カテゴリー別アーカイブ: 広瀬川

薔薇が咲き始めました

一季咲きのクレマチスは連休中に咲いていた

クレマチス フレッダ,2020年5月3日
クレマチスMo. フレッダ,2020年5月3日

けれど,早咲き大輪系のクレマチスが咲き始めました.

クレマチスPaD. 円空,2020年5月24日
クレマチスPaD. 円空,2020年5月24日

妻が買って来て私が鉢上げしたペチュニアも綺麗に咲いていました.

ポンポン咲くペチュニア,2020年5月24日
ポンポン咲くペチュニア,2020年5月24日

玄関にポット植えしている大好きな香りの深紅のイングリッシュローズも咲き始め,

薔薇ER. ウィリアム・ シェークスピア2000,2020年5月24日
ER ウィリアム・シェークスピア2000,2020年5月24日

この薔薇と花季があって,花色とも合うと考えて買ったモーヴのクレマチスも咲き始めました.

クレマチスPaD. ベル・オブ・ウォーキング,2020年5月24日
クレマチスPaD. ベル・オブ・ウォーキング,2020年5月24日

例年なら連休前に開花し年明けまで咲き続ける,棘のない薔薇は,今年は少し遅めのスタートです.

FL インターナショナルヘラルドトリビューン,2020年5月24日
FL インターナショナルヘラルドトリビューン,2020年5月24日

カーポート脇の花壇では,わが家のシンボルツリーの山法師の花が咲いていました.

ヤマボウシ,2020年5月24日
ヤマボウシ,2020年5月24日

山法師は大きく成り過ぎるのではと懸念したけれど,株立ちなので,なんとかなるはずと思ってシンボルツリーに選んだけれど,そろそろコントロールしないと.

山法師と同じ建て替えのときに選んで,2009年3月に袖壁前に植えつけた尖閣躑躅.

生長が遅いということで,買ったのは10年生の小さな大苗だったけれど,植えつけ後11年経って21歳になってもまだ小さいままで,花付きも,北側道路沿いからなのか悪かったけれど,今年はどういうわけか花付きは良い.

尖閣ツツジ,2020年5月23日
尖閣ツツジ,2020年5月23日

袖壁の上では,ウィリアムと同じく大好きで,玄関前にカーポート挟んでシンボルローズ的に植えている薔薇が咲き始めていました.

S. ラプソディーインブルー,2020年5月23日
S. ラプソディーインブルー,2020年5月23日

道路沿いのアルミフェンスの裏の,わが家のシェードガーデン.連休中に物置の一部を宅配ボックスにするために,樹木の配置再考して並べ替え,ついでにフェンス側に寄せて通路を広くしましたが,

フェンス裏のシェードガーデン,2020年5月2日
フェンス裏のシェードガーデン,2020年5月2日

植え替えて奥にもっていった常磐万作が咲いていました.

トキワマンサク,2020年5月23日
トキワマンサク,2020年5月23日

椿は終わっているかとおもったのですが,名前に紅がつく椿に一つ白い花が咲いていました.

ツバキ春曙紅,2020年5月23日
ツバキ春曙紅,2020年5月23日

庭では,もともと堤防側に植えつけたのをベンチ両脇に持ってきたクナウチアが咲いていました.

クナウチア アルベンシス,2020年5月24日
クナウチア アルベンシス,2020年5月24日

去年一緒に買ったゲラニウム・サマースノーは消えました.ゲラニウムは花も葉も美しく大好きな宿根草ですが,何年か経つと消える場合が多いのですが,クナウチアは花はいいけれど,葉が雑草そのもので,間違って引き抜く恐れはあるけれど,強健な感じなので,これから庭で増えていってくれるでしょう.

ゲラニウムに代わって庭の至る所で春紫苑が咲いています.

ハルジオン,2020年5月23日
ハルジオン,2020年5月23日

春紫苑は嫌いでないけれど,今堤防で咲き誇っているシャスタデージー

シャスタデージーと紫ツメクサ,広瀬川,2020年5月24日
シャスタデージーと紫ツメクサ,広瀬川,2020年5月24日

庭に欲しいです.

南側の花壇では,家族みんな大好きの美しいオレンジのイングリッシュローズが咲き始めました.

