隣家境界沿いへの人工木目隠しフェンス設置例

東京都にお住いのM様邸にて、隣家との境界沿いに目隠しを目的とした人工木フェンスを設置させていただきましたhappy01

下記写真は設置前となります。お隣との境にブロック塀があり、これに沿って木製のラティスが立っていました。

ただ、経年変化により倒れてしまっていたり、古くなってきたため、今回人工木によるボーダーフェンスの設置をご検討いただきましたup
blog0217a
イメージ図になります。幅約9mに渡って人工木フェンスを設置していくものです。高さは約1.9mで設置していくため、強風対策の控えも所々に設けていますnote
blog0217b
まずは古いラティスを撤去した場所に、新しく基礎を作っています。端部からスタートし、900ピッチで柱を立てていきますflair
blog0217c
すでに人工木ポストも立て終え、板材の貼り付けが始まりました。板と板の間隔は15ミリとなっており、自然光が取り入られる丁度よい隙間ではないかと思いますup
blog0217d
3スパンまで貼り付けが進みました。ブラウン色の色合いが木々の緑によくマッチしていますshine
blog0217e
板材の貼り付けは、残すところあと3枚で終了となります。
このあとは強風対策の控えを等間隔に設置し、最後にすべての基礎部分をモルタルで固めたら人工木フェンスの設置が完成ですup

横に一直線に伸びたボーダーフェンスは仕上がりもきれいで、お客様からもたいへん喜ばれていますhappy01
blog0217f
M様、この度は誠にありがとうございましたsun

明日もがんばりますrun