カテゴリー別アーカイブ: クリスマスローズ

シェードガーデンで咲く花

例年と違って今シーズンの椿の最後を飾った春咲き椿は春曙紅だったけれど,今朝椿を並べて植えている北側道路のフェンス裏のシェードガーデンの通路を歩いてたら,新たに二つ春曙紅の花が咲き始めていました。

ツバキ・春曙紅,2021/05/09
ツバキ・春曙紅,2021/05/09

ここは,一日中ほぼ陽の射すことのない日陰なので,開花するのが遅いこともあるけれど,新しい葉と一緒に開花始めた蕾が抜群に美しい。

このシェードガーデンでは,もう一つ花が開花していましたが,こちらの花は椿と違ってお日様大好きな陽樹なので日陰が災いして花付きが悪いけれど,花色と葉色のコントラストは春曙紅に負けないくらい美しい。

トキワマンサク,2021/05/09
紅花トキワマンサク,2021/05/09

株元では,春咲きクリスマスローズの最後の花が,こちらも新しい葉の緑のコントラストに映えて美しい。

クリスマスローズ・アシュードプラムピンク,2021/05/09
クリスマスローズ・アシュードプラムピンク,2021/05/09

今日は咲かなかった木蓮

今朝椿の株元で咲いている花見ていて,なんで,蟻が花に上がってくるのだろう,蜜のため?と思って,ふと隣に植えていたクリスマスローズ見たら開花していました。

クリスマスローズ D. ライムイエロー,2021/04/04
クリスマスローズ D. ライムイエロー,2021/04/04

藪椿の株元から実生で生えてきていたクリスマスローズにも白い花がついていました。

実生で自然に芽吹いてきたクリスマスローズ,2021/04/04
実生で自然に芽吹いてきたクリスマスローズ,2021/04/04

このクリスマスローズずっと前から藪椿の株元にあって,根鉢に絡んでいるので分離できず,何年か前に椿と一緒にこの場所に移動させたのだけれど開花したの見たのは今年が初めて。

今日咲くと思った赤紫の木蓮は雨が降って寒かったからか咲きませんでした。

木蓮・クレオパトラ,2021/04/04
木蓮・クレオパトラ,2021/04/04

今年も春の妖精が咲きました

学生のころ,山の上の大学にいつもはバイクで行くのだけれど,ある晴れた春の日,どういう気分だったのか道路脇の山道歩いて登って行ったときに道端に咲いていて美しさに感動した片栗。

2012年7月に種苗店のカタログ見ていたら,日本固有種の片栗の球根売っていたので15球注文して10月に植えて2013年は芽吹いたはずだけれど気付かず,2014年に2球だけ芽吹いていたのが初開花したけれど,その後消滅して,文字通り「春の儚きもの」で自宅の庭で育てるの諦めました。

ところが,2018年春に突然,植えてもいないクレマチスのミニ・オベリスクで復活して開花し(アリが実を巣に運び種を捨てて,そこから発芽するとか),その後毎年咲き続け今年も同じ場所で開花しました。

カタクリ,2021/04/03
カタクリ,2021/04/03

梅の開花と川秋沙

梅の花が咲いています。

ウメ,2021/03/27
ウメ,2021/03/27

四十雀が恋の歌うたっているなかで,カメラを持って川原に行きました。

軽鴨しかいない

カルガモ,2021/03/27
カルガモ,2021/03/27,広瀬川

と思ったけれど,川下に少し行ったら,予想していたとおり川秋沙がいましたが,すぐに離れていきました。

カワアイサ,2021/03/27
カワアイサ,2021/03/27,広瀬川

もう一羽いると思ったら,ロンゲのポニテで,このあたりで初めて見る金黒羽白でした。

キンクロハジロとカワアイサ,2021/03/27
キンクロハジロとカワアイサ,2021/03/27,広瀬川

金黒羽白はつがいでした。岩の上で真鴨のつがいが陽向ぼっこしていました。

(広瀬川で暮らす生き物の一年のアーカイブはこちらです)


夕方カーポートで車の掃除していて,スプレーのキャップ車の下に落としたので車の前にとりに行ったら,道路を歩いてきたゴールデンの健太くんと目が合って,健太くんが飼い主引っ張ってぐんぐん寄ってきたので,しゃがんでソーシャルディスタンス無視してハグハグしました。健太くんも飼い主に「良かったね」と言ってもらってました。