お庭の目隠しと装飾を兼ねた人工木ウッドフェンス(BR)

千葉県にお住まいのA様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。少し暗い時間帯の写真ですが、隣との境界部分に目隠しとなるフェンス設置のご相談をいただきましたup
設置前の写真
当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。
横幅約9m、高さ約160センチにて一直線にフェンスを設置するものです。
設置イメージ図
途中経過となりますが、すでに板材をほぼ貼り終え、残すところ一番端の下段のみとなっていますshine

向かい側は更地となっていますが、これから新しい家が建ったときにも、目隠しフェンスがあるとプライバシーも守られて安心かと思いますnote
設置スタート

人工木フェンスが一直線に設置されましたsun

ブラウン色がお庭に加わったことで、イメージもガラッと変わりました。人工木フェンスと緑の木々が相まって落ち着いた雰囲気を醸し出していますhappy01
人工木材の貼り付けがほぼ完了しました。
設置風景の経過となります。
板材は一枚180センチですので、90センチごとに一本の支柱を立て、横に人工木材を連結していきますup
フェンス材の設置風景
横から撮影してみました。フェンス材は無地ではありますが、ほのかに付いた柄は天然木を思わせる仕上がりになっています。なお、板材の間隔は15ミリにて設置していますflair
人工木材の拡大写真
人工木目隠しフェンスが完成しましたsun 基礎の周りはすでにモルタルが流し込まれており、硬化を待って土を被せていきます。

フェンス内側には控えも設置しており、強風に対しても万全の対策を施しています。この支え部分にはプランターなども下げるられることから、装飾目的に利用される方も多くいらっしゃいますshine
人工木目隠しフェンスが完成しました!
最後に外側から撮影してみました。人工木フェンスができたことで、こちらからはお庭の中がほぼ見通すことができなくなり、お客様にもお喜びいただくことができましたhappy01
外側から見た設置風景

A様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

 

既存ブロック上に設置した人工木横張りフェンス(ダークブラウン色)

東京都にお住まいのN様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

こちらは設置前の写真です。お庭との仕切りにブロック擁壁が立っていますが、少し高さが低く、この上に目隠しとなるフェンス設置のご相談をいただきました。
設置前のお庭
当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。
ブロック上に当店のブロック金具15cm用を使用して、高さ約70cmにて人工木フェンスを設置するものです。

フェンス材のカラーについては、ダークブラウン色をご採用いただきましたhappy01
設置イメージ図
設置が始まりました。まずは写真のように金具を等間隔に設置しているところですflair
ブロック金具の設置
なお、今回はブロック幅が13cmであったため、間に2cmの強化ゴムを固定して、金具を設置していますup
ゴム板を挟み込んで固定しています。
金具を設置し終えたあとは、支柱を70cmにカットして金具に差し込み、ビス止めしていきますnote人工木支柱を立てています。
いよいよ人工木材の貼り付けが始まりましたsun

通常は金具より上から板材を貼り付けるのですが、お客様のご希望により金具に穴を開けて、下段までフェンスを貼り付けていますup
人工木材の貼り付けスタート
人工木材のビス止め風景を撮影しました。間にスペーサーを挟み込み、板と板の間隔がずれることのないようフェンスを設置していますhappy01

ちなみにこちらでは、板材の隙間は15mmにて設置を行っています。
人工木材のビス止め風景
板材をすべて貼り終えて、人工木フェンスの設置が完成しましたshine 下まで板材を貼り付けたことで、目隠し効果もさらに発揮されています。

人工木フェンスを設置したことでお住まいが程よく目隠しされ、通行する方からの視線も気にならなくなったかと思いますhappy01
お庭との仕切りに設置した人工木目隠しフェンス

N様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト1200

人工木フェンスポスト1200

オープン外構のお庭に設置した人工木フェンス(BR)&ラティス(BE)

