カテゴリー別アーカイブ: クリスマスローズ

10年目の椿とクリスマスローズ

どんなに生垣薄く剪定してもフェンスに比べれば厚さがあるので,引退してもらったレッドロビンには申し訳ないが,狭い北側の生垣裏の通路を有効活用して,椿とクリスマスローズのシェードガーデンにできて良かった.

アルミフェンス裏のシェードガーデン
アルミフェンス裏のシェードガーデン,2019年2月23日

椿は薔薇と違って,どちらかというと半日陰~日陰が良いので,今ひとつバランスの悪い薔薇と一緒に東側の花壇に放置していた椿も移植できた.

そんな椿ガーデンの春咲き椿のトップをきって桃太郎が開花.

ツバキ桃太郎
ツバキ桃太郎

北側通路裏より陽あたりの良い西側玄関前の花壇では3月末にわが家のシンボルの春咲き椿が開花しているけれど,今年は花弁にシミがはいって花色も薄くて不作.

ツバキ羽衣
ツバキ羽衣

羽衣は桃太郎と花の雰囲気が良く似ているけれど,花色が白に近い淡いピンクで上品なのと,花型が八重の桃太郎に対して蓮華咲きでさらに美しい.

祖父の庭から引き継いだ木が唯一残っている四季咲き(秋咲き)椿で,今年は開花が遅れた菊冬至も花付きが抜群に良いけれど

ツバキ菊冬至
ツバキ菊冬至

大丈夫かな(椿が花付き良くなるの枯れる前兆の場合があるので).

同じように四季咲き椿で11月から開花している太神楽はまだ,花がたくさん.

ツバキ太神楽
ツバキ太神楽

その先で赤い椿の花が咲き始めていて

ツバキ久賀一号
ツバキ久賀一号

ラベルはなかったけれど,花を一目見て,10年前に出先きのホームセンターで売っていた挿し木苗購入して,自宅の庭に持ち帰り植えつけたけれど,10年間一度も開花していなかった久賀一号だと,買った時についていた花のカラー写真つきラベルの印象が鮮明だったので分かりました.

名前は分かっていた(どういう訳か,久賀二号と覚えていて,昔からエクセルでつけている園芸日誌見て,久賀一号が正しい名前と分かった)けれど,どんな椿か調べたこともなかったので,調べてみたら,ツバキ・サザンカ名鑑に載っていなくてよく分からないのだけれど,久賀白というのは載っていて,椿で有名な五島列島(椿の産地は,新潟,江戸,愛知,肥後とかいろいろあるけれど,東の大島,西の五島列島と言われるそう)の久賀島の椿だからついた名前のよう.

ここのシェードガーデンは椿の根締めにクリスマスローズも一部株分けして移植していたけれど,ツバキと違って全体的に日照量が不足していて不調で,唯一朝陽が少しあたる東側端に鉢植えで放置していた,10年くらい前にクリスマスローズ買い始めたころ春先ホームセンターで処分されていた開花まで2~3年のシングル小苗買ったカシスレッドのみが順調に開花していました.

クリスマスローズ カシスレッド
クリスマスローズ カシスレッド

今年はようやくクリスマスローズが開花

例年なら年内に開花しているはずの原種系クリスマスローズ.

今年はようやく開花.

原種系クリスマスローズ HGCパウロ,2018年3月25日
原種系クリスマスローズ HGCパウロ,2018年3月25日

ハイブリッドはシングルが開花を始め,

クリスマスローズ S. カシスレッド,2018年3月25日
クリスマスローズ S. カシスレッド,2018年3月25日

一昨年買ったの去年開花しなくて買ったの忘れて,去年また買ったマイブームのアネモネ咲きのグリーンの花が開花していました.

クリスマスローズ SD. チェリーシフォン,2018年3月25日
クリスマスローズ SD. チェリーシフォン,2018年3月25日

スノードロップとクリスマスローズ

今年は寒いわりに雪は少ない感じで,ようやくスノードロップに2個目の花芽.

スノードロップ エルウィシー,2018年1月20日
スノードロップ エルウィシー2個目の花(手前),2018年1月20日

原種系クリスマスローズも花芽はあるけれど,開花するまでもうしばらく時間がかかりそう.

