カテゴリー別アーカイブ: 一・二年草

北側道路のわが家の植栽とアプローチ

北側道路のわが家のシンボルツリーは西端に植えている山法師.

ヤマボウシ
ヤマボウシ

西端のレイズドベッドの花壇はシシガシラの低い生け垣にするつもりで,カーポートとのコーナーにはいろんな植物植えたけれど,去年鹿の子百合購入して植えつけていたのが芽吹いてきた.

カーポート脇の花壇のカノコユリ
カーポート脇の花壇のカノコユリ

カーポートの両脇にはお気に入りのラプソディー・イン・ブルー植えていて,カーポート挟んだ袖壁脇にはシシガシラと尖閣ツツジ植えていて,シシガシラは順調に生育して,

シシガシラ
シシガシラ

毎年冬の間,たくさん花をつけているけれど,尖閣ツツジはほとんど生育せず,花もごく僅か

尖閣ツツジ
尖閣ツツジ

玄関アプローチの脇では,ウィリアムシェークスピア2000はまだだけれど,インターナショナル・ヘラルド・トリビューンとパンジーよく咲くスミレ,それに去年7月に購入したクレマチス,ベル・オブ・ウォーキングが開花中で,パンジーは徒長してしまったけれど,そのままローズポットに植えていて良かった

FL インターナショナルヘラルドトリビューン,パンジーよく咲くスミレ,C. ベルオブウォーキング
FL インターナショナルヘラルドトリビューン,パンジーよく咲くスミレ,C. ベルオブウォーキング
玄関アプローチの先は,
玄関アプローチ
玄関アプローチ

今は存在感抜群に生長したクレマチス レディー・キャロライン・ネビルが大輪の花を咲かせているけれど,去年買い増して植えつけた一番美しいと思うオールドローズがもうすぐ開花するはず.

C. レディーキャロラインネビル,B. ヴァリエガータディボローニャ
C. レディーキャロラインネビル,B. ヴァリエガータディボローニャ

ローズポットにパンジー寄せ植え,違う色の追加

毎年家族が買うパンジー.

去年からローズポットに寄せ植えしていて,今年も家族が黄色(クリアイエロー)と青(ブルー)のパンジー2つずつ4ポット買って来たの玄関側のローズポットに植えつけていたけれど,赤(ビーコン)のパンジーホームセンターで買って来て追加.

ローズポットに寄せ植えしたパンジー
ローズポットに寄せ植えしたパンジー

もう一鉢のローズポットも同じ色のコンビネーションで植えようとホームセンター探したけれど,家族が買った78円のパンジーでブルーもクリアイエローもなくて,個人的にはパンジーより好きなビオラにしようかと思ったけれど,ちょっとお値段高め(213円)の「よく咲くスミレ」というパンジーの青(ソーダ),オレンジ(マーマレード),赤紫(ラズベリー)の大苗が花数多くて良い感じだったので一苗ずつ買って植えつけ.

ローズポットに寄せ植えしたパンジー
ローズポットに寄せ植えしたパンジー

緑のカーテンの足元で,すでに春の予感

わが家の緑のカーテンとして,2階の腰高窓からネット垂らして誘引している西洋アサガオ.

9月3日に開花がスタート.

西洋アサガオ ヘブンリーブルーの開花,2017年9月3日
西洋アサガオ ヘブンリーブルーの開花,2017年9月3日

9月23日に咲きそろい

西洋アサガオ ヘブンリーブルー,2017年9月23日
西洋アサガオ ヘブンリーブルー,2017年9月23日

10月28日に終わりという感じで

西洋アサガオ アーリー・ヘブンリーブルー,2017年10月28日
西洋アサガオ アーリー・ヘブンリーブルー,2017年10月28日

11月4日には自動灌水装置も停止しました.

