草の根 のすべての投稿

花と野鳥が好き

環境保全区域で家を建てるには(3)

仙台市における環境保全区域は

「広瀬川の流水域及びこれと一体をなして良好な自然的環境を形成していると認められる区域」

図1 自然崖を形成した広い河床を流れる清流に周囲の緑が映える広瀬川の景観(Google Earthより)
図1 自然崖を形成した広い河床を流れる清流に周囲の緑が映える広瀬川の環境保全区域(Google Earthより)

と定義されている(広瀬川の清流を守る条例第8条第2項).

環境保全区域では一定の割合(保全率)以上の土地を空地(保全用地)

図1 保全用地とは(条例環境保全区域のあらまし,2018年6月版をもとに作成)
図2 保全用地とは(広瀬川の清流を守る条例,環境保全区域のあらまし,2018年6月版をもとに作成)

として,土のままで植物が植わっているか,すぐに植えられる状態で残す必要があり,建築物や工作物の築造に制限がある.

図2 環境保全区域とそうでない区域の違い
図2 環境保全区域とそうでない区域の違い(広瀬川の清流を守る条例,環境保全区域のあらまし,2018年6月版をもとに作成)

保全用地のことを考えるうえで樹木の役割がとても大切なのでこのことについてもう少し見てみましょう.

土地ができたばかりのときは草木が1本もない裸地の状態で,この状態(図3左)を基準に考える.

時間がたつと土地は草原となり,やがて樹木が生長した土地(図3中)となる.

植物は細胞そのものに水を溜めることができるだけでなく,葉や根を展開した樹木は巨大なスポンジとなり裸地に比べて格段の「保水力」がある.また,深く広く張った根は土地の「透水力」を高め,雨水は地中深く浸透して洪水の被害を小さくするとともに,根から吸い上げられた水は光合成により空気中の「炭酸ガスを吸収」し「酸素を放出」し,大気汚染や地球温暖化に対する極めて効率的な対策となる.

樹木の根は保水力を向上させるだけでなく,地滑りを防ぎ,根から吸い上げた水が葉から蒸散することで,樹影による効果に加えて,さらに地温を下げる.

植物の育った緑の土地は,人のストレスをやわらげ,病気からの回復を早めるだけでなく,多種多様な動物が暮らすようになり,生物の多様性は,病原性の細菌の繁殖や感染症,伝染病の抑制につながる.

しかしながら,手つかずの自然もやがて,人間によって開発され,自然環境を残した環境保全区域以外では,建築物や工作物など人工物に置き換わる都市化の波が押し寄せる(図3右).

都市化した人間の暮らしは大量の炭酸ガスを放出し,コンクリートやアスファルトで固められた人工地盤は,地温の上昇によるヒートアイランド現象により,さらなる炭酸ガスの放出につながり,地球温暖化による気候変動での豪雨災害をもたらし,保水力・透水力を失った人工地盤は異常気象による洪水被害を大きくさせるだけでなく,内地浸水など人工的な下水設備の限界による豪雨災害や地滑りなどにより被害を甚大なものとする.

図3.土地の変化と自然環境(裸地,保全用地,都市化のイラストは,広瀬川の清流を守る条例,環境保全区域のあらまし,2018年6月版のものをもとに作成)
図3.土地の変化と自然環境(裸地,保全用地,都市化のイラストは,広瀬川の清流を守る条例,環境保全区域のあらまし,2018年6月版のものをもとに作成)

都市化による人口の集中は,過密な生活によるストレスの増大だけでなく,大気汚染や病原性の細菌,感染症の蔓延をもたらし,パリ協定を離脱したトランプ元大統領のアメリカやアマゾンを乱開発して異常気象に見舞われているブラジルが,コロナ感染症者数の世界でのトップを占め,東京,大阪,愛知といった大都市が緊急事態宣言になるのも,人口が多いだけでなく自然環境がなく多様な生物が暮らす樹木をなくしたからなのかも知れません.

大都市は良好な交通網,医療機関,文化設備,娯楽設備などのインフラをもっているけれど,18世紀には,すでに一部の都市計画者たちは,もっとも大切な都市のインフラの一つは樹木であり,市民の健康な暮らしを守るには,自然環境,とりわけ樹木のある自然環境の保護は決定的に重要であることに気付きました(末尾のYoutube参照).

仙台では,今から約400年前の江戸時代,仙台藩祖伊達政宗公が,家臣たちに,屋敷内には飢餓に備えて,栗・梅・柿などの実のなる木を,敷地境界には杉を植えるように奨め,こうしてできた屋敷林と広瀬川の河畔や青葉山の緑が一体となって,街全体が緑に包まれた「杜の都」となりました

1945年の仙台空襲で,まちの緑は焼けてなくなってしまいましたが,その後の復興により緑が回復しましたが,

1974年に「都市化の進展は著しく,このまま放置すれば広瀬川の清流は奪い去られようとしている。この市民共有の財産である美しい広瀬川の清流を保全して次代に引き継ぐことは,われわれに課せられた重大な責務である。」

として,「広瀬川の清流を守る条例」を制定し現在にいたるのですが,いま再び広瀬川の自然環境が,宮城県知事の作った,これまで何十年にもわたって保全されてきた樹木を伐採し,アスファルトで地面全体を固めて作った大規模(9000平方メートル以上)人工芝グラウンドにより大きく損ねられようとしているのです.


この記事は,下記のTED-EdのYoutube動画(日本語字幕あり)を参考に書きました.

木を全て切り倒した都市に何が起こったか

環境保全区域で家を建てるには:番外編(2)

宮城第一高第二グラウンドの違法性について指摘しておりますが,伐採に関して2021/02/03付けで再度,違法でないという回答が来ましたので下記のように再度違法性を指摘しました.


[仙台市長]伐採された樹木につきましては、伐採した本数と同数の代替樹木が第二種環境保全区域内に植栽されており、広瀬川の清流を守る条例に基づく自然的環境の回復を図る措置が講じられております。


当該建築敷地(図2青枠内)においては,環境保全区域の川岸側に接した当該建築敷地における自然的環境の回復を図る,

  • 代替樹の植樹
  • 生垣の設置
  • 壁面緑化
  • 屋上緑化

等の措置は一切講じられておりません(図1).

以前の税務大学校の校舎のように,条例に従って川岸と反対の道路側に設置すべき建築物であるトイレと倉庫を,樹木(下の画像参照)を違法に伐採して更地化して保全緑地内に設置して環境破壊,2020年11月28日
図1 第2種環境保全区域において保全されてきた樹木を伐採し築造されたトイレと倉庫.自然的環境を回復する措置は一切講じられていない.2020年11月28日

また,グラウンド敷地の第2種環境保全区域ほぼ全面をアスファルト舗装して人工芝を施工,または,上記建築物等工作物を設置しており,保全率は5%程度で規定の24%にとおく及ばない大規模環境破壊の違法グラウンドを造成して(図2)

  • アスファルト舗装基盤の人工芝グラウンドは工作物ではない
  • 高さ5m以下の塀は工作物ではない
  • 高さ15m以下の塀は鉄柱(+防球ネット)であり工作物でない(次項参照)
  • 高さ5m超の照明灯は公共のためのもので工作物ではない(次項参照)

これらは市では工作物としないので,工作物に係わる敷地から除外でき,保全率の規定は,市の指定した工作物のみに関する敷地面積に対して規定される,として当該地区の環境破壊を放置しているのはすでに指摘したとおりです。

図5 宮城県が行ったグラウンド造成工事.グラウンド南東部の樹高10m以上の樹木(図1参照)を建築物を建てることで伐採し,代替樹は南側の川沿いの既存保全用地中央部に5本,東側に2本,樹高2m程度の樹木を植樹したが,図の灰色で示す従来土のグラウンドとして保全されてきた用地(図4)ほぼ全面をアスファルトで舗装して「植物が育たない不毛の土地」にし,第2種環境保全区域内(図中の黒線より南側)に関しては保全率6%以下で保全率の最低基準の24%に大幅に不足した「違法グラウンド」を造成した.(仙台市に情報開示を請求して得た敷地構成図をGoogle Mapの衛星写真に重ねて作成)
図2 宮城第一高第二グラウンド.土のグラウンドとして保全されてきたグラウンド用地ほぼ全面をアスファルトで舗装し,最低基準の24%に大幅に不足した保全率5%の「人工芝グラウンド」(画像右隣の国家公務員宿舎は保全率60%で宮城県の環境破壊の悪質性が際立つ,仙台市に情報開示を請求して得た敷地構成図をGoogle Mapの衛星写真に重ねて作成)

[仙台市長]防球ネットにつきましては125日に回答致しましたとおりであり、


指摘したもの(図3)と同等のものは,「野球場」によく設置されておりますが「防球ネット」とは呼ばず「フェンス(塀)」とよんでおります.

