カテゴリー別アーカイブ: 庭仕事

20190819_172056

木槿 ムクゲブルーバード

 

木槿ブルーバードが咲いていたので切り飾りました。

 

20190819_172003

雨が少し降っていた中切ったので一日花ですがいつもよりは長持ちしました。

じめついた部屋に爽やかなブルーバードの薄紫が良い仕事していました。

20190819_172027

 

ムクゲはアオイ科フヨウ属の落葉樹。

別名ハチス、もくげ。

庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花である。

和名は、「むくげ」。「槿」一字でも「むくげ」と読むが、中国語の木槿と書いて「むくげ」と読むことが多い。

また、『類聚名義抄』には「木波知須」と記載されており、木波知須や、単に波知須とも呼ばれる。

 

ネットより

IMG_20190813_165655_253

ユーカリポポラス

台風も無事被害なく通り抜けてくれました。

台風に備えてユーカリポポラスの剪定をしたのでスワッグやリースに使いました。

 

 

20190813_090656

実のいっぱいついていたものはその部分だけまとめてリースに。

IMG_20190813_165655_253

 

1565682685947

 

まずはだいたいまとめて輪ゴムで準備。

20190816_083904

これはこれでいいかも?

20190816_084011

 

御客さまに聞いてみて要ると応えてくれた人にプレゼントしています。

気分でアナベルの漂白も2、3本入れ込みあとはワイヤーで吊り下げれるように。

そしてリボンかな?

今日行った店でラフィアテープを頼んできました。

ネットにはあるけどこちらではなかなか売ってないのよね。

やっと取り寄せてくれる店を見つけました。

 

 

20190809_083902

シロタエギクがー!

シロタエギクの葉っぱが何者かにやられていました。

 

20190809_083855

 

犯人はバッタの赤ちゃんでした。

どんどん傷んだものを切っていきました。

20190809_083911

 

20190809_083902

 

またまた捨てられないのでまとめていきました。

 

そしてお決まりのリース。

20190809_141304

 

結局作っていたら足らなくなり上のシロタエギクは丸坊主に。

 

リースは作る度に微妙で満足いくものではないけど家で飾る分にはいいかな。

20190806_075851

花火のような

 

このクレマチスは花は小さめですが花びらが落ちてもなんだか線香花火のように変化を楽しめて可愛いです。

20190802_091034

 

アザミモモイロハナビは零れ種でどこにでも顔を出します。

ひょっこりはんみたい。

イチジクの間からひょっこり!

20190806_075851

 

クチナシの間のは手が届かなかったので3メートルくらいになっていました。

名前のように花火らしくパッと咲いています。

このようにクローズアップすると可愛い色でいいなと思うのですがあちこちに出てくるといらんぴよんです。

邪魔な部分の茎だけ切っていたら毎年大きな株になっているものも。

昨晩はばら寿司を作りました。

20190806_153922

 

20190806_165914

 

息子んちや娘んちのも作ったので7合炊きました。

 

見映えはたいしたことがないけど味は私好みです。

 

具の材料は海老、穴子、しらす、ゴボウ、ニンジン、三つ葉、高野豆腐、油揚げなどです。

 

昔、お隣に博多の人がばら寿司を作ったからといって持ってきてくれましたが里芋が入っていました。

 

少し驚きましたがそれはそれで美味しかったです。

 

香川はウズラ豆の甘煮が入っているものを売っているスーパーもあります。

 

私は入れませんが。

 

本当は椎茸の甘煮やいんげんを入れたいところですが子供たちが嫌いというので入れれません。

 

別に作っておいて好きな人だけ飾ればいいのですが、結構具だくさんにすると手間がかかるのでもういいかとなります。

 

実家では父が里芋の煮付けが好物で母がよく作っていたので食べていましたが、結婚してからは主人が嫌いなので滅多にしなくなりました。

 

やはり家の中の誰かが苦手なものがあるとだんだんそれを入れなくなりますね。

 

 

 

20190806_075137

遅咲きアナベル

ギンヨウアカシアパープレアの蕾がいっぱいついています。

今年は花が少なかったけど来春はどうやら多そうです。

グランドカバーのリシマキアヌムラリアオーレアが綺麗です。

20190802_090852

 

挿し木したものを地植えしたアナベルが今頃咲いています。

場所によって咲く時期が同じものでも違うのかな?

