カフェスペースに設置した人工木目隠しフェンス(ホワイト)

千葉県にあるパスタと陶器のお店「アンカフェ」さんにて、お客様の憩いスペースとして人工木目隠しフェンスを設置させていただきましたhappy01

下記は設置前の写真です。お店の側面には、元々白いフェンスがあったのですが、台風など経年劣化により破損してしまったとのことでした。

そこで今回新しく、人工木による白い目隠しフェンス設置のご相談をいただきましたupblog-0116a

当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。コの字型で周囲を囲むような作りです。

ブロック部分とコンクリート部分があるため、固定金具やアンカーボルトなどを用いて基礎を頑丈にしていきますshine

また、台風対策としての控えを内側に設けていきますが、この部分には人工木の床板を設置し、お花や装飾品などを置いてお洒落にアレンジできる仕様としていますnote
blog-0116x
ホワイト色の人工木フェンスが完成しましたsun 板と板の隙間は2センチにて設置しており、程よく太陽の光が差し込む仕上がりになっています。
目隠しフェンス(白)
角の部分を拡大しました。長手方向と奥の箇所については、板の面を内側に向けて貼っていき、お店の入口側は化粧面を外側に向けて貼っていますflair
blog-0116c
さらに角度を変えて撮影してみました。横幅は約5m、高さは約180センチの目隠しフェンスです。

これならご来店されたお客様にも、外からの視線を気にせずに店内でお寛ぎ頂けるのではないかと思いますhappy01
blog-0116d
続いて内側に回ってみました。こちらはちょうど角の部分ですが、ホワイトのフェンスには緑の木々がよく映えますねclover
blog-0116e

基礎部分になります。端部はコンクリートでしたので、平地用金具を使用してアンカーボルトで固定していますup
blog-0116f
一方こちらは長手方向の基礎部分です。ブロック用金具(逆ボルト仕様)を設置しています。既存フェンスをうまくかわして設置されていますup
blog-0116g
店内から撮影しました。外を見渡せば全面に広がる白いフェンス、大きな緑の植栽、そして青空。なんだかとても心地よい気持ちになったのを覚えていますhappy01
blog-0116h
控え部分には人工木製のテーブルを設置しています。これから飾り付けをして、お洒落にアレンジされるとのことでしたshine
blog-0116i
少し時間を戻して、最後の板材貼り付け風景です。治具を用いて、板材の間隔がズレることのないよう丁寧に設置を行っていますup
blog-0116j
正面側のフェンスも完成し、これで出来上がりですflair
blog-0116k
全景を撮影しました。お店のイメージカラーに白いフェンスがとても合っているように思います。緑の樹木もよく調和していますshine
blog-0116l
最後に店内を少しご紹介。陶芸品や絵などがきれいに飾られておりましたが、なんとこちらはすべて手作りのオリジナル商品とのことでしたflair

コーヒーなどもこういったお洒落なマグカップで飲むと、より美味しく感じられそうな気がいたしますhappy01blog-0116m
アンカフェ様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木ラティスポスト2100

人工木ラティスポスト2100

 

道路からの目隠しと景観を兼ねた人工木フェンスBR設置例

千葉県にお住まいのS様邸にて、道路からの目隠しとして、人工木横張りフェンスを設置させていただきましたshine

写真は設置前の風景です。道路際に天然木ラティスを設置されていましたが、経年変化で痛みが多く出てきたため、新しく人工木製のフェンス設置をご検討いただきました。
blog0125-a
下記はご提案時のイメージ図になります。

正面側は約8mにて高さを変えながら設置していき、家屋裏手には小さめのフェンスを立てて、計2箇所に設置していくものですup
blog0125-b
途中経過はありませんが、ブラウン色の人工木フェンスがほぼ完成しましたnote

イメージ図とは少し仕様が変わり、板材の隙間や全体の高さなどはお客様のご要望に沿った形での設置となりましたshine

では、出来上がったフェンスの中を少し覗いてみましょう。
blog0125-c
まずは道路際の端部になります。こちら側のみ板材の隙間は1センチにて設置されています。 ほぼ中を見通すことはできなくなりましたflair
blog0125-d
同じ箇所を裏側から撮影してみました。自然なブラウン色が木々の緑とよく調和しているように感じますnote
blog0125-e
裏側の全景写真です。強風対策としての控えも設置され、台風などの際にも万全の仕上がりとなっていますshine
blog0125-f
板材の設置面を拡大してみました。人工木材と支柱は同色ですので、内側から見ても見栄えが良いのが特徴ですnote
blog0125-g
控えの設置部分を拡大しました。控えはフェンス内側に柱を立てて、L型金具で連結しています。もちろんすべての基礎部分はモルタルで強固に固めていきますup