塀,柵(図3後方に見える2本の鉄柱間に鉄パイプをわたしたもの),鉄柱等は,広瀬川の清流を守る条例第9条の規定により許可が必要な工作物であり,許可なく築造すると条例第19条の規定により5万円以下の罰金に処せられます.

また,(支柱により土地に定着した)ネットそのものは,広瀬川に生育する野鳥を殺傷する自然的環境に悪影響を及ぼす危険な「工作物」にあたるため,第2種環境保全区域にむやみに設置することはできず,野鳥等の動物がネットに絡まり傷ついたり死亡した場合は,野生動物にとって危険なネットを許可なく大規模に環境保全区域に設置したものは,「動物の愛護及び管理に関する法律」の動物虐待罪により刑事責任を問われる場合があります.

図5 グラウンド東西北面を取り囲む柵(高さ10m超)と照明搭(高さ5m超),2021/01/11撮影
図3 仙台市が「防球ネット」と呼んでいる,グラウンド敷地東西北面を取り囲むフェンス(高さ10m超)とグランド利用者でなく「公共のため」と言っている周辺住宅への光漏れ防止フードつきの照明搭(高さ5m超),2021/01/11撮影

[仙台市長]照明灯につきましては、条例において公共の用に供するものであることから許可不要となります。


グラウンド西側に3ヶ所,北側に3ヶ所設置されております高さ5236 mmの照明灯(岩崎電気 E50059/NSAN9)に関しましては,図4に拡大してお見せするように,公共スペース(道路・住宅側)に光が漏れないように「遮光板」が設けられており,公共の用に供するものではなく,また,公共の用に供するものであったとしても,広瀬川の清流を守る条例第9条の規定により,災害時の応急処置等で行われる場合以外は,築造にあたって許可が必要であり,違反すると条例第19条の規定により,5万円以下の罰金に処せられます.

グラウンド敷地内に設置された照明灯,公共スペース側に光が漏れないように遮光板が設けられている
図4 グラウンド敷地内に設置された照明灯,公共スペース側に光が漏れないように遮光板が設けられている.また照明灯の後ろに見える2本の鉄柱間にパイプをわたしたものは「柵」にあたる.

環境保全区域で家を建てるには:番外編

宮城第一高第二グラウンドの保全率違反を仙台市長に告発したところ,1月25日付けで,


「送信いただいた写真の防球ネットは、広瀬川の清流を守る条例により高さが15m以下の鉄筋コンクリート造の柱、鉄柱、木柱その他これらに類する工作物であり、許可不要となります。」

図5 グラウンド東西北面を取り囲む柵(高さ10m超)と照明搭(高さ5m超),2021/01/11撮影
仙台市長が「フェンス(塀)」でなく「鉄柱」であるとしている(ネットの部分はお見えにならないようである)工作物,2021/01/11撮影

との回答が来ていましたので,以下のように,違法性を改めて指摘しました:

1.「塀」でなく「鉄柱」であるとされるなら,フェンス(塀)としての機能をもたらす「ネット」を取り外させてください.

「ネット」は,グラウンド利用者にとっては,(1)敷地外からの侵入を防ぎ,(2)敷地内からボール等が敷地外に出て行くのを防ぐ,「壁」として機能するメリットがありますが,「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則」で禁止されている「かすみ網」と同じように,広瀬川に生息している貴重な野鳥の生命を奪います.

また,実際に野鳥等の動物がネットに絡まり傷ついたり死亡した場合は,野生動物にとって危険なネットを許可なく大規模に環境保全区域に設置した宮城県知事は,「動物の愛護及び管理に関する法律」の動物虐待罪により刑事責任を問われる場合があります.

2.画像奥に見えますように,隣合うフェンスの頂部間10ヶ所以上に鉄パイプ製の「梁」が渡され,隣合う鉄柱間を固定しておりますが,こちらも(写真の工作物が)「塀」もしくは「柵」でなく「鉄柱」であるとされるなら撤去させてください.

3.鉄柱,塀,柵などは,広瀬川の清流を守る条例施行規則第12条第一号に掲げられている,「工作物」であり,条例第9条にあるように,

  • 非常災害時の応急修理,または
  • 通常の管理行為その他の行為のうち自然的環境の保全に支障を及ぼす恐れがないもの

以外はあらかじめ市長の許可を受けなければならない条例第9条)と定められておりますので,写真の工作物の新築に関しては,規模(高さ)の如何によらず「許可不要」でなく「許可必要(宮城県の場合は通知必要)」にあたると思われます.


仙台市長からの反論が来ましたら,あらためて番外編(2)として続きます

環境保全区域で家を建てるには(2)

環境保全区域で家を建てる場合,特に外構において気をつけるべきポイントについて,前回の「保全率」に引き続き,「樹木の伐採」について,宮城県知事が広瀬川の環境保全区域内(図1)で行ったグラウンド造成工事における伐採の実例とともに紹介します.

図1 自然崖を形成した広い河床を流れる清流に周囲の緑が映える広瀬川の景観(Google Earthより)
図1 宮城県知事が違法と思われる樹木の伐採を行った(画像中央部)広瀬川第二種環境保全区域の自然.河川沿いの樹木は広瀬川の自然環境を構成する重要な要素であるので,河川沿いの土地には,保全用地を最低でも2m川岸沿いにとらなければない制限,川岸沿いの塀に関しては事前に設置の許可を得なければならない制限の他に,樹木の伐採に関しても厳しい制限があり,伐採を許可されても,「(周囲の自然環境を回復するための)代替樹の植樹等」の保全処置を行わなければならない(画像はGoogle Earthより)

まず,「保全率」の復習から.

「保全率」とは,工作物(建築物および建築物以外の工作物)に係わる「敷地」に対する「保全用地」の割合をいいます.

「保全用地」とは「自然的環境の保全のために確保されている土地」(条例施行規則第14条第1項一ロ(1))のことで,裸地(らち,草木が1本もない土地)の他に植物が植わっているか(すぐに)植えられる状態の土地をいいます(図2).

図2 保全用地とは(条例環境保全区域のあらまし,2018年6月版をもとに作成)
図2 保全用地とは(広瀬川の清流を守る条例,環境保全区域のあらまし(2018年6月版)をもとに作成)

土地が出来たばかりのときは裸地(図2左)の状態ですが,時間とともに,草原,樹木の生えた土地(図2右)となります.

開発が制限されている環境保全区域で家を建てるには,

  1. 環境保全の基本である「保全率」の規定をみたす(図3 空地(保全用地)のルール)だけでなく,
  2. 工作物(建築物や,駐車場や通路などの建築物以外の工作物)の築造のために,「樹木の伐採の許可」を得る必要があります.