ER パットオースチン,2020年5月24日
ER パットオースチン,2020年5月24日

パットオースチンはイングリッシュローズの学校で耐病性の試験に合格できなくて,ふつうだと卒業できなかったけれど,「キミは可愛いので卒業させてあげる」と故オースチン先生に特別に卒業させてもらった(The English Roses: Classic Favorites and New Selections, David Austin, Firefly Books Ltd, 2009)ということだけれど,わが家では毎年トップで咲いて,耐病性も特に問題があるような感じがしません.

雨で染みができているけれど,アイスバーグが咲き始めました.

FL アイスバーグ,2020年5月24日
FL アイスバーグ,2020年5月24日

一昨年末注文し,去年春植えつけて,咲いた花があまりに美しかった

S. ブルームーンストーン,2019年5月27日
S. ブルームーンストーン,2019年5月27日

ので秋に買い増しし,栽培が難しそうだったので鉢上げした薔薇も咲き始めました.

S. ブルームーンストーン,2020年5月24日
S. ブルームーンストーン,2020年5月24日

2011年1月に購入して南側花壇に植えつけた美しいオールドローズ,マダム・アルフレッド・キャリエール.2013年4月9日に爆弾低気圧でフェンスごと飛ばされてフェンスは不在の私の代わりに子供が片付けておいてくれたけれど,マダムはフェンスと一緒に吹き飛ばされて地面に裸苗状態で横たわったままで,戻ってすぐに植えつけたけれど弱って回復せず,いつ寄生されたのか分からないけれど,2014年9月に鉄砲虫(カミキリムシの幼虫)

ゴマダラカミキリ,2017年8月20日
ゴマダラカミキリ,2017年8月20日

によって完全に枯れた.

マダムには随分良く虫がついて,耐病性はともかく虫には弱いような感じがしたけれど,その美しさが忘れられなくて,2015年5月に2代目をお迎えし,当初は以前と同じ東側のウッドラッティスからアルミラッティスに交換したフェンス際に植えつけたけれど,東側のボーダーをアルミフェンスに交換して,ラッティスは南側のボーダーに移動し,マダムも一緒に移動させていたのも開花していました.

N. マダムアルフレッドキャリエール,2020年5月23日
N. マダムアルフレッドキャリエール,2020年5月23日

写真撮ろうと近寄ったら,素晴らしい香り♡

堤防の上の遊歩道

清流沿いの堤防の上は遊歩道になっていて,小さな子供から高齢者まで,早朝から夜遅くまで多くの市民が散歩やジョッキングに利用している.

堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日
堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日

遊歩道には誘導ブロック(点字ブロック)も整備されているが,数年前から劣化してところどころ浮き上がってきて,

堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日
堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日

小さな段差でも転ぶ高齢者や子供には特に危険と思うが,遊歩道を管理している市の道路課は,2018年1月頃,全長 1 km弱ある遊歩道のうち,浮き上がったもののうち数枚だけを場当たり的に黄色のプラスチックのブロックに置き換えたり,突起のあるスタッドボルト(上の写真参照)で押さえ却って危険な状態にしたので,当時の処置は年度末の応急修理で翌年に予算をとって全面的にやり直すものと思って,ブロックを清流条例にマッチした色(清流条例では,道路は別として,堤防沿いの住宅には黄色は使用できない,誘導ブロックは黄色に規定されているわけでなく白など条例にマッチしたものがある)を使用して,以前使っていたような透水性のある材質の環境に配慮したものに置き換えるように市に電子申請したが,「順次置き換えていく」と回答があったものの,その後も放置を続け,どんどんブロックが浮き上がる-場当たり的にプラスチックのブロックに置き換える,状態が続いていて,黄色のブロックを認めるにしても,それが乱雑に点々と不等間隔で並んで,

堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日
堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日

市民の財産である河川環境が危険なだけでなく,美観的にも悲惨な状況になっているし,処置が中途半端で,結局全部貼り直すしかないので,予算の無駄使い,としか思えず,ブロックは放置しているくせに,必要ない道路広告物を昨年末につけたけれど,すぐに薄汚れて,剥がれてきていて

堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日
堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日

ブロックを放置していて,不要な野外広告物を設置する意味が分からないので,今年の3月に改めて,ブロックを整備すること,特に場当たり的な置き換えは美観も損なうし,コスト的にも全面的にやり直す必要があるので無駄,と電子申請したけれど,道路標示は住民の要望でつけた,ブロックは26 m整備した,という回答だった.