DIYで設置される場合も、背の高いフェンスの場合は控えがあると安心ですよshineblog0125-h
さらにもう1箇所、家屋裏手のフェンス設置風景です。すでに3本の柱が立ち、このあと板材を貼り付けて仕上げていきますhappy01
blog0125-i
こちらの部分は、ご希望により板材の隙間は0ミリにて貼り付けを行わせていただきましたup
blog0125-k
お隣との境界部分も人工木フェンスが完成し、施工が完了しましたflair

ご希望に沿った形での人工木フェンス設置となりましたが、全体のイメージや色合いがとてもマッチしており、お客様にもたいへんお喜びいただくことができましたhappy01
blog0125-j
S様、この度は誠にありがとうございましたsun

今回使用した商品一覧になります。book pencil


人工木フェンスポスト2000

人工木フェンスポスト2000

 

お庭周囲に設置した人工木目隠しフェンスBE色

東京都にお住まいのT様邸にて、既存の天然木フェンスを撤去し、人工木フェンスを設置させていただきましたup

下記は設置前の写真です。木製のフェンスが取り付けられていましたが、経年変化により所々フェンスが倒れかかっている箇所などがありました。

今回これらをすべて撤去し、人工木の横張りフェンス設置をご検討いただきましたhappy01
blog0124a
当店では下記のようなイメージ図をご提案させていただきました。

設置前の状態と同じような形で、正面側は下部を空けて設置していき、家屋側面は下までフェンスを貼り付けていくものですnote

なお、カラーはベージュ色をご採用いただきました。
blog0124b
途中経過はありませんが、人工木フェンスが完成したところですshine 正面側は下部の隙間を空けて設置しています。
blog0124c
さらに端部には強風対策としての控えも設置されましたup
blog0124d
こちらは反対側から撮影した写真です。約15mに渡って一直線に横張りフェンスが設置されていますflair ベージュ色の色合いがとても爽やかで、お庭にマッチしています。
blog0124e
さらに家屋側面側は、下まで板材を貼り付けて仕上げていますsun 背後にあるブロック塀も横張りフェンスに隠されて、きれいに見えなくなりました。
blog0124f
最後にお庭にあるウッドデッキ側から撮影してみました。人工木フェンスが木々の緑ともよく調和しており、彩りも出たことで植栽も映えたように感じますhappy01
blog0124g
S様、この度は誠にありがとうございましたsun

天然木ラティスから人工木ラティスへのお取り替え設置例

千葉県にお住まいのS様邸にて、既存の天然木ラティスから新しく人工木ラティスにお取り替えをせさていただきましたsun

下記写真は設置前の写真です。アルミ製の支柱が立っており、その間に木製のラティスが横向きに設置されていました。

今回、経年変化によりラティスの傷みが強くなってきたため、ラティスのお取り替えのご相談をいただきました。
blog0123a
下記はご提案時のイメージ図になります。アルミ支柱のみを残して、ラティスは新しく人工木製のベージュ色を設置していくものですhappy01
なお、樹脂製のラティス1800mmを横向きに使用する場合は、中心のたわみを防ぐ目的として、下部に土台を設置していただくことをお勧めしており、今回もその仕様で設置を行っていきますupblog0123h

さっそく既存のラティスを撤去し、支柱間に下部の土台を設置しました。固定にはL型の金具を使用して、直接ビス打ちを行っていますshine
blog0123b
いよいよ人工木ラティスを土台の上に配置して、ラティスの内側から支柱に対してすべて固定していきますnote
下段には1800×600幅のラティスを設置しています。端部のみ支柱間のサイズが少し短かったのですが、こちらはラティスの寸法を縮めて、ぴったりと納めています。
blog0123c
さらに上段のラティスも設置されました。上段には1800×900のラティスを使用しています。今回はベージュ色をご採用いただきましたが、支柱が同系色のため、アクセントのある良い仕上がりになりましたflair
blog0123e
すべてのラティスが設置されて完成となりました。爽やかなベージュ色のラティスに囲まれ、お庭の中がとても明るい印象になったように感じますnote
blog0123f
最後は道路側から撮影してみました。格子タイプの人工木ラティスですので、程よい感じで目隠し効果も発揮されていますhappy01
blog0123g
S様、この度は誠にありがとうございましたsun