(この他にも工作物の色,高さ等の規定もあります)

仙台市,環境保全地域による許可基準のあらまし(旧版の記述).2019年11月に,この,○土のままで30%以上確保,×(舗装は不可),の記述を削除
図3 広瀬川の清流を守る条例,環境保全区域のあらまし(2018年6月版)より.

伐採の許可基準は,土地の状況(河川に接している土地かそうでないか,など)や,環境保全区域によって異なります.


それでは,宮城県知事が 2020年度に行った宮城第一高第二グラウンド造成工事における伐採に関して,工事前(図4)後(図5)の土地の変化から見てみましょう.

図4 税務大学時代の敷地.校舎は第2種環境保全区域外の北側敷地内に建築して第2種環境保全地域に関しては保全率はほぼ100%.
図4 宮城県がグラウンド造成工事を行う前.第2種環境保全区域内(ピンクの帯の内側)に関しては保全率100%.グラウンド南東部に15m以上の高木が多数ある(図1参照).(仙台市都市計画情報インターネット提供サービスの地図をGoogle Mapの衛星写真に重ねて作成)
図5 宮城県が行ったグラウンド造成工事.グラウンド南東部の樹高10m以上の樹木(図1参照)を建築物を建てることで伐採し,代替樹は南側の川沿いの既存保全用地中央部に5本,東側に2本,樹高2m程度の樹木を植樹したが,図の灰色で示す従来土のグラウンドとして保全されてきた用地(図4)ほぼ全面をアスファルトで舗装して「植物が育たない不毛の土地」にし,第2種環境保全区域内(図中の黒線より南側)に関しては保全率6%以下で保全率の最低基準の24%に大幅に不足した「違法グラウンド」を造成した.(仙台市に情報開示を請求して得た敷地構成図をGoogle Mapの衛星写真に重ねて作成)
図5 宮城県が行ったグラウンド造成工事.グラウンド南東部の樹高10m以上の樹木(図1参照)を建築物を建てることで伐採し,代替樹は南側の川沿いの既存保全用地中央部に5本,東側に2本,樹高2m程度の樹木を植樹したが,図の灰色で示す従来土のグラウンドとして保全されてきた用地(図4)ほぼ全面をアスファルトで舗装して「植物が育たない不毛の土地」にし,第2種環境保全区域内(図中の黒線より南側)に関しては保全率6%以下で保全率の最低基準の24%に大幅に不足した「違法グラウンド」を造成した.(仙台市に情報開示を請求して得た敷地構成図をGoogle Mapの衛星写真に重ねて作成)

人工芝グラウンドを築造するために,グラウンド敷地ほぼ全面をアスファルト舗装したことで,保全率の規定(24%以上)を大幅に満たしていない(6%以下)違法グラウンドであるのはすでに述べたとおりです.

条例では,グラウンド造成工事を行った敷地のうちの,第二種環境保全区域(6581.90㎡)では3m以上の樹高の(伐採面積が10㎡以上の場合は一切の)樹木は許可なく伐採できず,伐採できる条件を条例施行規則第14条第七項で以下のように(図6)定めています.

図3 木竹の伐採が認められる場合(条例施行規則第14条第七項)
図6 木竹の伐採が認められる場合(条例施行規則第14条第七項.二では学術目的で伐採できるとあるが省略)

この規則では,1行目の,ただし書き以下で「市長が土地の利用上やむを得ないと認めれば,伐採できるとあり」やむを得ないと認める場合を条例施行要領等で明文化しているわけでないので,「市長が認めれば何でもあり」,ですが,宮城県や国が申請する場合,市長の「許可」を得るのでなく,(自分で違法行為にあたらない事を確認のうえ)「通知」することになっており,市長の許可の規定は使えなく(条例第9条第2項),伐採を行うには,イ~二の規定に該当するものとして通知する必要があり,イ,ハ,ニは摘要外ですので,宮城県は

ロの赤下線部 「著しい不整形その他の理由により木竹を伐採しなければ土地の有効利用が図れない場合」

を根拠として,図面上自由に設定できる「建築敷地」を「旗竿地」にして「不整形」を理由(環境保全区域外で伐採なく保全率の制限もなく建設できる更地になっている土地を「旗竿地の竿」の狭い通路に設定して建築できないとし,建築するには,環境保全区域の「旗竿地の旗」の部分の樹木を伐採する必要がある)に伐採の通知をしたとみられます.

この件について,「伐採目的で建築物をこれまで保全されてきた保全緑地内に建てて環境破壊した極めて悪質な行為である」と仙台市長に指摘してきましたが,仙台市長は「建築物をどこに建てるかは事業者の自由であり,他に十分な敷地をもっているとしても,それはプライバシーに属することであるので,そちらに建てるようにとは指導しない.「やむを得ない事情がある」とすれば,伐採は認められる」と回答して平行線をたどっておりましたが,条例施行規則を読みなおすと,伐採の条件として,(図6緑下線

代替樹の植樹等の代替措置が講じられていること

となっておりますが,伐採を申請した建築物に関わる敷地(図5青枠内)に代替樹の植樹,生垣の設置,壁面緑化,屋上緑化等の代替措置が全くとられておらず(図7),違法な伐採となると思われます.

以前の税務大学校の校舎のように,条例に従って川岸と反対の道路側に設置すべき建築物であるトイレと倉庫を,樹木(下の画像参照)を違法に伐採して更地化して保全緑地内に設置して環境破壊,2020年11月28日
図7 伐採した後に建設されたトイレと倉庫.壁面緑化,屋上緑化,生垣植樹等の現地の自然的環境を回復する行為は一切行っておらず,伐採に続いて,「さらなる環境破壊」を行って放置している.

注1 変形地(狭小地)の場合は,保全用地が限られており,敷地内に伐採した樹高10m以上の高木になる樹木を植樹できないので,敷地境界全周への「生垣」造成,「壁面緑化」および「屋上緑化」等により保全用地を増大させるとともに緑化面積を補償しなければ自然回復とならない.


条例の抜け穴を探して,違法行為をしようとしても,違法性を指摘されると,刑事罰に問われ,原状回復できない場合は,刑務所に入ることにもなりかねません.

これから環境保全区域で家を建てようとするかたは,法令に対して十分な知識と理解が必要となります。

この「環境保全区域で家を建てるには」に関しては,さらに記事を追加する予定です.

環境保全区域で家を建てるには

家を新築するときやリフォーム,建て替えるとき,通常の土地の場合はハウスメーカーや工務店が建築確認をとって建築基準法に則った家を建ててくれる.

土地が環境保全区域にある場合,良好な自然環境に恵まれているのは素敵なことだけれど,その自然環境を開発から守るために,建築基準法に加えてさまざまな環境に関する法律(条例)の制約をうけ,特に敷地面積が限られている個人住宅の場合,思ったような住宅を建てられない場合も多い.

環境保全に関わるのは家というより,ほとんどが庭(外構)の部分で,外構も含めて大手のハウスメーカーに家の新築を依頼する場合はともかく,通常は必要最低限の外構を家の建築時にハウスメーカーに依頼して行い,後日外構業者に外構の造成を依頼するのが一般的と思われるが,多くの外構業者は環境保護のための法律を熟知しているわけでないので,結果的に違法な外構を造成してしまい施主が刑事罰(罰金,懲役刑)をうける場合がある.