通常道路管理者は,道路に問題があれば直ちに補修するが,市の管理者はそのような責任を感じていないようで,予算の無駄使い(他市では,このような耐久性がなく滑りやすいプラスチックのブロックを屋外の道路には使用していない)と環境破壊を続けている.

市の道路課と,これ以上やりあってもしょうがないので,ここに広瀬川の記録として残しておきます.事故がおこらないことを祈ります.

堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日
堤防のうえの遊歩道,広瀬川,2020年4月4日

(自転車はおりて通行という道路標識は100mおきにあり,わざわざ環境保全地域の遊歩道の途中にすぐに汚れる路面標示を追加する意味が分からない.自転車に乗って通行するひとはほとんどいないし,通行するひとは,標識があっても乗ったままで通行する-連休中に自転車に乗って通行していたひとを注意しているひとがいたら,自転車に乗っていた人が激怒して言い争いになっていて,ふだんは関わらない私も加勢したら,今度はこちらが殴られそうになったけれど,道路沿いの住民が窓から「警察呼ぶよ」,と言ったら,文句を言いながらいなくなった...コロナウィルスの問題で,ふだんここを通行しない,先行き不安でストレスを抱えているひとが,自転車で通勤していたの注意されてキレたような感じでしたが)

木瓜と紫露草と紅小灰蝶

連休中の朝,在宅勤務とスイミングクラブの閉鎖で運動不足ということで加わった妻と,わんこさんとの朝の散歩.

連休始めに咲き始めた

ボケ,広瀬川,2020年4月26日
ボケ,広瀬川,2020年4月26日

木瓜の花が美しい.

ボケ,広瀬川,2020年5月4日
ボケ,広瀬川,2020年5月4日

大阪の実家で母が育てていた木瓜は春早く咲いていたような気がするけれど,その脇では露草が咲き始めていました.

ムラサキツユクサ,広瀬川,2020年5月4日
ムラサキツユクサ,広瀬川,2020年5月4日

そばでじっととまっていた紅小灰蝶も美しい.

ベニシジミ,広瀬川,2020年5月4日
ベニシジミ,広瀬川,2020年5月4日

 

木蓮と西洋石楠花が咲き始めました

遅咲きの椿と一緒に木蓮クレオパトラが開花しました.

木蓮クレオパトラ,2020年4月17日
木蓮クレオパトラ,2020年4月19日

赤紫系のなかで最高の花色といわれるわりに,家の個体だけなのか,花が終わったからなのか,少しくすんだ花色だけれど,小さいころから良く花をつける,と言われるだけあって,家の庭に来た翌年には一度植え替えていたけれど花をつけ,

モクレン クレオパトラ,2018年4月15日
モクレン クレオパトラ,2018年4月15日

枯れた泰山木のそばに植え替えた昨年は花をつけなかったけれど,今年は花が8個咲きました.

木蓮クレオパトラとツバキ紀州司,源平絞,2020年4月17日
枯れたタイサンボクとその代わりに植えた木蓮クレオパトラ,ツバキ紀州司と源平絞,2020年4月17日

雑草抜いたときに一緒に抜いてしまって心配していたツルビンカも後ろのフェンス際で咲き始めました.

ツルニチニチソウ,2020年4月17日
ツルニチニチソウ,2020年4月17日

早咲きの西洋石楠花も咲き始めました.

西洋シャクナゲ 太陽,2020年4月19日
西洋シャクナゲ 太陽,2020年4月19日

泰山木が枯れ始めて,代わりに新世代の木蓮植えることにして,最初に買ったブラックチューリップ2本のうちの1本にも,昨年末移植したけれど,花が咲き始めていました.

