都忘れ と呼ぶことにしよう」

という逸話よりつけられた(季節の花300,都忘れより)ということだけれど,紫が京のシンボルカラーであるという説より,むしろ,この花色の組み合わせが不思議と人の心を癒やす力があるからのような気がします.

デパートでライラックとオダマキ買った一日

今年は花が少なめ,開花が遅めだけれど,大好きなライラックが開花.

ライラック,2019年5月4日
ライラック,2019年5月4日

学生のころ,4月初めに山で出会って,その美しさに魅せられて,自分の庭をもつようになって購入したミツバツツジも,5月連休後半になってようやく咲きそろった.

ミツバツツジ,2019年5月4日
ミツバツツジ,2019年5月4日

樹形が今ひとつで修正中だけれど,画像右側のシュートを剪定すればなんとかなる感じ.

西洋シャクナゲは今年不作で,四苗もっている早咲き系で唯一開花したのはこちらのみ.

西洋シャクナゲ プレシデント・ルーズベルト,2019年5月4日
西洋シャクナゲ プレシデント・ルーズベルト,2019年5月4日

午後妻が買い物したいので,帰りはバスで帰るので街までクルマで送ってくれないかと聞いたので,自分も麻混のショート丈のソックス買いたかったので一緒に街に.

ソックス買った後に買い物している妻を待ってデパートの花屋さん見ていたら,薔薇オードリー・ヘップバーンの鉢苗を売っていて,興味なかったけれど,隣に素敵なライラックが並んでいて,何年か前にネットで購入して期待していたのに枯らしたリラ・ワンダーだったので,植えつける場所ないような気がしたけれど,処分特価のオダマキと一緒に購入して(2つ合わせてもソックスより安かった)家に.

デパートで買ったライラック・リラワンダーとオダマキ
デパートで買ったライラック・リラワンダーとオダマキ

植え場所なくて,とりあえず鉢植えで管理しようかと思ったけれど,午前中,マダム・アルフレッド・キャリエールをバックヤードから南側のラッティスフェンス中央に移動させた,その手前の,新しく購入した,ブルームーン・ストーンという大げさな名前の薔薇を開花後に定植しようとしていた場所に植えつけました.

ライラック リラワンダー,オダマキ,2019年5月4日
ライラック リラワンダー,オダマキ,2019年5月4日

ふと,後ろを見たら,わが家で真っ先に咲くクレマチスが開花していました.

ライラック フレッダ,2019年5月4日
クレマチス フレッダ,2019年5月4日

花を見る前に枯らして諦めていたライラックの花付き苗を思いがけず見つけて購入でき,とても楽しいゴールデンウィークの一日でした.

桜と川秋沙

久しぶりに庭に戻った土曜日の午後,わんこさんと堤防の遊歩道を散歩.

堤防の法面には自生している水仙,堤防沿いのグランドには桜.

広瀬川,2019年4月13日
広瀬川の堤防の水仙と桜,2019年4月13日

桜の花を見るたびに,昔うちの庭の隣の国有地にあった桜

堤防沿いの元国有地のサクラ,2010年4月25日
堤防沿いの元国有地のサクラ,2010年4月25日

を思い出します.

この桜は道路計画が橋からトンネルになり伐採を免れていたけれど,結局国有地が競売され,落札した不動産業者が転売するために伐採した.


翌朝いつものように散歩していたら,川面にはまだ,カワアイサがいました.

広瀬川,2019年4月14日
広瀬川にまだいたカワアイサ,2019年4月14日

夏に咲く思いでの橙色の花

今年も,こどものころ一緒に暮らした,わんことの生活を思い起こさせる橙色の花が開花.

CL サンセットグロウ
CL サンセットグロウ

その脇ではピンクに淡い白の絞りの入るフレンチローズが今年は格別美しく開花.

S. ビェドゥー
S. ビェドゥー

その後ろで咲く深紅のオールドローズも素晴らしい.

HP スブニール・ド・ドクトル・ジャメイン/ C. 紫子丸
HP スブニール・ド・ドクトル・ジャメイン/ C. 紫子丸

梅と沈丁花の開花と,あの大好きな青花が満開

例年なみに自宅の庭の梅

ウメ,2018年3月25日
ウメ,2018年3月25日

と沈丁花

ジンチョウゲ前島,2018年3月25日
ジンチョウゲ前島,2018年3月25日

が開花スタート.

沈丁花,強香だけれどとても良い香り.梅は多分満開になってもあまり香ってこないけれど,去年のブログ見返したら切り花にすればよく香ったんだ.

それにしても,ブログ読み返したら今更ながら,去年の夏の長雨で北側の花壇のお気に入りのクリスマスローズが全滅したのが悲しい...

でも,地面では今年,あの大好きな青花が至る所で満開で素晴らしい.

オオイヌノフグリ,2018年3月25日
オオイヌノフグリ,2018年3月25日
オオイヌノフグリ,2018年3月25日
オオイヌノフグリ,2018年3月25日
オオイヌノフグリ,2018年3月25日
オオイヌノフグリ,2018年3月25日

ホームセンターにライラックの苗捜しにいったときに,大好きな青花の勿忘草売っていたけれど,今年はこの青花があるので買わなくていいやと思った.

望樹記2018

園芸植物の名前は覚えやすいけれど,山や川原に自生しているふつうの樹木の名前は覚えにくい.

庭の先の清流の対岸にある2本の落葉樹.

広瀬川,2018年3月3日
広瀬川,2018年3月3日

たぶんこちらの川岸の川沿いに生えているの

広瀬川,2017年10月8日
広瀬川,2017年10月8日

 

広瀬川,2016年9月25日
広瀬川,2016年9月25日
広瀬川,2016年8月14日
広瀬川,2016年8月14日

と同じ水辺で育っているので過湿に強い木なのだろうけれど,何の木なのだろう.


