人工木でフェンス作り

今年の夏から頑張っていた人工木を材料を使ったフェンス作りの記録を書いてみます。

before11

まったくの素人が、DIYで大物フェンス作成は、とても大変でしたが、出来ない事は無いです。

やってみたら出来ました。

時間もかかりますが、毎度、すごい達成感と満足とが得られとても楽しい時間です。

これから庭の作業を検討されている方の少しでも、参考になれば幸いです。

 

このブログサイトは、新しいものから表示する設定のみとなっているため、日付を変更して、はじめのところから表示させています。

何か不安や心配な事、質問などあれば連絡ください。DIYをされる方のお力になれたら幸いです

after

img_2843

 

きっかけ

2016年4月29日

家の庭は、10数年前に業者さんによって100万円以上かけて綺麗にしてもらったお気に入りの庭です。

・・・・が時は立つにつれ、日頃の手入れを怠り、木は伸び放題、芝生はコケで占領され、お世辞にも綺麗と言えない、古びた庭って感じになってしまいました。

11

この写真では、比較的綺麗に見えますが、実際は結構みにくい状態です。

dsc_0170 dsc_0171 dsc_0172 dsc_0178

今では、庭で子供と遊ぶこともなくなり、気にもしていなかったのですが

今年に入り、家族会議の結果、愛犬を迎えようということが決まりました。

愛犬を迎えたら、せっかくの庭なんで、ここで遊ばせたいものです。

まだ愛犬は来ていませんが、この機会に、犬を放して遊ばせてやれる庭へリフォームして愛犬を迎える事を考えました。

そこで庭のリホーム希望

1 10年経過しても育たなかった生垣を撤去し、フェンスで囲って犬を放せる空間へ

2 道路を通る人からの視線を遮へい

3 コケだらけの芝の復活または張り替え

を希望し、予算はわずかでしたが、迷わず、当時、この庭を作ってくださった業者さんへ相談のメールを書き、見積もりを依頼しました。

見積もり

2016年6月17日

一度施工していただいている業者さんで、デザイン性、施工技術など間違いありません。

しかも、営業に来て下さった方は、施工当時と同じデザイナーさんと営業担当者。

当時の思い出話をしながら、とっても和やかに話が進みました。

今回のリフォームの希望を伝え、フェンスの高さなど打ち合わせし、見積もり完了まで、少し時間がかかりましたが、丁寧なメールが送られてきました。

いやーさすがです。

素敵な設計とイメージパースを書いてもらい、理想に近い庭へ変貌させられそうな予感です。

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9

が・・・・・

見積額を見てビックリ。

フェンスの材料費だけで 100万円オーバー。

予想では、総額40万くらいでなんとかならないかな?って思ってましたが、甘すぎました。

フェンス100万、人工芝などの希望のリフォームすべてだと200万程度・・・・とか。

とても家の家計から出せる金額ではありません。

もう1社見積もり

2016年6月23日

前回、お願いしたのは、県内、県外を問わずオシャレな外構で有名な、1流の外構屋さんです。

残念ですが、今回のリフォームは、そんな予算はありまえせんので、妥協します。。

そこで、ご近所の「安い」カーポート等で有名な業者さんで手を打つことにして、見積もりを依頼してみました。

同じくすぐに営業マンが来てくれて、数日で見積もり完了。

が。。。結果は同じ・・・・というか、それ以上の金額でした。

フェンスを作るとなると、やっぱお金かかるのね。

これは諦めるしか無いのか・・・・

一応、当初から、お金も無いし、DIYで施工といのも、視野には入れてたのですが、何せ、家の地域は半端なく風が強いんです。

年に数回は、20m・30mという風が吹き、もちろん台風の時には、それ以上。

過去には、車が倒れる風が吹くんです。

庭は、道路側は西向きで、さらに陰になる家もなく、吹きっさらしなで、強風をモロに受ける場所です。

ド素人が強度計算も無しにDIYでフェンスを作っても、倒れるのは目に見えています。

倒れるだけで済めばいいけど。万一、ご近所さんに迷惑がかかると住めなくなってしまいます。

 