埼玉県にお住まいのS様宅にて、お庭の周囲を囲うように人工木フェンスとラティスを設置させていただきましたhappy01

下記は設置前の写真です。
今流行りのいわゆるオープン外構ですが、広々と感じてメリットも多い反面、境界が低いことで不安に感じるという話をよく耳にします。

今回は写真にある境界に沿って、既存ブロック上にフェンスとラティスを設置するご相談をいただきましたup
設置前のお庭
当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。
正面にはボーダーフェンスを設置していき、駐車場の側面には人工木製のラティスを取り付けていく仕様となっていますnote
設置イメージ図
設置が始まり、まずはフェンス側の支柱までを立てたところです。
等間隔に約16mに渡ってズラリと支柱が立ち並びましたshine
人工木ポストの設置
外側から人工木材を設置していき、ようやく3分の2ほど貼り終えたところですnote
こちら側から見ても、お庭の中がしっかりと目隠しされているのが分かります。
人工木フェンスの設置風景
内側に回って撮影してみました。板材の隙間は10ミリで、縦に10段のフェンス材が貼られていますflair

ブラウン色の自然な色合いが、お庭によく溶け込んでいるように感じますsun
内側から撮影
角度を変えてみました。一直線に伸びたボーダーフェンスは、仕上がりがとてもきれいですhappy01
人工木材の貼り付けが完了しました。
風の強い環境ですので、万が一の台風対策として内側に控えを設けていますnote

控えは土側に自立させていますが、地中にモルタルを流し込んで強固に固めています。
控えの設置
一方こちらは駐車場の側面に設置した人工木ラティスですhappy01
1200×600サイズのラティスを横向きに設置しています。

ラティスカラーについては、ご希望によりベージュ色をご採用いただきましたshine
人工木ラティスの設置
イメージ図と少し変わりましたが、この部分は駐車場から出入りできるように空間を設けることとしましたup
出入り口を作っています。
すべての工程が終了したところです。

人工木による目隠しフェンス&ラティスが完成し、人工木の持つ木の温かみ溢れるきれいなお庭が出来上がりましたsun

人工木製品は特別なメンテナンスを必要としないため、どうか末長くご愛用いただければと思いますshine
人工木ボーダーフェンスが完成しました。

S様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト1200

人工木フェンスポスト1200BR

お庭への人工木ボーダーフェンス&オープンデッキ(WH)設置例

東京都にお住まいのK様宅にて、人工木ボーダーフェンスとウッドデッキを設置させていただきましたhappy01

下記は設置前のお写真です。お庭の側面にはブロックの擁壁が立っており、この部分を目隠しして、さらにデッキも設置してお庭を装飾したいとのご意向をお持ちでした。
設置前のお庭

当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。

お庭を囲うようにL型でフェンスを立てて、リビング前には人工木デッキを設置するものです。設置イメージ図
基礎の設置からスタートしています。お庭全面はコンクリートの土間上に、化粧砂利が薄く固められた状態でした。

まずはドリルで穴を開けて、長めのアンカーボルトを使用し、金具をがっちりと固定していきますup
平地用金具にてアンカー固定
すでに支柱を立て終えて、片面の人工木フェンスが完成しましたshine カラーはご希望によりホワイト色をご採用いただいております。
人工木フェンスが設置されました。
こちらは裏から見た風景ですが、L型部分の貼り付けも完了したところですnote

図面とは少し変わり、出入りができるように角の部分は上段のみに板材を貼り付けています。
裏側から見た風景blog0109-g
フェンスの設置が完了したところで、リビング前に人工木デッキを設置していますflair サイズは180cm×180cmのものを使用しています。
人工木デッキの設置スタート
お庭の周囲に、フェンスとデッキが完成し、お客様にもお喜びいただくことができましたsun

素材はすべて人工木ですので、いつまでも出来たときの状態を維持していくと思いますhappy01
人工木フェンスとデッキが完成しました。
K様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