木蓮ブラックチューリップ,2020年4月19日
木蓮ブラックチューリップ,2020年4月19日

ブラックチューリップはクレオパトラの交配親で,こちらは植えつけて3年後の去年に始めて開花したけれど,木蓮の問題として,花季が短くて,庭に戻ってきたら花が終わっていたけれど,今年はこれから開花のようで,花色も改良品種のクレオパトラを凌ぐ素晴らしい赤紫色で,薔薇も霞むマグノリアの高貴で素晴らしい微かな香り♡


昨夜は激しい雨と風.今朝は風雨は収まったけれど,一昨日はまだ川にいた川秋沙さん

広瀬川,2020年4月17日
広瀬川,2020年4月17日

今朝わんこさんと堤防を散歩したときに見たら,増水した川にはいなくなっていて,今年はこれでお別れかも.

広瀬川,2020年4月19日
広瀬川,2020年4月19日

外出自粛になって,杜の都の中心部の人通りは減ったはずだけれど,写真にはたまたま写っていないけれど,堤防を通る人の数は普段の数倍になった.

木蓮クレオパトラ,2020年4月19日
木蓮クレオパトラ,2020年4月19日

桜が満開になりました

3月末に咲き始めた堤防の桜.

サクラ,広瀬川,2020年3月30日
サクラ,広瀬川,2020年3月30日

満開になりました.

サクラ,広瀬川,2020年4月4日
サクラ,広瀬川,2020年4月4日

桜が咲くと,川の景色も一気に春めきます.

広瀬川,2020年4月4日
広瀬川,2020年4月4日
広瀬川,2020年4月4日
広瀬川,2020年4月4日

川秋沙の雄が2羽,川にまだ残っていますが,もうすぐお別れです.

うちの日陰の庭では,春咲きの椿がようやく咲き始めました.

ツバキ桃太郎,2020年4月5日
ツバキ桃太郎,2020年4月5日
ツバキ春曙紅,2020年4月5日
ツバキ春曙紅,2020年4月5日

堤防で自生しているラッパスイセン,

堤防のラッパスイセン,広瀬川,2020年3月28日
堤防のラッパスイセン,広瀬川,2020年3月28日

ようやく咲き揃い,桜と春を謳歌しています.

サクラと水仙,広瀬川,2020年4月5日
サクラと水仙,広瀬川,2020年4月5日

クリスマスローズ アシュード・エレガンスが咲きました

うちの庭ではフリル咲きが一足早く咲いた水仙.

水仙ディアラブ,2020年3月22日
水仙ディアラブ,2020年3月22日

続いて,ふつうの一重の水仙も咲きました.

スイセン,2020年3月28日
スイセン,2020年3月28日

堤防の群生地のラッパスイセンも咲き揃っていました.

堤防のラッパスイセン,広瀬川,2020年3月28日
堤防のラッパスイセン,広瀬川,2020年3月28日

わが家の南側の花壇で,昨年11月より咲き始め,野草のトップで春いちばんに咲き揃った大好きなブルーのオオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ,2020年2月15日
オオイヌノフグリ,2020年2月15日

に続いて,小さいけれどワスレナグサそっくりの美しいブルーの花のキュウリグサも咲きました.

ムスカリ・グレープアイスとキュウリグサとオオイヌノフグリ,2020年3月28日
ムスカリ・グレープアイスとキュウリグサとオオイヌノフグリ,2020年3月28日

玄関の袖壁の前では2009年12月に買った,ホームセンターで買ったノーブランドのものを除いて,わが家で最古参のダブルでブランド(アシュード)で最も遅咲きのクリスマスローズが開花しました.

クリスマスローズ D.,アシュードエレガンス・パール・ピンク,2020年3月28日
クリスマスローズ D.,アシュードエレガンス・パール・ピンク,2020年3月28日

姫ツルビンカが咲きました

野鳥にとっては既に春.

電線ではセグロセキレイさんが恋の歌うたい,

セグロセキレイ,2020年3月14日
セグロセキレイ,2020年3月14日

春になっても,しばらくはカワアイサさんは川の淵にとどまっていて(カワアイサさんのオスとセグロセキレイさんって配色が似ているネ),

カワアイサ,広瀬川,2020年3月14日
カワアイサ,広瀬川,2020年3月14日

チュウサギさんは川の瀬で魚漁り.

チュウサギ,2020年3月14日
チュウサギ,広瀬川,2020年3月14日

ハシボソカラスさんは巣材を咥えて向こう岸に飛んで行ったけれど,中州の木を見たらカラスの巣があって,ハシボソカラスさんのつがいがとまっていた.