DIYを検討

2016年6月25日

庭のリホーム計画は、進みませんが、愛犬を迎える事は決定しております。子ども達もノリノリです。

これから先10年以上、せっかく迎える愛犬との楽しい生活。苦労してローンを払ってるマイホーム

庭で遊ばせられないなんて、やっぱりもったいないです。

なので、ボロくてもいいから、犬を放してやれるような周囲のフェンスは、何かしら作りたいです。

けど、業者さんに依頼できるお金は捻出できないので、DIYで簡単に作れないか、検討してみることにしました。

まずは、ホームセンターの市場調査

安いSPFって木材は安いんですが、防腐処理された屋外でも使えそうな材料は、それなりの値段が付けられています。

基礎は自分の用にフェンスをDIYする人用に、いろんな種類のブロックが販売されていました。

今のホームセンターは凄いね。職人さんもご用達で、プロ用と思われる資材も沢山並んでいます。

img_2639 dsc_0346img_2641 img_2642

うむ~。柱に使う材料、板に使う材料、基礎に使うブロック・・・・
サッと計算しただけでも10万か、20万・・・・、もっとかかるかも。

DIYで作るっても、結構な出費になりそーな予感。

しかも、ネットで調べてみると、防腐処理済みの木材といっても、毎年、防腐塗料を塗ってないとすぐにダメになるとの事です。

また、手間のかかるメンテナンスをしっかりしても、10年か、15年かすると、天然木は、結局、ボロボロになって、いつかはやり直しすることになるでしょう。

DIYで簡単に・・・っても、それなりに費用と手間をかけて作ったら、やっぱり長持ちさせたいものです。

 

ネットを検索

2016年6月27日

ホームセンターの材料以外も、安くて耐久性のある材料が無いか、インターネットを検索しまくりました・・・・・が、あまり良い情報に巡り合えません。

屋外で、ウッドデッキやフェンスに使用するなら、ウリンやイペといった、硬い木を使って作るのが耐久性があり、良いみたいです。

見た目も良く、と耐久性もありとっても魅力的で素敵ですが、これ価格もとっても素敵です。

しかも、やはり天然木なので、防腐塗料メンテナンスフリーって訳では無いのもネックです。

そこで、最初に見積もりしてくださった。業者さんのお勧めの、人工木の検索を行いました。

エコウッド人工木材(薄型100×8mm)ブラウン1800mm

人工木は、木に似せた樹脂のようなもので、ほぼメンテナンスフリーなそうで、見た目は天然木の風合いに負けますが、メンテナンスフリーは魅力です。

価格も決して安くは無いのですが、ウリンやイペといった硬い木と同等程度のようです。

一流の外構屋さんがお勧めするだけの材料のようです。

 

人工木の材料

2016年7月1日

DIYで作るとしても、理想の材料と思われる、人工木の販売サイトを探しました。

いくつかヒットしますが、外構工事は、やはり施工技術が必要なため、材料として販売されているサイトは、あまり数がありません。

中でも、大手?か分かりませんが、派手なホームページで宣伝されている「エコウッド」という業者が、人工木のラティスフェンスの販売を得意にしているようで、いろんな種類の資材が販売されているようです。

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89%ef%bd%88%ef%bd%90

売っている物は良さそうで、価格も安いのですが。

うむ~・・・・・・・・

ただ、なんとなく怪しい印象のホームページ

ド派手でゴチャゴチャしたHP。安売り重視。資材は売れたら、売りっぱなし・・・・って感じの印象。

インターネットで顔の見えない関係なので、安売りだけをメインに、粗悪な資材を売りつけているような印象です。

ホームページの中には、購入された方からのコメントも複数載せられていますが、「良かった」「満足」のコメントばかりです。

??本当にすべて購入者のコメント?自作自演では?

エコウッドへ見積り依頼

2016年7月16日

あやしい印象は、拭えませんが、表示価格は、エコウッドが一番安いようです。

買うかどうかは別として、フェンスの施工事例の写真も多かったので、写真から自分の家に設置した時のイメージがしやすかったので、DIYでの施工が出来るのかどうかも、材料費の総額をみてみて、どのくらいになるのか想定できないと、検討さえ出来ません。

とりあえず見積りだけ依頼してみて、様子を見ることにしました。

本当はルール違反でしょうが、最初に見積もりしていただいた業者さんの図面を転用させてもらいフェンスを作る予定の部分と、強風に対する対策の事を記載してメールを送信してみました。

あまり期待はしていなかったのですが、翌朝、すぐに見積りと、丁寧なメールで送られてきてビックリ。

内容********************************************************************************