西洋アサガオ アーリーヘブンリーブルー,2017年11月4日
西洋アサガオ アーリーヘブンリーブルー,2017年11月4日

緑のカーテンの足元には,

ER パット・オースチン
ER パット・オースチン,原種系アネモネ パブニナ,アネモネ リブラリス グラシア,レウコフィルム,アポイキキョウ

イングリシュローズで最も印象的な色彩のパット・オースチンを2本植えしていて,パット・オースチンは,今も素晴らしいカッパーオレンジの花色で開花中.

ER パット・オースチン
ER パット・オースチン

パット・オースチンの手前両外側には,アネモネ パブニナ植えていて,今春の花

原種アネモネ・パブニナ,2017年4月15日
原種系アネモネ・パブニナ,2017年4月15日

の後に地植えにして,夏に枯れたかなと思ったけれど,順調に芽吹いて来ているので,晩秋に冬を通り越して,春への期待が高まります.

その両側に植えている絞り咲きアポイキキョウは,今年の夏に新境地の花を見せてくれた

絞り咲きアポイキキョウ,2017年8月19日
絞り咲きアポイキキョウ,2017年8月19日

けれど,こっちも地植えにして,黄葉しているけれど季節的なもので,枯れていないはず.

実は,ここの花壇,今年さらに,壁際に赤紫花にシルバーリーフの低木を,詰め込み過ぎと思うけれど3本導入したのだけれど,花がつかなかった.

こちらも枯れてはいないので,多分来年夏には花をつけてくれるはず.

今年も薔薇にパンジー寄せ植え

先週家に戻ったらデッキの上にパンジーの苗.

パンジー
パンジーの苗

家族がホームセンターに,この時期家の中に侵入してくるムカデを仕留めるための冷凍スプレー,無くなったので買いに行って,そのときついでにパンジーの苗買ってきたので植えて下さいと.

去年と同じように玄関側のウィリアム・シェークスピア2000のポットに寄せ植え.

ウィリアムシェークスピア2000とパンジーの寄せ植え
ウィリアムシェークスピア2000とパンジーの寄せ植え

ローズポットの周りの地面には,通販で注文していて届いていた鹿の子百合と,どうせ一年しかもたないので日陰でもいいや,と思ってチューリップを植えつけました.

ウィリアムシェークスピア2000,雨続きの今年は不調だけれど,秋花のクリムゾンレッドの花色は青みをおびて紫になりそれなりに美しい.

ER ウィリアムシェークスピア2000
ER ウィリアムシェークスピア2000

玄関脇では,同じように美しい紫の薔薇の秋花がもうすぐ開花.

S. ラプソディーインブルー
S. ラプソディーインブルー

薔薇とテッポウムシ

自分がよく利用する,バードテーブル買ったネットショップでは,いつも植え付け適期でないシーズンオフに,売れ残った花苗/ 花木の販売を休止するのでなくセールして処分していて,今回はセール品のパンジーとゲラニウムとラベンダーもバードテーブルといっしょに購入.

パンジーは去年12月10日に,妻がホームセンターで買って来ていたブルーとクリアイエロー(各2苗,後に各1苗買い増し)をウィリアムシェークスピア2000の底面吸水鉢3つに1苗ずつ寄せ植え

テッポウムシに食害されたウィリアムシェークスピア2000へのパンジーの植え付け
テッポウムシに食害されたウィリアムシェークスピア2000へのパンジーの植え付け

したけれど,このとき,不調だったウィリアムシェークスピア2000の鉢(上の写真)の苗が,株元ほとんどテッポウムシに喰い抜かれて瀕死の状態であることが分かって,たぶんこの株は助からない感じなのだけれど,そのときは,テッポウムシ用殺虫剤(キンチョールE)めいっぱい,喰い抜いた穴に注入して,その後,そのまま培養土を鉢の縁まで足して植えつけた.

