カテゴリー別アーカイブ: 球根

パット・オースチンとイキシアとダブルのスノードロップ

150年に一度の大降雨だと,堤防超えて浸水する恐れのある庭ではあるけれど,かさ上げされた堤防(下の画像のコンクリートの護岸より上の部分)のおかげか,垂直避難していたけれど被害もなく,台風一過

広瀬川,2019年10月13日
広瀬川,2019年10月13日

増水して濁っている川と流木以外はいつもの川の姿に.被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます.

パット・オースチンが返り咲きました.

ER パットオースチン,C(Tx) プリンセスダイアナ,2019年10月14日
ER パットオースチン,C(Tx) プリンセスダイアナ,2019年10月14日

最近一番好きな元気の出る色.


午後,小雨降っていたけれど,蓮華升麻の鉢植えの一つを地植えしている2苗の中央に定植し,届いていた球根イキシア,ヴィリディフローラ5球とダブルのスノードロップ,ヒッポリュテ2球を植えつけました.

ヴィリディフローラは何年か前から欲しいと思っていた青花で,いつの間にか注文していて届いて,ヒッポリュテは一重のスノードロップ エルウィシー花壇に列植するためにたくさん買ったときに,ダブルの花も欲しいと思って2球買って植えつけたけれど,1球しか芽吹かず,芽吹いたのも花をつけることなく翌年は芽吹かず,ダブルのスノードロップ育てるの諦めたけれど,今年また入手することができて,今度は花が見られますように.

マダム・ピエール・オジェとブルー・ムーン・ストーン

今年のお盆休みの庭仕事は草抜きがメインだけれど,

「毎年開花が待ち焦がれる」と購入したナーセリーのブログに書かれていて,最初に買ったオールドローズ

B. マダム・ピエール・オジェ,2019年6月3日
B. マダム・ピエール・オジェ,2019年6月3日

鉢上げして,わが家で最新の四季咲き薔薇ブルー・ムーン・ストーンをもともと植えようとしていた玄関アプローチ正面奥に置いていたの,ブルー・ムーン・ストーンがあまりに美しい

S. ブルームーンストーン,2019年5月27日
S. ブルームーンストーン,2019年5月27日

ので鉢植えに戻して,玄関側の庭に置いて愛でていて,さすがにこの時期の花は暑さと雨で精彩がないけれど,それなりに三番花が咲いて

S. ブルームーンストーン,2019年8月16日
S. ブルームーンストーン,2019年8月16日

次の花が咲いて花芽が上がってきているので

S. ブルームーンストーン,2019年8月23日
S. ブルームーンストーン,2019年8月23日

もとの玄関アプローチ正面の場所に戻し

もとの植え場所に戻したS. ブルームーンストーン(右の赤い鉢,左の赤い鉢は挿し木したラプソディーインブルー),2019年8月23日
もとの植え場所に戻したS. ブルームーンストーン(右の赤い鉢,左の赤い鉢は挿し木したラプソディーインブルー),2019年8月23日

マダム・ピエール・オジェはラ・レーヌ・ビクトリアと一緒に東側のフェンス沿いに移動しました.

DSC_3826-ct
移動したB.ラレーヌビクトリアとB.マダムピエールオジェ(奥の2鉢,手前はHT ピース),2019年8月23日

マダム・ピエール・オジェとラ・レーヌ・ビクトリアは,この春までは北側花壇の日陰に地植えしていて,生長せず,これまで返り咲いた記憶もないけれど,今年は鉢上げして株が生長しているので,うまくいくと返り咲きするかも.

マダム・ピエール・オジェとラ・レーヌ・ビクトリア移植したヤマボウシの両脇には,花壇奥の蓮華升麻2株の間に去年移植したのと,移植したけれど残っていて去年と同じ場所で今年咲いて道を通るひとに花粉つける恐れのある黄鹿の子百合

黄カノコユリ,2019年8月8日
黄カノコユリ,2019年8月8日

を移植しました.

黄鹿の子百合が咲いていました

久しぶりに戻った庭.

黄鹿の子百合が咲いていました.