※※※※ 様
初めまして、エコウッドの〇〇と申します。
この度はお問合せ下さいまして誠にありがとうございました。
ご質問いただいた人工木フェンスの概算見積もりですが、ファイルを添付しまし
たので、ご確認いただければと思います。
なお、図面上に寸法が記載されておりませんでしたので、概算としては直線22.8
m、高さ1.8mの必要部材数となっております。
実際にはカーブの部分で支柱が数本必要になるかもしれませんが、何とぞご了承
ください。
また、西側の風対策ですが、ファイルにも添付しておりますが、補強用の控えを
設置して頂くことをおすすめ致します。
私どもで施工する場合にも、フェンスの高さがある場合は必ず設置しており、こ
れにより強度が格段に増します。
モルタル固定でも十分な強度がでますが、控えの設置もDIYで簡単にできます
ので、合わせてご検討いただければと思います。
また、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合せください。

ではよろしくお願い申し上げます。
この度は誠にありがとうございました。
******************************
【人工木のエコウッド】
株式会社エコウッド
http://www.lattice-shop.jp/
MAIL:info@lattice-shop.jp
TEL:047-494-0440
FAX:047-494-7810
*******************************************************************************

%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%82%82%e3%82%8a

%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%82%82%e3%82%8a%ef%bc%92

%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%82%82%e3%82%8a%ef%bc%93

 

正直なところ、予想では、「実際に見てみないとわからない」「提携している業者が見積りに伺います」といった内容の返信が来るものと予想していました。

しかし、当初の予想(あやしい)とは正反対の、丁寧な内容のメール本文と、イラストを含めた概算、見積り額の提示、メールで送った図面や文書内容を的確に把握した内容のアドバイスと、イラストを含めた見積りのメールが送られてきました。

 

見積り額は、294,560円
作成に必要な工具や基礎材、補強に使う材料などを入れても、業者施工の半額以下で収まりそうな金額です。
とはいえ、決して安くはありませんが、「業者施工の半分以下の金額」「人工木でメンテナンスが要らない」「当初の希望していた目隠し効果あり」のフェンスという、理想していたフェンスが作れそうな感じです。

ただし、問題なのは、強風に耐えられうるのか・。。。です。
しかも、それを自分で造っても大丈夫か・・・・そこが一番問題です。

できる事なら、エコウッドでの施工をお願いするとして、その見積りも確認したいところですが、家は施工範囲外の地域であり、金額を見たからといって、お願いするのは不可能です。

DIYにチャレンジ、そして強風に耐えられるフェンス。。
本当に、作れるのだろうか・・・

身辺調査(無店舗?)

 2016年7月20日
DIYでの施工方法や、独立基礎の事、補助支柱での強度の事など、あれから何度もエコウッドへ相談のメールを送りました。
一度送ったメールは、その日、又は翌日には、丁寧に返信があり、DIY施工時の施工方法に関するアドバイスも、細かく送っていただきました。
 
この時点で、当初のイメージ(あやしい)は、払拭されていましたが
どうにも気になる事があります・・・・
いざ注文となると、かなりの高額です。
ここまでの、メールや見積りなど、うまく騙されているのでは?っという不安です。
というのも。
ホームページに記載されている会社の住所をグーグルで検索すると、アパートが表示されます。
グーグルマップでも「ラティス専門エコウッド」とは表示されていますが、ストリートビューで見てもアパートなのです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c
HPに記載のもう一つの住所(倉庫)は、どこかの貸倉庫でしょうか。。こちらもエコウッドの社名などは、確認できません。
%e7%84%a1%e9%a1%8c
このご時世、無店舗での営業、物流ってのは一般的にはなっていますが、今回のような建築資材や外構となると資材の保管やホームページに記載の従業員など、アパートでの営業は不可能だと思います。
この会社も無店舗とはいえ、本当に存在している会社なのでしょうか?
遠方のため、見に行くことはできないですし
これまで、丁寧にメール回答して下さっていた方に、「あやしい業者さんですか?」的なメールするのも気が引けました。
電話してみれば良かったかもしれませんが、臆病なんで、それも出来ず・・・・
しばらく、フェイスブックの過去の記事やHPを何度も見返し、HPの更新状況など、しばらく観察することにしました。
すると定期的にHPは更新され、フェイスブックで施工事例も順次UPされています。
HPの内容を深くまで読むと、無店舗の事は、きちんと説明されており、無店舗型の通販店舗として経営されている事、その分、価格を抑えて、私のようなDIY志向の方への販売をされているような事が記載されていました。
まだまだ、無店舗→大丈夫?
の不安は残りますが、沢山の販売実績、施工事例を見る限り、大丈夫なような気がしてきました。

