タグ別アーカイブ: 円空

クレマチス円空と糊空木ストロベリーブロッサム

玄関脇で早咲き大輪系のクレマチス円空の二番花が咲きました。

円空,2021/09/12
円空,2021/09/12

円空は,わが家では一季咲きのフレッダ以外では四季咲きクレマチスのトップで咲き,陽あたりの良い南側のラッティスフェンスに植えている苗は既に三番花が咲いているのですが,

円空,2021/09/02
円空,2021/09/02

陽あたりの良くない北側道路の玄関側ではようやく二番花です。

返り咲く回数が少ないだけなら,この美しい青のクレマチスを,目に触れる機会の多い玄関側に植えていても良いのですが,2 m以上に伸びるパテンス系のクレマチスをきちんと誘引するのは今使っているミニオベリスクでは無理です。

春先に芽吹いたのを,くるくるとミニオベリスクに巻いて仕立てようとしましたが,円空さんは真っ直ぐに生きたいみたいで,庭を離れている間に一直線に伸びてトップに達して行き場所がなくなって,トップから垂れ下がって,ぶらぶらと花をつけていて通行するのにも邪魔なので

円空,2021/09/12
円空,2021/09/12

カットして切り花にしました。

実生で育てている絞り咲きアポイ桔梗,今年は花がつかないと思った苗も,あとから蕾をあげてきて咲いています。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/12
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/12

親苗の方は花が終わりかけていて,何か切り花にできる花がないかと妻が言うので,糊空木

ストロベリーブロッサムとミケリテ,2021/09/10
ストロベリーブロッサムとミケリテ,2021/09/10

の垂れている花穂を2つカットして,支柱とったら折れている花穂が1つあって,結局3つ花穂をカットして,

ストロベリーブロッサム,2021/09/12
ストロベリーブロッサム,2021/09/12

クレマチス円空と,勝手口のアーチに移植するために蕾のままカットして花瓶で開花したクレマチス流星と一緒に活けました。

クレマチス流星と円空,絞り咲きアポイキキョウ,糊空木ストロベリーブロッサム,2021/09/12
クレマチス流星と円空,絞り咲きアポイキキョウ,糊空木ストロベリーブロッサム,2021/09/12

白と青

2017年10月にお迎えしたアポイ桔梗フェアリースノー。

大型化するふつうの桔梗に比べてアポイ桔梗は小さいけれど,フェアリースノーはさらに小さいということで,わたしの庭づくりの原点の玄関脇のツバキ羽衣の前の狭スペースに植えていた。

初夏に咲き盛夏は休んで涼しくなると返り咲きするふつうの桔梗と違って,わが家のフェアリースノーは初夏しか咲かず,植え場所の陽あたり良くないけれど,もともと返り咲きしない品種かと思っていたけれど,年々大きくなって今年は立派に返り咲きしました。

アポイキキョウ・フェアリースノー,2021/09/03
アポイキキョウ・フェアリースノー,2021/09/03

脇では庭で増殖中の大好きな野草のゲンノショウコ(現の証拠)も開花してロケット型の鞘から種を飛ばす準備も出来ています。

ゲンノショウコ,2021/09/03
ゲンノショウコ,2021/09/03

花の大きさこそ違うけれど,フェアリースノーと同じように白地に青筋の入る美花。

ゲンノショウコ,2021/09/02
ゲンノショウコ,2021/09/02

今年4月に,昨年採っておいた種を蒔いて育てた絞り咲きアポイ桔梗。咲き始めたのが少し遅かったので今年は一季咲きですが,次々に白地に青の絞り花が開花しています。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/02
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

元苗が年々絞りが弱くなって吹っかけ絞りと絞りのない青花になっていったので,種採って実生で育てましたが,子苗はみんな素晴らしい絞り花。

2015年10月に2苗組みで庭にお迎えして,2016年に最初に開花したときから絞り咲きしなかった方のアポイ桔梗。

こちらは,ときどき弱い吹っかけ絞りの花が混じるようになり,去年くらいから八重の花が混じるようになってきました。

絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03
絞り咲きアポイキキョウ,2021/09/03

子苗ウリハムシに喰われたとき,親苗に薬かけなかったので,ウリハムシに喰われているけれど,チューリップでもツバキでも,絞りはウィルスに感染しておこるので,アポイ桔梗絞り咲きにしたのはウリハムシがウイルス媒介したからかも。

