カテゴリー別アーカイブ: 花木

夏の強い日射しのなかで

北側玄関脇のミニオベリスクに3本植えにしている早咲き大輪系のクレマチス。去年は花付き良く返り咲きしたのですが,今年は伸長しても花が咲かず,梅雨があけてからようやく最初の花が一つ咲きました。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23

今年はパテンス系はみんな不調で花付きが悪いのですが,それでも南側に植えているのは二番花が2週間前に咲いているので,陽あたりの良い南側に移植しようかと思いましたが,美しい花色なのでやっぱりここに置いておくことにします。

リビングの腰高窓の前にハーフアーチ設置して植えたイングリッシュローズのパット・オースチン。二番花の最初の花はいつもの素晴らしいカッパー・オレンジの花色で咲きましたが,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

二番花の最後の花は夏の強い日射しでピンクの花色になり,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24

まるで違う薔薇のようです。

ハーフアーチの後ろに見える,今年絶好調のダイアナさんは6月4日に一番花が咲き,高いところの花柄取らなかったので二番花はアーチのてっぺんで,一番花のイソギンチャクのような花柄と一緒に咲いていて不思議な光景ですが,夏の強い日射しに負けないビビッドピンクの花色で,まだまだ蕾もたくさんあります。

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/07/24
クレマチスTx. プリンセス・ダイアナ,2021/07/24

パット・オースチンと同じオレンジのイングリッシュローズのレディー・オブ・シャーロット。パット・オースチンに花色の点では,はるかに及びませんが二番花は同じ強い日射しのなかでも花色があまり変化しません。

イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25
イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25

つる薔薇なのに四季咲きする,私にとって大切な想いのある薔薇の二番花も咲きました。この花色は子供の頃の夏休み入ってすぐの悲しい出来事があった日のことを想い出させる,その日に実家の庭で咲いていた,お別れにしたノウゼンカズラの花色と同じ花色です。

つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25
つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25

アイスバーグの二番花も強い夏の日射しをよせつけない純白で咲いています。

フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24
フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24

この薔薇は12年前に,アイスバーグにしては珍しいように思えるうっすらピンクを帯びた白の花色に魅せられてお迎えしたのですが,数年したら本来の氷河の白の花色になり,ここ数年は耐病性が来た時とは比べものにならないくらいアップして,もともと,つるアイスバーグで返り咲きだったのが四季咲きするフロリバンダになりました。

アイスバーグの隣では,同じように12年前にうちの庭にお迎えしたセプタード・アイルの二番花も,強い日射しに色褪せずにソフトピンクの優しい花色で咲いています。

イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24
イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24

この薔薇は数年前接ぎ目の少し上を鉄砲虫に喰い抜かれて枯れると思ったのですが,傷跡はそのままですがこうして毎年繰り返し美しい花を咲かせてくれています。

唐松草が咲きました

糊空木の花がようやくほぼ咲き揃いました。

ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/07/23
ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/07/23

昨夜雨が降ったけれど,連日の猛暑で花穂が一部枯れこんでいますが,白花との境はうっすらとピンクに変わっているので,このまま苺色になるのでしょうか。

大きくならず円錐形の整った樹形のはずですが,西洋紫陽花エンドレスサマーと同じで,新枝咲きで当年成長した緑の柔らかい花枝なので,乾燥して水切れになっても,昨夜のように雨が降って花房に水がたまっても,花穂が地面に伏せてしまいます。

唐松草(タリクトラム)が咲いています。

タリクトラム・デラバイ,2021/07/23
タリクトラム・デラバイ,2021/07/23

すでに下の方の花は散り種ができ始めていますが,朝陽があがると小さい虻が花に集まってきて蜜を吸っていました。

今年不調なクレマチスと最後に咲いたクレマチス

早咲き大輪系クレマチスの二番花が咲いています。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11

今年はパテンス系の円空とベル・オブ・ウォーキングが不調で,どちらも南側の株は早咲き系らしく5月に少し花をつけました

クレマチス・円空,2021/05/09
クレマチスPa.D. 円空,2021/05/09

が,北側の株は成長するだけで葉は茂っても花を全くつけません(肥料あげなかった?)。

フロリダ系のヴィエネッタはもともと気まぐれなところがありますが,今年絶好調のテキセンシス系のプリンセス・ダイアナ

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04
クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04

に遅れて少し花をつけました。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05

このとき芽吹いていなくて枯れたと思った,わが家の北西端に植えている株が,ビェネッタには良くあることですが,その後スギナの中から芽吹いてきて成長して花付きよく開花しています。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10

ジャックマニー系のガブリエルは枯れてはいないのですが,未だ開花せず(今年は開花しない?),多分今年わが家のクレマチスの開花の最後となる花が咲き始めました。

クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11
クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11

わが家のクレマチス,最近は早咲き大輪で薔薇と競演でき,強健な(以前は栽培が難しいと思っていた)パテンス系とフロリダ系が中心なのですが,会津の風は10年前に壺型クレマチスに凝っていたとき買って1年で枯れたけれど,最も魅せられたキングス・ドリーム(どんな夢?)

クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日
クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日

もう一度育てたいとず~と思っていて,たまたま会員になっている種苗店のカタログにのっていた新品種?の会津の風がキングス・ドリームに似ていると思って,注文して育てています。

壺型クレマチスでわが家に唯一残っていたポンパドールピンクは,堆肥つくろうとしていた土嚢を,枯れた泰山木の脇にポンパドールピンク植わっているの忘れて置いていて,気付いて土嚢除けたときは手遅れで,結局今春消えました...

昨年春,雑草と一緒に引き抜いて不調だった涼しげな名前のゲラニウム・サマースノーの二番花も花付き良く開花しています。

ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11
ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11

わが家にけっこうな数が自生している野草のゲンノショウコと花は似ていますが,花付きが良いのと繰り返し咲いてくれるのが素敵です。

高温と雨で咲いてもすぐに崩れていく庭の薔薇の中で,先週咲き始めたパット・オースチンの二番花が美しい花を保っています。

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

庭の薔薇と違って,軒下で雨がそれほどかからないのが関係していると思いますが,2009年8月にお迎えして12年,過酷なわが家の環境で耐病性を改善していったのが大きいと思います。

(今気付いたけれど,花の上の茎にチュウレンジハバチの母さんが,いつもの逆立ち産卵中だった)

紫陽花と糊空木

紫陽花の最後に開花したのは大島緑花。

ヤマアジサイ,大島緑花,2021/07/03
ヤマアジサイ,大島緑花,2021/07/03

定植して土壌の影響か気候のせいなのか分からないけれど,花数こそ増えたけれど,装飾花の緑が色褪せていて数少なく両生花の青が赤くなっていて,初開花した去年

ヤマアジサイ 大島緑花,2020/07/12
ヤマアジサイ 大島緑花,2020/07/12

に比べて少し残念。

今年新しくお迎えすることにした紫陽花の仲間の糊空木。

開花が始まりました。

ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/07/04
ノリウツギ,ストロベリーブロッサム,2021/07/04

糊空木は紫陽花の花の終わった後,夏の間100日以上花(萼)色を白~苺色?~赤(紅葉)に変えながら咲き続け,紫陽花の花が終わったあとの夏の庭を彩ってくれるはず。

パット・オースチンとピース

パット・オースチンの二番花が咲きました。

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/04
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/04

フォールスタッフの二番花も,クリムゾンレッドの花色が暑さでブルーイングしていますが,花付きよく咲いています。

イングリッシュローズ,フォールスタッフ,2021/07/04
イングリッシュローズ,フォールスタッフ,2021/07/04

オールドローズのような雰囲気が大好きなジ・アレンウィック・ローズは一番花が6月末にようやく開花しましたが

イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20
イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20

この株から挿し木して増やした挿し木株の一番花も咲きました。

イングリッシュローズ,ジ・アレンウィック・ローズ,2021/07/04
イングリッシュローズ,ジ・アレンウィック・ローズ,2021/07/04

ブルボンローズのマダム・ピエール・オジェのような雰囲気の大変美しい花をつける薔薇ですが,今回の花は特に美しい。

わが家で唯一のハイブリッド・ティーローズとなったピースの二番花も咲いていました。

ハイブリッドティーローズ,ピース,2021/07/04
ハイブリッドティーローズ,ピース,2021/07/04

ピースは上手く育てられず,花数が少なく花の咲いている期間が短いように思われるので,なかなか良い状態の花が見られないのですが,晩秋から初冬にかけて咲く格別に美しい秋花がまた見られますように。