以下仙台市の広瀬川沿いの第二種環境保全区域(図1)

図1 違法人工芝グラウンドが造成される前の宮城第一高第二グラウンド敷地(Google Earthより)
図1 グラウンド造成前の素晴らしい広瀬川河川環境-クリックして拡大してご覧下さい(Google Earthより)

において違法に造成されたと考えられる宮城第一高第二グラウンド(図2)を例に

以前の税務大学校の校舎のように,条例に従って川岸と反対の道路側に設置すべき建築物であるトイレと倉庫を,樹木(下の画像参照)を違法に伐採して更地化して保全緑地内に設置して環境破壊,2020年11月28日
図2 グラウンド造成後.グラウンド敷地全面をアスファルトで舗装して保全率の規定(24%以上)を大幅に満たさない(6%以下)人工芝グラウンドにし,さらに保全されてきた樹木をトイレと倉庫を環境保全区域内に意図的に建設することにより伐採し,数十年間にわたって良好に保全されてきた自然環境(図1)を破壊した,2020年11月28日撮影

公開されている情報および公開を請求した情報をもとに,この工事の問題点を以下の2点(保全率と樹木の伐採)に絞って説明しながら,環境保全区域で家を建て庭を造る場合の注意点を考えたいと思います.


1)保全率について

保全率は敷地に対する保全用地の割合をいい,

保全率 = 保全用地面積/工作物の敷地面積

となります(条例施行規則第14条第1項一ハ(1)).

保全率100%は人の手が入らず,自然の状態が完全に保存されている状態です.

環境保全区域では,用途地域ごとに最低でも守るべき保全率があり,仙台市の場合は160㎡未満の狭小敷地を除くと,

  1. 特別環境保全区域(保全率42%)
  2. 第一種環境保全区域(保全率36~30%)
  3. 第二種環境保全区域(保全率30~24%)

となります.

環境保全区域以外では,保全率0%でも構いません(建ぺい率の基準等は満たす必要がある)(注0)。


注0 仙台市においては条例許可申請の手引き9ページに記載した工作物以外の工作物を築造する場合,それらは「仙台市の定める工作物」でないので敷地面積から除外することができ,例えば,特別環境保全区域で敷地全面をコンクリートで舗装して保全率0%にしても問題ない,ということである(2021年1月7日に仙台市建設局百年の杜推進部に確認済み,ただし,コンクリートの厚さは30 cm以下として下さい,ということである)。


「保全用地」とは「自然的環境の保全のために確保されている土地」(条例施行規則第14条第1項一ロ(1))のことで,裸地(らち)の他に植物が植わっているか(すぐに)植えられる状態の土地をいいます.

一般に,工事を始める前は,更地(人工的に作られた裸地)となっている場合が多いのですが,環境保全区域では樹木の伐採に制限がある場合がほとんどで,更地にするための樹木の伐採が許可されるか,また,許可された場合も,大抵の場合は代替樹の植樹等の自然環境を回復するための措置が義務づけられるので注意が必要です.

「工作物」は「建築物」と「建築物以外の工作物」に分けられます.

「建築物」とは,おおまかには,「土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱もしくは壁を有するもの」をさし,建築基準法第2条に明記されているものなどで,建築物に付属する「門」や「塀」なども含まれます.

「建築物以外の工作物」とは,「土地または建築物に定着する工作物のうち建築物以外のもの」をさし,条例施行規則第12条第1項に「門」「塀」「柱」「駐車場」「遊戯施設」等いくつかのものが明記されています(注1).


注1 仙台市は,工作物の範囲を,行政の権限で,条例本文のものより限定することができ,条例手引き9ページに記載の無い,「コンクリート」や「人工芝」は許可を要する工作物ではない,としています)


それでは,図4に示す,宮城県の行った宮城第一高第二グラウンドの造成工事の保全率をみてみましょう.

図4 敷地構成図(仙台市に情報開示を求めた資料をもとに作成)
図4 敷地構成図(仙台市に情報開示を求めた資料をもとに作成)

この敷地における条例の定める工作物(*は仙台市は工作物でない,あるいは,**工作物であるが規模(高さ)によって許可を要する工作物でない,としているもの)は,

  1. *人工芝グラウンドおよびその周囲に設置された*排水溝
  2. トイレ
  3. 倉庫
  4. 塀(グラウンド全周,図5,ただし,仙台市長はこれを「塀」でなく**「鉄柱」としている)
  5. **塀(駐車場敷地北面)
  6. **門
  7. 照明灯
  8. **自動車,原動機付自転車,自転車駐車のための施設
  9. *水飲み場
  10. **埋設管(グラウンド下の暗渠排水管,グラウンド周囲の排水溝から下水への排水管,トイレへおよび水飲み場への上下水道管,トイレの汚水管,照明灯,トイレおよび倉庫への電気配線を通す管)
図5 グラウンド東西北面を取り囲む柵(高さ10m超)と照明搭(高さ5m超),2021/01/11撮影
図5 グラウンド全周を取り囲む塀(高さ10m超),2021/01/11撮影

であるが,工作物の敷地境界塀がグラウンド敷地を規定しており,保全率を考えるうえでは,敷地のうちの第二種環境保全区域の敷地面積6581.90㎡について考えれば良い(注2)ので

保全率 = 保全用地面積/工作物に係わる敷地面積(第二種環境保全区域)=366/6581.90 = 0.0556 = 5.6 %となり,規定の24%の1/4も満たしておらず違法です

(注3)。


注2 本グラウンドでは,

工作物に係わる敷地面積 > 建築敷地面積

であり,建築敷地は工作物敷地に含まれる(建築物も工作物なので,なお,建築物敷地を工作物敷地から除外して別途保全用地を定義することはできない)。建築敷地面積は,建ぺい率を計算するのに用いるもので実体(境界塀など)はなくても良い。

一般の狭小住宅では,

建築敷地面積 > 建築物以外の工作物に係わる敷地面積

なので,工作物に係わる敷地面積に建築敷地面積を使っても問題無い.


注3 条例第9条第2項に,国または地方公共団体が工事を行う場合,「許可」を得る必要はなく,「通知」すれば良いとあるが,これは,好き勝手にできるという意味でなく,国や地方公共団体が工事を行う場合は,仙台市に許可を受けるのでなく,団体自身で許可を受ける要件に達しているか確認したうえで「通知」することとなっているだけで,通知を行った工事が条例で規定されている要件に適合していない場合は,「通知」でなく「犯罪予告」にあたるだけで,許可を得ずに工事を行ったことになると思われる


仙台市長から違法性の指摘に対する回答が来ましたのでに続きます。

滅びつつある広瀬川の自然

<広瀬川の自然を壊すもの>

美しい広瀬川の自然とそこで暮らす生き物たちを紹介する前に,宮城県が2020年夏に,広瀬川角五郎地区の第2種環境保全区域である税務大学校仙台研修所跡地において,これまで数十年以上にわたって保全されてきた自然環境を,アスファルトでほぼ全面舗装して破壊したうえに人工芝を施行して作った,宮城第一高第2グラウンド(総敷地面積9235.05㎡)について紹介します。

宮城第一高第二グラウンド
図1A.宮城第一高第2グラウンド(アスファルトで全面舗装した上に人工芝を施行した「広瀬川の清流を守る条例」の保全率の規定等に違反する人工グラウンド).2020年11月28日撮影

このグラウンドは,人工芝によって一見,保全率(環境保全区域において,土のままで植物が植わっているか植えられる状態の自然環境を残した土地が敷地全体に占める割合)の規定24%を満たしているようにみえますが,人工芝は植物でなく,世界各国で削減に取り組んでいる環境負荷の大きい使い捨てプラスチックであり,しかも人工芝は土の上に直接施工されているのでなく,土のグラウンドをアスファルトで舗装したうえに施工されているので,


