タグ別アーカイブ: フォールスタッフ

9月になれば

夏草に埋まって放置されていたイングリッシュ・ローズのハーロー・カー.

お盆休みに地味に草抜きして救出していたのが開花しました.

ER ハーロー・カー,2019年9月6日
ER ハーローカー,2019年9月6日

ハーロー・カーは当初,現在は蓮華升麻植えている北西端の花壇に植えていたけれど,さすがに日照不足で南側のガーデンのベンチ脇に移植したけれど,生垣にも使える薔薇ということで,棘が酷くてちょっと…

上の写真のハーロー・カーの後ろに見えるデッキの上で咲いているのは,イングリッシュローズのジュビリー・セレブレーション.

8月初めの三番花に続いて一月で美しいシェードの四番花が咲き揃いました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日

美しく,香りが良く,丈夫で,しかもわが家のシュラブ・ローズのなかでは最も四季咲き性が強く素晴らしい薔薇.


2009年12月,大阪空港の屋上のデッキガーデンで出会った,ジュビリー・セレブレーションに負けない美しいシェードの伝説の薔薇ピース.

HT ピース,大阪空港,2009年12月7日
HT ピース,大阪空港,2009年12月7日

2010年4月に,二苗買って植えつけたけれど,ハイブリッドティー育てる知識も技術も根気もなく一苗枯らし,残った方も,なかなかピンクのシェードの秋薔薇が見られなくて(ちゃんとした薔薇ナーセリーでなく,もと菊屋さんの園芸ショップで買ったのが悪かった?),ほぼ黄薔薇なのだけれど少しピンクが入った三番花が咲きました.

HT ピース,2019年9月6日
HT ピース,2019年9月6日

気温が下がって咲く四番花に期待したいところだけれど,この薔薇は,花期が極端に短くて庭に戻ったら花が終わっていた,ということが度々あるのが残念なところ.

デッキの先の西側フェンス,北側道路の玄関アプローチ正面.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年9月6日

昨年冬に,ホームセンターの予約苗カタログの表紙に載っていて一目惚れして,今年3月に薔薇ナーセリーよりお迎えしたわが家で最新の薔薇.

S. ブルームーンストーン,2019年9月6日
S. ブルームーンストーン,2019年9月6日

素晴らしい三番花が次々と上がっていて(荒探しが得意な私的には,香りが弱いのと,花付きは良いのだけれど,花がバラバラの方向を向くのが少し残念),その後ろでは,強剪定した,つる薔薇の,剪定しなかったシュートに素晴らしい深紅に黄金の蘂の花が咲き,

ER フォールスタッフ,2019年9月6日
ER フォールスタッフ,2019年9月6日

さらに後ろでは,ライラックピンクのイングリッシュローズの三番花が少しライラックのシェードを取り戻して開花.

ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年9月6日
ER チャールズレニマッキントッシュ,2019年9月6日

お盆休み中になんとか草抜きして芝刈りしたけれど,芝の調子も今ひとつだけれど,

高麗芝と梅の木,2019年9月6日
高麗芝と梅の木,2019年9月6日

毎年,梅は花後剪定せず落葉期が剪定適期というのを良いことに放置していて,今年の冬こそ剪定しなくては.

ウィリアム・シェークスピア2000とフォールスタッフ

イングリッシュローズに嵌まるきっかけとなったクリムゾン・レッドのウィリアムシェークスピア2000.

一番花は今年から本領を発揮した寄せ植えしているモーブ色のクレマチスと周りを守る棘のないヴァイオレットの薔薇との素晴らしいコンビネーションになって計画以上の開花だった

ER ウィリアムシェークスピア2000,C(PaD) ベル・オブ・ウォーキング,2019年6月2日
ER ウィリアムシェークスピア2000,C(PaD) ベルオブウォーキング,FL インターナショナルヘラルドトリビューン,2019年6月2日

けれど,ウィリアムとヴァイオレッタ(インターナショナル・ヘラルド・トリビューンの別名)は,暑さと雨で葉を全部おとして二番花は見るものがなく,クレマチスも枯れ葉のみ目だった状態だったけれど薔薇さんたちは回復傾向にあって,ヴァイオレッタ

FL インターナショナル・ヘラルド・トリビューン,2019年8月20日
FL インターナショナル・ヘラルド・トリビューン,2019年8月20日

に続いて,ウィリアムの三番花が咲きました.