練習

2016年7月20日

とはいえ、DIYでフェンス20mを施工するとなると、技術だけでなく、最後までやりきる根性が必要不可欠です。

相当な金額を出すことになるので、途中で挫折することは許されません。決めたらやり切る覚悟が必要です。

自分の能力(根性)を試す意味でも、フェンスブロックを埋めるための穴掘りを1箇所行ってみました。

穴掘りといっても、はじめての経験です。スコップは持ったことあっても実際に使ったことはホンノ少しだけ。

穴掘りの方法をネットで調べてみました。

ネットでは、穴掘り専用のスコップが出てたので、買おうかと思いましたが、その道具も、安くはありません。色々見てると、剣スコップを2つ使う方法もあるようなんで、その方法で穴掘りにチャレンジしてみました。

穴掘りに参考にしたサイト

それまで知らなかったのですが、ユーチューバ―で超有名なカズチャンネルのカズさんの動画でした。

これ以来、すっかりカズさんのファンになっていまいました。

自分が、穴掘りに用意したのは、古くなったブルーシート1.8m×1.8mのもの。剣スコップ2つ、メジャーです。

まずは、おおよそフェンスの支柱を建てるであろう場所をメジャーで測って、位置を決めます。

穴の大きさは、ホームセンターのフェンスブロック「大」が入る程度の、縦25cm×横25cm×深さ50cmを目指して掘ってみました。

 

掘り上げた土は、肥料袋へ入れておき、埋め戻す際に使います。

土を掘るのは簡単では無く、表面はサクサク掘れましたが、20cmほど掘ると、中に石がゴロゴロ入っておりスコップは刺さらず、掘り上げる時のダブルスコップが動画のようにうまくいかず、なかなか掘り進められません。

それでも体重を使って少しづつですが、掘り進め、そこからはスコップを2つ使って土を穴から出します。

15分ほど格闘の末、なんとか1箇所掘りました。

dsc_0387

気温は30度超えです。シャツが搾れるくらい汗をかきました。

 

1箇所の穴掘りに15分。準備や片づけを入れると1時間はかかっています。

計画では、20か所以上の穴堀。。。。。

自分に出来るのでしょうか。。。正直、この1箇所で、かなり心が折れ挫折してしまいました。

穴掘り練習の副産物

2016年7月21日

こりゃ出来そうに無いという、挫折感はあるものの。

いっぱい汗をかいたからか、お風呂に入ったら、とてもサッパリ、夕飯は美味しく、夜もグッスリ寝られて清々しい日になりました。

というのも、このところ、運動らしい運動もしておらず体がなまっていたんですね。

ここ数年、運動不足は感じており、体にも肉がつきはじめたので、自転車でも始めようかと思っていました。

どうせ買うなら・・・と、ちょっと高い、自転車を物色していたところでもあります。

欲しかった自転車は40万弱

フェンス作りをすれば、同じ金額で、運動も出来て、希望のフェンスが手に入る。。

あれ。。。なんか、これってなんか良くない?

決意

2016年7月22日

穴掘りは大変で、半分挫折してしまいましたが、結局のところ業者へ頼める予算はありません。

けど、どうしてもフェンスは欲しい。

その願いを叶えるためには、DIYするしかないのです。

もう、迷うも何も・・・・ですね。

穴掘り練習は大変だったけど、時間さえかければ、出来ないことは無い。

何でもチャレンジです。

やればできる。

自分の家の自分の庭です。誰に見せるものでも無い。

大変だけど、出来上がった事を想像して頑張るぞ。

「決心」の画像検索結果

注文、そして納品

2016年8月1日

あれからも、人工木関係のホームページを探しましたが、これといって良さそうなサイトも無く

値段も安い、エコウッドにかけてみることにしました。

ただ、すべての資材を注文したとすると、すごい量になります。車庫はあるにせよ。完成までどのくらいかかるか見えない状況。ずっと車が入れられなくなるのは避けたいところです。

横張りのフェンス資材は、ポールや長い板など、細い物だけなので、置き場所は、30cm×4mの車と壁との空間に置けそうです。あんまり積み重ねると材料にも良くないだろうから、全体の半分程度を注文することにしました。

エコウッドさんへ、置き場所の問題などの事を伝えた上で、大量の注文ということを伝えると、少し割引までしてくださり、とても気持ちよく注文できました。

それからの連絡と発送は、その連絡は、超高速で、その日の内に発送完了のメールが、そして、翌日の午後には、運送会社が自宅まで運んで来てくれました。

当初の不安は、何だったの?といった感じです。

納品された資材をチェック

2016年8月2日

人工木というのを実際に見るのは、今日がはじめて。開封してみて驚きました。

たしかに、天然木のような風合いはありませんが、パっと見は木と見分けがつきません。

img_2541

天然木に綺麗に塗装をした材料といった感じです。

当然、反りや曲りも無く施工しやすそうな感じで、思ったよりも軽くて作業もしやすいと思います。

横に張る板は、薄くて軽い方が支柱への負担が少ないとは思いますが、心配なのは支柱の強度です。太さは十分ですが、予想よりもカナリ柔らかい感じです。今回、中へ入れる補強材も注文したので大丈夫・・・・かな。