2010年5月に庭にお迎えしたアイスバーグの純白の三番花が開花しました。

アイスバーグ,2021/09/03
アイスバーグ,2021/09/03

この花買ったのはガーデンセンターにおいてあったポット植えの花が,白でなくて薄いピンクを帯びてツバキ羽衣のように美しい色

アイスバーグ,2010/05/02
アイスバーグ,2010/05/02

だったからですが,翌年からふつうの白薔薇となって,しかも耐病性が弱くて黒星だらけで,まともに返り咲くこともなかったのですが,ここ数年耐病性がめざましく向上してきて四季咲きするようになり(つるアイスバーグだったので返り咲き品種),それとともに私自身もこの玄人受けする純白の薔薇の良さが分かるようになってきました。

アイスバーグのわきの,つる薔薇サンセットグロウのオベリスクでは,2009年12月にお迎えした青真珠という名のクレマチスの二番花が咲いています。

パールダズール,2021/09/03
パールダズール,2021/09/03

素晴らしい青だけれど,ちょっと大味。

わが家のクレマチスの中では最も良く返り咲きする早咲き大輪系のクレマチスの三番花も咲きました。

円空,2021/09/02
円空,2021/09/02

このクレマチス,最初に買って1年で枯らしたパテンス系八重のクレマチス新紫玉の青紫花が忘れられなくて,同じナーセリーの新花として販売されたの2014年10月に買って植えたのですが,数年間ほとんど花がつかず,花が咲いても一季咲きでパテンス系のクレマチス育てるの難しいと思ったのですが,今ではわが家でもっとも良く咲くクレマチスで,挿し木でどんどん増えるので,もっとも数が多いクレマチスになりました。

夏の強い日射しのなかで

北側玄関脇のミニオベリスクに3本植えにしている早咲き大輪系のクレマチス。去年は花付き良く返り咲きしたのですが,今年は伸長しても花が咲かず,梅雨があけてからようやく最初の花が一つ咲きました。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/23

今年はパテンス系はみんな不調で花付きが悪いのですが,それでも南側に植えているのは二番花が2週間前に咲いているので,陽あたりの良い南側に移植しようかと思いましたが,美しい花色なのでやっぱりここに置いておくことにします。

リビングの腰高窓の前にハーフアーチ設置して植えたイングリッシュローズのパット・オースチン。二番花の最初の花はいつもの素晴らしいカッパー・オレンジの花色で咲きましたが,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

二番花の最後の花は夏の強い日射しでピンクの花色になり,

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/24

まるで違う薔薇のようです。

ハーフアーチの後ろに見える,今年絶好調のダイアナさんは6月4日に一番花が咲き,高いところの花柄取らなかったので二番花はアーチのてっぺんで,一番花のイソギンチャクのような花柄と一緒に咲いていて不思議な光景ですが,夏の強い日射しに負けないビビッドピンクの花色で,まだまだ蕾もたくさんあります。

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/07/24
クレマチスTx. プリンセス・ダイアナ,2021/07/24

パット・オースチンと同じオレンジのイングリッシュローズのレディー・オブ・シャーロット。パット・オースチンに花色の点では,はるかに及びませんが二番花は同じ強い日射しのなかでも花色があまり変化しません。

イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25
イングリッシュローズ,レディー・オブ・シャーロット,2021/07/25

つる薔薇なのに四季咲きする,私にとって大切な想いのある薔薇の二番花も咲きました。この花色は子供の頃の夏休み入ってすぐの悲しい出来事があった日のことを想い出させる,その日に実家の庭で咲いていた,お別れにしたノウゼンカズラの花色と同じ花色です。

つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25
つるバラ,サンセット・グロウ,2021/07/25

アイスバーグの二番花も強い夏の日射しをよせつけない純白で咲いています。

フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24
フロリバンダローズ,アイスバーグ,2021/07/24

この薔薇は12年前に,アイスバーグにしては珍しいように思えるうっすらピンクを帯びた白の花色に魅せられてお迎えしたのですが,数年したら本来の氷河の白の花色になり,ここ数年は耐病性が来た時とは比べものにならないくらいアップして,もともと,つるアイスバーグで返り咲きだったのが四季咲きするフロリバンダになりました。