今回購入したパンジー

パンジー オレンジスライス
パンジー オレンジスライス

は,オレンジスライスという,その名の通りオレンジ(花色に変異があって,黄色から画像のような赤に近いのも)のパンジーで,使用している底面吸水鉢は四隅のうち1箇所水面計があるので,3箇所植え付け場所があって,2苗対角線上に植えて空いている残り1箇所に植え付けようと思って,3つある鉢のために,2苗組を2セット,4苗買ったのだけれど,植え付けようと鉢土を見たら,培養土の表面にオガクズ(テッポウムシのふん)がいっぱい積み上がっていて,びっくりを通り越して無力感でいっぱい.

そもそもテッポウムシの巣穴?は地中にあるのに,どうしてふんを地面の上に,凍った噴水のように噴き上げて積み上げられるのか.

キンチョールE注入して確実にテッポウムシの息の根とめてくれると思っていたのだけれど,もう一度株元の培養土をのけて,巣穴にキンチョールEを注入してから今回買い増したパンジー植えつけた.

テッポウムシの処置方法として,殺虫剤注入するだけでなく,癒合剤を穴に塗って塞ぐと書いてあるのもあって,多分そうすべきだと今更ながら思った.

これまでの後手に回ったテッポウムシ対策では勝ち目がないのは明らかなので,当面は昨年末に購入していたハイポネックス殺菌剤入りを使用して,薔薇苗を少しでもテッポウムシが成長しにくい/卵を産みたくない状態にして,ふだんからもっと薔薇の手入れをして健康管理に注意しないと.

たぶんハイポネックス殺菌剤入りより,オルトランの方が良く効きそう(どちらもアブラムシ用でテッポウムシ対応でないけれど)だけれど,オルトランは匂いが嫌なのと,食いしん坊のわんこさんが口にしても困るので,家に在庫あるけれど使用しなかった.

4苗届いたパンジーを3鉢に植えつけたので,花のついてなかった1苗余って,これだけ独立に鉢植えしようかと思ったけれど,結局鉢の水面計の脇に植えつけた.

パンジー・ブルー/ オレンジスライス/ クリアイエロー/ オレンジスライス
パンジー・ブルー/ オレンジスライス/ クリアイエロー/ オレンジスライス

寄せ植えというほどでないけれど,寂しい冬の落葉した薔薇鉢が明るくなって良かった.

シシガシラとパンジー

玄関袖壁の脇に植えているシシガシラ.

今朝わんこさんと散歩に出るときに見たら開花していた.

シシガシラ,2016年11月19日
シシガシラ,2016年11月19日

毎年そうだけれど,シシガシラの最初に咲くのは木の内側の下向きの花.

他の木だと,一番最初に咲く花は一番陽あたりの良い場所の外側の花のように思うのだけれど,シシガシラはいつも裏側の写真撮りにくい位置が最初に咲く.

シシガシラって,ツバキというよりサザンカと思っているので,秋咲きのツバキがとっくに開花している

ツバキ 雪灯籠,2016年10月15日
ツバキ 雪灯籠,2016年10月15日

のに遅いなと思ったけれど,シシガシラは正式な名前?が寒椿なので,妥当な時期の開花か.

昨夜自宅に入ったとき玄関に飾ってあった切り花

玄関に飾ってあった切り花
玄関に飾ってあった切り花

お葬式の匂いがしたので,「玄関の花どうしたの」と妻に聞いたら,聖書の勉強会で教会にいったとき,お葬式の花が余っていたので,もらってきたとか.

百合の花の香りと思うのだけれど,百合の花ってお葬式の匂いがするんだ.

でも,百合の花は清純の象徴なので,結婚式でもよく見るけれど,そのときはお葬式の匂いはしないのだけれど...<br><br>玄関あがり框のところにはホームセンターの袋に入ったパンジーの苗.

「去年パンジー買い損ねて,今年は買って来たので,植えて下さい」とか

昨年大晦日に自分で買った八重咲きパンジーは,余っていた底面吸水プランターに植えつけた.