ER ウィリアムシェークスピア2000,2019年8月23日
ER ウィリアムシェークスピア2000,2019年8月23日

ベルは秋まで,ひょっとすると来春まで返り咲かない感じ.(花がら摘み以外は全く手入れしていないのが悪いのだけれど)


イギリス人の追求する紅薔薇でベストと言われたウィリアムを越える紅薔薇と言われるフォールスタッフ.

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

二苗あるうちの調子の良い方は2mオーバーで,つる薔薇化してすでに三番花が咲いていて

ER フォールスタッフ,2019年8月9日
ER フォールスタッフ,2019年8月9日

こちらは,上の画像の開花したシュートと,右側2本の開花前の蕾のついたシュートを強剪定して,右側2本のシュートは玄関に活けた

ER フォールスタッフ,2019年8月17日
ER フォールスタッフ,2019年8月17日

けれど,調子の悪くて,つる薔薇化していないもう一つの株の方も三番花が咲きました.

ER フォールスタッフ,2019年8月24日
ER フォールスタッフ,2019年8月24日

(移植した黄鹿の子百合も同じように花を摘んで玄関に活けた

黄カノコユリ,2019年8月9日
黄カノコユリ,2019年8月9日

けれど,花粉はともかく,蟻が花にいっぱい集まってきて,虫嫌いの家族に大不評で大騒ぎになったので,来年から百合は切り花にして玄関に飾りません)

ジュビリーセレブレーションの三番花が咲きました

南側のデッキに生垣的にポット植え3個並べているジュビリーセレブレーション.

昨日咲いていた花はいまひとつだったけれど,

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

午後降った雨のせいか,今朝は美しい花が咲きました.

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月9日

6月2日の一番花,

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

梅雨入りして状態が悪く写真撮らなかった7月の二番花に続いての三番花で,この薔薇は,つる薔薇にはならないけれど,四季咲き性は抜群.


回復中のプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントは6月の一番花

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日

に続いて二番花がひとつ咲きました.

ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日
ER プリンセスアレクサンドラオブケント,2019年8月9日


四季咲き薔薇でなく,つる薔薇になることを選ばれたかたは,6月の一番花がフェンスの前で咲いて

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

今朝はフェンスよりずっと上の天空高く,二番花が咲き揃いました.

ER フォールスタッフ,2019年8月9日
ER フォールスタッフ,2019年8月9日

 

 

フォールスタッフとエヴリン

イングリッシュローズの夏に強い品種は日本の気候では巨大化して,つる薔薇になるというけれど,フォールスタッフは1.8 mのフェンスを軽々と超えて開花中.

ER フォールスタッフ,2019年8月8日
ER フォールスタッフ,2019年8月8日

もっとも,そんな暑さに強い薔薇ばかりでなく,この暑さでは,無理してつけた花にも精彩がない

ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年8月8日

のも多いけれど,そんななか,1991年作出の古いイングリッシュローズのエヴリンが顔をしっかりあげて美しい花をつけていました.

ER エヴリン,2019年8月8日
ER エヴリン,2019年8月8日

(エヴリンはオースチンローズのカタログによると暖地向きとか)

イングリッシュローズが咲きすすみました

ここ数年真っ先に咲くイングリッシュローズは,植え場所がわが家で最も陽あたりの良いところに植わっていることもあるかも知れないけれどパットオースチン.

ER パット・オースチン,2019年5月25日
ER パット・オースチン,2019年5月25日

先週は開花する感じがしなかったけれど,イングリッシュローズのなかでは一番好きなウィリアムシェークスピア2000が,開花して咲き進んで最終段階の花で,魅力的なカップ(&ソーサー)咲きが見られなかったけれど,一緒に咲かせるクレマチスが見つかって良かった.

ER ウィリアムシェークスピア2000,C. ベル・オブ・ウォーキング,2019年6月2日
ER ウィリアムシェークスピア2000,C. ベル・オブ・ウォーキング,2019年6月2日

素晴らしいオールドローズ香.

玄関周りに香りのある花木集めていて,イングリッシュローズのなかでも特に香りが素晴らしいエヴリンを玄関側のローズポット5鉢のなかの2鉢にして置いていたけれど,今年のライラックブームで,エヴリンはメインガーデン奥のサンセットグロウのオベリスクの両脇に移動させて,代わりにライラック・センセーション植えたけれど,そのエヴリンが開花.