アイスバーグの隣では,同じように12年前にうちの庭にお迎えしたセプタード・アイルの二番花も,強い日射しに色褪せずにソフトピンクの優しい花色で咲いています。

イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24
イングリッシュローズ,セプタードアイル,2021/07/24

この薔薇は数年前接ぎ目の少し上を鉄砲虫に喰い抜かれて枯れると思ったのですが,傷跡はそのままですがこうして毎年繰り返し美しい花を咲かせてくれています。

今年不調なクレマチスと最後に咲いたクレマチス

早咲き大輪系クレマチスの二番花が咲いています。

クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11
クレマチスPa.D. 円空,2021/07/11

今年はパテンス系の円空とベル・オブ・ウォーキングが不調で,どちらも南側の株は早咲き系らしく5月に少し花をつけました

クレマチス・円空,2021/05/09
クレマチスPa.D. 円空,2021/05/09

が,北側の株は成長するだけで葉は茂っても花を全くつけません(肥料あげなかった?)。

フロリダ系のヴィエネッタはもともと気まぐれなところがありますが,今年絶好調のテキセンシス系のプリンセス・ダイアナ

クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04
クレマチス(Tx);プリンセス・ダイアナ,2021/06/04

に遅れて少し花をつけました。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/06/05

このとき芽吹いていなくて枯れたと思った,わが家の北西端に植えている株が,ビェネッタには良くあることですが,その後スギナの中から芽吹いてきて成長して花付きよく開花しています。

クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10
クレマチス(F);ビェネッタ,2021/07/10

ジャックマニー系のガブリエルは枯れてはいないのですが,未だ開花せず(今年は開花しない?),多分今年わが家のクレマチスの開花の最後となる花が咲き始めました。

クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11
クレマチスTx-Vi,会津の風,2021/07/11

わが家のクレマチス,最近は早咲き大輪で薔薇と競演でき,強健な(以前は栽培が難しいと思っていた)パテンス系とフロリダ系が中心なのですが,会津の風は10年前に壺型クレマチスに凝っていたとき買って1年で枯れたけれど,最も魅せられたキングス・ドリーム(どんな夢?)

クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日
クレマチスVi,キングス・ドリーム,2011年7月8日

もう一度育てたいとず~と思っていて,たまたま会員になっている種苗店のカタログにのっていた新品種?の会津の風がキングス・ドリームに似ていると思って,注文して育てています。

壺型クレマチスでわが家に唯一残っていたポンパドールピンクは,堆肥つくろうとしていた土嚢を,枯れた泰山木の脇にポンパドールピンク植わっているの忘れて置いていて,気付いて土嚢除けたときは手遅れで,結局今春消えました...

昨年春,雑草と一緒に引き抜いて不調だった涼しげな名前のゲラニウム・サマースノーの二番花も花付き良く開花しています。

ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11
ゲラニウム,サマースノー,2021/07/11

わが家にけっこうな数が自生している野草のゲンノショウコと花は似ていますが,花付きが良いのと繰り返し咲いてくれるのが素敵です。

高温と雨で咲いてもすぐに崩れていく庭の薔薇の中で,先週咲き始めたパット・オースチンの二番花が美しい花を保っています。

イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11
イングリッシュローズ,パット・オースチン,2021/07/11

庭の薔薇と違って,軒下で雨がそれほどかからないのが関係していると思いますが,2009年8月にお迎えして12年,過酷なわが家の環境で耐病性を改善していったのが大きいと思います。

(今気付いたけれど,花の上の茎にチュウレンジハバチの母さんが,いつもの逆立ち産卵中だった)

2番目に咲いたクレマチスと薔薇

昨日は午後から大荒れの天気。ポットに挿しただけのオベリスクは次々と倒れ,風の影響が最も強かった玄関側で,せっかく花芽をつけていたウィリアムのシュートが付け根から何本も折れてました。

庭を見回っていたら,早咲き大輪系クレマチスが今年もクレマチスの2番目に開花していました。

クレマチス・円空,2021/05/09
パテンス系D.クレマチス,円空,2021/05/09

つる薔薇として育てることにした木立薔薇も,太く逞しく育って,ハーフオベリスクに誘引していたからか暴風の影響を受けずに今朝に薔薇の2番目で開花。

イングリッシュローズ・パットオースチン,2021/05/09
イングリッシュローズ,パットオースチン,2021/05/10