中州のカラスの巣とカラスのつがい,広瀬川,2020年3月14日
中州のカラスの巣とカラスのつがい,広瀬川,2020年3月14日

川原では白梅が咲いて(梅の木って水に強いのか)

川原の白梅,広瀬川,2020年3月14日
川原の白梅,広瀬川,2020年3月14日

川上の淵にも,別のカワアイサさんの群れ,

カワアイサ,広瀬川,2020年3月14日
カワアイサ,広瀬川,2020年3月14日

ふと足下を見たら,堤防の法面でムスカリが咲いていました.

堤防の法面で咲くムスカリ,広瀬川,2020年3月15日
堤防の法面で咲くムスカリ,広瀬川,2020年3月15日

お隣さんの堤防側では立ち寒椿が咲いていて

立ちカンツバキ,2020年3月15日
立ちカンツバキ,2020年3月15日

うちの庭では姫ツルビンカが咲き始めていました.

姫ツルニチニチソウ,2020年3月15日
姫ツルニチニチソウ,2020年3月15日

臨時休校となった小学生の面倒見ている,わんこさんはお疲れ.

2020年3月15日
2020年3月15日

(休校になって学校で友達と勉強できなくて寂しいと言ってる小学生いるけれど,オレなら大喜びなんだけれど,)

クリスマスローズが咲きました

2月最後の日の早朝,ひさしぶりにわんこさんと散歩.

川面には川秋沙のつがい一組とオス一羽.

広瀬川,2020年2月29日
広瀬川,2020年2月29日

堤防の法面で野良猫さんが雀の群れにとびかかったけれど,失敗して雀は木の上に避難,野良猫さんフェンスの下くぐって,

狩りをする黒猫,広瀬川,2020年2月29日
堤防の裏面のフェンス際で狩りをする野良猫,広瀬川,2020年2月29日

雀のとまっている木の下まで行って,木に登るのかと思ったら爪とぎ,ワイルド.

庭では,今シーズン初のクリスマスローズが開花.

クリスマスローズ,SDチェリーシフォン,2020年2月29日
クリスマスローズSD・チェリーシフォン,2020年2月29日

去年買い増して列植にしたスノードロップはピークシーズン(早朝なので花は開いていない).

スノードロップ エルウィシー,2020年2月29日
スノードロップ・エルウィシーと寒椿 シシガシラ,2020年2月29日

去年再挑戦で2球買った八重のスノードロップ,去年より2ヶ月遅れで,なんとか2つとも芽が出た.

スノードロップ ヒッポリュテ,2020年2月29日
スノードロップ・ヒッポリュテ,2020年2月29日

以前2球買ったときは12月に2球のうち1球のみが発芽したけれど,結局花を見ることなく枯れてしまった.今年のもなんとなく花がつかない感じだけれど液体肥料あげました.ダブルの品種の中で最新でベスト,通常のスノードロップは一球に一つ花をつけるが,この品種は成熟すると一球に二つ花がつくとか.どうか花が見れますように.

西洋タンポポとオオイヌノフグリ

今朝わんこさんと堤防を散歩したとき,もうコートが要らないくらい暖かだった.

川面にはいつもの年のようにカワアイサさんの群れが復活.

広瀬川,2020/02/15
広瀬川,2020年2月15日
上の画像の中央部アップ
カワアイサのオス5羽(対岸沿い,手前はススキの穂),広瀬川,2020年2月15日(上の画像の中央部アップ)

今年はアイサ(秋沙,秋が去る)でなくて,冬沙(冬が去る)と言った方が良いかも.

昨日庭に戻ったとき,西洋タンポポが芝で咲いていた

西洋タンポポ,2020/02/14
西洋タンポポ,2020年2月14日

けれど,西洋タンポポは四季咲きする

芝に生えて開花しているタンポポ,2019年10月26日
芝に生えて開花しているタンポポ,2019年10月26日

ので,春が来たのを告げているのではないはず.

毎年野草のトップで開花する,一番好きな野草のオオイヌノフグリ.今シーズンは昨年11月に開花し始めていた

オオイヌノフグリ,2019年11月16日
オオイヌノフグリ,2019年11月16日

のが暖かい日射しの中で咲き揃いました.

オオイヌノフグリ,2020/02/15
オオイヌノフグリ,2020年2月15日