ちと今後の、不安がよぎります。

ともあれ、納品されてしまいました。あとは作業を進めるだけです。

勾配の確認

2016年8月2日

フェンスの高さは、およそ180~190cmにしたいと考えていましたが、実際に施工するとなると、キッチリとフェンスの高さを決める必要があります。

支柱は210cmありますが、強度を考えると、20cm程はブロックへ差して固定しておきたいところです。そのため、最高高さは190cmとなります。

家の庭の道路側を確認すると、若干ですが勾配がついているように見えます。

dsc_0408

この勾配は、どうやって確認したら良いのでしょう。

これもネットで調べました。

今は、なんでも検索して調べる事ができるので凄く便利です。

また、こうやって動画で解説をUPしている方、本当にありがとう!感謝・感謝です。

これと同じチューブを使った方法で、高低差も計ってみました。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96

%e5%8b%be%e9%85%8d

10mで約10cmの勾配となっていました。

そこで、地面の一番低いところで190cmの最高の高さなるようにし、右側の高くなっているところでは、フェンスの高さが180cmとなるような計算で作っていく事にしました。

基準となるブロックの固定

2016年8月2

これからひたすら穴掘りが続くのですが、まずは基準となるブロックを1箇所固定することにしました。

できれば一番端を基準点にしたかったのですが、家の庭の形は、少しイビツなため、基準点を庭の角に作る事はできず、結局、最初に掘った練習穴を基準にすることにしました。

フェンスブロックの固定方法もネットで検索。

参考にさせてもらったのはこちら

今回は、まったくこの方法をマネさせてもらい作業をすすめました。

コンクリートの作り方もネットで検索。

 

砂・モルタル・砂利を混ぜて出来上がるらしいです。インスタントコンクリートという、水を混ぜるだけのものも売ってましたが、自分で混ぜる物の3倍くらいの値段です。

これから先の量を考えると、値段も高いですし、別々に購入して混ぜる事にしました。

コンクリートを作るために、バケツ・まぜる用のコテ・砂・モルタル・砂利を購入

コンクリート作り初体験です

まずは、バケツに砂を適量入れて、その3分の1程度のモルタルを入れてかき混ぜます。

混ぜ始めは、モルタルの白と砂の黒が見えますが、しばらく混ぜていると、ネズミ色になって完全に混ざります。

混ざったら、水を投入して、また混ぜ、徐々に柔らかくなり、ペースト状になるようになるまで、水を加えながら混ぜます。

img_2472

コテで混ぜていると、手首が痛くなります。バケツに1回か、2回が我慢です。

こりゃ、混ぜるための武器が必要ですね。

少し柔らかいかな?くらいのペーストが出来たら、それと同じくらいの砂利を投入、砂利とペーストが完全に絡むまで、再度混ぜて完成です。

フェンスブロックの周りに完成したコンクリートを入れ、上から棒で突くと、コンクリートがフェンスブロックと土の隙間に染み込み、コンクリートの表面も綺麗になっていい具合になりました。

工具

2016年8月3日

作業に使った道具達です。

これまで保有していたものや、借りてきたもの。新たに購入した物などありますが、およそ次の道具は、あったら便利、なければ大変すぎますので、必ず必要です。

中古品で十分なので、ヤフーオークションなど駆使して揃えましょう。

ヤフオクで揃えれば、総額2万以下でしょう。

完成して不要になれば、またヤフオクで売れば、良いです。

 

丸のこ

柱の切断、横板の切断に使うので、必ず必要です。

img_2547

自分は、本体は父親が所持していたものがあったので、新しく替刃のみ購入。

丸のこで垂直に切断するためのガイド

img_2595

これ、丸のこを使う時には絶対必要です。

ホームセンターで2000円前後です。自分は、新品で購入しました。

 