ER エヴリン,CL サンセットグロウ,2019年6月2日
ER エヴリン,CL サンセットグロウ,2019年6月2日

香水会社のシンボルローズになっているという先入観なしでも分かる素晴らしい香りだけれど,花色もアプリコット系のなかでもピンクが入ったり,レモンイエローになったり,開花時期によって微妙にニュアンス変えて,しかもプリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント

ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日
ER プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケント,2019年6月2日

と一二を争う大輪花(重い花のために枝がしなって地面に倒れるので支柱で支えました).

花付きと返り咲き性,美しさ,香り,丈夫さ,どれをとっても問題なく,個人的にイングリッシュローズのベストと思うジュビリーセレブレーション

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

はデッキの上にポット3つ並べて,バラの生垣に.

ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日
ER ジュビリー・セレブレーション,2019年6月2日

上の写真,デッキの先に見える赤い薔薇は,つる薔薇として育てることにしたフォルスタッフ.

ER フォールスタッフ,2019年6月2日
ER フォールスタッフ,2019年6月2日

花色そのものはクリムゾンレッドの花色のなかでベストと言われていたウィリアムシェークスピア2000を凌ぐ感じ.

バックヤードではグラハム・トーマスが開花.

ER グラハム・トーマス,2019年6月2日
ER グラハム・トーマス,2019年6月2日

グラハムは大型化するので本当はつる薔薇として堤防側で育てたいのだけれど,ずっと不調で陽あたり良すぎるのも水切れで不調になったり枯れたりする原因かもと思って午前中しか陽のあたらないバックヤードで療養中.

バックヤードではもうひとつのイングリッシュローズのマリネットが開花中.

ER マリネット,2019年6月2日
ER マリネット,2019年6月2日

この個性的なイングリッシュローズは不調でなくて,むしろ好調なのだけれど,適当な植え場所なくて,とりあえずここに.

バックヤードの入口ではイングリッシュローズでないけれど,泰山木に沿わせているニュードーンが開花.

CL ニュードーン,2019年6月2日
CL ニュードーン,2019年6月2日

泰山木はニュードーンのせいかどうか分からないけれど完全に枯れてしまって,手前に新世代の木蓮のクレオパトラ植えているけれど,ニュードーンを今後どうしたものか.ニュードーンの棘があまりに凄いので引退させようかと思っているけれど,つる薔薇の棘が凄いのはあたりまえか.

堤防側に植えている薔薇は,イングリッシュローズに限らず咲いていなくて,唯一,遅咲きのフレンチローズのジェネラシオンジャルダンに花が一つ.

S. ジェネラシオン・ジャルダン,2019年6月2日
S. ジェネラシオン・ジャルダン,2019年6月2日

ジェネラシオン春になって,シュートの一つが枯れて,去年の夏の酷暑の影響かと思ったら,株元テッポウムシに喰われていたけれど,深植えしていて別のシュートが残って助かった.

堤防側には,つる薔薇やランブラーなど大型の薔薇植えているので,花が咲くのも遅いと思うけれど,そういえばわが家で最大のランブラーがこの一週間で一気に開花した

R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月2日
R. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー,2019年6月2日

ので,堤防側のつる薔薇・ランブラーも来週には咲くかも.

青い花と紅い花

暑かった今年の夏,返り咲きしたアポイキキョウの青い花は涼しげ.

アポイキキョウ
アポイキキョウ

絞りの花はもっと涼しげ.

絞り咲きアポイキキョウ
絞り咲きアポイキキョウ

玄関のウィリアム・シェークスピア2000と組ませるクレマチス,パテンス系八重の青~藤色の品種いろいろ試して,去年購入植え付けした,ベル・オブ・ウォーキングも開花.

ベルオブウォーキング
ベルオブウォーキング

最初玄関側に植えていたプリンセス・ダイアナ.陽当たり必要のようで南側の花壇に移動していたのも返り咲き.

プリンセス・ダイアナ
プリンセス・ダイアナ

夏の暑さで焼けていたクリムゾン・レッドのフォールスタッフ

フォールスタッフ
フォールスタッフ

も美しい秋花

フォールスタッフ
フォールスタッフ

の始まり.

8年目と10年目

2009年8月12日にガーデンセンターで3割引きになっていた薔薇苗の中から見つけて購入したフォールスタッフ.

同じクリムゾンレッドの花色で,わが家で主力のイングリッシュローズのウィリアム・シェークスピア2000がつる薔薇的に生長しないで四季咲き薔薇として生長する珍しいイングリッシュローズであるのに対して,シュラブ本来の直立性の樹形でつる薔薇としても育てられるのだけれど,買ったときはイングリッシュローズのクリムゾンレッドの薔薇のコレクションとしてしか考えていなくて,適当な植え場所見つからず,その特性を活かす使い方もできなかった.

