お庭周囲と玄関前に設置した人工木ボーダーフェンス(DB)設置例

千葉県にお住まいのK様宅にて、お庭の周囲に人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

下記は設置前の写真です。こちらは玄関前になりますが、今回、家屋周りの程よい目隠しと景観を兼ねて、フェンス設置のご相談をいただきましたup
imagephoto0503-aa
当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。玄関前とお庭の2箇所にフェンスを設置するものですflair
設置イメージ図imagephoto0503-ab
途中経過はありませんが、お庭周囲への人工木横張りフェンスがほぼ完成しましたshine L型仕様で、高さは約160センチとなっていますsun
人工木横張りフェンスの完成です!imagephoto0503-c
お庭側に回って撮影してみました。基礎の周りもすでにモルタルが流し込まれており、仕上げに向かっているところですflair
お庭側から撮影しました。imagephoto0503-e
こちらは角の部分になります。支柱の両側に板材が重なるように設置されているため、強度が一番高い場所になりますhappy01 ビクともしません。
角部の納まり風景を撮影しました。imagephoto0503-g
板材には、上下2箇所にビス止めされています。人工木材と同色のビスですので、仕上がったときの全体的な統一感を出すことができますflair
ビス止め風景
お庭側から全景を撮影してみました。図面とは少し変わり、全体幅約5.4×3.6mの仕様で、周囲に人工木フェンスが設置されていますsun

お庭の2面を囲むように板材が一直線に並び、とてもきれいな仕上がりとなりました。
この後はお客様の方でウッドチップをお庭に敷かれるとのことでしたflair
お庭側の全景です。
端部を拡大しました。端部には控えを設置しており、強風対策も万全ですup
控えの設置風景です。
最後は玄関前に設置した写真になります。こちらもL型仕様で、約180センチ高にて設置され、これで2箇所の人工木横張りフェンスが完成となりましたshine
玄関前に設置した人工木フェンス
K様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

新築お庭の周囲に設置した人工木目隠しフェンス(ホワイト色)設置例

千葉県にお住まいのK様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。新築のお宅で、周りにも家がどんどん完成してきている状況です。
今回、お庭の景観と目隠しを兼ねて、人工木フェンス設置のご相談をいただきましたup
設置前のお庭
当店では、下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。L型仕様で、幅約4×10mにて人工木フェンスを設置するものですnote
設置イメージ図
すでに基礎の設置から支柱を立て終えて、人工木材の貼り付け作業が始まっています。角部より板材を設置していき、このまま横方向に広げていきますflair
imagephoto0317-b角部より人工木材の貼り付けが始まっています。
2スパンが仕上がったところで、少し休憩ですsun 遠くから撮影をしていますが、フェンスに近づくとなかなか迫力がありますshine
2スパンが仕上がりました。
角の部分を拡大してみました。板材は一本の支柱で、裏側と表からビス止めされており、強度がとてもよく出る仕様としていますup
角を拡大しました。
同じく角部を裏側から見てみました。裏側に回ってビス止めすることができる場合は、一本の支柱で納める仕様は強度的にたいへんおすすめですshine
角の納まり風景
続いて長手方向を進めていきます。 フェンスの設置には2名態勢で、一人が片側を押さえながら、もう一人がビス止めを行うことで、スムーズな施工を行うことができていますhappy01
板材の設置風景です。裏側から見た設置風景です。imagephoto0317-g
板材の貼り付け作業も残すところあと僅かになってきましたhappy01
白いフェンスに囲まれて、なんだかとても爽やかな風景ですsun
imagephoto0317-n
写真はこれで最後になりますが、人工木材の貼り付けは完了しましたshine この後は強風対策の控えを所々に設置して、基礎周りをすべてセメントで固めて仕上げたら、人工木目隠しフェンスの完成ですsun
imagephoto0317-eimagephoto0317-j
K様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

お庭と駐車場の仕切りに設置した人工木横張りフェンス(BR)

