カテゴリー別アーカイブ: 庭の記録

マリネットとジ・アレンウィック・ローズ

四季咲き性の強い薔薇はすでに二番花が開花しているけれど,

イングリッシュローズ;ベンジャミン・ブリテン,2021/06/20
イングリッシュローズ;ベンジャミン・ブリテン(二番花),2021/06/20

陽あたりの良くない東側ボーダーのバックヤードに植えているからか,つる薔薇的に成長しているからか,イングリッシュローズのなかで個性的なマリネットの一番花がようやく咲いています。

イングリッシュローズ;マリネット,2021/06/19
イングリッシュローズ;マリネット,2021/06/19

バードテーブルを支柱代わりにセットして冬季限定で林檎を置いているけれど,キッチンの窓の正面だと冬に野鳥が見られて,

ヒヨドリ,2021/02/28
ヒヨドリ,2021/02/28

春になると,バードテーブルを支柱にしたマリネットの花も見られると思ったけれど,マリネットは陽あたりの良い南側のボーダーに移動して,代わりに今ひとつ植え場所が決まらない夏椿をここに植え替えるつもりです。

陽あたりの良い南側花壇に植えているけれど,オールドローズに四季咲き性をと開発されたイングリッシュローズのなかでも,特にオールドローズの雰囲気があるジ・アレンウィック・ローズの一番花もようやく咲きました。

イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20
イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20

この場所は陽あたり良いけれど,軒下なので夏に水切れで植えていた薔薇が枯れ,現在はドリップ・ホース埋めて自動灌水しているので水切れで枯れることはなくなったけれど,隣のクレマチスのアーチのメンテ,薔薇が成長するとできなくなるので,アレンウイック・ローズは南側のボーダに同じくらいの大きさに成長した挿し木苗と二苗寄せ植えして,ここには木蓮を植え替えるつもりです。

 

庭から去ったクナウティアの記録と雀の雛

2018年10月に庭にお迎えしたクナウティア・アルベンシス。

2019年5月に初開花し,

クナウティア・アルベンシス,2019/05/26
クナウティア・アルベンシス,2019/05/26
クナウティア アルベンシス,2019/07/21
クナウティア・アルベンシス,2019/07/21
ゲラニウム・サマースノーとクナウチア・アルベンシス,2019/08/11日
ゲラニウム・サマースノーとクナウチア・アルベンシス,2019/08/11
クナウティア・アルベンシスとハキダメギク,2019/10/27
クナウティア・アルベンシスとハキダメギク,2019/10/27

2020年も開花したけれど

クナウチア・アルベンシス,2020/05/24
クナウチア・アルベンシス,2020/05/24
クナウチア・アルベンシス,2020/06/21
クナウチア・アルベンシス,2020/06/21
クナウチア・アルベンシス,ハキダメギク,ヤマアジサイ・ジャパーニュミカコ,2020/08/01
クナウチア・アルベンシス,ハキダメギク,ヤマアジサイ・ジャパーニュミカコ,2020/08/01

2020年8月を最後に庭から消えてしまった。

ところが,今年うちの庭のフェンスを挟んで堤防側で一輪だけ開花していて,

クラウティア・アルベンシスとブタナ,2021/05/15
クラウティア・アルベンシスとブタナ,2021/05/15

復活するかもと思ったけれど,写真撮って庭に戻ったら,堤防側で花摘みしていた子供に引き抜かれて,やっぱり終わった,と思ったけれど,昨日堤防側から庭の写真とりに出たら,今度はたくさん堤防側で開花していました。

クナウティア・アルベンシス,2021/06/19
クナウティア・アルベンシスとブタナ,2021/06/19

何か別れた恋人みたような気持ち...


