タグ別アーカイブ: パットオースチン

秋薔薇2021

北側道路の玄関で,イングリッシュローズの三番花が咲いています。

ウィリアムシェークスピア2000,2021/09/11
ウィリアムシェークスピア2000,2021/09/11

左に少し見える隣の鉢に植えていた株は今年の夏に枯れました。

数年前に別の鉢のウィリアムが同じようにテッポウムシに株もと喰い抜かれて,枯れると思ったのですが,そのときは首の皮一枚残ったのから驚異的に回復したのですが,今回は春の嵐で新しいシュート全部折られたこともあって変調に気付くのが遅れて助かりませんでした。


南側のデッキの上でウィリアムと同じように3株買って底面吸水鉢で育てているイングリッシュローズの四番花が咲きました。

ジュビリーセレブレーション,2021/09/11
ジュビリーセレブレーション,2021/09/11

この薔薇は開花のスタートは少し遅めですが,四季咲き性は,わが家のイングリッシュローズの中では一番なのですが,今年は夏の酷暑で底面吸水鉢が水切れになっていて,庭に戻ったときには3鉢とも葉が全部黄色くなっていて枯れた,と思ったのですが水をあげたら新しい葉が出てきて復活しました。

この薔薇は水はねの少ないウッドデッキの上の底面吸水鉢に植えていますが,梅雨時には黒星だらけになり耐病性は普通(販売元の基準では強い)なのですが,ウィリアムと違って育てていた12年間に一度もテッポウムシの被害に遭わず,それどころか庭中の多くの薔薇が被害に遭うチュウレンジハバチにも産卵されない謎の耐虫性があります。


わが家で最も陽あたりの良いハーフアーチの花壇で家族に愛されているイングリッシュローズの四番花も開花しました。

パットオースチン,2021/09/11
パットオースチン,2021/09/11

いつもの柑橘系のティーの香りと違うので変だなと思ったら,移植したジ・アレンウィックローズが開花して香っていました。

ジアレンウィックローズ,2021/09/11
ジアレンウィックローズ,2021/09/11

花も株も小振りですが,花弁の形と数,花色のグラデーション,ライトグリーンの葉色がオールドローズ的で完璧に美しく,香り(オールドローズ香とあるがムスク系と思う)だけでこの花だと気付く素晴らしい薔薇で,いま一番のお気に入りです。


ベンチの周りの花壇でエヴリンの四番花が開花しました。

エヴリン,2021/09/11
エヴリン,2021/09/11

この薔薇は優しいアプリコットの色合いと,イングリッシュローズの中では,きちんと育てればケント姫と一二を争う大輪花であるだけでなく,香水会社のシンボルローズで素晴らしい香り(カタログにオールドローズ系とあるが,フルーツ系にムスクの香り)の薔薇なのでベンチの後ろに2本植えして庭仕事で疲れてベンチで休んでいるときに香ったらと思っています。


ベンチの脇では,ホームセンターの2018年冬のバラ予約苗カタログの表紙にのっていて,2019年3月にネットで探して購入した苗をお迎えした,シュラブローズの三番花が咲いています。

ブルームーンストーン,2021/09/11
ブルームーンストーン,2021/09/11

一番花が咲いた後に地植えにしたせいなのか,それとも夏の暑さのせいなのか,今年はまだ三番花ですが,グリーンアイの見え隠れするオールドローズの雰囲気のある美しい花を,四季咲き性よく咲かせるのですが,オールドローズによくある細かい棘がたくさんある,ということはありません。

高温期にはマダム・アルディのような白薔薇として咲き始めるのですが,今回の花は秋薔薇ならではの濃い紫のシェードが真っ白の周囲の花色に映えています。

発売元の表記ではシュラブですが,フロリバンダのように房咲きしています。


勝手口のアーチではノアゼット・ローズの三番花が咲き始めました。

ブラッシュノアゼット,2021/09/11
ブラッシュノアゼット,2021/09/11

以前アーチをカーポートの通路に設置していたときは,アーチにコルデスのシンデレラを植えていて,シンデレラのライトピンクの花色はウィリアムのクリムゾンレッドと花色とマッチしてとても気に入っていたのですが,シンデレラは,すごい棘のあるシュートがばんばん伸びて駐車場から家に出入りする家族に大不評だったので,アーチを薔薇ごと勝手口に移動し,アーチ片側のシンデレラがテッポウムシで枯れたのをきっかけに,残ったシンデレラを木立ち薔薇に戻して,小型のつる薔薇として育てられるブラッシュノアゼットをアーチの薔薇としてお迎えしました。