薔薇の植え方を間違っていました

マダム・アルフレッド・キャリエールの二番花が咲いています。

ノアゼットローズ,マダム・アルフレッド・キャリエール,2021/07/03
ノアゼットローズ,マダム・アルフレッド・キャリエール,2021/07/03

新しいシュートが立ち上がっていたので花がら摘みをかねて古いシュート整理していたら,爽やかな素晴らしい香り♡。

あいにくの雨で傷んでいますが,ピエール・ド・ロンサールの二番花も咲いています。

つるバラ,ピエール・ド・ロンサール,2021/07/03
つるバラ,ピエール・ド・ロンサール,2021/07/03

わが家のピエールは,以前は春咲いたあと秋に少し返り咲く,つる薔薇でしたが,最近はこの薔薇本来のシュラブローズとして四季咲き薔薇になっていて,他の四季咲きの薔薇と同じように,初夏に咲く二番花は30日周期で開花します(香りがほとんどないことだけがピエールの少し残念なところです)。

四季咲きするランブラーの二番花も開花しました。

イングリッシュローズ,ジ・オルブライトン・ランブラー,2021/07/03
イングリッシュローズ,ジ・オルブライトン・ランブラー,2021/07/03

ランブラーというには小型で花付きもあまりと思っていたけれど,二番花は高さ1.8mを越えて咲き蕾も多くついています。

イングリッシュローズで真っ先に開花したパット・オースチンの二番花は明日開花すると思いますが,遅れて咲いたエヴリンの二番花は終わり,レディー・オブ・シャーロットの二番花の最後の花が開花しています。

イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/03
イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/03

レディーオブシャーロット定植するとき鉢から抜いたら二苗になって,最近このパターンが続いていて,なんで?と思ったけれど,増えるのはいいことなので気にしていなかったのですが,増えた苗はみんな生育不良で,今日地植えしている生育不良の方のフォールスタッフを移植するために引き抜いたら,また二苗になって考えて理由がわかりました。

  1. 最近は鉄砲虫が怖くて,薔薇接ぎ木苗の接ぎ目を地中に埋める深植えしています。深植えすることで,シュートが株立ちになり,シュート1本鉄砲虫に喰い抜かれても株全体が枯れるリスクは下がります。
  2. ただ接ぎ目を地中に埋めると,接ぎ目より上の地中にあるシュートから,たいてい自根が出て来ます(取り木と同じ)。自根が出てくると接ぎ木した台木は役目を終えて枯れ,自根苗は挿し木苗と一緒なので,野薔薇の台木に接ぎ木した苗と違って,成長の基礎となる根の能力が限られ,よほど自根が強健な品種以外は挿し木苗と同じで生育不良になります。
  3. 深植えしている薔薇を植え替える場合,台木まで掘りあげることができても,台木は役目を終えていて結局のところもはや接ぎ木苗でなく挿し木苗になっていて,無理して堀上げて株分けになり数が増えたと喜んでも,薔薇のように毎年切り戻し更新する植物の場合,台木が役目を終えた後では,切り戻した後は生育不良になり,以前は,つる薔薇として成長していたのが,樹高数十cmの小株のまま一年を終えることになります。
  4. 今後は,つる薔薇として生育させたい薔薇は接ぎ目を地上に出す,ふつうの植え方をします。逆にいうとコンパクトで良ければ,複数本のシュートまで地中に埋めて「取り木」すれば,大型の「挿し木苗」を一度に数本入手できるので良いかも知れません。

マリネットとジ・アレンウィック・ローズ

四季咲き性の強い薔薇はすでに二番花が開花しているけれど,

イングリッシュローズ;ベンジャミン・ブリテン,2021/06/20
イングリッシュローズ;ベンジャミン・ブリテン(二番花),2021/06/20

陽あたりの良くない東側ボーダーのバックヤードに植えているからか,つる薔薇的に成長しているからか,イングリッシュローズのなかで個性的なマリネットの一番花がようやく咲いています。

イングリッシュローズ;マリネット,2021/06/19
イングリッシュローズ;マリネット,2021/06/19

バードテーブルを支柱代わりにセットして冬季限定で林檎を置いているけれど,キッチンの窓の正面だと冬に野鳥が見られて,

ヒヨドリ,2021/02/28
ヒヨドリ,2021/02/28

春になると,バードテーブルを支柱にしたマリネットの花も見られると思ったけれど,マリネットは陽あたりの良い南側のボーダーに移動して,代わりに今ひとつ植え場所が決まらない夏椿をここに植え替えるつもりです。

陽あたりの良い南側花壇に植えているけれど,オールドローズに四季咲き性をと開発されたイングリッシュローズのなかでも,特にオールドローズの雰囲気があるジ・アレンウィック・ローズの一番花もようやく咲きました。

イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20
イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20

この場所は陽あたり良いけれど,軒下なので夏に水切れで植えていた薔薇が枯れ,現在はドリップ・ホース埋めて自動灌水しているので水切れで枯れることはなくなったけれど,隣のクレマチスのアーチのメンテ,薔薇が成長するとできなくなるので,アレンウイック・ローズは南側のボーダに同じくらいの大きさに成長した挿し木苗と二苗寄せ植えして,ここには木蓮を植え替えるつもりです。

 

ミカコブルーの紫陽花と青真珠という名のクレマチス

庭では三季咲きする(昨年実績)青のグラデーションが美しい早咲きの西洋紫陽花

西洋アジサイ,エンドレス・サマー,2021/06/18
西洋アジサイ,エンドレス・サマー,2021/06/18

に続いて,清澄沢紫陽花を品種改良したジャパーニュ・ミカコも遅れて咲き揃いました。

ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ,2021/06/18
ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ,2021/06/18

ジャパーニュ・ミカコは白に赤覆輪の入る大変美しい紫陽花ですが,覆輪の花色が赤から紫に変化したのがミカコ・ブルーと呼ばれ大変美しい。

ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ,2021/06/18
ヤマアジサイ,ジャパーニュ・ミカコ(ミカコ・ブルー),2021/06/18

イングリッシュローズのなかで最も花付きの良い品種の一つと言われるレディー・オブ・シャーロット。

わが家では花付きも四季咲き性も悪く扱いに困って補完的に使われ,地植えと鉢植えを繰り返していたけれど,今年の3月にミカコさんの前にエブリン2苗植えたとき,挿し木のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントと2苗組み合わせて植えようとポットから抜いたら,どういう訳か2苗になっていたので,挿し木苗で虚弱なケント姫を地植えにするのやめてエヴリンとミカコさんの間に2苗植えつけていたのが2苗とも開花しました。

イングリッシュローズ,レディーオブシャーロット,2021/06/18
イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/06/18

画像左後ろで咲いているのはエブリンの二番花で,同じようにハーロウ・カーの二番花も一番花から一月たって咲きました。

イングリッシュローズ,ハーロウ・カー,2021/06/19
イングリッシュローズ,ハーロウ・カー,2021/06/19

遅咲き大輪系のクレマチスも咲き始めました。

クレマチス(JMorRc),パール・ダズール,2021/06/18
クレマチス(JMorRc),パール・ダズール,2021/06/18

パール・ダズール(青真珠)は青という名前に惹かれて最初に買ったクレマチスの一つで,何度も植え替えしても枯れない極めて丈夫なクレマチスでしたが,二苗買ったうちの一苗,薔薇と寄せ植えしているオベリスクの株元の雑草を抜いているときに,雑草と一緒に引き抜いて消滅させてしまい,こちらのオベリスクでは競演できませんでした。

サンセット・グロウには以前は木立ち性のアフロディーテ・エレガフミナ組み合わせていて,花季的には大体OKなのだけれど,木立ち性のクレマチス自分で蔓巻いて伸びていかず誘引が面倒なので,蔓性で大型化するパール・ダズールに替えたのだけれど,切り花には,花持ちの良い紫陽花とともに木立ち性のクレマチスの方が重宝します。

エンドレスサマー,サンセットグロウ,アラベラ
Hy.エンドレスサマー,CL サンセットグロウ,C(IF) アラベラ

今日梅雨入りしましたが,アポイ桔梗が開花し始めました。


ここからは,庭の周りに暮らす生き物に関するブログです。

特に虫が苦手のかたはこれ以上進まないでください。


数年前の薔薇も枯れる(厳密にいうと弱ったところを鉄砲虫にとどめをさされる)酷暑で,わが家の唯一のキッチン・プラントである山椒も枯れて去年買い直し,以前は地植えだったけれど,今回はポット植えにして,キッチンの勝手口あけたらすぐ採れるようにしていて,

ぶどう山椒,2021/05/05
ぶどう山椒,2021/05/05

今年は春から素晴らしい香りの新芽を堪能していたのだけれど,買い換えることにした自動灌水装置を蛇口に直接設置する

DSC_3583-ct

 

ために鉢のかせたら,枝先に蝶の幼虫が,しかも2匹も

(閲覧注意!)