宮城第一高第2グラウンドの実際の保全率は6%以下で,この点だけでも,広瀬川の清流を守る条例保全率24%以上)に違反する「違法グラウンド」である。

図1B 宮城第一髙第2グラウンド(衛星写真,9235.05㎡)の南側(画像下側)2/3以上6581.90㎡は保全率24%の第二種環境保全区域にあるので,その約1/4を保全用地として確保する必要があるが,実際の保全用地(画像で木が植わっている土のままの土地)は6%にも満たず,このグラウンドは広瀬川の清流を守る条例に違反する違法グラウンドである(Google Earth©より)。
図1B 宮城第一髙第2グラウンド(衛星写真,9235.05㎡)の南側(画像下側)2/3以上6581.90㎡は保全率24%の第二種環境保全区域にあるので,その約1/4を保全用地として確保する必要があるが,実際の保全用地(画像下端で木が植わっている土のままの土地)は第二種環境保全区域にある土地の6%にも満たず,このグラウンドは広瀬川の清流を守る条例に違反する違法グラウンドである(Google Earth©より)。

違反条項

国の機関又は地方公共団体が環境保全区域において建築物その他の工作物の新築等を行う場合,条例第9条第2項の規定により,あらかじめ市長にその旨を通知しなければならず,通知なく工作物の新築を行った場合,条例第9条第1項の規定に違反することから,条例第19条(1)において5万円以下の罰金に処する旨を規定。

(条例では,保全率の規定違反や,樹木の伐採の規定違反など個々の違反条項に対して罰則を設けているわけでなく,個々の条項に反する行為を(条例において最も重い責務を負っている)市長の許可を得ずに行った行為として罰則を設けています)

違反事実(証拠)

宮城県は条例の規制に関わる第2種環境保全区域(6581.09㎡)において,広さ6000㎡超の人工芝グラウンド,高さ2 m超の境界塀,高さ5 m超の防球塀(*),高さ5 m超の照明灯(図2)(**),トイレ,倉庫などの工作物を築造したが,総敷地面積9235.05㎡の92%相当にあたる8465.46㎡の建築物の敷地以外のグラウンド部分(図3赤枠内全体面積9235.05㎡のうち同図青枠内建築敷地769.3㎡を除いた部分)の人工芝グラウンド,塀,照明灯等の工作物の新築(図2)に関して,条例第9条第2項で定められた市長への通知をすれば

1.「工作物に関わる敷地」の保全率が規定の24%を大幅に下回る6%以下になり(図1B,図3)

2.河川に接する土地においては河川から最低2mの部分を保全用地とする規定にもグラウンド西の河川側人工芝が直接河川に接している部分は基準を満たさない(図1A写真手前のアスファルト地盤人工芝部分,図1B写真下左の保全用地が途切れている部分)

ために人工芝グラウンド等の工作物の設置に関する通知を行わなかった

また,

3.建築物(トイレ,倉庫)の敷地図3青枠内)の変形(旗竿地)を理由として建築のため(※)に保全区域内の樹木の伐採を行ったが,条例で定められた,当該「建築物の敷地」において自然的環境を回復するための代替樹生垣の植樹,壁面緑化屋上緑化等の措置を一切行っておらず,

この点においても条例第9条の規定に違反している。

※2022年3月補足注: 宮城県は2021年度,図3北東部角に「部室」と称する建築物を造成したが,本来「トイレ」「倉庫」などの当初建設した建築物「部室」と同じ敷地北東部の環境保全区域外に建設すべきで,グラウンド造成時に「トイレ」,「倉庫」を環境保全区域内に先行建設し,翌年度に建設時期をずらして部室」を建設したのは,建築を理由とする樹木の違法伐採が目的であったことを明白に示している。

さらに,

4.トイレの屋根の(図1B参照)に関しても,基準外の色相(5RP)と彩度(10以上条例に適合していないと思われる。

注*:宮城県は高さ 5 m超の防球について,これは高さ15m以下の鉄柱防球ネットであり,通知の必要な工作物(塀)ではないとしている。なお,条例では高さ15m以下の鉄柱であっても,災害時等以外通知が必要な工作物である。

注**:宮城県は高さ5 m超の照明灯に関して,これは公共のための照明灯であり,通知の必要な工作物(公共のためでない照明灯)ではないとしているが,この照明灯には図2にみえる(クリックして拡大)ように,公共スペースのグラウンド外に光が漏れないように遮光板が設けられている。なお,条例では公共のための照明灯であっても,災害時等以外通知が必要な工作物である。

補注:保全率工作物の敷地(分母)に関わる「保全用地」(分子)の割合を示すもので,宮城県がグラウンド周辺の「塀」「照明灯」(図2)「工作物」であると認めると,アスファルト地盤の「人工芝グラウンド」工作物でないとしても,これらの照明灯工作物の敷地を規定して実際に確保されている保全用地だけでは保全率の規定違反となるので,人工芝グラウンドに加えて,グラウンド周辺の照明灯工作物として認めておらず,通知を行っていない。宮城県が本グラウンドで工作物として認めて通知しているのは,敷地内で事業者が(建ぺい率等の基準を満たす限り)自由に設定できる,図3青枠内の建築敷地(建築に関わる敷地)の建築物(および建築物に関わる工作物だけである。

図2 宮城県が第2種環境保全区域内で通知することなく築造した,人工芝グラウンド,塀,照明灯,などの工作物
図2 宮城県が第2種環境保全区域内で通知することなく違法に築造した,人工芝グラウンド,塀,照明灯などの工作物(河川に沿った塀全て,高さ5m超の防球塀,高さ5m超の公共スペースへの遮光板つきの照明灯は,条例で「許可不要」とされている工作物以外はすべて「許可必要」とすると,市民にわかりにくいので,市が条例とは別に「許可必要」な工作物のみを指定し,それ以外の工作物(人工芝グラウンドなど)はすべて「許可不要」としている,ゆるい仙台市の規準でも「許可(通知)必要」な工作物である。
・
図3 宮城第一高第2グラウンド敷地図(仙台市に請求して入手)。建築敷地(図中青枠内)以外の工作物について通知すると保全率が法定の24%をはるかに下回る6%以下になることから,宮城県は第二種環境保全区域に関わるグラウンド部分の工作物(図2および実際の衛星写真図1B参照)の築造にあたって通知を行わず,建築物の敷地部分(青枠内)の建築物および工作物のみを通知し,建設敷地部分の保全用地(緑色)の保全率が185.73/609.35=30%をもって条例の規定に適合しているとして,保全用地面積185.73㎡と図中に緑色で塗りつぶして表示しているが,この図は総敷地面積の2/3以上が第二種環境保全区域にある当グラウンドにおいて,「青枠内建築物敷地以外には保全用地をとっていない」ことを明示しており,図らずも違法性を自ら認めているものである。
図4 宮城第一高第二グラウンドが条例の規定を満たさない違法グラウンドであることを一目瞭然に示す市民向けパンフレット2018年版の図。アスファルト地盤の人工芝グラウンドは駐車場と同じで保全用地にあたらない。また,保全用地は河川に沿った土地では,図左に示すように,河川全面に沿って24%以上確保しなければならない。なお,図の「空地」とは「保全用地」をさし,「空地のルール」は「保全率の規定」をさす。保全率は当グラウンド施工時は24%に緩和されている。同図をもとに仙台市に違法性を指摘したところ,仙台市は同図をパンフレットから削除した。(条例許可申請の手引き2018年6月版p.3より)
図4 宮城第一高第2グラウンド(図1~図3参照)が条例の規定を満たさない違法グラウンドであることを一目瞭然に示す市民向けパンフレット2018年版の図。アスファルト地盤の人工芝グラウンドは駐車場と同じで保全用地にあたらない(図右×)。また,保全用地は河川に沿った土地では,図左○に示すように,河川全面に沿って最低2m幅で環境保全区域内の土地の24%以上確保しなければならない(図1B参照)。なお,図の「空地」とは「保全用地」をさし,「空地に関するルール」は「保全率の規定」をさす。保全率は当グラウンド施工時は24%に緩和されている。同図をもとに仙台市に違法性を指摘したところ,仙台市は同図をパンフレットから削除した。(条例許可申請の手引き2018年6月版p.3より)