今朝は梅雨入りした昨日の雨も上がって一日庭の草抜き。

庭の東側のバックヤードに巣箱つけていて,以前はキッチンの窓から見えるようにフェンスにつけていたけれど,1.8 mのフェンスなのでついているの低い位置なので利用してくれなくて,キッチンから見えないけれど,家の壁のエアコンの配管に移したら毎年利用してくれていて,

DSC_3644-ct

今日庭で草抜きしていたら数分おきに雀の母さんが巣箱に餌を運んでいて,雛鳥の餌をねだる声が聞こえるので,お母さんのいない空きに脚立もっていって盗撮させてもらいました。

フラッシュたくわけにいかないので,携帯のレンズ巣箱の入口につけて撮影しただけなので,写真撮っただけでは,真っ暗で何がなんだか分からなかったけれど,パソコンで画像処理して明るさ最大にしたら

(鳥の場合は,ヒナ鳥はあまり可愛くないので,見たくないかたは引き返してください)

スズメのヒナ,2021/06/20
スズメのヒナ,2021/06/20

一人っ子か兄弟がいるのかよく分からない。

双子の蝶の幼虫(妻に「蛾かもよ」,と言われた)の方は,雀のように親の手を煩わすこともなく,山椒の葉を大量に食べ枝を坊主にしながら順調にそだっております。

ミカコブルーの紫陽花と青真珠という名のクレマチス

庭では三季咲きする(昨年実績)青のグラデーションが美しい早咲きの西洋紫陽花

西洋アジサイ,エンドレス・サマー,2021/06/18
西洋アジサイ,エンドレス・サマー,2021/06/18

に続いて,清澄沢紫陽花を品種改良したジャパーニュ・ミカコも遅れて咲き揃いました。

ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ,2021/06/18
ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ,2021/06/18

ジャパーニュ・ミカコは白に赤覆輪の入る大変美しい紫陽花ですが,覆輪の花色が赤から紫に変化したのがミカコ・ブルーと呼ばれ大変美しい。

ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ,2021/06/18
ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ(ミカコ・ブルー),2021/06/18

イングリッシュローズのなかで最も花付きの良い品種の一つと言われるレディー・オブ・シャーロット。

わが家では花付きも四季咲き性も悪く扱いに困って補完的に使われ,地植えと鉢植えを繰り返していたけれど,今年の3月にミカコさんの前にエブリン2苗植えたとき,挿し木のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントと2苗組み合わせて植えようとポットから抜いたら,どういう訳か2苗になっていたので,挿し木苗で虚弱なケント姫を地植えにするのやめてエヴリンとミカコさんの間に2苗植えつけていたのが2苗とも開花しました。

イングリッシュローズ,レディーオブシャーロット,2021/06/18
イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/06/18

画像左後ろで咲いているのはエブリンの二番花で,同じようにハーロウ・カーの二番花も一番花から一月たって咲きました。

イングリッシュローズ,ハーロウ・カー,2021/06/19
イングリッシュローズ,ハーロウ・カー,2021/06/19

遅咲き大輪系のクレマチスも咲き始めました。

クレマチス(JMorRc),パール・ダズール,2021/06/18
クレマチス(JMorRc),パール・ダズール,2021/06/18

パール・ダズール(青真珠)は青という名前に惹かれて最初に買ったクレマチスの一つで,何度も植え替えしても枯れない極めて丈夫なクレマチスでしたが,二苗買ったうちの一苗,薔薇と寄せ植えしているオベリスクの株元の雑草を抜いているときに,雑草と一緒に引き抜いて消滅させてしまい,こちらのオベリスクでは競演できませんでした。

サンセット・グロウには以前は木立ち性のアフロディーテ・エレガフミナ組み合わせていて,花季的には大体OKなのだけれど,木立ち性のクレマチス自分で蔓巻いて伸びていかず誘引が面倒なので,蔓性で大型化するパール・ダズールに替えたのだけれど,切り花には,花持ちの良い紫陽花とともに木立ち性のクレマチスの方が重宝します。