電動ドリル、電動ドライバー

下穴を空ける用と、ネジを打つ用です。1個で兼用しても良いかもしれませんが、ビスを打つ数が半端じゃなく多いです。

毎回毎回、先端を交換するのは大変ですし、強力なインパクトを使ってネジをまわすと、強すぎて板が割れます。

img_2550

自分は、元々保有していましたが、ヤフオクで、1万~1万5千円あれば、両方揃うと思います。

電動ドライバーは、3000円~4000円の安いもので十分です。

下穴をあけるためのドリル刃

img_2552

これ、小さいですが、高価で、3000円前後しますが、絶対に便利です。

1度で、3mmの下穴と皿ネジの頭の面取りができます。

水準器

img_2465

100円ショップのもので充分でしたが、心配なので2個購入して精度を確認しました。

柱の垂直を測る用の水準器

img_2553

柱の垂直の調整に、必要です。調整時に何度も測るのは至難の業です。

ゴムバンドで固定できます。

価格は、ホームセンターで2000円弱でした。

 

バイスクリップ

img_2557

柱と板の仮固定に使います。3個必要です。1個400円程度です。

 

コンクリートミキサー

モルタルやコンクリートを練るのに使いました。

最初の1回だけ、根性で手で練りましたが、とても続きません。

ヤフオクで5000円前後で購入できます。モルタル作業する時は、必須です。

img_2544

総額3万円ほどで、全部そろうと思います。決して、安くはありませんが、無ければ大変ですし、完成時のクオリティにも影響すると思います。

完成して使わなくなったら、またヤフオクに出すつもりで、一通り揃えて作業しましょう。

柱を立てる

2016年8月5日

柱の高さを決めるために、ブロックの中へ砂利を投入して、上端の高さを決めます。

img_2459

高さが決まったら、柱とブロックの間にクサビ打って左右、前後で固定

img_2462

垂直を図れる水準器を柱に固定してハンマーで叩いて修正します。

img_2474

最後にトロトロにしたモルタルを隙間から流して、棒でツンツンして中まで浸透させます。

1晩おいたら、固まってるので、クサビを取って固定完了

img_2458

ガッチリ固定されます。

 

残ったクサビの跡は、再度モルタルで綺麗にします。

img_2655

モルタル(細かい砂を使用)でなるべく滑らかなのを作って、コテを使って入れます。

表面は若干盛り上がるくらいが、雨が流れて良いかな?

img_2657

一度ならして、少し固まってきたところで再度コテで表面を擦ると綺麗になります。

はみ出したところや、柱についたモルタルは、濡れぞうきんで拭き取ると綺麗に仕上がります

1スパン3本の柱の立て方

2016年8月7日

最初の柱を1本をモルタルで固定したら、1スパン分残り2本を立てますが、ここが重要です。

柱は、すべてが垂直で、同じ高さ、等間隔、そして板が真っ直ぐに張れるように面が揃っている必要があります。

これがうまく出来ていれば、ほぼフェンスは綺麗に出来たも同然です。

ただ、ここがうまく出来ていないと、とても見栄えの悪い、ウネウネのフェンスになってしまいます。

なので、特に慎重に、何度も確認しながら作業します。

まずは、3本の高さを揃えます

img_2464

柱をおおよそ垂直にクサビで仮固定しておいて、柱の上面に新しい柱材、または真っ直ぐな角材を載せて、水準器で水平を確認します。

水平になるまで、一旦柱を抜いて、ブロックの中へ、砂利を追加(減らす)して、高さを揃えます。

水平になったら高さはOK

次に、間隔を揃えます。両端は180cm間隔で中間支柱は90cm間隔となりますが、最初に作り出す1スパンは、柱の端から横板が始まるので、180cmより柱の太さ6cmの半分3cm間隔を狭くなります。

この辺頭がコンガラガリますが、何度も確認しイメージしながら作業しましょう。

間隔の図り方は、支柱の根元部分でメジャーをあてて、間隔を確認しましょう。

img_2590

高い場所だと、まだキッチリと垂直が出ていません。

次に、面を揃えます。

img_2471

新しい支柱を、支柱の根元部分へ、そぉ~っと当て、飛び出している柱を修正します。合わせて柱の回転方向も修正し、ピタッっ揃うようにします。

根元部分で揃ったら、少し高い位置で同様に当てると、きっとまた凸凹になると思います。

支柱の垂直がキッチリ出ていないからですが、支柱の垂直を調整し、凸凹が無くなるまで、根気よく調整します。

調整していると、今度は間隔もズレる可能性があります。

調整する順番は、

①根元の間隔をメジャーで調整

②高い箇所での間隔をメジャーで調整

②根元での柱のツラ、回転方向の調整

③高い場所でのツラの調整

の順に合せるのが早いかと思います。

この調整におよそ20分~30分は、費やすつもりで、何度も調整して、納得いくまで慎重に調整しましょう。

 