クリスマスローズ HGCパウロ,2018年1月20日
クリスマスローズ HGCパウロ,2018年1月20日

春を待つ庭

賑やかだったお正月休みも終わって,ふたたび庭は静けさを取り戻し.

2018年1月7日
2018年1月7日お正月

薔薇の冬剪定,以前は切り方分からず,古葉ごと強剪定して大苗状態に切り戻していたけれど,最近は学習して少し切り方分かってきた感じ.

昨日から気温が少し上がって,雪でなくて雨だったりして,お正月休み最後の庭仕事はクリスマスローズの古葉とりと施肥.

ウメの株元のクリスマスローズ,2018年1月7日
ウメの株元のクリスマスローズ,2018年1月7日

去年春から放置していた原種系のクリスマスローズ,例年なら年内に開花しているはずだけれど,今年はようやく蕾があった.

玄関のスノードロップも開花している一苗と芽吹いている一苗だけだけれど,シシガシラはたくさん花芽をつけている.

スノードリップとシシガシラ,2018年1月7日
スノードロップとシシガシラ,2018年1月7日

 

新しく買ったクリスマスローズと寒椿の開花

薔薇に寄せ植えするパンジー

パンジー ビーコン
パンジー ビーコン
パンジー よく咲くスミレ
パンジー よく咲くスミレ

ホームセンターで買ったついでに,ネットでクリスマスローズも購入.

アシュードの白系クリスマスローズとグリーンとブラックのクリスマスローズ
アシュードの白系クリスマスローズとグリーンとブラックのクリスマスローズ

パンジーの苗は安い(73円と213円)けれどパンジーはうちの庭では1年草で夏を越せないけれど,クリスマスローズは今年失敗したのもあるけれど普通は夏を越せるし,大株になっていけば株分けできるし,零れ種で勝手に新品種?が芽吹いてくるのに,品種にこだわらなければ最近は高いパンジーと変わらないお値段で売っているのでお買い得感がたっぷり.

雨続きの今年の夏,北側の花壇の地植えのクリスマスローズ全滅して,育て方読んだら,クリスマスローズは乾燥に強いが多湿には弱い,とあるので今後は鉢植えで管理することにして鉢増ししてウメの木の株元に置きました.

新しく買ったクリスマスローズ
新しく買ったクリスマスローズ(左4鉢)とフローレンスピコティー

ウメの木庭から眺めていたら,

ウメの木とその咲きのお隣の堤防側で咲く立ち寒椿
ウメの木とその先のお隣の堤防側で咲く立ち寒椿

ウメの木の先のわが家の東側のお隣のお家で,立ち寒椿が咲いていました.

立ち寒椿
立ち寒椿(右隣はシュロチク)
立ち寒椿
立ち寒椿

もしかして,と思ってうちの庭の玄関側の北側道路沿いに植えているシシガシラ(獅子頭,這い寒椿)見に行ったら,今年はようやく開花が始まっていました.

シシガシラ
シシガシラ

寒椿は,山茶花と椿の中間的な品種で,開花時期もその中間(山茶花が晩秋~初冬,椿はその字のとおり春つまり立春)の寒に入るころ咲く椿という名前だけれど,実際はもっと早く11月から咲き始めるのだけれど今年は例年より開花が遅いようだ.

枯れたクリスマスローズとムスカリの芽吹き

雨が続いた今年のお盆休み.

北側の花壇ではクリスマスローズ

ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチドロップ,2017年4月30日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチドロップ,2017年4月30日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・プラムピンク,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・プラムピンク,2017年4月15日

が腐って全滅.

ムスカリ

ムスカリ ブリンブリン,2017年4月30日
ムスカリ ブリンブリン,2017年4月30日

が芽吹いてきました.

枯れたクリスマスローズと芽吹いてきたムスカリ,2017年8月20日
枯れたクリスマスローズと芽吹いてきたムスカリ,2017年8月20日

ゴールデンウィークのクリスマスローズ

2週間前に終わり始めていた玄関袖壁前のクリスマスローズ.

ヘレボラス h. ,D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年4月15日

家に戻ったらすっかりグリーンになっていたけれど,Like.

