タグ別アーカイブ: ラウリンゼ

冬の薔薇と多肉

今年の冬はどうもカワアイサ(川秋沙)さんがやって来ないような感じで,原因としては,川の水位が低くて文字通り「広瀬」川状態で川底の石がところどころ水面に顔をだしていて,水中に潜って魚をとるカワアイサさんは来ないみたい.それどころか冬になると下流から移動してくるカイツブリさんも来ていない.

初雪が降って山には雪が積もっているので,薔薇のシーズンは終わりでアイスバーグを別にしてピンクの薔薇ばかり咲いている.

ER エヴリン,2019年12月7日
ER エヴリン,2019年12月7日
CL ニュードーン,2019年12月7日
CL ニュードーン,2019年12月7日

寒さに負けず豪華に咲くイングリッシュローズの今年最後の花

ER ジュビリーセレブレーション,2019年12月7日
ER ジュビリーセレブレーション,2019年12月7日

も素晴らしいけれど,可憐なオールドローズの花

N ブラッシュノアゼット,2019年12月7日
N ブラッシュノアゼット,2019年12月7日

の存在感が張り詰めた冬の朝の空気の中で素晴らしい.

パット・オースチンとブルー・ムーン・ストーンの蕾はこのまま開かずに終わるような感じで,プリンセス・アレクサンドラ・オブ・ケントとラプソディー・イン・ブルーは開くかもしれない.

薔薇はもっと手入れしないと駄目で,そのために数を減らすべきなんだけれど,多肉の方は私の場合,下手に手入れするより放置しているほうが良いみたいで,今年初開花したアルブカ

アルブカ・コンコルディアナ
アルブカ・コンコルディアナ,2019年3月16日

は花後に水もあげずにバックヤードの軒下に放置していて,そのまま枯れていたけれど,今年も秋になったら水なしの乾いた鉢から芽数が増えて芽吹いて来ていたので,水をあげてデッキに持ってきていたのが生長中.

アルブカ・コンコルディアナ,2019年12月7日
アルブカ・コンコルディアナ,2019年12月7日

今年の春に出先から持ち帰り,2階のベランダで夏の間,水やり忘れて放置していたエケベリアも枯れることなく,今冬の葉色の透明感が今ひとつだけれど,順調に生長中.

エケベリア・カンテ,2019年12月8日
エケベリア・カンテ,2019年12月8日
エケベリア・ラウリンゼ,2019年12月8日
エケベリア・ラウリンゼ,2019年12月8日

デッキの水苔とらないと…

 

エケベリア・カンテに水やり

2017年4月に購入したエケベリア カンテ.

E. カンテ,2017年4月21日
E. カンテ,2017年4月21日

お盆休みに帰省したときに,高温で風通しのない室内に放置していて枯らした…

カンテの場合,青磁を思わせる葉色とピンクの覆輪のコントラストが特に冬に抜群に美しく,もう一度育てたいと思っていたけれど,運良く2017年秋に再度入手することが出来て,ついでに購入したラウリンゼと一緒に,今度は陶器鉢で育てることに.

エケベリア カンテとラウイー,2017年11月19日
エケベリア カンテとラウリンゼ,2017年11月19日

日陰者のハオルチアと違って,エケベリアの場合は陽にあてないといけないので,写真撮ったあと,ずっとベランダに放置していて,2018年夏に帰省したときにはなんとか枯らさずすんだけれど,お盆休みの出先のベランダの酷暑で枯らすの嫌なので,ハオルチアは自宅で育てることにして,2019年春に連れ帰り,適当な陶器鉢がなかったので,いけてるジャーマンポットに鉢増しして2階のベランダの手すりの半日陰に置くことに.

ところが,6月に一度水やりしたのを最後に,ずっと忘れて放置していて,今回帰ったら水切れできっと枯れていると思って恐れていたけれど,

エケベリア カンテとラウリンゼ,2019年8月12日
エケベリア カンテとラウリンゼ,2019年8月12日

無事でした.

たぶん私の場合は,「何もしないのが一番植物のため」なのかも知れないけれど,とりあえず今日水やりしました.

冬に美しさを増すエケベリアと冬型球根コンコルディアナ

冬とくに葉色の美しさが増すエケベリア.

エケベリア・カンテ
エケベリア・カンテ
エケベリア・ラウリンゼ
エケベリア・ラウリンゼ

毎年枯らすけれど冬になると復活する南アフリカ球根系植物アルブカ・コンコルディアナ.今年は一芽増えている.

アルブカ・コンコルディアナ
アルブカ・コンコルディアナ