お庭の周囲に設置したブラウン色の人工木ボーダーフェンス

千葉県にお住いのY様邸にて、お庭のブロックに沿って人工木フェンスを設置させていただきましたので、ご紹介いたしますhappy01

こちらは設置前です。写真に見えるレンガのブロック塀に沿って、フェンス設置をご検討されていましたup
blog0622b
下記はご提案させていただいたイメージ図です。高さは約1.2mにて、L型に人工木フェンスを設置していくものですhappy01
blog0622aa
まずは人工木ポストを設置しているところです。ブロックが一ヶ所斜めになっていましたので、ここは板と板を重ねる形で仕上げていきますflair この後はいよいよ人工木材を貼り付けていきます。
blog0622f
端部の板材が設置されました。縦に9段貼ることで、ブロックの天端にちょうど板材が来るようにしていますhappy01
blog0622d
すべての板材を貼り終え、人工木フェンスが完成しましたshine 板材が重なる部分もきれいに納めています。板材の隙間は15ミリとなっていますが、ちょうどいい隙間ではないかと思います。
blog0622cblog0622a
内側から撮影しました。奥に見えていた車もほとんど見えなくなっていますup なお、樹木が一部お庭の外に張り出していたため、ここは板材をカットすることで、樹木のスペースを活かしていますhappy01
blog0622g
アングルを変えて上から撮影してみましたcamerashine
blog0622e
最後に前景写真です。ブラウン色の人工木フェンスが設置され、まるで初めからあったかのように、お庭の緑にとてもよく溶け込んでいますnote
blog0622h
Y様、この度は誠にありがとうございましたsun

隣家境界沿いへの人工木目隠しフェンス設置例

東京都にお住いのM様邸にて、隣家との境界沿いに目隠しを目的とした人工木フェンスを設置させていただきましたhappy01

下記写真は設置前となります。お隣との境にブロック塀があり、これに沿って木製のラティスが立っていました。

ただ、経年変化により倒れてしまっていたり、古くなってきたため、今回人工木によるボーダーフェンスの設置をご検討いただきましたup
blog0217a
イメージ図になります。幅約9mに渡って人工木フェンスを設置していくものです。高さは約1.9mで設置していくため、強風対策の控えも所々に設けていますnote
blog0217b
まずは古いラティスを撤去した場所に、新しく基礎を作っています。端部からスタートし、900ピッチで柱を立てていきますflair
blog0217c
すでに人工木ポストも立て終え、板材の貼り付けが始まりました。板と板の間隔は15ミリとなっており、自然光が取り入られる丁度よい隙間ではないかと思いますup
blog0217d
3スパンまで貼り付けが進みました。ブラウン色の色合いが木々の緑によくマッチしていますshine
blog0217e
板材の貼り付けは、残すところあと3枚で終了となります。
このあとは強風対策の控えを等間隔に設置し、最後にすべての基礎部分をモルタルで固めたら人工木フェンスの設置が完成ですup

横に一直線に伸びたボーダーフェンスは仕上がりもきれいで、お客様からもたいへん喜ばれていますhappy01
blog0217f
M様、この度は誠にありがとうございましたsun

明日もがんばりますrun

天然木ラティスから人工木ラティスへのお取り替え設置

東京都にお住まいのO様邸にて、既存の天然木ラティスを撤去し人工木ラティスを設置させていただきましたshine

こちらは取り替え前の写真です。
家屋前の擁壁にラティスが設置されていますが、経年変化により痛みが激しくなってきたため、今回こちらをすべて人工木製のラティスにお取り替えをさせていただくことになりました。
blog12.6a

設置イメージ図です。サイズや枚数などは現状のままとし、ラティスのみこれまでと違う天然木から人工木へと変えて設置を行うものとなりますup
blog12.6x
まずは既存のラティスを撤去しています。植栽なども大きく広がっていましたが、ある程度の長さを残してカットしていますhappy01
blog12.6b
人工木ラティスの取り付けが始まりましたup 角から頂点を揃えて設置していき、入り口部分はラティスの寸法を加工してぴったりに納めています。
blog12.6c
玄関前の角の部分をアップしてみました。ラティスの枠同士がちゃんと重なるようにうまく設置されていますflair
blog12.6e
ラティスフェンスの設置が完成しました。人工木ですので、これまでのように腐ることもなく、末永くご愛用いただけると思いますhappy01  格子の部分にはプランターなども掛けられるため、これからハンギングなどで緑が増えていくにつれ、とても華やいだ雰囲気に変わっていくと思っていますshine
blog12.6d
最後はお庭側にも何枚か取り替えをさせていただき、ラティス設置が完了しましたsun
blog12.6f
O様、この度は誠にありがとうございましたsun

隣家との境界に設置した人工木ラティスフェンス(ブラウン色)

