タグ別アーカイブ: ゲンノショウコ

風露草と沈丁花

ゲラニウム・サマースノーが咲いています。

サマースノー,2021/09/11
サマースノー,2021/09/11

秋雨が続いても暑い日が多かったので夏の花のツユクサ(露草)も返り咲いています。

競争相手のカタバミ(方喰)やジシバリ(地縛り)抜いて手助けしているからか,庭中に拡がっているゲラニウムと同じフウロソウ(風露草)の仲間の野草のゲンノショウコ(現の証拠)も開花のピークです。

ゲンノショウコ,2021/09/11
ゲンノショウコ,2021/09/11

玄関のステップ,短足のわんこさんが飛び降りると腰痛めると思って作ったスロープ,悲しいけれど必用無くなったのでスロープ通すために前にずらしていた沈丁花を犬走りの方に植え戻しました。

白と青

2017年10月にお迎えしたアポイ桔梗フェアリースノー。

初夏に咲き盛夏は休んで涼しくなると返り咲きするふつうの桔梗と違って,初夏しか咲かず,植え場所の陽あたり良くないけれど,もともと返り咲きしない品種かと思っていたけれど,年々大きくなって今年は立派に返り咲きしました。

アポイキキョウ・フェアリースノー,2021/09/03
アポイキキョウ・フェアリースノー,2021/09/03

脇では庭で増殖中の大好きな野草のゲンノショウコ(現の証拠)も開花してロケット型の鞘から種を飛ばす準備も出来ています。

ゲンノショウコ,2021/09/03
ゲンノショウコ,2021/09/03

花の大きさこそ違うけれど,フェアリースノーと同じように白地に青筋の入る美花。

ゲンノショウコ,2021/09/02
ゲンノショウコ,2021/09/02

今年4月に,昨年採っておいた種を蒔いて育てた絞り咲きアポイ桔梗。咲き始めたのが少し遅かったので今年は一季咲きですが,次々に白地に青の絞り花が開花しています。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

元苗が年々絞りが弱くなって吹っかけ絞りと絞りのない青花になっていったので,種採って実生で育てましたが,子苗はみんな素晴らしい絞り花。

2016年に最初に開花したときから絞り咲きしなかった方のアポイ桔梗。

こちらは,ときどき弱い吹っかけ絞りの花が混じるようになり,去年くらいから八重の花が混じるようになってきました。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

子苗ウリハムシに喰われたとき,親苗に薬かけなかったので,ウリハムシに喰われているけれど,チューリップでもツバキでも,絞りはウィルスに感染しておこるので,アポイ桔梗絞り咲きにしたのはウリハムシがウイルス媒介したからかも。

2010年5月に庭にお迎えしたアイスバーグの純白の三番花が開花しました。

アイスバーグ,2021/09/03
アイスバーグ,2021/09/03

この花買ったのはガーデンセンターにおいてあったポット植えの花が,白でなくて薄いピンクを帯びてツバキ羽衣のように美しい色

アイスバーグ,2010/05/02
アイスバーグ,2010/05/02

だったからですが,翌年からふつうの白薔薇となって,しかも耐病性が弱くて黒星だらけで,まともに返り咲くこともなかったのですが,ここ数年耐病性がめざましく向上してきて四季咲きするようになり(つるアイスバーグだったので返り咲き品種)ました。

アイスバーグのわきの,つる薔薇サンセットグロウのオベリスクでは,2009年12月にお迎えした青真珠という名のクレマチスの二番花が咲いています。

パールダズール,2021/09/03
パールダズール,2021/09/03

素晴らしい青だけれど,ちょっと大味。

わが家のクレマチスの中では最も良く返り咲きする早咲き大輪系のクレマチスの三番花も咲きました。

円空,2021/09/02
円空,2021/09/02

このクレマチス,最初に買って1年で枯らしたパテンス系八重のクレマチス新紫玉の青紫花が忘れられなくて,同じナーセリーの新花として販売されたの2014年10月に買って植えたのですが,数年間ほとんど花がつかず,花が咲いても一季咲きでパテンス系のクレマチス育てるの難しいと思ったのですが,今ではわが家でもっとも良く咲くクレマチスになりました。

ドクダミとゲンノショウコと紫カタバミ

今朝草抜きしていたら斑入りのドクダミがありました。

ドクダミ,2021/07/24
ドクダミ,2021/07/24

ドクダミの花はもともと美しいけれど,この花は八重というか二重の外側の花(総苞)が斑入りで特に美しかったので,とりあえず鉢上げしました。

ドクダミ,2021/07/24
ドクダミ,2021/07/24

草抜きするとき間違って抜かないように注意している,わが家で最も愛されている野草のゲンノショウコが咲きました。

ゲンノショウコ,2021/07/24
ゲンノショウコ,2021/07/24

ドクダミもゲンノショウコも民間薬として昔から使われてきて,ドクダミは農業の対象で兵庫県と徳島県が二大産地ということですが,ドクダミは匂いがきついのと,湿気を好んで繁殖するのであたりがジメジメして,周りの植物がウドンコ病になったりするので,わが家では駆逐するのが難しい,やっかいな雑草として扱われています。

紫カタバミの花も咲いています。

紫カタバミ,2021/07/24
紫カタバミ,2021/07/24

綺麗な花なので抜くことはないのですが環境省的には要注意植物です。