埼玉県にお住まいのS様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。お庭と駐車場の仕切りにフェンスがありますが、少々見通しがよいため、こちらに程よい目隠しとなるフェンス設置のご相談をいただきましたup
設置前のお庭
当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。既存ブロック上に約6m幅にて人工木フェンスを設置するものですup
設置イメージ図
まずは基礎となるブロック金具の設置からスタートしています。ブロック幅は12センチでしたので、当店のブロック金具逆ボルトタイプを固定していきますflair
こちらの金具は支柱の立ち上がり位置をずらしているため、既存フェンスをかわしてくれる優れものですshine
ブロック用金具の設置
人工木ポストを設置しているところです。このあとはいよいろ人工木材の貼り付け作業を行っていきますhappy01
人工木ポストを立てています。
すでに2スパン目まで貼り付けを進めています。人工木フェンスがある所とない所を見比べると、目隠し効果は歴然ですねnote
人工木材の貼り付けが始まりました。
人工木材の貼り付け風景を撮影してみました。まずは板材に下穴を空ける作業を行いますup
当店のカラービスを使用する場合は、太さ4.5ミリですので、下穴のサイズは3.8~4ミリくらいがおすすめですflair
人工木材の貼り付け風景1
下穴を空けた場所にビスを打ち込みます。ポイントは下から板材をしっかり押さえることで、上下の板材間隔がずれることなく、がっちり固定されますshine
人工木材の貼り付け風景2
こんな感じで仕上がります。板材と同色ビスのため、見た目的にも違和感なくきれいに仕上がりますよsun
ビス止め風景imagephoto0213-j
板材の貼り付け作業が完了しました。このあとは強風対策の控え設置作業へと進んでいきますflair
imagephoto0213-i
お庭側に強風対策の控えも設置して、これでブラウン色の人工木フェンスが完成です。
全体の高さはブロック上より170センチにて設置しておりますが、過度な圧迫感もなく中の様子がしっかりとシャットアウトされ、ゆっくりと寛げる空間が出来上がりましたsun
人工木横張りフェンスが完成しました!
S様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000


土中用ポール固定金具

土中用ポール固定金具

 

デッキ周りに設置した人工木横張りフェンス(ホワイト色)設置例

神奈川県にお住まいのK様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。すでに人工木デッキが設置されておりますが、この周りに目隠しとなるフェンス設置のご相談をいただきましたup
設置前のデッキ
当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。角部よりL型に約180センチのフェンスを設置するものですup
設置イメージ図
途中経過はありませんが、人工木フェンスがほぼ出来上がってきましたshine 今回はホワイト色をご採用いただいておりますnote
デッキ周囲への人工木フェンス設置
少し角度を変えて撮影してみました。板と板の隙間は15ミリにて設置しておりますが、程よい隙間で見栄え的にもたいへん良いものになっていますflair
内側から写真
元々あったデッキですので、角の納まりをきれいに仕上げるため、ブロック平板は一部カットして、基礎の埋め込みから支柱を立てていますup
基礎部分を拡大しました。
こちらは完成後になりますが、デッキ側から撮影してみました。爽やかなホワイトのフェンスに囲まれて、心地よいデッキ空間が完成しましたsun
完成後の写真imagephoto0324-g
A様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

お庭の景観と目隠しを目的とした人工木ボーダーフェンス(DB)設置例

神奈川県にお住まいのK様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。お庭の景観を目的として、写真に見えるブロック境界に沿った形でフェンス設置のご相談をいただきましたup設置前のお庭

当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。L型に約5m×3.6mにて人工木フェンスを設置するものですup
設置イメージ図
まずは例によって土中用金具の設置からスタートしています。角部より90センチ間隔で埋め込んでいき、高さや通りがずれることのないよう慎重に作業を行っていきますhappy01
土中用金具の設置
人工木ポストが設置されて、板材の貼り付けが始まりました。全体の高さは約180センチとなっていますflair
人工木ポストが立ちました。
設置箇所を拡大してみました。板材は上段から貼り付けていき、スペーサーを当てながら、下段に向かってどんどん仕上げていきますshine
角部を拡大しました。
少しづつ背後のブロック塀も目隠しされてきましたnote
板材と板材の隙間は10ミリとしています。
imagephoto0209-e
写真はここまでとなりますが、ダークブラウン色の人工木フェンスがほぼ完成しましたsun この後は端部に控えを設置して、基礎周りをモルタルで固めたら完了ですhappy01
ダークブラウン色の人工木フェンスが完成しました!
K様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

お庭周囲に設置した人工木目隠しフェンス(BR)と門扉

千葉県にお住まいのK様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

設置前の写真を撮り忘れてしまったため、イメージ図からご紹介いたします。
既存ブロック上へL型に高さ約1mの人工木フェンスを設置するものですup
設置イメージ図
まずは基礎の設置を終えて、人工木ポストが設置されましたhappy01
隣の敷地との境界はブロック一段だけでしたので、やはり仕切りとなるフェンスが欲しいところですね。
まずは人工木ポストの設置から行っています。
ポストを設置したあとは、人工木材の貼り付けを行っていきます。板材の向きは外張り仕様となりましたup
人工木材の貼り付けを行っています。
家屋裏手までズラリと横張りフェンスを設置しています。なかなかの迫力を感じますshine
家屋裏手まで設置しています。
お庭側に回って撮影してみました。ブラウン色のフェンスがとても自然な雰囲気にマッチしていると思いますsun
お庭側に回って撮影しました。
別の箇所の設置も終盤に向けて進んできましたnote コの字側でお庭が囲まれていきます。
別の箇所の設置も進んできました。imagephoto0303-f
まずはお庭周りの人工木フェンスが仕上がりましたup

