ミスタードーナツ メープルエンゼルフレンチ

002

ミスタードーナツメープルエンゼルフレンチ

口に含むと同時にしゅわ・・・と溶ける。
そのままとろりと液化し。
濃厚な甘味がねっとりと舌を漂う。

クリームも甘く。
絹のような滑らかさで。
とろとろと口の中を流れ行く。

食べた後も喉の奥に残る甘美な余韻。
いつまでも消えることのない、この味の記憶を楽しんでいる時間が。
これまたたまらな~く贅沢♪

豚の角煮

豚の角煮

豚の角煮をもちゃもちゃ噛んで、お酒をちびり。

ズズンと沈みこむ豚肉のヘビーな味わい。
そこにしっとりと染み入る景虎。

意外といけますね、このコンビ!

このお酒、酒質が軽いから重たい豚肉と合わせるとけし飛ぶかと思ったけど。
バッティングすることなく、むしろピタリと寄り添って。
まるで初めから角煮の一部だったみたいに、さらりと溶け込んでいく。

多分タレに日本酒使ってるんでしょうね。
ホント違和感無い。

そして美味しい♪

いやいやこれはイケますよ、イケますよ。

鯖寿司

鯖寿司

ほこほこっとした食感。
身の中からはオイリーな肉汁がとろりと湧き出てきて。
甘いうま味がしっとりと舌を洗う。

焼く前にお酢で〆てありますね。
うま味と同時に酸味がぴっと走って。
程よい緊張感で味を引き締めます。

フライドポテト

フライドポテト

ポテトはスリムシェイプ。
量はデタラメにたっぷり。
このボリューム感がエクスタシー!!

カリっとした噛み応え、しくっとした食感。
湧き出すじゃがいもの味はふっくら優しく。
ほこほこと口の中で膨らんでいく。

塩の効き具合がまたニクイくらいにいいですね!
ほんのり甘さを伴う塩味が後味をキリリと引き締める。

ラッシー

ラッシー

色は真っ白けっけ。
カルピスの原液色。

味わい、なるほど、ヨーグルト。
乳酸のソフトな酸味がまさしくヨーグルト。

乳の味わいはやや刺激的。
ミルク風味が濃厚に舌の上に残る。

この味どっかで飲んだことあるな。
ヤクルトジョアかな?
あーーー思い出せない!

お好み焼きイカ玉

お好み焼き

イカさんです。

ぐにんぐにんで弾力感満点の噛み心地。
そして噛めば噛むほど、磯の風味がふわり~と立ち上ってくる。

今度は生地と一緒にぱくり。

とろとろ生地の中に、イカのぐにんぐにん感がはっきりと感じ取れる。
そのイカから湧き出す磯の香り。
小麦粉の甘み+タレのスパイスにイカの魚介感が加わることで、ますます味わいのボリュームが増していく。

イカスねーイカ玉!!

白壁蔵 澪

白壁蔵 澪

中盤からぐっと伸びてくるマスカット香。
これはもうお米と言うよりワイン。
多分黙って出されたらまず日本酒とは分からない。

後味にじわりと残るみずみずしい甘み。
最初から最後まで、徹頭徹尾フルーティー。

どうやったらこんな”日本酒”に仕上がるんでしょうね。
裏ラベルに記載されている原材料は「米」と「米麹」のみ。
その他の材料は一切記されていない。

多分そういう酒質に仕上がる酵母を使ってるんでしょうね。

エビあさりカレー

エビあさりカレー

具はエビとあさり。

エビはぷるんぷるん。
弾力感あふれる弾ける食感がなんとも生き生きしてて!

身から湧き出す肉汁はみずみずしく。
上品な磯の風味をふわりと漂わせる。

あさりはぷにんぷにん。
ちょっとホルモンにも似たしつこい噛み応え。

こちらも磯の風味満点で。
潮騒が鼻を撫でるような海の香りがふう~~と立ち上ってくる。

牛すじ

008

みずみずしく粘りたっぷりのごはん。
弾力感あふれる牛すじ。
全く食感の違う両者が、ゆっくりとひとつになっていく。

牛すじから湧き出すうま味たっぷりのおつゆ。
そのままごはんにすっと吸い込まれ、そしてお米の甘みを融合させて再び湧き出す。
口の中はもうこぼれ落ちそうなほどの味!味!味!

噛んでも噛んでも持続する美味しさが果てしなくエンドレスで。
調子に乗って噛む、噛む、噛む、噛む、そして噛む。

何回噛んでも美味しい(笑)。

お好み焼き豚玉

お好み焼き

生地はとろとろ。
たっぷりキャベツのざくざくした食感がすごくいいですね。

使われているソースは同じ、でもたこ焼きよりこちらの方がマヨネーズをたくさん塗ってあるせいでしょうか、感じられる味わいはマイルド。
流れるようにしっとりとした美味しさで口内を満たします。

具材は豚肉。
カリカリに焼き上げられていて、ハードな食味が美味しさの密度感をぐっと高めます。

後味にはかつお節の香ばしい風味がふわりと鼻をくすぐる。