20190806_075137

エンドレスサマーの残っていた花は少しだけこんな色に。ただ枯れてるだけ?

20190806_075202

 

暑くて暑くて庭に出るのが苦痛です。

 

最近は水やりと枯れたものの撤去で精一杯です。

 

皆様もお体大切にね。

20190805_091417

デラウェア

デラウェアができていました。

花はゼラニウムの白です。

ステムが短いのでちょっと変ですが。

この花の白と葉っぱのグリーンはとても綺麗です。

20190805_091417

 

デラウェアは種がなくて甘かったです。

でも食べるのはやっぱり私だけです。

不思議だな~!

ゆっくりイチジクもできかけています。

ヤナギバルイラソウも次々と咲いています。

 

20190802_090517お花が少ないときにはこの際何でも咲いてもらうと嬉しいな。

20190802_090524

 

 

20190729_101108

観葉植物

 

娘んちのモンステラ。

数年前に百均で買った小さいモンステラがこんなになっちゃった~!

20190729_101108

 

私は去年メルカリで買ったセロームが、

20190801_040916

 

成長中です。

20190731_161337セロームの花は仏炎苞(ぶつえんほう)といいます。

白い花で外側は緑色です。

開花期は6月頃で、大きく十分に育った株で咲く花になります。

ですがセロームの花はめったに見られません。

自生地と同じ環境で育てないと開花しないため、観葉植物として育てるならまず難しいでしょう。

しかも開花期間は1日間です。

多くても2日間になりますが、もし奇跡的に開花したとしても見れるかは分かりません。

ネットより

 

明日こちらは36度予想です。

今朝は早朝の1時間くらいで水やりをして草を取りました。

同じような草が蔓延っていました。

猛暑の庭仕事は厳しいわ~!

20190731_062829

みずひき

みずひきが咲いています。20190731_062829

細長い花序が出て、小花をまばらにつける。
花弁はなく、花弁状の萼があり、深く4つに裂ける。
雄しべは5本である。
雌しべの花柱は先が2つに裂け、先端は鍵のように曲がる。
萼片4枚のうち3枚が赤く1枚が白い。
葉の特徴
葉は楕円形で先が尖り、互い違いに生える(互生)。
葉の両面に毛があり、時に逆V字状の黒い斑入りのものもある。
          ネットより
今週金曜日は36度になる予報!
皆様お体ご自愛ください。
20190729_134235
20190728_082537

フェンネル

 

フェンネルが咲いています。

20190728_082530

 

 

セリ科の植物で耐寒性多年草です。

ヨーロッパ、アメリカ西部に分布する多年草で、大きくなると2メートルを越します。

夏に黄色い小さな花を密生して咲かせます。

独特の香りが特徴的なハーブで、葉は魚の臭味消しや、サラダに刻んで利用できます。

花の後にできる種もスパイスとして利用されます。和名ウイキョウ。切り花としての利用も

            ネットより

20190728_082537

 

お料理にも切り花にも利用したことないのでいつかは使いたいと思います。

 

 

20190728_082734

リコリス スプレンゲリー

 

1本スックといきなり出てきたなと思ったら咲きました。

 

20190728_082728

20190728_082734

花弁の先が青くなるのが特徴です。

 

有毒植物です。
全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイドを多く含みます。
毒草ですので、絶対に口にしないでください。
リコリスの仲間であるヒガンバナ(彼岸花)は、古くから様々な形で用いられていた植物です。
有毒性を利用し、ネズミやモグラ、虫除けのために水田の畦に植えたり、 虫除けに墓場に植えられていました。
また、雑草の成長を抑制する作用もあり、イネ科には影響を与えないため水田の畦に植えられたといわれています。

 

ネットより