エンドレスサマー,サンセットグロウ,アラベラ
Hy.エンドレスサマー,CL サンセットグロウ,C(IF) アラベラ

今日梅雨入りしましたが,アポイ桔梗が開花し始めました。


ここからは,庭の周りに暮らす生き物に関するブログです。

特に虫が苦手のかたはこれ以上進まないでください。


数年前の薔薇も枯れる(厳密にいうと弱ったところを鉄砲虫にとどめをさされる)酷暑で,わが家の唯一のキッチン・プラントである山椒も枯れて去年買い直し,以前は地植えだったけれど,今回はポット植えにして,キッチンの勝手口あけたらすぐ採れるようにしていて,

ぶどう山椒,2021/05/05
ぶどう山椒,2021/05/05

今年は春から素晴らしい香りの新芽を堪能していたのだけれど,買い換えることにした自動灌水装置を蛇口に直接設置する

DSC_3583-ct

 

ために鉢のかせたら,枝先に蝶の幼虫が,しかも2匹も

(閲覧注意!)

 

蝶の幼虫,2021/06/18
山椒を食害する蝶の幼虫,2021/06/18

ただよく見るとお茶目な顔(目のように見えるのは目ではありません)とポップなデザインで可愛くて,正当派美人(蝶)の親しみのある子供時代(幼虫)のよう。

蚊より大きい虫は直接手にかけられないし,コガネ虫やカミキリ虫は,手で採って市のゴミ袋に移動させてゴミ箱の蓋をしめる(それって足で踏むよりかえって残酷かも)ことにしているけれど,蝶さんはうちの庭の大切なお客さんだし,山椒も今年はもう必用無いので,そのまま自由に滞在してもらうことにして,妻に「蝶はスリムな身体なのに,幼虫の太い身体には何が入っているのだろう」と聞いたら,「羽根を折りたたんで入っている,さなぎになって孵るときに羽根が出てくる」ということで,「可愛いから見て,見て」と写真を見せようとしたら,虫嫌いの妻は「嫌だっ」と拒否して,その後,ミカコ・ブルーの写真みせようとしても,「紫陽花の写真といって幼虫の写真見せるつもりだろう」(さすが,私の行動パターンを熟知している)と言って,見てもらえませんでした。

今朝もう一度山椒のポット見たら1匹しかいなかったので,先々週から梅の木で頻繁にゼゼポッポと啼いている雉鳩(巣をつくって卵あたためている?,携帯で写真撮るために近付いても逃げない)

ウメの木のキジバト,2021/06/18
ウメの木のキジバト,2021/06/18

にでも食べられたかと思ったけれど,四十雀のような小鳥は大好きな妻も雉鳩は好きでないとか(まあ啼き声と雰囲気が独特なのでちょっと,というところもありますが)。

いなくなったと思った,もう1匹の幼虫は他の枝に移って山椒の葉がっついていました。

予想外の4番目に咲いた薔薇

先週いっぱいつけた蕾を膨らませていた薔薇が庭に戻ったら順調に3番目で開花していました。

シュラブローズ・ブルームーンストーン,2021/05/14
シュラブローズ,ブルームーンストーン,2021/05/14

この薔薇,2018年冬によく園芸資材買いにいく大型ホームセンターにおいてあった予約販売バラ苗カタログのトップを飾っていたので知って,ホームセンターでイングリッシュローズ買って失敗したことあったので,ネットで探して注文し,2019年3月9日に届いた大苗,ポット植えにして大事に陽あたり良い場所で育てて,2019年5月26日初開花したんだけれど咲いた花みて,かなりがっかりして,日陰に地植えにしたんだけれど,翌朝見たら同じ花がびっくりするくらい美しかったので,翌年,もう一苗買い増して鉢植えに戻したけれど,こちらは,一番好きな薔薇,マダム・アルディーと同じようにグリーンアイの白薔薇で開花しました。

シュラブローズ・ブルームーンストーン,2021/05/14
シュラブローズ,ブルームーンストーン,2021/05/14

花容と香り(個人的にマダム・アルディーのレモン香-むかしのひとの袖の香-が好き)と変な名前でマダム・アルディーに負けているけれど,美しいけれど年に一度しか会えないというオールドローズ問題を解消する四季咲き性が素晴らしい(マダム・アルディーは連休中に堤防側のボーダーに移植して,枯れなかったけれど萎れて,今年は花が見られない)。