ヘレボラス h. ,D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年4月30日
ヘレボラス h. ,D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年4月30日

切り花にしていたのは,

湯あげしたクリスマスローズ
切り花にしたクリスマスローズ,2017年4月16日

茎が短くて水に浸かっていなくて枯れていたイエローのダブル以外は,ほとんど変わらない感じ.

切り花にしたクリスマスローズ,2017年4月30日
切り花にしたクリスマスローズ,2017年4月30日

ということで,来年からはクリスマスローズ,道行く人のために残すの別にして積極的に切り花にして家の中に取り込んで愛でることに.

妻が生協で買ってきた切り花(菊とカスミ草と名前聞いたけれどカタカナの名前で忘れた)と並べてみたけれど,

玄関の切り花,2017年4月30日
玄関の切り花,2017年4月30日

なんとなくクリスマスローズを他の花とアレンジするの難しそうな感じ.

問題はクリスマスローズの夏の間の管理のしかたで,上の写真のように北側道路沿いに植えているのは,毎年なんとか夏越ししてきているのだけれど,山法師の株元に地植えしていたのは,去年植えていたアシュード・ピーチドロップ

ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチドロップ,2017年4月30日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチドロップ,2017年4月30日

は2苗とも夏越しできたけれど,それ以前は毎年半数夏に消滅していて,去年防草シート施工して,これ以上クリスマスローズ地植えする場所もない感じ.

ヤマボウシの株元,2017年4月30日
ヤマボウシ(株元)/ フクジュソウ/ フッキソウ/ アシュードピーチドロップ(両脇),2017年4月30日

わが家のもうひとつの落葉樹の梅の株元には,去年夏はポット植えのクリスマスローズを並べて管理していたけれど,いつまでもポット植えしていくわけにもいかないので,庭を掘ったらいくらでも出てくる大きな石を並べて

ウメの株元,2017年5月4日
ウメ(株元)/ クリスマスローズ/ 原種シクラメン・コーム,2017年5月4日

ロックガーデン式に地植えできないかなと検討中.

イースターにレンテンローズを切り花に

今年4月16日は復活祭(イースター).その前日土曜日夜,妻は徹夜ミサという名の夜のミサに教会へ.

復活祭の40日前の灰の水曜日からこの夜までが受難節(レント)で,クリスマスに咲く原種系

ヘレボラスニゲル・HGCパウロ
ヘレボラスニゲル・HGCパウロ,2017年1月21日

を除いて,ふつうクリスマスローズはレントの期間に咲くので,海外ではレンテンローズと呼ばれていて,2週間ぶりに戻った庭では,花が咲き進んでいた.

ヘレボラス h. ,D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチ・ドロップ,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・プラムピンク,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチ・ドロップ,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,S. アシュード・ピーチ・ドロップ,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,D. フローレンス・ピコティー,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,D. フローレンス・ピコティー,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,D. ライムイエロー/S. カシスレッド,2017年4月15日
ヘレボラス h. ,D. ライムイエロー/S. カシスレッド,2017年4月15日

日曜日,妻が病気で入院していて退院した花の好きな友人にお見舞いに行くので,庭で咲いているチューリップの花

原種系チューリップ ヘレナ,2017年4月15日
原種系チューリップ ヘレナ,2017年4月15日

切って持っていって良いか聞いたので,チューリップでも良いけれど,チューリップはすぐに散ってしまうので,クリスマスローズにしたらと,カットして,湯あげして,たくさんあるビール瓶に挿した一つを

湯あげしたクリスマスローズ
湯あげしたクリスマスローズ

車のドリンクホルダーに入れて持っていってもらった.

クリスマスローズ,地面の低いところで俯きに咲いて,なかなかお花が見られないけれど,切り花にしたら花もよく見られて,いつも愛でることが出来る.

これから花が咲いたらどんどん切り花にして家の中で鑑賞しましょう.

湯あげしたクリスマスローズ
湯あげしたクリスマスローズ

持っていったクリスマスローズ,その友人の家でもクリスマスローズ育てていたけれど,花がつかなかったということで,とても喜んでもらえたということでした.

 

クリスマスローズの開花と植え付け8年後に花を見た椿

今年は例年になくハイペースで開花しているクリスマスローズ.