八重咲きパンジー フェアリーワルツ,2016年3月19日
八重咲きパンジー フェアリーワルツ,2016年3月19日

今年はチューリップいろいろ買ってプランター使っているので,適当なプランターがなくて,地植えにしようかと思ったけれど,せっかくの花が見えにくい低い位置で咲かすのは残念だし,どうしようかと思っていたけれど,ウィリアムシェークスピア2000のポットの脇に仮置きしたら良い感じ.

パンジー クリアブルー/ クリアイエロー,2016年11月19日
パンジー クリアブルー/ クリアイエロー,2016年11月19日

底面吸水鉢でウォータースペース不要なので,薔薇の土買って来て施肥かねて脇まで土をもって植えて,春になったら掘り返すことに.

はっきりした色の好きなひとなので,買って来たのもビビッドなブルーとイエローの花.

パンジー クリアブルー,2016年11月19日
パンジー クリアブルー,2016年11月19日
パンジー クリアイエロー,2016年11月19日
パンジー クリアイエロー,2016年11月19日

初なりのブルーベリーとアサガオの予想外の開花

6月末はうちの3男?のわんこさんの9歳と2男の20歳の誕生日が重なるので,いつものように,おくさんの友達がしている農家のケーキ屋さんガーデン・スタッフでケーキとババロアを注文.

この季節はこどもの好きな苺がないので,冷凍苺のソース使うババロアは別として,ショートケーキはメロンにしたけれど,農家のケーキ屋さんの庭の初なりというブルーベリーとミントのコントラストが美しい.

農家のケーキ屋さんガーデン・スタッフのメロンショートケーキ
農家のケーキ屋さんガーデン・スタッフのメロンショートケーキ

こどもが小学校のころはYMCAの学童保育で,毎日野菜作りしていて,トマトとかブルーベリー買って家でも育てていて,入漁証購入して清流で鮎釣りしていた自然派だったけれど,20歳になった今は車がもっぱら最大の関心事みたい.

去年の庭の大改造で,私としては,庭の東南角のコーナでプランター置いて野菜を育てようかと思ったけれど,花も満足に手入れできない自分なので野菜は絶対に育てられないし,野菜に関しては i-COOP で満足のいくものが手に入るので結局野菜つくりはやめました.

植え場所決まらず,底面吸水鉢で育てていた,例のマニア垂涎のキキョウ2苗セットは今回の作業の合間に地植えした

地植えにした絞り咲きアポイキキョウ,20160626
地植えにした絞り咲きアポイキキョウ,20160626

けれど,蕾のもう1苗は

地植えにした絞り咲きアポイキキョウ,20160626
地植えにした絞り咲きアポイキキョウ,20160626

絞り咲きになるみたい(ほんとうは絞り花でなくてカタログのように斑入り花で咲いて欲しいんだけれど).

ところで,キキョウ植えた場所と向き合う南側の腰高窓に緑のカーテンとして植えている西洋アサガオ・アーリー・ヘブンリーブルー(「天上の蒼」という名前になるみたい)のポットみたら,もう花が咲いていました.

西洋アサガオ 天上の蒼,20160627
西洋アサガオ 天上の蒼,20160627

ヘブンリーブルーは,リルケが「夏の日は真に偉大でした」と有名な詩『秋の日』に謳った真夏にどんどん成長して5mの高さになり,その後秋になって涼しくなって花をつけるのだけれど,暑くなる前の涼しい期間は今回のように花をつけるみたい.

薔薇の開花とカーネーション

キモッコウバラ未開花の今年最初に咲いた薔薇は,予想どおりインターナショナルヘラルドトリビューン.