お客様のお宅はとても大きなワンちゃんを飼われており、この中で伸び伸びと走り回っていましたdog
お庭周りの人工木フェンスが仕上がりました。
最後は玄関前にもフェンスを設置していきます。こちらはコンクリート面でしたので、平地用金具を使用してアンカーボルトでしっかりと固定されていますflair
玄関前の人工木フェンス
90度にクランクさせて、囲いを作っていきますup

ちょうど寸法的に180センチ  → 180センチ  → 180センチと、板材を無駄なく使用して設置されましたshine
imagephoto0303-j
お庭の中に入るための出入り口として門扉が設置され、これで全ての工程が終了しましたsun
目的であったお庭周りの仕切りもしっかりと施され、人工木の持つ木の温かみ溢れるきれいなお庭が出来上がりましたhappy01
門扉も設置しています。
K様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト1200

人工木フェンスポスト1200BR


ブロック用金具15cm用

ブロック用金具15cm用


平地用ポール固定金具

平地用ポール固定金具

既存ブロック上に設置した人工木目隠しフェンス(ホワイト色)

東京都にお住まいのT様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。お庭が道路に面していることから少々見通しが良く、ここに目隠しとなるフェンス設置のご相談をいただきましたup
設置前のお庭
当店では、下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。ブロック上にフェンスを設置していき、控えの上にはテーブルを設置する仕様としていますnote
設置イメージ図
まずは既存ブロック上に金具を設置して、人工木ポストが立てられました。
ブロック塀は手前と奥で高さが違いましたが、ポストの頂点はすべて揃えて設置していますflair
人工木ポストの設置

角部より人工木材の貼り付けが始まりました。ポストの高さを揃えたことで、フェンス材の面も手前と奥できれいに揃えられていますhappy01
人工木材の貼り付けが始まりました。
途中経過を裏側から撮影してみました。丸見えであったお庭の中がほとんど見えなくなっていますshine
裏側から撮影してみました。
再びお庭の中に戻ってみました。すでに板材をほぼ貼り終えて、次は控えの設置を行うところですup
imagephoto0307-f
控えの設置が完成しています。今回は写真のように、控えの上部にテーブルを設置していますflair かわいい花台として活用することができますよhappy01
テーブル使用の控え(支え)設置例
テーブルには、当店の人工木デッキ床板材を使用して、しっかりとビス止めされていますup
人工木デッキ材でテーブルを作成しました。
これですべての工程が終了し、人工木ホワイトフェンスが完成しましたsun 周囲からもしっかりと目隠しされて、お客様にもたいへんお喜びいただくことができましたshine
人工木フェンス(ホワイト色)が完成しました。imagephoto0307-j
T様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

お庭の周囲に設置した人工木横張りフェンス(ダークブラウン色)

千葉県にお住まいのS様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。少し暗い時間帯の写真ですが、お庭周囲に目隠しとなるフェンス設置のご相談をいただきましたup設置前のお庭
当店では、下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。高さについては、約170センチとし、お庭の周囲を囲うようにコの字型で設置を行うものですnote
設置イメージ図
すでに支柱を立て終えて、板材の貼り付け風景の写真となりますが、ダークブラウン色の板材が設置されていますshine
人工木材の貼り付けを行っています。
隣家側の板材貼り付けは、ほぼ完了しました。お隣さんとの仕切りにちょうどよい高さのフェンスが完成しましたhappy01
横方向にL型で設置を行います。imagephoto0311-i
人工木材は一本の支柱に対して、上下2本づつビス止め固定されていますup
imagephoto0311-fimagephoto0311-g
基礎部分を拡大しました。こちらは最終工程として、金具周りを大きく掘り下げてモルタルで強固に固めていきますflair
基礎部分を拡大しました。
一方こちらはお庭裏手側の写真になります。L型に設置しており、しっかりと目隠しが施されましたsun
反対道路側は板材を一段下げています。
角の部分を拡大してみました。写真左側は家屋の裏手にあたりますが、こちらはそこまで高さが必要ないため、写真のように板材を一段下げて設置されていますnote
角部を拡大してみました。
こちらの写真は家屋裏手の一番奥側の写真です。お客様のご希望で、下段のみ板の隙間を広く開けています。
ワンちゃんが外を覗いて楽しむための隙間となっていますdog
imagephoto0311-l
約5センチほどの隙間を開けていますup
imagephoto0311-m
最後は裏側から見た風景となります。こちらから見ても中の様子はほとんど見ることができなくなっていますnote

