20210922_130355

ノカンゾウ

このお花がいつも行くJAに鉢で売られていたのでまあこういう色のもいいかなと思い買いました。

お手頃な価格だったしね。

でも名前が無かったのでなんと言う名前かGSで教えていただきました。

 

ノカンゾウらしいです。

 

似ているものにヤブカンゾウというのがあるらしくそれは花弁が八重みたいです。

 

花首も長く佇まいが良かったのも決め手でした。

 

 

20210922_130355

20210922_102931

なると金時芋の収穫

なると金時芋の掘り出しを孫や子でしました。

 

20210922_103209

初めてさつま芋を植えたので娘ん家での初芋掘り。

20210923_12461320210923_124657

琉聖もポーズをとってくれました。

20210923_085415

娘はアンパンマンの焼き印をつけたスイートポテトを。

 

20210922_145829

とても大きな鳴門金時芋にみんなびっくり。

楽しい秋のお芋の収穫でした。

20210922_102931

20210921_092921

ヤブラン

ヤブランが咲いています。

20210921_092921

ヤブランの名前の由来

ヤブランはキジカクシ科のヤブラン属に属している植物で、名前にランがついていますが、ラン科の植物とは関係ありません。

細長く、その先に花が身についている様子が中国語の「欄」(細長く連なっている)に通じているという説があります。

また、藪の中といった日の差さない場所に生えていることからこの名前がつきました。

また、同じキジカクシ科の植物、ムスカリに似ているため、「サマームスカリ」という別名もあります。

少しヤブランの由来伝承からはずれますが、ヤブラン属は別名リリオペ属という名称があります。

このリリオペという名前はギリシャ神話に登場する、泉のニンフの名前にちなんだものです。   ネットより

20210921_092901

20210921_092754

彼岸花

彼岸花が咲いています。

20210921_092813

白いのも。

20210921_093115昨晩の月も光輝いていましたね。

写真は撮ってないのですが。

ずずらんさんちで愛でさせていただこうかな。

9月は本当に早いわ。

近所の人気パン屋さんがずっと休んでいるのでもしやと思ったら貼り紙があってコロナに従業員がかかったとな。

大変だなー。

 

20210910_074801

ユーパトリウムグリーンフェザー

これがこの前言っていたヒイラギです。とても柔らかそうな色なのですが濃い緑になるにつれ刺々しくなっていくのよね。

何年かたった夫婦みたい?

20210910_074756

こちらはいつものこの時期必ず顔を出すユーパトリウムグリーンフェザー。

背が高くさわっても柔らかい葉っぱです。

20210910_074801

ものすごくがっちりした株なのでそう簡単には倒れません。

手間要らずです。

手間要らずは本当にいいわー!

20210910_074744

コットンの実

これはコットンの実。

めちゃめちゃ硬い実。

20210910_074744

ワタ属は、アオイ科の属の一つ。

約40種の多年草からなる。

世界各地の熱帯または亜熱帯地域が原産。

子房が発達して形成される朔果 の内部の種子表面からは白い綿毛が生じ、これを繊維として利用するため栽培される。

この繊維は綿として利用される。

また、繊維を採取した後の種子から取られた綿実油は、食用油として利用される。 

           ウィキペディア

綿花とは「綿の花」のことではなく、種子を包む白い「綿毛」のことを指します。まるで白い花のように見えることから、「綿花」と呼ばれるようになりました。

この綿は、白いものだけでなく、茶や緑、赤色のものがあり、加工して繊維になるだけでなく、切り花やドライフラワーに使われます。

また、種は綿実油になり、食べることもできるんですよ。

放っておくと上にばかり伸びてしまうので、7月頃に頂点を摘み取る摘心をします。

すると、枝が横にはるようになり、花数が増えます。

多年草ですが日本での寒さを越すのはむずかしく、園芸上は一年草として扱われます。

草丈は80~150cmと種類によって様々で、花はアオイ科の植物によく見られるハイビスカスやオクラを思わせる黄色い花びらが特徴です。

この花は1日しか開花せず、その後ツンと尖った丸い実を付けます。

この実が膨らんではじけると、中からフカフカの綿毛が出てきます。

           ネットより

20210910_074114

シスターエリザベス

シスターエリザベスが返り咲いています。

20210910_074114

 

形のよいロゼット咲きの花は3~5輪程の房咲きでボタンアイとなりややうつむいて咲く。
花はローズ色で外側の花弁は淡桃色となりコントラストが美しい。
香りはダマスク香でスパイシーな香りがのる。
横張性で自然に樹形がまとまり春から秋まで咲き続けながら大きくなる。
コンパクトな品種なので花壇でも全面に植えるのが最適。
鉢植えにも向く。

 

ネットより

 

9月もあっという間に半分過ぎますね。

 

今日も雨だったけど本当に雨が多いわ。

 

水やりの手間は省けるけどね。