「望樹記」は幸田露伴の随筆(1948)

興味のあるかたは,旧庭ブロの記事をお読みください.

 

嵐のあとの晴れた日

金曜日まで大荒れだったけれど土曜日は素晴らしい天気.

今年からスキー始めた子供の子供(孫ともいう)は3回目のスキーに.

わたしは,先週テッポウムシに枯らされていたレオナルドの代わりに,玄関アプローチ正面奥に植えていたジェネラシオン・ジャルダン

S ジェネラシオン・ジャルダン,L.stoechas シルバーアヌーク,2017年7月1日
ジェネラシオン・ジャルダン,2017年7月1日

を堀上げて

レオナルドダビンチ
玄関アプローチ奥に植わっていたジェネラシオン・ジャルダン

植え替え

植え替えたジェネラシオン・ジャルダン
植え替えたジェネラシオン・ジャルダン

やっぱり?シュート1本テッポウムシに巣くわれていて,動かそうとしたときに,ぽきっ,と折れたけれど,深植えにしていて,株立ち状にシュートが出ていたので,1本だけですみそう.

ジェネラシオン・ジャルダン植え替えた跡地には,最も美しいと思うこの薔薇

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ,2017年6月4日
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ,2017年6月4日

去年定植したのを移植しようと思ったけれど,八ヶ岳の農場で買ったオールドローズが素晴らしい苗だったので新たに購入して植えつけ.

新しく購入して植えつけたヴァリエガータディボローニャ,2018年3月4日
新しく購入して植えつけたヴァリエガータディボローニャ,2018年3月4日

日曜日朝,楽しみにしていたわんこさんと散歩して

妻が撮影
堤防をお散歩,2018年3月4日 妻が撮影

午後こどもたちは帰りました.

オリーブの生け垣とヒヨドリと犬が教えてくれた水漏れ

晴れているかと思ったら急ににわか雪が降って雪が積もったり,陽が射して雪が融けたりの変な天気だけれど,雪が積もってしまうと庭仕事できないので昨日もまた植物の植え替え.

先週庭の中央に定植したオリーブだけれど,根が浅いのでフェンス際の,昔堤防側にあったモミジ

モミジとヒヨドリ,2012年2月20日
モミジとヒヨドリ,2012年2月20日

の切り株の残っている,ふつうの植物は植えつけられない場所にも植えつけられることが分かって,そちらに移動.

フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日
フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日

両脇が2株ある強健なネバティロ・ブランコで中央はアルベキナとマンザニロの寄せ植えにして,3箇所等間隔で並べて,これで実もなると思うのだけれど.

上の画像いちばん右のオリーブ植えた場所

フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日
フェンス際に定植したオリーブ,2018年2月18日

にはマダム・アルフレッド・キャリエール植わっていたけれど,バックヤードの以前キモッコウバラの植わっていた場所

キッチン窓から見たバックヤードとバードテーブル
バックヤードに植え替えたマダムアルフレッドキャリエール(一番左)とバードテーブル,2018年2月18日

へ移動.

雪が積もるようになって,キッチン窓前のバードテーブルにリンゴの余ったの置いておくように家族に頼んでいたら,最初人が食べる大きさで置いてあったので,闘争心旺盛なヒヨドリさんどうしが,翼嚙んで取っ組み合いの喧嘩していて,持ち運べる一口大にするように家族に頼んでいたけたれど,最近はリンゴないとキッチンの窓から覗いてリンゴまだぁ?と催促するようになり,昨日はリビングで庭見ていたら,掃き出し窓のデッキのローズポットの枝

DSC_0816-ct
2018年2月12日

にとまってリンゴ催促されました.

マダム・アルフレッド・キャリエール植え替えた場所,1月末にツバキを植え替えた場所

2018年2月12日
2018年2月12日

だけれど,バックヤードにはわんこさん足をケガしたりしないように来させないけれど,植え替えたときは,こどもに催促してバックヤードの私のところまで来て,さらに先に進んで,エコキュートのところまで行って,クンクンいうので見たら,エコキュートから水漏れしていて,どうりで最近お湯の保ちが悪いと思っていたけれど,修理することにしました.

(エコキュートの寿命10年とかで,このあと故障続出するので,定価70万で買い換え薦められたけれど,とてもそんな大金だせないので,10分の1ですむ水漏れ箇所の修理したけれど,水道代がどうなるのだろうか...)

 

 

夏椿と姫沙羅

雪は残っているけれど,陽射しは暖かい日.

広瀬川
広瀬川,2018年2月3日

以前うちの庭の堤防側にあったモミジの木.

モミジとシジュウカラ,2011年6月12日
モミジとシジュウカラ,2011年6月12日

西側隣地の国有地が競売になって維持できなくなって伐採して,去年代わりに葉っぱの少ないモクレンを導入したけれど,やっぱり柔らかで小さな葉っぱがたくさんある木が欲しくて,椿の庭でもあり,去年始めて開花した夏椿

ナツツバキ ホワイトチルドレン,2017年7月1日
ナツツバキ ホワイトチルドレン,2017年7月1日

の花の美しさもあって,夏椿の株立ちのなるべく大きいの購入することにして探したけれど,夏椿には樹形の良いのがなかったのと,株立ちとはいえ大きく成り過ぎる恐れがあったので,姫沙羅にすることにして,個人的に好きな樹形のがあったので購入して届いたの植えつけました.

ヒメシャラ,2018年2月3日
ヒメシャラ,2018年2月3日