タグ別アーカイブ: ボーダーフェンス

お庭の周囲に設置したブラウン色の人工木ボーダーフェンス

千葉県にお住いのY様邸にて、お庭のブロックに沿って人工木フェンスを設置させていただきましたので、ご紹介いたしますhappy01

こちらは設置前です。写真に見えるレンガのブロック塀に沿って、フェンス設置をご検討されていましたup
blog0622b
下記はご提案させていただいたイメージ図です。高さは約1.2mにて、L型に人工木フェンスを設置していくものですhappy01
blog0622aa
まずは人工木ポストを設置しているところです。ブロックが一ヶ所斜めになっていましたので、ここは板と板を重ねる形で仕上げていきますflair この後はいよいよ人工木材を貼り付けていきます。
blog0622f
端部の板材が設置されました。縦に9段貼ることで、ブロックの天端にちょうど板材が来るようにしていますhappy01
blog0622d
すべての板材を貼り終え、人工木フェンスが完成しましたshine 板材が重なる部分もきれいに納めています。板材の隙間は15ミリとなっていますが、ちょうどいい隙間ではないかと思います。
blog0622cblog0622a
内側から撮影しました。奥に見えていた車もほとんど見えなくなっていますup なお、樹木が一部お庭の外に張り出していたため、ここは板材をカットすることで、樹木のスペースを活かしていますhappy01
blog0622g
アングルを変えて上から撮影してみましたcamerashine
blog0622e
最後に前景写真です。ブラウン色の人工木フェンスが設置され、まるで初めからそこにあったかのように、お庭の緑にとてもよく溶け込んでいますnote
blog0622h
Y様、この度は誠にありがとうございましたsun

隣家境界沿いへの人工木目隠しフェンス設置例

東京都にお住いのM様邸にて、隣家との境界沿いに目隠しを目的とした人工木フェンスを設置させていただきましたhappy01

下記写真は設置前となります。お隣との境にブロック塀があり、これに沿って木製のラティスが立っていました。

ただ、経年変化により倒れてしまっていたり、古くなってきたため、今回人工木によるボーダーフェンスの設置をご検討いただきましたup
blog0217a
イメージ図になります。幅約9mに渡って人工木フェンスを設置していくものです。高さは約1.9mで設置していくため、強風対策の控えも所々に設けていますnote
blog0217b
まずは古いラティスを撤去した場所に、新しく基礎を作っています。端部からスタートし、900ピッチで柱を立てていきますflair
blog0217c
すでに人工木ポストも立て終え、板材の貼り付けが始まりました。板と板の間隔は15ミリとなっており、自然光が取り入られる丁度よい隙間ではないかと思いますup
blog0217d
3スパンまで貼り付けが進みました。ブラウン色の色合いが木々の緑によくマッチしていますshine
blog0217e
板材の貼り付けは、残すところあと3枚で終了となります。
このあとは強風対策の控えを等間隔に設置し、最後にすべての基礎部分をモルタルで固めたら人工木フェンスの設置が完成ですup

横に一直線に伸びたボーダーフェンスは仕上がりもきれいで、お客様からもたいへん喜ばれていますhappy01
blog0217f
M様、この度は誠にありがとうございましたsun