横に一直線に伸びたボーダーフェンスは仕上がりもきれいで、お客様からもたいへん喜ばれていますsun
裏側から見た人工木フェンスDB
S様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

隣家境界沿いへの人工木目隠しフェンス(ホワイト)

千葉県にお住まいのE様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。隣家との境界は低いフェンスがありますが丸見えのため、この部分を程よく目隠ししたいとのご相談をいただきましたup
設置前のお庭

当店では、下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。横幅約10メートル、高さは180センチにてホワイト色の人工木フェンスを設置するものですup
設置イメージ図
まずは基礎の設置からスタートしています。土中用金具を等間隔に設置して埋め込みを行っていますflair
まずは基礎の設置からスタートします。
続いて人工木の支柱をカットしていきますup
imagephoto0314-c
すべての基礎部分に人工木ポストが設置されました。このあとはいよいよ人工木材の貼り付けを行っていきますshine
人工木ポストが設置されました。
端部より人工木材の貼り付けが始まりました。上段より板材を貼り付けていき、下段に向かって等間隔にビス止めしていきますup
端部より人工木材の貼り付けをスタートしています。imagephoto0314-f

続いて横方向に貼り付けを行っているところです。今回は縦に14段の板材を貼り付けていき、全体の高さは約180センチとなりますhappy01
横方向に貼り付けを行っています。imagephoto0314-h

板材の貼り付けが完了しました。この後は所々に控えを設置して、基礎部分をモルタルで固めたら仕上がりとなりますflair

お庭前面に白いフェンスが出来たことで、華やかな印象に変わりました。お花などを飾ってもとてもきれいかもしれませんねsun
人工木ホワイトフェンスが完成しました。imagephoto0314-j
E様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

前面道路との仕切りに設置した人工木縦張りフェンスホワイト

千葉県にお住まいのT様宅にて、縦張りタイプの人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。道路と面していることから見通しがよいため、ここに目隠しとなるようフェンス設置のご相談をいただきましたup設置前のお庭

当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。骨組みを立てた後に縦張りにて人工木材を貼り付けていく物となりますflair
設置イメージ図
まずは骨組みの組み立てからスタートしています。人工木ポストを使用して、上中下と3箇所に横桟を設置していきますnote
まずは骨組みの製作です。
ようやく骨組みが仕上がってきました。すでに内側には控えも設置されており、今回は先に基礎周りをモルタルで固めてしまいますshine
骨組みが出来上がりました。
人工木材の貼り付けが始まりました。縦のラインや隙間がずれることのないよう、一枚一枚丁寧に貼り付けを行っていきますhappy01
人工木材の貼り付けが始まりました。
どんどん横方向に板材の貼り付けを進めていきますnote
横方向に貼り付けを進めていきます。imagephoto1118-f

人工木材の貼り付けがほぼ完成しました。横一直線に並んだフェンスはとても迫力を感じますup
人工木材の貼り付けがほぼ完成しました。
設置部分を上部から撮影してみました。板材の頂点がきれいに揃っていると、見栄えもとても良いものになりますねshine
上部から撮影してみました。支柱の上部写真です。
基礎部分を撮影しました。地面の下はすでにモルタルが流し込まれており、強固に固められていますhappy01
基礎部分を撮影しました。
出来上がった縦張りフェンスを裏側から撮影してみました。環境的にも風を強く受ける場所ですので、控えは一本置きに設置されていますflair
控えを作ることで、台風時などにも安心していただける仕様となっています。
縦張りフェンスの裏側です。
控えの設置部分を拡大してみました。L型金具を多用しており、とても頑丈な作りになっていますsun
控えの設置部分を拡大しました。
こちらはすでに完成後となりますが、お伺いさせていただいた時に撮影した写真ですcamera
道路側は設置した縦張りフェンスが立っており、家側にはお客様で別途アメリカンフェンスを設置されていましたsun
完成後にお伺いしました。imagephoto1118-n
家屋の周りがすべてフェンスで囲まれており、設置前とはガラリとイメージが変わりましたup
ご希望だったホワイト色のフェンスが驚くほど映えており、お客様にもたいへんお喜びいただくことができましたsun
人工木縦張りフェンスが完成しました!
T様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

 

エコウッドを運営していく中で、施工や業務で感じたことなどを書 いています^^

賞賛の数だけボタンを押してください