最悪、②の高い箇所での間隔が、若干2~3mmズレても問題ありません。柱は柔らかいので、板を張れば修正できます。

ただし、ツラ、回転方向のズレは、直接仕上がりに影響します。

横に張る板は、柔らかいので、ため、柱の前後の凹凸、回転方向のズレがあると、ウネウネになってしまいます。

横から眺めてピッチリ揃うようにしましょう。dsc_0028

OK

この柱の仮固定が一番時間を食います。

クサビでの仮固定が出来たら、すぐにモルタルを流して、固めましょう。

風や、雨などで、ズレる可能性もあります。速乾のモルタルを使えば早く固まって良いかもしれませんが、自分は経費削減の理由で、普通の安いモルタルを流しましたが、柱だけなので、風を受けませんので、よほどの強風でもない限り大丈夫です。

補強材を柱内へ

2016年8月7日

柱の中に補強用の木を挿入

img_2582

木工用ボンドをつけて

img_2583

キャップをつけます。

img_2585

はみ出したボンドは濡れタオルでふき取り

img_2589

キャップは中の補強材がピッタリ収まる構造になっていますが

img_2577

こうならないように、短めに補強材を入れる事をおすすめします。

補強材の、反りもありますし、ビスを打った時には、内部の補強材は、動きますので、キャップがズレてきます。

なので、上の写真のようにキャップをつかっていません。

板の固定手順

2016年8月8日
横板の固定手順
 
この方法は、エコウッドさんからメールで教えて頂いた方法で、その通りに施工したものと、多少、工夫した部分とあります。
まず、板は最上段から張ります。
素人考えだと、下から貼った方が、綺麗に張れそうだと思ってましたが、やってみて上からが断然うまくいくと思いますので、必ず最上段から貼りましょう。
①まず、一番上の横板をあて、おおよその位置へバイスクリップで挟んで固定します。
img_2599
このとき、新品のバイスクリップで、上の写真のように斜めから挟むと、クリップのギザギザで、柱や板に傷がつきます。
そのため、少しバイスクリップを加工し、傷がつかないようにギザギザを削りとりました。
img_2557
 ②横板に水準器をあて、水平を確認しまず。板の若干の曲りや誤差もあるため、上、下、右、左、いろんな場所で水平を確認してください。結構、場所によって違います。
また、2スパン以降は、前回のスパンと高さを合わせるため、横から眺めてチェックします。
img_2602
③水平が決まったら、支柱の根元で、支柱~支柱の間隔をメジャーで確認し、支柱の上の方でも同間隔となるように、調整し、中間の支柱と板をバイスクリップで挟んで固定します。
支柱は、しなやかなので、3cmくらいは、簡単に曲がり調整可能です。
img_2590
img_2592
④真ん中の支柱の板へ、ビスを打つ位置をマーキングします。
 最初はメジャーで丁寧にマーキングしていましたが、1枚の横板で6箇所、1スパンで180箇所マーキングする事になりますので、大変です。簡単にマーキングできるように、クリアファイルで自作のマーキング用の定規を作りました。→これ便利
img_2618
数秒で、等間隔に目印をかけます。
 img_2621
 マーキングに合わせて、電動ドリルで、下穴をあけ、そのまま同時に座ぐりをします。

img_2605

このドリルの刃も、めちゃくちゃ便利。

最初、その都度ドリルの刃を付け替えて座ぐりしてましたが、これ発見して、効率が倍増しました。

ほら、一発で下穴、座ぐり完了。

 img_2609
⑤穴あけした箇所をビスを2箇所でネジ込み固定します。
使用したビスは、奮発して、錆にくいって書かれているやつ使いました。
最初は、金色のビスで数ヵ所止めたのですが、結構ビスが目立ちます。
なので、茶色のビスでとめたかっただけなのですが、値段は、結構高くつきました。
  img_2556
⑥左右の支柱へも同様に下穴をあけて、ビス固定します。
 img_2611
ポイント①
最上段及び上から2枚目までは、板の固定に合わせて、支柱の位置決めと兼ねてバイスクリップで挟んだままビス止めします。
最上段の水平が狂うと、すべての板が斜めになる可能性があるので注意
3段目以降
①横板の下へ、スペーサーを固定する。
自分は、5mmの間隔としました。5mmの間隔は、結構せまい方で、ほとんど向こう側が見えません。
1cmが標準的?なようですが、1cmだと、庭で何をしているか、わかると思います。
また、庭に居ても、道路に誰が通っているか分かってしまい。たとえば、ご近所さんが道路を散歩されたら、お互いに意識しなくてはいけない感じです。
せっかくフェンスを付けたら、プライバシーを確保をして、家族のプライベート空間にしたかったので。
img_2615
市販の材料コーナーにL型の5mmの木材があったので、それをスペーサーに使いました。
②スペーサーにピッタリくるように横板をあてがい、左右をバイスクリップで挟んで固定
③真ん中の支柱から下穴を空けて、ビスで固定します。
④左右の下穴を開ける時は、バイスクリップを外し、補助員に横板を外側へ延ばす方向に手で力を入れてもらいながら下穴をあけます。
⑤同じく、補助員に横板を外側へ延ばす方向へ力を加えてもらいながらビスを打ち込みます。
⑥同様に反対側も補助員に板を外側へ向けて力を加えてもらいながら、下穴・ビス打ちを行ないます。
 