お庭周囲の程よい目隠しを目的とした人工木ボーダーフェンスBR設置例

千葉県にお住まいのT様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

少し高いところにあるお宅ですが、フェンスの周りに装飾を行うため、ボーダーフェンスの取り付けを希望されていました。
設置前の写真
当店では、下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。
全体の高さはブロック上約120センチとし、既存フェンスより上部にフェンスが来るような形となっていますup
設置イメージ図
まずはブロック金具の設置からスタートしています。

当店の12センチ用金具(逆ボルトタイプ)を使用して、位置決めした後に固定していきます。

この金具は支柱の立ち位置をオフセットしているため、既存フェンスに干渉しない優れものの金具ですshine
ブロック金具の設置スタート
角部より人工木材の貼り付けが始まりました。板材は一枚180センチですので、端部を調整しながら全体を納めていきますflair
人工木材の貼り付けスタート
お庭の形に合わせてフェンスの設置をどんどん進めていきますhappy01

上部のみではありますが、こちらからは目線部分となるリビング内が程よく目隠しされていますnote
斜めから撮影してみました。blog1220-005f
人工木目隠しフェンスが完成しましたsun

適度な隙間があるものの、周囲からの目線も遮られ、人工芝の緑とも調和したきれいな人工木ボーダーフェンスが出来上がりましたup
blog1220-005gblog1220-005hblog1220-005i

T様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト1200

人工木フェンスポスト1200BR

隣家との境界沿いに設置した人工木目隠しフェンス(ダークブラウン色)

埼玉県にお住まいのI様宅にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたhappy01

下記は設置前のお写真です。隣家と接しており、この部分に目隠しとなるフェンス設置のご相談をいただきました。設置前のお庭
当店では、下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。幅約3m、高さ1.8mにて横張りフェンスを設置するものですup
設置イメージ図
今回はお客様のご希望により、基礎石を埋めて、そこに土中用金具を差し込む仕様となっていますnote
基礎の設置からスタート
モルタルを流し込み、そこに金具を差し込んで固定しているところです。
石の穴のサイズが金具に合っていることから、金具のボルト部分がちょうど石の上に乗る形で固定されますshine
基礎石と土中用金具の固定
支柱の設置が完了しました。重量もあることから、とてもガッチリとした作りになりましたnote
支柱の設置が完了しました。
続いて人工木材の貼り付けを上段より行っているところです。
スペーサーを挟み込み、間隔がずれることのないよう慎重に作業を進めていきますflair
人工木材の貼り付けスタート
下段については、お客様のご希望で、板材の隙間を0ミリにして設置を行っていますup
下段まで設置が完了しました。
右上部分は空間を空けた形で、これで人工木横張りフェンスが完成となりましたsun

ご要望に沿った形での人工木フェンス設置となりましたが、お客様にもたいへんお喜びいただくことができましたhappy01

自由度が高いというのも、人工木フェンスの大きな特徴の一つですねflair
人工木フェンスの設置が完了しました。
I様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

お庭周囲に設置した人工木ボーダーフェンス(BR)&オープンデッキ

千葉県にお住まいのS様宅にて、人工木ボーダーフェンスとウッドデッキを設置させていただきましたhappy01

下記は設置前の写真です。新築のお宅で、お庭作りの初めとしてフェンスとデッキの設置をご検討いただきました。
設置前の写真
お客様のご希望をもとに下記のようなイメージ図を作成いたしました。

隣家との仕切りに人工木フェンスを設置し、掃き出し窓の下2ヶ所はデッキを設置して、図面左下には花壇用としてフェンスを設置するものですup
設置イメージ図
まずは隣家境界沿いへのフェンス設置からスタートしています。土中用金具を埋め込み、支柱を立てているところですflair
人工木支柱を設置
支柱を立てたあとは、上段より人工木材を貼り付けていきますnote