クリスマスローズはパンジーと同じで香りがないのが残念だけれど,玄関前の北側道路沿いに植えているのは,今年2年目のピーチドロップを除いてまだまだ蕾があり,花持ちが良いクリスマスローズなので,もうしばらく楽しめるはず.

クリスマスローズ D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年3月30日
クリスマスローズ D. アシュード・エレガンス・パールピンク,2017年3月30日
クリスマスローズ S. アシュード・プラムピンク,2017年3月30日
クリスマスローズ S. アシュード・プラムピンク,2017年3月30日
クリスマスローズ S. アシュード・ピーチドロップ,2017年3月30日
クリスマスローズ S. アシュード・ピーチドロップ,2017年3月30日

アシュードのクリスマスローズって,イングリッシュローズのような特別感があるような気がするけれど,ミヨシが販売しているメリクロン苗が安価で入手できる以外入手できないので海外サイトで指くわえて見ているだけだけれど,アシュードにこだわらなければ,国内の方がいろんなクリスマスローズ安価に集められるかも.

これ以上クリスマスローズ買うつもり無かったけれど,今年持ってなかったアネモネ咲きの1株購入した.


北側道路の生け垣裏の日陰.

植え場所なくなった椿植えているけれど,今日みたら,見なれない赤絞りの椿が開花始めていた.

ツバキ五ツ島,2017年3月31日
ツバキ五ツ島,2017年3月31日

最初,いくつか持っているはずの古典椿 「沖の浪」かと思ったけれど,「沖の浪」はピンク地のはずで,以前開花した花の写真とも全く違うので,昔からエクセルでつけている栽培記録を探したら,開花の記録はないけれど,2009年5月25日にホームセンターで398円で購入した「五ツ島」のよう.

「五ツ島」は,どの椿図鑑にものっていなくて,新しい椿のようでもあるけれど,なかなかノーブルな感じの花だけれど,開花の記録がないということは,購入以来8年間一度も開花していない,ということはないだろうけれど,始めて開花を見たということか.

梅の香りと沈丁花の香り

今日堤防をわんこさんと散歩していたら鶯の初啼き.まだぎこちない啼き方だった.

今年の鶯初鳴き日調べると,3月10日になっていて平年並みだけれど,毎年自分で聞くのと発表されるのでずいぶん差があるけれど,市内のどこで観測しているのだろう.

庭の梅の木は少しずつ咲き進んでいる

ウメ,2017年3月30日
ウメ,2017年3月30日

けれど,鶯と違って,去年より1週間以上開花が遅かった.

梅は桜と違って,花一輪でも存在感十分だけれど,それだけでなく,なんといっても香りが素晴らしい.

ウメ,2017年3月30日
ウメ,2017年3月30日

ただ,この花らしく,ほんの微かに香るので,満開にでもならない限り,離れていては全く分からないので,枝をたぐりよせて花に鼻を近づけて嗅いでみることになるのだけれど,オールドローズ(ダマスク),ティー,スパイス,ムスクといった,うちにあってよく知っている薔薇の香りとも違うし,沈丁花,スイトピーや最近知ったヒヤシンスの香りとも違う,甘くなくてとてもノーブルな香り.

せっかくなんで,毎年思っていて出来ないままでいる,この際梅の枝剪定して活け花にして,部屋に飾ってみれば香り嗅ぎ放題で良いのだけれど.


庭でいま香っているのは,沈丁花の花.

例年だと沈丁花の花は開花始まっているけれど,今年は梅と同じで開花が遅れているけれど,今年始めに,わんこさんの玄関スロープ作って,飛び降り防止用に買い増した3本の株元だけに花があって,

ジンチョウゲ前島,2017年3月30日
ジンチョウゲ前島,2017年3月30日

開花している.

ジンチョウゲ前島,2017年3月30日
ジンチョウゲ前島,2017年3月30日

沈丁花は梔子,金木犀と並ぶ3大香木のひとつで,5 m離れていても香るという条件の「最も強香」のグループに属しているけれど,5 mどころでなく,去年,南側のデッキで冷蔵チューリップの花が咲いて,「最近のチューリップって香りもあるんだ」と感心していて,香りをよく考えたら,家の角曲がって10 m近く離れた西側玄関の沈丁花の花の香りだった,という位の強香なのだけれど,とても素敵な香り(トイレの香りという人もいるけれど).