変化するアポイ桔梗の絞り模様と鹿子蛾

絞り咲きアポイ桔梗実生で増やして,もともと絞り咲きするの家の庭には一苗しかなかったので,絞り咲きするのが15倍に増えて,一つ一つ違う絞り模様毎日眺めて飽きもしないけれど,子苗の絞り模様

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

褒めたら,親苗の方も素晴らしい絞り花が咲きました。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/05
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/05

今年は咲かないと思った蕾のなかった子苗もここに来て蕾をあげてきています。

わが家で一番人気のイングリッシュローズ,毎年トップで開花して,返り咲きするのもトップグループの場合が多いのですが,ここの花壇が陽当たり良すぎて,酷暑の今年の夏に休んだからか,三番花としては少し遅めの開花です。

パットオースチン,2021/09/05
パットオースチン,2021/09/05

同じ花壇で,酷暑をむしろ楽しんでいるようにも見える今年絶好調の,世間で一番人気のクレマチスは,早咲きのクレマチスを抑えて三番花が開花しています。

プリンセス・ダイアナ,2021/09/05
プリンセス・ダイアナ,2021/09/05

庭中に拡がって咲いている風露草のゲンノショウコ。

ゲンノショウコ,2021/09/03
ゲンノショウコ,2021/09/03

この可憐な花は多分一季咲きですが,園芸品種のゲラニウム・サマースノーが返り咲きしています。

ゲラニウム・サマースノー,2021/09/05
ゲラニウム・サマースノー,2021/09/05

ひょっとすると家の庭で,ゲンノショウコとサマースノーから新しいゲラニウムが生まれるかも知れません。

入手することのできない木蓮を増やして生垣にするために今年は接ぎ木に挑戦していますが,穂木をとろうとしたら,鹿子蛾(判子蝶)がとまっていました。

カノコガ(ハンコチョウ),2021/09/05
カノコガ(ハンコチョウ),2021/09/05

夏の強い日射しのなかで

北側玄関脇のミニオベリスクに3本植えにしている早咲き大輪系のクレマチス。去年は花付き良く返り咲きしたのですが,今年は伸長しても花が咲かず,梅雨があけてからようやく最初の花が一つ咲きました。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23

今年はパテンス系はみんな不調で花付きが悪いのですが,それでも南側に植えているのは二番花が2週間前に咲いているので,陽あたりの良い南側に移植しようかと思いましたが,美しい花色なのでやっぱりここに置いておくことにします。

リビングの腰高窓の前にハーフアーチ設置して植えたイングリッシュローズのパット・オースチン。二番花の最初の花はいつもの素晴らしいカッパー・オレンジの花色で咲きましたが,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

二番花の最後の花は夏の強い日射しでピンクの花色になり,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24

まるで違う薔薇のようです。

ハーフアーチの後ろに見える,今年絶好調のダイアナさんは6月4日に一番花が咲き,高いところの花柄取らなかったので二番花はアーチのてっぺんで,一番花のイソギンチャクのような花柄と一緒に咲いていて不思議な光景ですが,夏の強い日射しに負けないビビッドピンクの花色で,まだまだ蕾もたくさんあります。

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/07/24
クレマチスTx. プリンセス・ダイアナ,2021/07/24

パット・オースチンと同じオレンジのイングリッシュローズのレディー・オブ・シャーロット。パット・オースチンに花色の点では,はるかに及びませんが二番花は同じ強い日射しのなかでも花色があまり変化しません。

イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25
イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25

つる薔薇なのに四季咲きする,私にとって大切な想いのある薔薇の二番花も咲きました。この花色は子供の頃の夏休み入ってすぐの悲しい出来事があった日のことを想い出させる,その日に実家の庭で咲いていた,お別れにしたノウゼンカズラの花色と同じ花色です。

つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25
つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25

アイスバーグの二番花も強い夏の日射しをよせつけない純白で咲いています。

フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24
フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24

この薔薇は12年前に,アイスバーグにしては珍しいように思えるうっすらピンクを帯びた白の花色に魅せられてお迎えしたのですが,数年したら本来の氷河の白の花色になり,ここ数年は耐病性が来た時とは比べものにならないくらいアップして,もともと,つるアイスバーグで返り咲きだったのが四季咲きするフロリバンダになりました。