イングリッシュローズにのめり込んだとき,David Austinの

  • The English Roses (2011)

買って読んだけれど,この本は毎年無料で送ってくれるイングリッシュローズのカタログとあまり内容的に変わりなくて,有料大版カタログという感じだったけれど,去年買った

  • Old Roses (2013)
  • Climbing and Rambler Roses (2016)

読んで,イングリッシュローズというか薔薇に対する考え方が根本的に変わって,

「これから薔薇はつる薔薇として仕立てて行こう」

ということにして,フォールスタッフは玄関から庭へのコーナーに植えて,つる薔薇として育てることにしたのだけれど

ER フォールスタッフ,2017年8月11日
ER フォールスタッフ,2017年8月11日

半軒下の雨があまりかからない場所に植えたのが良かったのか,8年目の今年はすこぶる調子がよくて,まっすぐ直立性につる薔薇的に生長しているけれど,四季咲き薔薇的にすでに3番花で繰り返しよく咲いているだけでなくて,幾重にも重なった花弁の中央に金色の蘂をのぞかせて素晴らしい(ただ,若干香りが弱い).

ER フォールスタッフ,2017年8月11日
ER フォールスタッフ,2017年8月11日

ここは以前,つる薔薇サンセットグロウ植えて枯らした場所だけれど,玄関から庭への入口のシンボルローズとしてこれから大きく生長していって欲しい.

ER フォールスタッフ,2017年8月11日
ER フォールスタッフ,2017年8月11日

2017年8月10日で,わんこさん家にお迎えしてちょうど10年.

今年はヘルニアになって手術したけれど,これからも健康で長生きしてね.

トリミング行ってもらったスカーフ,今回はピーチサンダル,浮き袋,エンジェルフィッシュ,ヒトデの柄
トリミング行ってもらったスカーフ,今回はピーチサンダル,浮き袋,エンジェルフィッシュ,ヒトデの柄
大好き
大好き
Love!
Love!

つる薔薇の生け垣

樹形的に木立ち薔薇でせいぜい樹高1.5 mにとどまるお利口さんのウィリアムシェークスピア2000

ウィリアムシェークスピア2000,2017年6月18日
ウィリアムシェークスピア2000,2017年6月18日

を別として,イングリシュローズ

ER ベンジャミン・ブリテン,2017年6月3日
ER ベンジャミン・ブリテン,2017年6月3日

やフレンチローズ

S. ジェネラシオン・ジャルダン,2017年6月25日
S. ジェネラシオン・ジャルダン,2017年6月25日

の多くのものは樹形的にシュラブに分類されるので,ほっておくとどんどん上に大きくなって,つる薔薇的に2 mオーバーに生長していき花がつかなくなる.

今までは四季咲きしてこそ薔薇と思っていたので,つる薔薇的に育って欲しくないところがあったけれど,色々と考えるところあって,これからはつる薔薇として生長して庭を立体的に彩ってもらうことにして,一番花が終わっても切り戻さず,花がらだけとっていたけれど,

赤いつる薔薇として期待して,玄関から庭へのコーナーに移植したのは,すでに二番花がついていて,四季咲き薔薇しているし,

ER フォルスタッフ,2017年6月26日
ER フォルスタッフ,2017年6月26日

南側のボーダーに移植したフレンチローズも,花付きはいいけれど

S. ビェドゥー,2017年6月18日
S. ビェドゥー,2017年6月18日

木立ち薔薇の雰囲気で,去年のように,つる薔薇として上に生長する気配がなくて思うように育てられていない.

2009年12月にようやく入手できてお迎えし,それからずっと地植えにして,つる薔薇として生長して欲しかったイングリッシュローズ

ER グラハムトーマス,2017年6月18日
ER グラハムトーマス,2017年6月18日

は,地植えで調子が悪かったのが,去年くらいからようやく回復しつつあって,二番花がついていないので,つる薔薇的に生長するかもだけれど,

このかたの息子で,つる薔薇としての適性が高いということで今年お迎えした花は,

ER ピルグリム,2017年6月4日
ER ピルグリム,2017年6月4日

花付きいいけれど,つる薔薇として生長してくれるのか.

うまくいくと南側のボーダーは,木蓮2本挟んで,高さ2 mのつる薔薇の生け垣になる予定なのだけれど.