黄カノコユリ,2019年8月8日
黄カノコユリ,2019年8月8日

2017年7月に通勤路の,とあるお家で咲いているの見かけ,

キカノコユリ,2017年7月13日
キカノコユリ,2017年7月13日

反り返っている花弁と長い睫(雄蘂)のバランスが美しいと思って,2017年12月9日に種苗店で探して見つけたの買って届いたの植えつけて,昨年初開花

黄カノコユリ
黄カノコユリ,2018年8月5日

最初から予想していたけれど,なかなか黄色の黄鹿の子百合が手に入らなくて,オレンジ色の黄鹿の子百合だけれどしようがない.

カーポート脇の花壇のコーナーに植えたけれど,花が道路側に出て花粉が通る人につく恐れがあるので,去年花後に後ろのフェンス前に移動させたけれど,移植し損ねたのか,増殖したのが残っていて,今年もまた同じ場所でも咲きました.

黄カノコユリ,2019年8月8日
黄カノコユリ,2019年8月8日

奥に移動させたのも中途半端なので,どっちもオールドローズ移植させて空いているヤマボウシの両脇に移植させます.

奥で空いた場所には,今年こそ咲いて欲しい森の妖精

レンゲショウマ,2019年8月8日
レンゲショウマ,2019年8月8日

の鉢植えしているのを涼しくなったら定植します.

遅咲きチューリップとライラック

以前は陽あたり悪い北側道路の玄関側はプランターにチューリップ植えて南側の庭で育て,花が咲いてから玄関側に置いていたけれど,毎年プランターに植えて育てるのも面倒なので,植えっぱなしでできないかと2017年11月に地植えにしたチューリップ.2018年春に開花.

チューリップ ハウステンボス,2018年5月1日
チューリップ ハウステンボス,2018年5月1日

して,ここは陽あたり悪く翌年はもう花が咲かないと思っていたら,

チューリップ ハウステンボス,2019年5月11日
チューリップ ハウステンボス,2019年5月11日

東側は今年は花の数が倍になって2つずつ花をつけて咲いた.

あまり考えず適当に買ったチューリップだけれど,ものすごく高身長でかっこよくて,遅咲きのチューリップなので道路はさんでお向かいさんの生垣のヒラドツツジやうちの庭のライラック

ライラック 2019年5月11日
ライラック 2019年5月11日
ライラック ディクラレーション,2019年5月11日
ライラック ディクラレーション,2019年5月11日

と一緒に開花している.

それにしても,ライラックの香りがあまりに素晴らしいので,先週デパートで買ったリラワンダー

ライラック リラワンダー,オダマキ,2019年5月4日
ライラック リラワンダー,オダマキ,2019年5月4日

買い増そうと,今日もう一度デパートの花屋に行ったら,母の日のカーネーションとアジサイと蘭の花ばかりで跡形もなく,しようがないので,園芸ショップに行ったら,子供のころから憧れていて,一度育てたけれど枯らしたセンセーション

ライラック センセーション,2019年5月11日
ライラック センセーション,2019年5月11日

があって,同じ白覆輪花でも濃いパープルで,薄いパープル(つまりライラック色)のリラワンダーでなく,センセーション買って帰りました.

水仙ディアラブとツルニチニチソウ

去年ダブルの水仙買おうと思ってカタログ見て買った水仙ディアラブ.

水仙ディアラブ,2019年4月29日
水仙ディアラブ,2019年4月29日

ダブルでなくバタフライ咲きという副冠にフリルが入る咲き方の変わり咲き水仙でした.

今年はカラスノエンドウが大繁殖して大変なことに,ディアラブはその影響か半分くらいしか発芽してこなかった...

それでも,ムスカリと水仙とカラスノエンドウで配色良いのと,カラスノエンドウはグランドカバーとしては良いかも.

アポイキキョウ枯れたかと思ったけれど,後日カラスノエンドウとったら芽吹いてました.

日陰ではツルニチニチソウが開花.