アイスバーグの隣では,同じように12年前にうちの庭にお迎えしたセプタード・アイルの二番花も,強い日射しに色褪せずにソフトピンクの優しい花色で咲いています。

イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24
イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24

この薔薇は数年前接ぎ目の少し上を鉄砲虫に喰い抜かれて枯れると思ったのですが,傷跡はそのままですがこうして毎年繰り返し美しい花を咲かせてくれています。

今年不調なクレマチスと最後に咲いたクレマチス

早咲き大輪系クレマチスの二番花が咲いています。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11

今年はパテンス系の円空とベル・オブ・ウォーキングが不調で,どちらも南側の株は早咲き系らしく5月に少し花をつけました

クレマチス・円空,2021/05/09
クレマチスPa.D. 円空,2021/05/09

が,北側の株は成長するだけで葉は茂っても花を全くつけません(肥料あげなかった?)。

フロリダ系のヴィエネッタはもともと気まぐれなところがありますが,今年絶好調のテキセンシス系のプリンセス・ダイアナ

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04
クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04

に遅れて少し花をつけました。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05

このとき芽吹いていなくて枯れたと思った,わが家の北西端に植えている株が,ビェネッタには良くあることですが,その後スギナの中から芽吹いてきて成長して花付きよく開花しています。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10

ジャックマニー系のガブリエルは枯れてはいないのですが,未だ開花せず(今年は開花しない?),多分今年わが家のクレマチスの開花の最後となる花が咲き始めました。

クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11
クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11

わが家のクレマチス,最近は早咲き大輪で薔薇と競演でき,強健な(以前は栽培が難しいと思っていた)パテンス系とフロリダ系が中心なのですが,会津の風は10年前に壺型クレマチスに凝っていたとき買って1年で枯れたけれど,最も魅せられたキングス・ドリーム(どんな夢?)

クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日
クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日

もう一度育てたいとず~と思っていて,たまたま会員になっている種苗店のカタログにのっていた新品種?の会津の風がキングス・ドリームに似ていると思って,注文して育てています。

壺型クレマチスでわが家に唯一残っていたポンパドールピンクは,堆肥つくろうとしていた土嚢を,枯れた泰山木の脇にポンパドールピンク植わっているの忘れて置いていて,気付いて土嚢除けたときは手遅れで,結局今春消えました...

昨年春,雑草と一緒に引き抜いて不調だった涼しげな名前のゲラニウム・サマースノーの二番花も花付き良く開花しています。

ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11
ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11

わが家にけっこうな数が自生している野草のゲンノショウコと花は似ていますが,花付きが良いのと繰り返し咲いてくれるのが素敵です。

高温と雨で咲いてもすぐに崩れていく庭の薔薇の中で,先週咲き始めたパット・オースチンの二番花が美しい花を保っています。

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

庭の薔薇と違って,軒下で雨がそれほどかからないのが関係していると思いますが,2009年8月にお迎えして12年,過酷なわが家の環境で耐病性を改善していったのが大きいと思います。

(今気付いたけれど,花の上の茎にチュウレンジハバチの母さんが,いつもの逆立ち産卵中だった)

パット・オースチンとピース

パット・オースチンの二番花が咲きました。

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/04
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/04

フォールスタッフの二番花も,クリムゾンレッドの花色が暑さでブルーイングしていますが,花付きよく咲いています。

イングリッシュローズ,フォールスタッフ,2021/07/04
イングリッシュローズ,フォールスタッフ,2021/07/04

オールドローズのような雰囲気が大好きなジ・アレンウィック・ローズは一番花が6月末にようやく開花しましたが

イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20
イングリッシュローズ;ジアレンウィックローズ,2021/06/20

この株から挿し木して増やした挿し木株の一番花も咲きました。

イングリッシュローズ,ジ・アレンウィック・ローズ,2021/07/04
イングリッシュローズ,ジ・アレンウィック・ローズ,2021/07/04

ブルボンローズのマダム・ピエール・オジェのような雰囲気の大変美しい花をつける薔薇ですが,今回の花は特に美しい。

わが家で唯一のハイブリッド・ティーローズとなったピースの二番花も咲いていました。

ハイブリッドティーローズ,ピース,2021/07/04
ハイブリッドティーローズ,ピース,2021/07/04

ピースは上手く育てられず,花数が少なく花の咲いている期間が短いように思われるので,なかなか良い状態の花が見られないのですが,晩秋から初冬にかけて咲く格別に美しい秋花がまた見られますように。