ひょっとして3番目に開花と思っていたエブリンはまだ開花していなかったけれど,3番目に咲くはずのクレマチス見ていたら,四季咲きするというランブラーローズが予想外にひとつ開花していました。

イングリッシュローズ・オルブライトン・ランブラー,2021/05/14
イングリッシュローズ,ジ・オルブライトン・ランブラー,2021/05/14

今日は咲かなかった木蓮

今朝椿の株元で咲いている花見ていて,なんで,蟻が花に上がってくるのだろう,蜜のため?と思って,ふと隣に植えていたクリスマスローズ見たら開花していました。

クリスマスローズ D. ライムイエロー,2021/04/04
クリスマスローズ D. ライムイエロー,2021/04/04

藪椿の株元から実生で生えてきていたクリスマスローズにも白い花がついていました。

実生で自然に芽吹いてきたクリスマスローズ,2021/04/04
実生で自然に芽吹いてきたクリスマスローズ,2021/04/04

このクリスマスローズずっと前から藪椿の株元にあって,根鉢に絡んでいるので分離できず,何年か前に椿と一緒にこの場所に移動させたのだけれど開花したの見たのは今年が初めて。

今日咲くと思った赤紫の木蓮は雨が降って寒かったからか咲きませんでした。

木蓮・クレオパトラ,2021/04/04
木蓮・クレオパトラ,2021/04/04

オオイヌノフグリとオタフクナンテンと犬の生まれ変わり

震災のときや,その後の大きな余震のとき家にいなくて,「あなたは肝心なときいつも家にいない」と妻に言われるけれど,夕べは家にいて,疲れていたので妻より先に2階で寝ていて,緊急地震速報も鳴らずいきなり強い揺れで,それもすぐに収まらずどんどん強くなって「ひょっとしてこの世の終わり?」と思ったけれど「2階なのですぐに逃げる必要もないか」と思って,そのまま布団の中で寝てました.

揺れが治まって1階に下りて行ったら,玄関に避難していた妻がいて「震災のときは自転車が倒れなかったけれど倒れている」といったので自転車起こしリビングに.震災以降はなかったけれど,棚からものが落ちるくらいの激しい揺れだったけれど,妻が生協に買い物に行くたびに花買ってきて活けている花瓶は倒れていませんでした.

2021/02/14
2021/02/14

今朝明るくなってから庭の点検.挿し木して増やした西洋紫陽花の鉢が一つ倒れていただけでした.

庭では春最も早く咲く(年内には開花し始める)野草のオオイヌノフグリのサフィアより美しいブルーの花が今年も一斉に咲き始めていました.

オオイヌノフグリ,2021/02/14
オオイヌノフグリ,2021/02/14

風水信じているわけでないけれど,バックヤードの北東コーナーに植えていた南天.超強健でどんどん大きくなって増えすぎていたので切り戻して,代わりに紅葉が美しいオタフクナンテン去年注文して,年明けにようやく届いたの植えつけていたのが美しい.

オタフクナンテン,2021/02/14
オタフクナンテン,2021/02/14

その後手紙を出しに近所のポストに.脇の住宅から出て来たコーギー犬が「ワン!」と私に吠えたので,飼い主のお姉さんは「すみません」と言ったけれど,しゃがんで撫で撫でさせてもらいました.「良かったね,まだ子犬なんです」と言われたけれど,ミニチュアダックスとコーギーで犬種は違うけれど,昨年10月4日に天国に召された,うちのわんこさんが生まれ変わって私と再会して私に呼びかけたのだと思い,ずっと鬱々としていた気持ちが晴れました.今度はもっと幸せにね.

オナガガモとマガモ,2021/02/07
オナガガモとマガモ,2021/02/07,広瀬川