泰山木の株元で咲くツルニチニチソウ,2019年4月29日
泰山木の株元で咲くツルニチニチソウ,2019年4月29日

陽向が好きでツルニチニチソウより早く咲く姫ツルニチニチソウと違って,ツルニチニチソウは花も日陰を向いて咲き,どこまでお日様が嫌いなのでしょうか.

 

 

泰山木から新世代の木蓮へ

昔からうちの庭にある泰山木.

タイサンボク,2014年6月28日
タイサンボク,2014年6月28日

花期が極端に短くて,いつも地面に落ちている素晴らしいマグノリアの香りの花がら見てから,花が咲いていたことに気付く私にとっては幻の花だった.

そんな泰山木は,北米を代表する花木であり,大きくなり個人の庭に向かないと言われるのに狭い通路に植えているからか,それとも沿わせた,つる薔薇のニュードーン

LCL ニュードーン/ タイサンボク,2016年6月10日
LCL ニュードーン/ タイサンボク,2016年6月10日

に負けたからか,上の方から枯れこんで,もはやニュードーンの支柱でしかない状態になってしまった.

そういうわけで泰山木の代わりに,今度は泰山木のように大きくならず,近年北米やニュージーランドで魅力的な品種が続々と発表されている新世代の木蓮を植えることにして,堤防側に背の高い生け垣として使うために,ブラックチューリップ2本と,その後,ブラックチューリップの改良品種で赤紫系の品種で最高の美花といわれるクレオパトラ買って,さらに従来にない珊瑚色の花色の複色花のコーラルレイクも買った.

ブラックチューリップは,買った2本のうち1本に今年ようやく蕾がついて,

モクレン ブラックチューリップ,2019年4月14日
モクレン ブラックチューリップ,2019年4月14日

初めて花が見られると思ったけれど,「花期が短い問題」で昨日庭に戻ったら,花が終わっていた...

ただ,ブラックチューリップの改良品種のクレオパトラの方は,植えつけた翌年の去年には開花していた.

モクレン クレオパトラ
モクレン クレオパトラ,2018年4月15日

クレオパトラは名前がちょっと...だけれど,花色が魅力的なだけでなく丈夫で若木から開花し樹形も円錐形に整う,ということなので,枯れた泰山木の手前に代替として今年の2月に植え替えて,さすがに今年は花が無かったけれど,元気に芽吹いて樹形も整っている.

枯れた泰山木の手前に植え替えた,モクレン クレオパトラ.
枯れた泰山木の手前に植え替えた,モクレン クレオパトラ,2019年4月28日

クレオパトラ植え替えたあとには,私としては,最も花色が魅力的と思うコーラルレイクを植え替えて,コーラルレイク,木蓮集め始めた3年前は東側のボーダーの中央に植えたけれど今ひとつで,あっちこっち植え替えていて,結局ブラックチューリップと同じ堤防側に植え替えて,木蓮移植に向かない樹種なので枯れるかもと思って,結局毎年1本ずつ買い増して,そのうち一番古い3年前に購入したのがついに,...

モクレン コーラルレイク
モクレン コーラルレイク,2019年4月28日

開花.

木蓮の花型どことなくチューリップに似ていて,その株元では,同じように美しいバイカラーで八重咲きのチューリップのアップスターも

チューリップ アップスター
チューリップ アップスター,2019年4月28日

一緒に開花していました.

寒椿とスノードロップ

12月初めから3月末まで冬の間ずっと咲き続けるけれど,這い性の寒椿である獅子頭がピークシーズンに.

シシガシラ
シシガシラ

今シーズンは12月8日に開花が始まったスノードロップ・エルウィシーも3月のピークシーズンまで咲き続けるけれど,2番花組みが開花中.

スノードロップ・エルウィシー
スノードロップ・エルウィシー

今年好調な薔薇とスノードロップの開花

今年の夏は調子を落とす薔薇が多かったけれど,アサガオ用の自動灌水装置から水を分けていたからか,今年好調だったイングリッシュローズのパットオースチンが開花.

パット・オースチン
パット・オースチン

スノードロップの早咲き変種が今シーズン初開花.

スノードロップ・エルウィシー
スノードロップ・エルウィシー