F. インターナショナルヘラルドトリビューン
F. インターナショナルヘラルドトリビューン

去年までは,後ろに見えるカーポートから玄関につながるアプローチにはアーチがあって,アーチにはピンクのシンデレラを植えていて,アプローチ脇の花壇のウィリアムシェークスピア2000のクリムゾンレッドと,クレマチス アラベラとパールダズールのブルーと合わせて自分的にはトリコロールの配色の素敵なアプローチ<

ER ウィリアムシェークスピア2000,S. シンデレラ,C. パールダズール,C. アラベラ,2013年6月24日
ER ウィリアムシェークスピア2000,S. シンデレラ,C. パールダズール,C. アラベラ,2013年6月24日

と思って満足していたけれど, 特に気に入っていたシンデレラのシュートの棘が家族には不評で,去年の庭の大改造で,シンデレラをアーチごと堤防側につくった勝手口に移し,ウィリアムシェークスピア2000をポット植えにして,それを囲む形で,棘がなく美しいフロリバンダのインターナショナルヘラルドトリビューンを2本買い増して4本植えにしていた.

ここまでの開花は予想とおりだったけれど,明日開花と思っていたラプソディーインブルーは本日2つ開花したけれど昨日写真撮らなかった方は

S. ラプソディーインブルー
S. ラプソディーインブルー

肥料不足からか不完全花.ラプソディーインブルーは我が家では北側道路のカーポートの両脇に狛犬のように2本植えているけれど,直射日光は朝陽が少しあたるだけの半日陰で花色が冴え,ヴァイオレットの底白花にゴールドの蘂と美しい緑葉で,個人的にはウィリアムシェークスピア2000のオールドローズ香の方が好きだけれど,スパイス香があり,我が家の看板ローズなんだけれど今後に期待.この薔薇は暑さに弱いので夏の間は花は休みへたすると葉を落とすけれど.

カーポート脇の北側日陰の花壇では,我が家で最も遅咲きの西洋シャクナゲ アンジェリカも開花し,

西洋シャクナゲ アンジェリカ,2016年5月7日
西洋シャクナゲ アンジェリカ,2016年5月7日

クレマチス フレッダはすべての花が開いた.

C. フレッダ
C. フレッダ

うちの庭でないけれど,道路はさんだお向かいさんのヒラドツツジの混色の生け垣も美しく咲き進み

お向かいさんのヒラドツツジ
お向かいさんのヒラドツツジ

得した気分.

冬の間楽しませてくれたパンジーのプランターは北側の玄関に持ってきて,昨日花柄摘みしたけれど,まだしばらく楽しめそう.

八重咲きパンジー フェアリーワルツ
八重咲きパンジー フェアリーワルツ

毎年植えているサフィニア 中輪ライトブルーは今年ホームセンターで見当たらず,販売やめたのかもで代わりになるペチュニアが見当たらず今年はペチュニアはなしで来年から別の品種探さなくてはならないかも.

玄関脇で美しい花と香りを楽しませくれたライラック

ライラック
ライラック

はそろそろおしまいだけれど,ライラック大好きなので,南側の花壇にもライラックがあって,こちらは小さい苗だからか,北側の玄関脇のライラックに遅れてようやく開花が始まっている.

ライラック ブライトセントニアル
ライラック ブライトセントニアル

(実は今年,子供のころから憧れていて,購入したけれど隣地の桜の伐採で押しつぶされて,弁償品植えてもらったけれど枯れたセンセーションの代わりに覆輪の新品種買い,植え場所作って植えました)


午前中庭仕事していたら生け花が届き,下のこどもからの母の日のカーネーションでした.

ポットカーネーション クレア,2016年5月7日
ポットカーネーション クレア,2016年5月7日

独立して社会人になっている上の子は母の日の前に妻の好きなカラフルな花柄のバッグの候補あげて選んでもらって連休に帰省したときに持ってきたけれど,大学生になった下の子が母の日にカーネーション送るというのはサプライズだったけれど,聞いたら,花屋でバイトしている先輩が30個売るノルマがあるので協力したとか.