ご覧のとおり、板材の貼られている場所と貼られていない場所を見比べると、目隠し効果は歴然ですねshine
人工木材の貼り付けスタート

ビス打ち風景を撮影してみました。今回は板の隙間は10ミリで設置しています。

間にスペーサーを挟み込み、隙間が均等になるようにしっかりとビス止めしていきますsun
ビス打ち風景
少し近づいて人工木材を拡大してみました。木の風合いがよく出ており、とても落ち着いた風合いを醸し出していますhappy01
人工木材の拡大写真
強風対策の控えを設置して基礎部分をセメントで固めたら、人工木フェンスの完成ですup

乾燥した後に上から土で埋め戻していくため、コンクリートが埋まっていることは分からなくなってしまいますshine
人工木フェンスが完成!
続いてデッキの設置に入ります。まずは地面を整地して防草シートを敷いているところですflair
防草シートの設置
ダークブラウン色の人工木デッキが完成しました。サイズは1.5間6尺のものを設置していますshine
人工木デッキが完成しました!
最後は花壇用としての低いフェンスを設置して、すべての行程が終了しましたhappy01

フェンスにデッキとご希望に沿った形での設置となりましたが、全体のイメージや色合いがとてもマッチしており、お客様にもお喜びいただくことができました。

これから色とりどりのお花などが飾られることで、さらに素敵なお庭が出来上がってくるのではないでしょうかsun
花壇フェンスの設置
S様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

前面道路からの目隠しを目的としたボーダーフェンス設置

千葉県にお住まいのK様宅にて、人工木による目隠しフェンスを設置させていただきましたup

下記は設置前の写真です。前面道路からの程よい目隠しとして、ボーダーフェンス設置をご検討いただきましたhappy01
imagephoto0501a

当店では、下記のようなイメージをご提案させていただきました。全体の高さは約180センチ、1箇所斜めの箇所を含めた形で、設置していくものですflair
imagephoto0501b

すでに基礎部分から支柱の設置、板材の貼り付け作業まで進んだところです。

ご提案時はブラウン色でしたが、実際にはダークブラウン色にて設置を行わせていただいておりますnote
imagephoto0501c

こちらは玄関前の斜めの箇所ですが、下段には板材を貼らずに空間を空けて、上段のみに板材を貼り付けていますnoteimagephoto0501d

角度を変えて内側から撮影してみました。ご覧のとおり目隠し効果が発揮され、前面の道路はほぼ見通すことができなくなりましたshine
imagephoto0501e

フェンスを立てた後は、強風対策の控えを設置していきますflair

下記写真はちょうど控え柱とフェンス柱をL型金具で連結しているところですupimagephoto0501f

端部に控えが設置されることで、台風時なども安心していただける仕様となっておりますshine
imagephoto0501g

こちらは玄関とは反対側の、隣家側面に人工木フェンスを設置しているところです。

上段から板材の貼り付けを行い、スペーサーを挟み込みながら下段まで均等に設置を進めていきますup
imagephoto0501h
imagephoto0501i

最後は基礎部分の周りを掘り下げて、モルタルを流し込んで強固に固定を行っていきます。

ちなみに控えのある部分は大きめの穴を作り、一体化させています。このあとは硬化を待って土を被せたら完成ですshineimagephoto0501j

人工木ボーダーフェンスが完成しましたnote 通りからの視線もしっかりと目隠しされて、落ち着いたプライベートなお庭が出来上がりましたhappy01
imagephoto0501k
imagephoto0501l
K様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

お庭周囲の目隠しと景観を兼ねた人工木フェンス(BR)

神奈川県にお住まいのK様邸にて、人工木ボーダーフェンスを設置させていただきましたnote

下記は設置前の写真です。ご自宅は少し高い位置にあり、道路を走る車や歩行者の方から見上げられやすい環境にありました。このため、目隠し効果のあるボーダーフェンス設置をご検討いただきましたflair
blog0320a