解説

宮城県は条例第9条第2項で規定される地方公共団体にあたり,工作物の築造等の条例の規制に関わる行為を環境保全区域において行うには,市長の「許可」でなく市長に「通知」を行う必要があります。

この規定は一見,市民や民間業者に比べて県や国に甘いように見えますが実際は逆で,市に対して優位にたつ県や国が市に圧力をかけて許可基準に満たない開発行為を行うことを認めない厳しい規定になっており,許可基準は市のパンフレットである条例許可申請の手引き旧版はこのグラウンドの違法性を一目瞭然に示す図ー上に図4として示すーがあるため仙台市が抹消し,この図を無くした新版に改訂)によるものでなく,条例条例施行規則条例施行規則実施要領の条文によってのみ規定されます。

条例条例施行規則第12条により「許可を要しない行為」のみ規定していますが,仙台市は,「許可を要しない行為以外はすべて許可を要する」という条例の解釈では許可が必要かどうか市民にわかりにくい,という理由で「許可を要する行為」のみを条例許可申請の手引きに記載し,それ以外の行為であれば保全率が0%になる行為でも許可不要と条例の自然環境保護の趣旨から逸脱した違法な条例の運用を行っています。

例えば人工芝グラウンドは,

  1. 仙台市のいう「許可を要する工作物」でないので,市民や民間業者等が造成する場合は,グラウンド部分を許可不要として,それ以外の部分の建築物と市が条例許可申請の手引き9ページに記載した工作物のみの許可を受ければ,グラウンド部分の保全率が0%で敷地全体の保全率が規定の条件を満たしていない場合でも無許可の築造で処罰されることはありません(注1)が,
  2. 条例の規定では,人工芝グラウンドは条例施行規則第12条に記載されている「許可を要しない工作物」でないので,宮城県が環境保全区域で人工芝グラウンドを造成するには「通知必須」となり,通知なく行えば,許可なく築造を行ったことになり条例第9条第1項の規定により処罰されます(注2)。

注1:違法かどうかは裁判官が決めますので,条例において最も重い責務を負っている仙台市長が違法でないとして告発しなくても,市長とともに広瀬川の自然環境を守るべき責務のある市民や,環境保護団体等の告発・通報により捜査の対象となり,裁判で有罪となり処罰される場合があります(注3)。

注2:違法かどうかは裁判官が決めますので,条例において最も重い責務を負っている仙台市長が(県(知事)に遠慮して,あるいは県(知事)からの恫喝や圧力で)条例違反を告発せず,市長とともに広瀬川の自然環境を守るべき責務のある市民や,環境保護団体等も社会的不正に気付かない,または気付いても無関心で告発・通報しない場合,処罰されない場合があります(注3)。

注3:裁判以前の問題ですが,捜査権のある警察・検察が通報・告発をうけて捜査したとしても,不起訴とした場合は裁判官の判断を仰がれることもなく,犯罪と思われる行為が放置されることになるのです。したがって,検察官は裁判官より強い権限をもっているのです(なお,検察官が不起訴とした場合でも検察審査会に申し立てでき,検察審査会の審査によっては再捜査のうえ起訴となる場合があります)。

仙台市や宮城県はレジ袋有料化などの環境保護の取り組みについてはホームページ等で広報していますが,自身は,レジ袋のお化けのような,使い捨てプラスチックの人工芝グラウンドを違法に造成し,マイクロプラスチックや人工砂(人工芝上に散布される産業廃棄物(古タイヤや建築廃材)等から作った緩衝材)による河川・海洋・大気汚染や温室効果ガスの排出を増大させ,人類全体への犯罪である地球環境破壊を行っています。

宮城第一高第2グラウンドは,宮城県と仙台市が共同で,県税を使って,環境保全区域にある次世代を担う若者の教育の場で行っている,反社会的な地球環境破壊活動の象徴なのです。

環境保護は地球全体で早急に取り組むべき課題であり,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に17ある開発目標11番目から15番目にあたります。

仙台市には,SDGs に40年以上先駆ける1974年9月に「…衆知と総力を結集し,市民あげて広瀬川の清流を守ることを決意」して制定された「広瀬川の清流を守る条例」という素晴らしい環境条例があり,条例をスローガンで終わらせず,実のあるものとする第9条の規定(民間の行為を規制する第1項および,行政の行為を規制する第2項)がありますが,この条例において最も重い責務を負う仙台市長や,警察・検察といった法の番人の,自身や自身の所属する組織の利益を守るための意図的な不作為により,条例が葬り去られ,司法制度が崩壊し,市民の未来が奪われようとしているのです。


参考リンク

  1.  環境保全区域で家を建てるには
  2.  環境保全区域で家を建てるには(2)
  3.  環境保全区域で家を建てるには:番外編
  4.  環境保全区域で家を建てるには(3)
  5.  環境保全区域で家を建てるには:番外編(2)

<広瀬川の一年>

hirosegawa2020
自然崖を形成した広い河床を流れる青く澄んだ清流に河岸段丘の緑と背景の市街の高層ビル群が映える素晴らしい広瀬川の景観.(Google Earthより)

これまで広瀬川で記録した生き物について,年度は無視して月日順に並べてみました。画像を利用される場合は出典(https://niwablo-plus.jp/parusater/2020/11/29/)を明記下さい(随時更新予定)