明日もがんばりますrun

人工木ラティスやボーダーフェンスなどの設置♪

こんにちは、エコウッドですhappy01

本日も青空が広がりいいお天気ですsun

連休もあと少しですが、今年のゴールデンウィークは本当に良いお天気続きで、お出掛け日和ですねrvcar

さてさて、久々のブログ更新ですが、先日のラティスやフェンスなどを取り付けさせていただいたお客様の設置例をまとめてご紹介させていただきますup

まずは東京都にお住まいのG様宅にて設置させていただいた、人工木フェンスです。
下記写真に見えるお庭の周囲を程よく目隠しするようにフェンスを立てていきますwinkblog0506a
完成しました。こちらではベージュ色の人工木材を使用して、高さ約1700mm、板材の隙間は20mmにてL型に設置していますupblog0506b
写真手前側にちょうど倉庫があり、そこから家屋サイドまでを取り巻くように設置し、爽やかなフェンスが出来上がりましたshine
blog0506c
続いては東京都にお住まいのK様宅にて設置させていただいた、人工木ラティス1200×900ブラウン色です。
下記写真に見える隣家との境界フェンス部分に、人工木ラティスを並べていきますsun
blog0506d
完成しました。1200×900ブラウン色のラティスを7枚使用し、境界ブロック沿いに設置しています。既存フェンスより約40センチほど高く目隠しされましたhappy01blog0506e
お次は茨城県にお住まいのY様宅にて設置させていただいた、人工木ボーダーフェンス(WH)ですnote
設置前はまだ木々がたくさん立っていましたが、これらをすべて撤去した上で新しくお庭をリニューアルされるとのことでした。blog0506f
お庭周囲への人工木フェンスホワイト色が完成しましたup
高さも圧迫感のないように、隣家との境界部分は1600mm、通りに面している側は1000mmにて設置しています。
blog0506g
こちらは角部をアップして撮影した写真です。1本の支柱に対して板材がTの字になるよう直角に貼っていますflair こうすることで角部の強度がとても強固になります。
blog0506h
また、L型の場合にはそれぞれの板材の面を揃えることで、仕上がりがとてもきれいになりますhappy01
blog0506i
続きまして、都内にお住まいのU様宅にて設置させていただいた天然木ルーバーラティスです。
下記写真に見える緑のメッシュフェンス部分を完全に目隠ししたいとのことで、天然木製のルーバーラティス1890を一直線に取り付けていきましたsunblog0506j
完成しました。背後のメッシュフェンスがほぼ見えなくなりました。当店のルーバーは上下の隙間が0~5ミリ程度と狭いため、目隠し効果は抜群ですlovely
blog0506k
最後は千葉県にお住まいのS様宅にて設置させていただいた、人工木ボーダーフェンスブラウン色ですnote
下記写真に見える隣家との境界部分、また玄関側の道路部分を目隠しするようにL字型に立てていきました。blog0506l
完成間近となりますが、板材をほぼ貼り終えました。全体の高さは約1700mm、角の花壇は支柱を短く調整しながら高さを揃えていますup
通りからもお庭の中が丸見えとなっていましたが、しっかりと目隠しされましたheart02
blog0506m

この度は誠にありがとうございました。

明日もがんばりますrun

家屋周囲への人工木(白)ボーダーフェンス設置

こんにちは、エコウッドです。

本日は前回に続いて人工木ホワイトシリーズの設置例をご紹介させていただきますshine

下記写真は設置前の風景となります。設置場所の確認やお客様のご要望などを詳しく聞いていますwink

こちらではお客様宅と道路の境界に沿って、目隠しとして白いフェンスを立てたいとのご要望でした。
blog2017.55a
完成イメージは下記のような形で、家屋裏手側から玄関横までL字に設置していくという内容ですnote
blog2017.55j
まずは基礎の設置と支柱の立ち上げを行っています。家屋側は土面での設置となり、玄関側はコンクリート上への固定となっていますup
blog2017.55b
コンクリート部分へは「平地用金具」を使用して、アンカー固定していきます。こちらでは奥に向かって傾斜が付いていたため、写真に見えるゴム板を挟み込んで水平を取っていますflair
blog2017.55c
板材の貼り付けが始まりました。開始位置は角部をスタートとして、板材が重なる部分をしっかり収めることできれいな仕上がりとなりますheart02
blog2017.55d
正面側が完成しましたup 板材の間隔は1.5ミリとなっています。
blog2017.55e
内側から撮影してみました。こちらは自転車置き場になるそうですhappy01blog2017.55f
続いて仕上げに向かって奥側まで板材を設置していきます。土面部分はこの後モルタルにて固定するため、手が入りやすいよう下段の板材は最後に仕上げていきますcherryblog2017.55g
完成しましたhappy01 お風呂場の窓が通りに面していたため気になっておられましたが、しっかりと目隠しされていますupblog2017.55h
ホワイト色の人工木フェンスが出来上がり、お客様にもとてもご満足いただくことが出来ましたsun blog2017.55i
Y様ありがとうございました。

明日もがんばりますpenguin