薔薇の開花5番目と復活したゲラニウムとクナウティア

今年2番目に開花したオレンジの薔薇がリビングの腰高窓の前で次々に開花しています。

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/05/15
イングリッシュローズ; パット・オースチン,2021/05/15

ここは以前は西洋朝顔・ヘブンリーブルー植えて緑のカーテンにしていて,天国の青という素晴らしい花色の朝顔が2階の窓の上まで伸長して全面に咲くと,それはそれは素晴らしい景色つくってくれるのだけれど,私的には最も嫌いな園芸作業の種まき毎年しなくてはならないし,軒下に植えている大水飲みの朝顔に毎朝水やりしないと萎れてしまうし,花が咲くのが9月で秋咲き朝顔というのも何だし,花が終わって太さ2cm以上に生長した茎をネットから外すのは無理なので毎年ネット使い捨てるというエコでない生活なので,ハーフアーチ買って,家族のあいだで最も評判の良いオレンジの薔薇を緑のカーテンにするため,つる薔薇として育てることにしました。

庭では3番目に咲くかも,と思っていた薔薇が5番目に開花しました。

イングリッシュローズ,エヴリン,2021/05/15
イングリッシュローズ,エヴリン,2021/05/15

香水会社のシンボルローズという先入観なしでも素晴らしい香り。

昨日最も美しい白薔薇と言われるマダム・アルディーを思わせる花色で咲いていた3番目に開花した薔薇の梅の木の木陰の方の株は今日は本来の花色でグリーンアイを覗かせて咲いています。

シュラブローズ; ブルームーンストーン,2021/05/14
シュラブローズ; ブルームーンストーン,2021/05/14

一番遅咲きの西洋石楠花の朱紅花が庭にアクセントをそえています。

西洋シャクナゲ; 紅小町,2021/05/15
西洋シャクナゲ・紅小町,2021/05/15

多年草いろいろ試しているけれど,何年か経つと消えてしまいます...

2018年10月に買ったクナウティア・アルベンシスとゲラニウム・サマースノー。昨年はアルベンシスのみでサマースノーは芽吹かず,今年はサマースノーが芽吹いて5月5日に最初の花が咲いたけれどアルベンシスが芽吹かず。

草抜きしていて,クレマチスを雑草と一緒に抜いてしまったことが何度もあったので,芽吹いたサマースノーを雑草と一緒に抜かないように鉢上げしていたのが(鉢上げするときに根を切ったみたいで一時萎れたけれど),次々に開花しています。

ゲラニウム; サマースノー,2021/05/15
ゲラニウム・サマースノー,2021/05/15

(何か茎がとんでもなく太くなっていて,もともとそんな品種かと思ったけれど,ナーセリーの写真ではそんなに太くないので不思議)

2年で庭から消えてしまったアルベンシス,春~初秋まで背の高い青紫の花を繰り返しつけて咲くので薔薇と一緒に植えるのいいかもと思ったけれど,花も葉も美しいゲラニウムと違って,葉が以前植えて1年で消えたスカビオサと一緒で 雑草 野草 そのもので株姿が少し残念で,無くなったけれどまあイイかと思っていたら,堤防で1苗零れたねで復活して同じような株姿のブタナと一緒に咲いていました。

クラウティア・アルベンシスとブタナ,2021/05/15
クラウティア・アルベンシスとブタナ,2021/05/15

堤防で咲いている野草の花はタンポポからハルジオン,さらにブタナと変わり,

ブタナとハルジオン,2021/05/15
ブタナとハルジオン,2021/05/15

写真撮らなかったけれど,シロツメクサやシャスタデージが咲き始めました(トップのブログテーマ写真は昨年5月24日に堤防で撮影したシャスタデージー,アカツメクサ,ブタナです)。

2番目に咲いたクレマチスと薔薇

昨日は午後から大荒れの天気。ポットに挿しただけのオベリスクは次々と倒れ,風の影響が最も強かった玄関側で,せっかく花芽をつけていたウィリアムのシュートが付け根から何本も折れてました。

庭を見回っていたら,早咲き大輪系クレマチスが今年もクレマチスの2番目に開花していました。

クレマチス・円空,2021/05/09
パテンス系D.クレマチス,円空,2021/05/09

つる薔薇として育てることにした木立薔薇も,太く逞しく育って,ハーフオベリスクに誘引していたからか暴風の影響を受けずに今朝に薔薇の2番目で開花。

イングリッシュローズ・パットオースチン,2021/05/09
イングリッシュローズ,パットオースチン,2021/05/10