神奈川県にお住まいのK様邸にて、家屋と隣のアパートの境界部分の仕切りとして、人工木ラティスを設置させていただきましたnote

元々は樹木や工事用のフェンスなどで仕切られていましたが、剪定もたいへんとのことで、今回すべてを伐採してメンテナンスの掛からない人工木ラティスの設置をご希望されていました。happy01
設置前のお庭
こちらはイメージ図です。高さ約160センチにて一直線上に人工木ラティスの設置を行っていくものとなりますup
完成イメージ図
すでに樹木が伐採されてすっきりしています。まずは基礎となる土中用金具の埋め込みを行っているところですshine
通りをきれいに出すために、端から端まで糸を引いて高さや水平を確認しながら固定を行っていきます。
土中用金具の設置スタート
人工木ラティスの設置がほぼ完成しましたsun 手前側に6枚と奥に2枚が取り付けられています。
ラティス取り付け
お隣のアパート側から撮影してみました。樹木があった時は落ち葉なども掃除する必要がありましたが、ラティスできれいに仕切られたことで、その必要もいりませんhappy01
隣家側から見た写真
少し近づいてみました。この場所だけは樹木を残しているので、空間が空いています。このあと木々をかわすようにラティスを加工して、納めていきますup
空間部分は加工したラティスで納めます。
最後に台風時などの補強として控えも設置され、完成となりました。このあとはお客様のアイデアで緑のリーフネットを掛けたり、おしゃれにデザインしていくと伺っていますhappy01

生い茂っていた木々もなくなり、ラティスがそれにとって代わったことによりお庭がすっきりと爽やかになることができましたup
設置完了!
K様、この度は誠にありがとうございましたsun

 

隣家との境界沿いに設置した人工木フェンスWH

千葉県にお住いのK様邸にて、お隣さんとの境界沿いにホワイト色の人工木フェンスを設置させていただきましたhappy01
blog0531a
下記はイメージ図です。全体の幅は約10800mmとしており、この場合は1800の板材を横に6スパン貼ることで、端材も出ずに板材を無駄なく使用することができますnote
blog0531b
ボーダーフェンスが完成しました。高さは下部の隙間を含めて約1600ミリとなっていますup 風が強く吹くとのことでしたので、等間隔に控えを設置する仕様としていますshine
blog0531f
板材同士の隙間は20ミリにて設置していますhappy01
blog0531d
当店の人工木材は表面を荒らし加工しており、一見すると天然木と見間違えてしまうほどの出来栄えですshine
blog0531e
別途で枕木のご注文をいただきましたので、後日お届けにお伺いさせていただきましたbus 駐車場の出入口側に設置されるとのことです。
blog0531c
最後に隣家側から撮影してみましたshine 境界部分に程よい目隠しができたことで、施主様だけでなく隣家の方から見てもありがたいのではないかと思いますが、いかがでしょうかhappy01
blog0531g
K様ありがとうございました。

明日もがんばりますrun

千葉県のH様邸にて、お庭周囲に人工木フェンスを設置いたしました♪

こんばんは、エコウッドですhappy01

本日は千葉県にお住まいのH様邸にて、お庭の目隠しと景観を兼ねた人工木フェンス設置が完成しましたので、ご紹介いたします。

下記はご提案図です。こちらのお客様宅では隣家の窓がリビングと面していたことから、全体の高さは約180センチとさせていただきましたup
幅4.5mと4mのL型に設置していきます。02.14sekou002

まずは、基礎を設置し終えた後に支柱を差し込んだところです。
この時点ではまだビス止めは行っていないためグラついていますが、板材を貼り終えた後にすべて固定していきますnote02.14sekou001

右端のみを残して板材の貼り付けがほぼ終わりました。端部は板材の寸法を調整して、全体幅を揃えていきますshine02.14sekou003

角部の板材の重なり部分を拡大してみました。ここは支柱1本に対して、両面から固定を行っていますhappy01
こうすることで、角部の強度は格段に増していきます。02.14sekou005

再度、水平垂直を確認し、支柱のビス止めを行っているところですnote
02.14sekou007

板材の張り付けが完了しました。次は基礎部分のモルタル固定と倒壊防止としての控えを設置していきますup
高さのあるフェンスを作る場合は、台風時などの対策は必須になってきますねflair02.14sekou004

まずは基礎の周囲を約30センチ四方で掘り込み、ここにモルタルを流し込んでいくことになりますhappy0102.14sekou008

すべての基礎にモルタルが流し込まれました。硬化を待って土を被せたら見えなくなってしまいますup 基礎部分が強固に固定されました。02.14sekou009

控えも設置し終え、お庭周囲への人工木フェンスが完成ですsun
隣家の窓も気にならなくなったことで、気兼ねなくお子様をお庭で遊ばせたり、これから春に向けてお庭造りもさらに楽しくなるのではないでしょうかheart0202.14sekou010

H様、この度はありがとうございましたhappy01

賞賛の数だけボタンを押してください