ご提案時のイメージ図です。既存のアルミフェンスに沿って人工木の板材を貼っていくものです。

電線の部分については、フェンスをカギ型で設置していくことで解決を図っており、すべてが連結した作りで強度も出していきますup
blog0320aa
まずは基礎を設置し終え、支柱をカットするために寸法を測っているところですhappy01
blog0320b
人工木の支柱が立ちました。頂点がきれいに揃うことで、見栄えも良くなりますねflair
blog0320c
角より板材の貼り付けが始まりました。カギ型の部分は、短くカットした板材をそれぞれの支柱に貼り付けて連結していますshine
blog0320d
こうすることで、電線をフェンスの背面に持ってくることができていますup
blog0320g
カギ型の部分を拡大しました。短い板が前後の支柱に固定されており、単独で立つより遥かに強度を出すことができますflair
blog0320f
そのまま板材の貼り付けは進んでいきます。目隠し効果がだんだんと発揮されてきましたhappy01
blog0320i
一ヶ所、ブロックが斜めになっている部分がありましたが、こちらはお互いのフェンスが重なるように設置を行っていきますup
blog0320kblog0320qqaq
人工木材の貼り付けがすべて完了しましたshine

板の隙間は10ミリとしており、ほとんど中を見通すことができなくなっていますflair
blog0320j
最後は強風対策の控えを設置し、基礎部分を掘り下げてセメントで固めたら、人工木フェンスの出来上がりですhappy01
blog0320qqblog0320l
施工当日は幸い好天に恵まれ、途中手を止めることなく工事が完了できましたsun

設置前に比べてお庭の中をしっかり目隠しすることができ、木の温かみ溢れる雰囲気に仕上がりました。

人工木ではありますが、天然木のような風合いで落ち着いた感じに仕上がるのが人工木ボーダーの特徴と言えそうですshine
blog0320qqq

K様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

駐車場からの程よい目隠しに設置した人工木ラティスBR

神奈川県にお住まいのS様邸にて、人工木ラティスフェンスを設置させていただきましたup

こちらは設置前です。お庭のすぐ隣には駐車場があり、この部分を程よく目隠ししたいとのご相談をいただきましたhappy01
blog0325a
ご提案時のイメージ図です。一直線に7枚の人工木ラティスを設置していき、途中で2枚を直角に連結していく仕様となっていますflair
blog0325b
定番の基礎作りから始まります。まずは土中用金具を等間隔に設置しています。約35センチの埋め込み深さがありますup
blog0325c
柱を立て終え、1枚目の人工木ラティスがはめ込まれました。ラティスのサイズは150センチのものを使用していますnote
blog0325d
すべてのラティスが設置され、ほぼ完成したところです。向かいの駐車場が程よく隠されているのがお分かりいただけるかと思いますshine

このあとは控えの設置や基礎部分のモルタル固定などを行い、仕上げへと進んでいきますup
blog0325eblog0325f
駐車場側に回って撮影してみました。格子タイプとはいえラティスが設置されたことで、リビングを簡単に見ることはできなくなりましたflair

ラティスは装飾としての効果のみではなく、採光性を損なわずに目隠しも行うという特徴も合わせ持っているようです。
blog0325gblog0325h
内側には強風時などのゆれ防止として2箇所に控えを設けており、風対策も万全ですshineblog0325i
人工木ラティスの設置が完了しました。

シックなブラウン色がよく調和し、侵入対策にはもちろんのこと、エクステリアとしてもとてもきれいに仕上げることができましたshine

これからハンギングなどで色とりどりのお花が増えていくことで、なお一層ラティスが引き立ってくれるものと思っていますhappy01blog0325j
S様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木ラティスポスト2100

人工木ラティスポスト2100

 

エコウッドを運営していく中で、施工や業務で感じたことなどを書 いています^^

賞賛の数だけボタンを押してください