クリスマスローズをめぐる思い

おととい玄関の前を通ったら,なんだかイイ香り。

ジンチョウゲが咲き始めていました。

ジンチョウゲ 前島
ジンチョウゲ 前島

ほんの少しだけの開花なのに玄関まわりが素晴らしい香りで包まれている。

(自慢の斑入り葉が汚れているのは,これまで何度も移植して,しかもきちんと管理しない私が悪いから)


人混みが苦手なのでふだんは滅多に立ち寄らないけれど,送別会に出るために,たまたま通りかかった去年駅前に新しく出来た巨大ショッピングモール。

歩道の植栽の落葉樹株立ちの株元にクリスマスローズがたくさん植わっていて,実は去年もこの時期に同じように送別会で通りかかって,わが家のシンボルツリーのヤマボウシ株立ちの周り

ヤマボウシ,フッキソウ,フクジュソウ,2016年3月19日
ヤマボウシ,フッキソウ,フクジュソウ,2016年3月19日

にもクリスマスローズ植えようと,イギリスのハイノキ(Ashwood)ナーセリーのシングル プラムピンク買って植えたのだけれど,去年はなかったと思うけれど,クリスマスローズの下草の中に,ジンチョウゲが1本だけ針葉樹のようにまっすぐ仕立てられて,幹の回りにくっつくように花がついていたけれど,ジンチョウゲのそんな仕立て方があるのかしら。<br><br>うちの庭のジンチョウゲは,実家のそばのマンションの植栽で,玄関わきのシンボルツリーのクスノキと道路沿いのライラックの2本寄せ植えの並木?の株元に,根締め的にジンチョウゲとサツキが植わっていたの見て,玄関周りに香りのある花木ってイイかも,と思って真似っこしたのだけれど。<br><br>ジンチョウゲにこんな仕立て方あるのか,それともそういう品種なのか,後で確認するために写真撮りたかったけれど,人通りが多くて恥ずかしかったので去年と同じように写真撮らなかった。<br></font><br><font size=”3″>うちの庭では,その去年買ったクリスマスローズ シングル プラムピンクも開花。

クリスマスローズS. アシュード・プラムピンク
クリスマスローズS. アシュード・プラムピンク

この品種は,以前植えていて枯らしてしまったサクラピンクのシングル花

クリスマスローズS. サクラピンク.2011年3月12日
クリスマスローズS. サクラピンク.2011年3月12日

の替わりということで,ピンク花のクリスマスローズを種苗店のカタログで見て探して,バイカラーのアシュード S プラムピンクを購入することにしたのだけれど,種苗店ではすでに売り切れていて,ネットで探し回ってなんとか見つけて購入して,去年の3月にわが家のシンボルツリーのヤマボウシ株立ちの周りに植えつけた。

数年前にクリスマスローズローズの価格が暴落して,去年買ったときはブランド(アシュード)のクリスマスローズなのに1600円で,しかも2苗組だったけれど,1苗は夏に枯れて,その後庭の大改造(旧庭ブロ記事)で,一時避難的に鉢植えにして玄関わきに水切れで枯れるかもと思ったけれど放置していた。


2012年に種苗店から2苗組で購入して,当時は玄関脇のヤブツバキの周りに植えていたダブル ライムイエロー

クリスマスローズ D. ライムイエロー 2015年3月30日
クリスマスローズ D. ライムイエロー 2015年3月30日

も,去年同じように鉢植えにして避難させたのだけれど,水切れで枯れたかと思ったけれど,小さくなったけれど2苗とも今年もなんとか開花。

クリスマスローズ D. ライムイエロー 2015年3月30日
クリスマスローズ D. ライムイエロー 2015年3月30日

庭の大改造で,玄関脇の木がヤブツバキからライラックに替わったこともあり,植え場所も未定のまま,しばらくこのままで鉢植えで植え場所検討することに。


玄関わきの,ツバキ羽衣の前では,ダブル フローレンスピコティーも開花。

クリスマスローズ D. フローレンスピコティー
クリスマスローズ D. フローレンスピコティー

枯らしてしまったけれど,2011年大晦日に年末セールにパンジー探しにガーデンセンターに行ったら,シングル ピコティーのクリスマスローズがあって,その美しさ

クリスマスローズ S. ピコティー.2012年1月1日
クリスマスローズ S. ピコティー.2012年1月1日

にひと目ぼれして買ったのだけれど,私は”花についてだけ”(^^;)浮気者なので,シングルのピコティーもいいけれど,ダブルのピコティーも欲しいと思っていろいろ探したのだけれど,翌々年開花の小さな苗でも,当時は7800円もしていて,とても買えないと思っていたのだけれど,その翌年に種苗店のカタログ見ていたら,クリスマスローズのメリクロン苗の価格が暴落していて1680円で売っていたので購入して2012年春に植えつけたものだけれど,初めて開花したの見たら,