 

蝶の幼虫,2021/06/18
山椒を食害する蝶の幼虫,2021/06/18

ただよく見るとお茶目な顔(目のように見えるのは目ではありません)とポップなデザインで可愛くて,正当派美人(蝶)の親しみのある子供時代(幼虫)のよう。

蚊より大きい虫は直接手にかけられないし,コガネ虫やカミキリ虫は,手で採って市のゴミ袋に移動させてゴミ箱の蓋をしめる(それって足で踏むよりかえって残酷かも)ことにしているけれど,蝶さんはうちの庭の大切なお客さんだし,山椒も今年はもう必用無いので,そのまま自由に滞在してもらうことにして,妻に「蝶はスリムな身体なのに,幼虫の太い身体には何が入っているのだろう」と聞いたら,「羽根を折りたたんで入っている,さなぎになって孵るときに羽根が出てくる」ということで,「可愛いから見て,見て」と写真を見せようとしたら,虫嫌いの妻は「嫌だっ」と拒否して,その後,ミカコ・ブルーの写真みせようとしても,「紫陽花の写真といって幼虫の写真見せるつもりだろう」(さすが,私の行動パターンを熟知している)と言って,見てもらえませんでした。

今朝もう一度山椒のポット見たら1匹しかいなかったので,先々週から梅の木で頻繁にゼゼポッポと啼いている雉鳩(巣をつくって卵あたためている?,携帯で写真撮るために近付いても逃げない)

ウメの木のキジバト,2021/06/18
ウメの木のキジバト,2021/06/18

にでも食べられたかと思ったけれど,四十雀のような小鳥は大好きな妻も雉鳩は好きでないとか(まあ啼き声と雰囲気が独特なのでちょっと,というところもありますが)。

いなくなったと思った,もう1匹の幼虫は他の枝に移って山椒の葉がっついていました。

ビェドゥーとブラッシュ・ノアゼット

絞りの四季咲き薔薇が欲しくて2012年4月にお迎えしたビェドゥー。

成長がつる薔薇的で,あまり返り咲かず花付きも悪く,鉢上げして伸びるの制限すれば花付きよくなるかと思ったけれど,去年はほとんど咲かず,今年は肥料を多めにあげたのが開花しました。

シュラブローズ;ビェドゥー,2021/06/05
シュラブローズ;ビェドゥー,2021/06/05

絞りといってもピンクに白なのでほとんど目立たない。


アーチのつる薔薇として,2016年6月にそれまで使っていたコルデスのシンデレラの替わりに購入して植えつけたブラッシュ・ノアゼット。

つる薔薇としては成長は緩慢だけれど,花付きはよくオールドローズ特有の美しさがあります。

ノアゼット・ローズ;ブラッシュ・ノアゼット,2021/06/05
ノアゼット・ローズ;ブラッシュ・ノアゼット,2021/06/05

返り咲きするはずだけれど,ほとんど返り咲かないので,開花後に肥料あげます。

美しき青の系譜

木立ち薔薇として育てることにしたブルー・ランブラー(1909)。

ブルーランブラー,2021/06/05
ブルー・ランブラー,2021/06/05

同じブルーの名(ブルーというのは紫の花色の赤が先に色褪せて不健康な青が残った状態をいうみたい)をもつラプソディー・イン・ブルー(1999)

シュラブローズ; ラプソディー・イン・ブルー,2021/05/22
シュラブローズ; ラプソディー・イン・ブルー,2021/05/22

とどことなく雰囲気が似ていて,ブルー・ランブラーは棘がほとんど無く,ラプソディーも棘がほとんどない個体もあるところも似ていて,棘無しといえば,ラプソディーの交配親で花色と香りが違う以外は,うり二つの薔薇(1984)

フロリバンダ;インターナショナル・ヘラルド・トリビューン,2021/05/16
フロリバンダ;インターナショナル・ヘラルド・トリビューン,2021/05/16

とも似ていて,さらに,ラプソディーを開発したナーセリーが発表した,つる薔薇(2011)

つる薔薇;パルフェ・タムール,2021/06/06
つるバラ;パルフェ・タムール,2021/06/06

も同じ系列の花と思われますが,新しい薔薇は四季咲き性や耐病性に優れていても,絶対的な美しさではブルー・ランブラーが勝っているように感じます。

(上の画像のパルフェ,連休中に移植するために堀上げたら,テッポウムシが怖くて深植えしているので,根鉢の部分まで掘り出せず,無理にスコップでこじたら,ぽきっと根鉢の上で折れたけれど,根鉢の上の地中に埋まっていたシュートから,挿し木苗のように根が出ていて,結果的に2株になりました)