カワアイサ,2015年1月4日
カワアイサ,2015年1月4日
シジュウカラ,2015年1月4日
シジュウカラ,2015年1月4日
スズメ,2017年1月6日
スズメ,2017年1月6日
カイツブリ,2017年1月6日
カイツブリ,2017年1月6日
カワアイサ,2017年1月6日
カワアイサ♀,2017年1月6日
ジョウビタキ♀,2015年1月10日
ジョウビタキ♀,2015年1月10日
トウネズミモチ,2020年1月11日
トウネズミモチ,2020年1月11日
コガモ,2021年1月23日(仲の瀬橋)
コガモ,2021年1月23日(仲の瀬橋)
カイツブリ,2021年1月23日(澱み橋)
カイツブリ,2021年1月23日(澱み橋)
カイツブリ,2020年1月25日
カイツブリ,2020年1月25日
  • 2月
2018年2月2日
2018年2月2日
ジョウビタキ,2016年2月6日
ジョウビタキ♂,2016年2月6日
ジョウビタキ♀,2021/02/06
ジョウビタキ♀,2021/02/06
ツグミ,2021/02/06
ツグミ,2021/02/06
セグロセキレイ,2021/02/07
セグロセキレイ,2021/02/07
セグロセキレイ,2021/02/07
セグロセキレイ,2021/02/07
カワラヒワ,2021/02/07
カワラヒワ,2021/02/07
オナガガモ,2021/02/07
オナガガモ,2021/02/07
マガモとオナガガモ,2021/02/07
マガモとオナガガモ,2021/02/07
マガモ,2021/02/07
マガモ,2021/02/07
マガモとオオバン,2021/02/07
マガモとオオバン,2021/02/07
オオバン,2021/02/07
オオバン,2021/02/07
オオバン,2021/02/07
オオバン,2021/02/07
オナガガモとマガモ,2021/02/07
オナガガモとマガモ,2021/02/07
オオイヌノフグリ,2021/02/14
オオイヌノフグリ,2021/02/14
マガモ,2020/02/14
マガモ,2020年2月14日
ツグミ,2017年2月18日
ツグミ,2017年2月18日
ヒヨドリ,2012年2月20日
ヒヨドリ,2012年2月20日
モズ,2015年2月22日
モズ,2015年2月22日
オオイヌノフグリ,2018年2月22日
オオイヌノフグリ,2018年2月22日
ムクドリ,2015年2月28日
ムクドリ,2015年2月28日
  • 3月
オオイヌノフグリ,2018年3月4日
オオイヌノフグリ,2018年3月4日
カワアイサとカイツブリ,2015年3月7日
カワアイサとカイツブリ,2015年3月7日
モズ,2015年3月7日
モズ,2015年3月7日
コガモ,2015年3月7日
コガモ,2015年3月7日
ゴイサギ,2015年3月12日
アオサギ,2015年3月12日
ヒヨドリ,2015年3月14日
ヒヨドリ,2015年3月14日
中州のカラスの巣とカラスのつがい,2020年3月14日
中州のカラスの巣とカラスのつがい,2020年3月14日
ウメ,2020年3月14日
ウメ,2020年3月14日
ホオジロ,広瀬川,2015年3月17日
ホオジロ,広瀬川,2015年3月17日
ヤマガラ,2015年3月17日
ヤマガラ,2015年3月17日
ハクセキレイ,2015年3月17日
ハクセキレイ,2015年3月17日
カワラヒワ,2015年3月17日
カワラヒワ,2015年3月17日
ウメ,2017年3月15日
ウメ,2017年3月15日
オオイヌノフグリ,2017年3月18日
オオイヌノフグリ,2017年3月18日
ツグミ,2017年3月18日
ツグミ,2017年3月18日
カワアイサ♂とカルガモ,2015年3月27日
カワアイサ♂とカルガモ,2015年3月27日
ダイサギ,2015年3月27日
ダイサギ,2015年3月27日
ダイサギ,2015年3月27日
ダイサギ,2015年3月27日
ラッパスイセン,2015年3月27日
ラッパスイセン,2015年3月27日
カルガモ,2021/03/27
カルガモ,2021/03/27
カワアイサ,2021/03/27
カワアイサ,2021/03/27
キンクロハジロとカワアイサ,2021/03/27
キンクロハジロとカワアイサ,2021/03/27
ラッパスイセン,2020年3月28日
ラッパスイセン,2020年3月28日
カワアイサ,2013年3月28日
カワアイサ♂,2013年3月28日
カシラダカ,2013年3月29日
カシラダカ,2013年3月29日
ホオジロ,2013年3月29日
ホオジロ,2013年3月29日
マガモ,2013年3月29日
マガモ♂,2013年3月29日
カワアイサ,2020年3月30日
カワアイサ♂,2020年3月30日
カワアイサ,2020年3月30日
カワアイサ,2020年3月30日
サクラ,2020年3月30日
サクラ,2020年3月30日
  • 4月
ラッパスイセン,2016年4月1日
ラッパスイセン,2016年4月1日
ハクモクレン,2018年4月1日
ハクモクレン,2018年4月1日
ヒヨドリ,2017年4月1日
ヒヨドリ,2017年4月1日
カワアイサ,2020年4月1日
カワアイサ♂,2020年4月1日
ヒメツルニチニチソウ,2019年4月2日
ヒメツルニチニチソウ,2019年4月2日
タチツボスミレ,2020年4月3日
タチツボスミレ,2020年4月3日
サクラ,2020年4月4日
サクラ,2020年4月4日
オシドリ,2011年4月4日
オシドリつがい(左♀右♂),2011年4月4日
サクラ,2020年4月4日
サクラ,2020年4月4日
サクラと水仙,2020年4月5日
サクラと水仙,2020年4月5日
スズメ,2021/04/05
スズメ,2021/04/05
ウメとシジュウカラ,2021/04/05
ウメの新芽とシジュウカラ,2021/04/05
シメ,2011年4月6日
シメ,2011年4月6日
ハルジオン.2020年4月7日
ハルジオン.2020年4月7日
サクラ,2009年4月8日
サクラ,2009年4月8日
桜とラッパスイセン,2015年4月10日
サクラとラッパスイセン,2015年4月10日
ナガミヒナゲシ,2018年4月10日
ナガミヒナゲシ,2018年4月10日
広瀬川,2019年4月13日
サクラとラッパスイセン,2019年4月13日
ヤナギ,2019年4月13日
ヤナギ,2019年4月13日
キュウリグサ,2017年4月15日
キュウリグサ,2017年4月15日
ヒメツルニチニチソウ,2017年4月15日
ヒメツルニチニチソウ,2017年4月15日
オオイヌノフグリ,2017年4月15日
オオイヌノフグリ,2017年4月15日
タチツボスミレ,2017年4月15日
タチツボスミレ,2017年4月15日
タチツボスミレ,2018年4月15日
タチツボスミレ,2018年4月15日
サクラ,2011年4月16日
サクラ,2011年4月16日
ウメ,2011年4月16日
ウメ,2011年4月16日
サクラとスイセン,2017年4月16日
サクラとスイセン,2017年4月16日
サクラ,2017年4月16日
サクラ,2017年4月16日
スイセンとサクラ,2017年4月16日
スイセンとサクラ,2017年4月16日
西洋タンポポ,2020年4月17日
西洋タンポポ,2020年4月17日
西洋タンポポ,2021/04/18
西洋タンポポ,2021/04/18
2020年4月19日
2020年4月19日
ハクビシン,2011年4月25日
ハクビシン,2011年4月25日
八重咲き水仙,2020年4月28日
八重咲き水仙,2020年4月28日
2019年4月29日
2019年4月29日
ツグミ,2016年4月30日
ツグミ,2016年4月30日
ボケ,2018年4月30日
堤防の上の花壇のボケ,2018年4月30日
堤防の上の花壇のオトメツバキ,2017年4月30日
堤防の上の花壇のオトメツバキ,2017年4月30日
堤防の上の花壇のアヤメ,2017年4月30日
堤防の上の花壇のアヤメ,2017年4月30日
ナガミヒナゲシ,2017年4月30日
ナガミヒナゲシ,2017年4月30日
カキドオシ,2017年4月30日
カキドオシ,2017年4月30日
カタバミ(方喰)/ キュウリグサ(胡瓜草),2017年4月30日
カタバミ(方喰)/ キュウリグサ(胡瓜草),2017年4月30日
ハコベ(繁縷)/ ヘビイチゴ(蛇苺),2017年4月30日
ハコベ(繁縷)/ ヘビイチゴ(蛇苺),2017年4月30日
  • 5月
ジシバリとキュウリクサ, 2018年5月1日
ジシバリとキュウリクサ, 2018年5月1日
白いスミレ,2020年5月1日
白いスミレ,2020年5月1日
オオイヌノフグリとキュウリグサとハコベ,2021/05/01
オオイヌノフグリとキュウリグサとハコベ,2021/05/01
オオジシバリ,2018年5月4日
オオジシバリ,2018年5月4日
ハルジオンとベニシジミ,2018年5月4日
ハルジオンとベニシジミ,2018年5月4日
ムラサキツユクサ,2020年5月4日
ムラサキツユクサ,2020年5月4日
ハルジオン,2021/05/07
ハルジオン,2021/05/07
シアスタデージー,2019年5月12日
シアスタデージー,2019年5月12日
シアスタデージー/ ブタナ,広瀬川,2017年5月21日
シアスタデージー,2019年5月12日
ブタナとハルジオン,2021/05/15
ブタナとハルジオン,2021年5月15日
2018年5月19日
2018年5月19日
シロツメクサとアカツメクサ,2018年5月19日
シロツメクサとアカツメクサ,2018年5月19日
シャスタデージー,広瀬川,2018年5月19日
シャスタデージー,2018年5月19日
ハルジオンとカラスノエンドウとオオイヌノフグリ,2018年5月19日
ハルジオンとカラスノエンドウとオオイヌノフグリ,2018年5月19日
ハルシオン,2017年5月20日
ハルシオン,2017年5月20日
シァスタデージー,2017年5月20日
シァスタデージー,2017年5月20日
シアスタデージー/ ブタナ,広瀬川,2017年5月21日
シアスタデージー/ ブタナ,2017年5月21日
ハルシオン/ ブタナ,2017年5月21日
ハルシオン/ ブタナ,2017年5月21日
マツバギク,2017年5月22日
マツバギク,2017年5月22日
コジャノメとアジサイ・エンドレスサマー,2021/05/22
コジャノメ,2021/05/22
ニセアカシア,2017年5月24日
ニセアカシア,2017年5月24日
シャスタデージーと紫ツメクサ,広瀬川,2020年5月24日
シャスタデージーと赤ツメクサ,2020年5月24日
ニワゼキショウ,2019年5月25日
ニワゼキショウ,2019年5月25日
ノイバラ,2019年5月26日
ノイバラ,2019年5月26日
  • 6月
2018年6月2日
2018年6月2日
ノイバラ,2020/06/06
ノイバラ,2020/06/06
カラスの巣,2011年6月12日
カラスの巣,2011年6月12日
コゲラ,2011年6月12日
コゲラ,2011年6月12日
クナウティア・アルベンシスとブタナ,2021年6月19日
クナウティア・アルベンシスとブタナ,2021年6月19日
クワ,2015年6月21日
クワ,2015年6月21日
ヤマトシジミ,2018年6月23日
ヤマトシジミ,2018年6月23日
キジ,2010/6/27
キジ,2010年6月27日
  • 7月
スズメ,2017年7月2日
スズメ,2017年7月2日
アゲハチョウ,2017年7月2日
アゲハチョウ,2017年7月2日
クロコスミア,2014年7月13日
クロコスミア,2014年7月13日
2017年7月15日
2017年7月15日
ヤブカンゾウ,2017年7月17日
ヤブカンゾウ,2017年7月17日
ムラサキツユクサ,2017年7月17日
ムラサキツユクサ,2017年7月17日
アカツメクサとヒメジョオン,2019年7月20日
アカツメクサとヒメジョオン,2019年7月20日
アカツメクサとヒメジョオンとブタナ,2019年7月20日
アカツメクサとヒメジョオンとブタナ,2019年7月20日
ドクダミ,2019年7月21日
ドクダミ,2019年7月21日
ネジバナ,2019年7月21日
ネジバナ,2019年7月21日
  • 8月
ベニシジミ, 2018/8/5(アップルミント)
ベニシジミ, 2018/8/5(蜜を吸っているのはアップルミント)
ツユクサ,2017年8月6日
ツユクサ,2017年8月6日
ゲンノショウコ,2017年8月6日
ゲンノショウコ,2017年8月6日
ブタナ,2020年8月8日
ブタナ,2020年8月8日
ゲンノショウコ,2019年8月8日
ゲンノショウコ,2019年8月8日
シロツメクサ,2019年8月8日
シロツメクサ,2019年8月8日
クワガタ,2017年8月11日
コクワガタ,2017年8月11日
クワガタ,2017年8月11日
コクワガタ,2017年8月11日
カラスアゲハ,2017年8月13日
カラスアゲハ,2017年8月13日
2016年8月14日
2016年8月14日
ヤマトシジミ,ゲンノショウコ,2017年8月16日
ヤマトシジミ,ゲンノショウコ,2017年8月16日
ヤマトシジミ,2017年8月16日
ヤマトシジミ,2017年8月16日
スジクロシロチョウ,2017年8月20日
スジクロシロチョウ,2017年8月20日
サルスベリ,2019年8月21日
サルスベリ,2019年8月21日
アリウム・ネアポリタヌム,2017年8月26日
アリウム・ネアポリタヌム,2017年8月26日
ヒメウラナミジャノメ,2015年8月29日
ヒメウラナミジャノメ,2015年8月29日
  • 9月
サルスベリ,2019年9月1日
サルスベリ,2019年9月1日
モンキチョウ,ゲンノショウコ,2017年9月5日
モンキチョウ,ゲンノショウコ,2017年9月5日
ツマグロヒョウモン,2020年9月9日
ツマグロヒョウモン(左♂,右♀),2020年9月9日
ゲンノショウコ,2019年9月15日
ゲンノショウコ,2019年9月15日
ゲンノショウコとモンシロチョウ,2016年9月24日
ゲンノショウコとモンシロチョウ,2016年9月24日
コスモス,2017年9月25日
コスモス,2016年9月25日
広瀬川,2016年9月25日
2016年9月25日
キクイモ,2010年9月26日
キクイモ,2010年9月26日
曼珠沙華,2010年9月26日
曼珠沙華,2010年9月26日