クリスマスローズ D. フローレンスピコティー.2014年4月11日
クリスマスローズ D. フローレンスピコティー.2014年4月11日

花が想像していたよりずっと小さくて,しかも純白でなくて薄緑色で,ダブルだからシングルより美しい,ということもなくて,なんだか1年越しの恋が実ったかと思ったら急に冷めてしまった感じで,シュトルムの小説「みずうみ」で,主人公がタイトルの湖にある,遠くに見える睡蓮の花を,月夜に泳いでいって間近で見たら気持ちが冷めてしまったエピソード(間違っているかも知れないけれど)を思い出した。


玄関の袖壁前には,わが家で初のブランドのクリスマスローズ,アシュード エレガンス ダブル パールピンクが植わっていて,これは種苗店のカタログで見て,2009年12月に購入して植え付けたもので,大苗に成長し,毎年たくさんの花をつけていた。

2013年春に,震災のボランティア活動をしていたおくさんから,わが家の向かいの被災者住宅に住まわれていた双葉町のかたから,自分の家のクリスマスローズは除染作業で処分されてなくなって,うちで咲いているクリスマスローズを見て,もう一度買いたいので,どこで買ったか教えて欲しいと聞かれて,大きくなりすぎていたうちのを株分けして,もらってもらった。

その後,小さくなったまま

クリスマスローズ D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2015年3月30日 2015年3月30日
クリスマスローズ D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2015年3月30日
2015年3月30日

だけれど,今年も開花。

クリスマスローズ D. アシュード・エレガンス・パールピンク
クリスマスローズ D. アシュード・エレガンス・パールピンク

玄関から庭にまわると,チューリップ クリスマスパールも開花。

チューリップ クリスマスパール
チューリップ クリスマスパール

チューリップは大好きな花で,(通年管理できないので)毎年新しく買って植えているけれど,去年は初めて冷蔵チューリップ(グレイとクリスマスパール)を購入して,12月12日に一つのプランターに2品種を互い違いに植え付けた。

冷蔵チューリップって,ただ植えれば早く花が咲くのかと思って,届いた球根放置していて,しばらくして説明書呼んだら,「届いたらすぐに植えないと花が咲かないかもよ」とか,「始めは日陰,芽が出たら陽あたりのよい場所,蕾がついたら室内に取り込め」とか,めんどうな事がいろいろ書いてあって,そんなこまめな管理などとてもできないので諦めて,わが家でいちばん陽あたりの良いウッドデッキの上で,生育に大量の水が必用なチューリップ(日本アルプスの豊富な雪解け水のある富山県砺波が日本有数の産地)なので,底面吸水鉢に植えて放置していた。

花がつかないかと思ったけれど,冷蔵でないチューリップよりは1月くらい早く開花して良かった。グレイの方は花はまだまだのかんじ。

隣では,冬の間咲き続けていた八重咲きパンジーのヴァイオレット花の花数がぐっと増えている。

八重咲きパンジー フェアリーワルツ
八重咲きパンジー フェアリーワルツ

けれど,オレンジ花の方は不調なかんじ。


そうして,庭ではウメが開花していました。

ウメ, 2016年3月18日
ウメ, 2016年3月18日
ウメ, 2016年3月18日
ウメ, 2016年3月18日

いつもはウメの花がまず咲いてから他の花が咲くイメージがあるのだけれど,今年はほかの花が早いような感じ.