 

  • 10月
2017年10月8日
2017年10月8日
コスモス,2017年10月8日
コスモス,2017年10月8日
コスモス,2017年10月8日
コスモス,2017年10月8日
台風一過,2019年10月13日
台風一過,2019年10月13日
2014年10月19日
2014年10月19日
豪雨で事前放流,2019年10月25日
豪雨で事前放流,2019年10月25日
西洋タンポポ,2019年10月26日
西洋タンポポ,2019年10月26日
ハキダメギク,2017年10月28日
ハキダメギク,2017年10月28日
2018年10月30日
2018年10月30日
  • 11月
カワアイサ,2011年11月5日
カワアイサ(中央♀,両脇Juv),2011年11月5日
ダイサギ,2016年11月6日
ダイサギ,2016年11月6日
ヒヨドリ,2016年11月6日
ヒヨドリ,2016年11月6日
ヒヨドリ,2016年11月12日
ヒヨドリ,2016年11月12日
カルガモ♀,2016年11月12日
カルガモ♀,2016年11月12日
カルガモつがい(前が♀,後ろが♂),2016年11月12日
カルガモつがい(前が♀,後ろが♂),2016年11月12日
ダイサギ,2016年11月12日
ダイサギ,2016年11月12日
カワアイサ,2016年11月12日
カワアイサ♂,2016年11月12日
カワウ,2016年11月12日
カワウ,2016年11月12日
アオサギ,2016年11月12日
アオサギ,2016年11月12日
ダイサギとアオサギ,2016年11月13日
ダイサギとアオサギ,2016年11月13日
2019年11月17日
落ち葉,2019年11月17日
2016年11月19日
2016年11月19日
サザンカ・立ち寒ツバキ,2021/11/19
サザンカ・立ち寒ツバキ,2021/11/19
立ち寒椿,2017年11月26日
立ち寒椿,2017年11月26日
ゲンノショウコ,2017年10月28日
ゲンノショウコ(桃色花と紅葉),2017年11月27日
オナガガモ,2019年11月29日
オナガガモ(群れ,川岸はカルガモ),2019年11月29日
マガモのつがい,2019年11月29日
マガモのつがい,2019年11月29日
寒ツバキ,2019年11月29日
寒ツバキ,2019年11月29日
  • 12月
カワアイサ,2012年12月5日
カワアイサ♀,2012年12月5日
オオイヌノフグリ,2017年12月10日
オオイヌノフグリ,2017年12月10日
オオハクチョウ,広瀬川,2017年12月10日
オオハクチョウ,2017年12月10日
オナガガモ,2020年12月25日(携帯で澱橋より撮影したのを拡大)
オナガガモ,2020年12月25日(携帯で澱橋より撮影したのを拡大)元記事
カワアイサ,2017年12月31日
カワアイサ♀,2017年12月31日
オナガガモとアオサギ,2017年12月31日
オナガガモとアオサギ,2017年12月31日
ゲンノショウコ,2017年12月31日
ゲンノショウコ(薄紫花),2017年12月31日