ポイント②
ビスのネジ込みは、あまり強く締めこむと板が割れますので、座ぐりにビスの頭の皿が入ったところで、締め込みをやめましょう。
上段(腰より上)は、補助員が居なくても、1人で片手で板へ力を加えながら下穴やビスを打つことができますが、腰より低い低い位置だと、1人では難しいです。
エコウッドさんからの注意メールにも2人作業するように言われていたのですが、大丈夫だろうと2スパンほど、一人で下まで張りました。
すると施工後、数日は問題なかったのですが、雨や高温で、板が徐々に伸縮し、気が付いた時には、横板が歪んでいました。
結果、数枚、張り直す事になっていまいました。
綺麗に、板を張るためにも、補助員は必ず置きましょう。
ここまでエコウッドさんのメールを参考に、素人の考えでアレンジした施工方法ですが
エコウッドさんから教えていただいた施工方法のメールは次のとおりです。
*************************************************
板材の固定手順ですが、こちらはフェンスが美しく見えるための対策で、板材は横にピンと張っている方が見栄えよく仕上がります。
サイドから固定してしまうと中間に打った時に板材がたわむ恐れがありますので、
初めに中間をしっかり固定してしまってから手でグッと伸ばすような形で両端を
それぞれ固定すると板材がしっかりと張ります。水平を保つのには大変かと思いますが、何とぞ中間からの固定をお願いいたします。また、最初に板材を貼る位置ですが、こちらは下段からでもとくに問題はないのですが、最上部で支柱が寸足らずにならないよう予め隙間の寸法を加算した支柱の全高をしっかり計ってから支柱をカットしてください。いずれにしても、初めの一枚目の水平だけはしっかり取っていただければ、後はスペーサーで隙間は確保できますので、よろしくお願いいたします。私どもではお客様に設置工事をご提供させて頂いているということもあり、仕上がりの美しさも求められるため、ミリ単位での設置が要求されます。
また、完成後も問題が起きないよう施工方法にも試行錯誤した結果で、少々難しいことをお伝えしてしまい申し訳ございません。フェンス施工でも細かいことをお伝えするといろいろあるのですが、大まかな注意点としてお伝えさせて頂きました。まずはゆっくりでも慣れていただいて、素敵なフェンスが完成することをお祈りしております。

**************************************************

ひたすら作業

2016年9月6日

エコウッドさんのメールにも、1スパンを完成させてから、次のスパンと進んでいくのが良いとアドバイスいただいていたのですが。

自分の家の場合は、施工中の強風の心配があるのと、イビツな形状の敷地の問題もあったので、1スパンづつ柱はたてましたが、横板の固定は、上の2枚のみとして、柱の間隔や傾きに問題が無ければ、次のスパンを先に施工という具合で作業をすすめました。

この事で、施工中に強風が吹いても大丈夫なのと、支柱の間隔などのミスを発見した際も、横板の被害を最小限で食い止めようというものです。

dsc_0409

dsc_0007 dsc_0030

このあたりまで施工したところで、思っていたよりも支柱の強度が弱いように感じて、強風に対する補強として、補助支柱を作る事に決めました。

おそらく支柱が柔らかい事により、しなやかに風を受け流す効果があるのかもしれませんが、結構やわらかくて心配です。

大丈夫だろうけど、風が吹くたびに心配しているのは、精神的にも苦痛です。

dsc_0042

もし。。。風で倒れたら、泣けません。

 

フェンスを作るに際の、補助支柱は、見た目が悪いです。

ただ・・・・うまくすれば、機能的で見た目も良くなりそうなアイディアをネットで見つけたので

これ採用することにします。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

↑ ナイス

強風をモロに受ける西側は沢山の補助支柱を立てる事にしました。

dsc_0030

補助支柱をたて、金具で固定

img_2742

心配していた強度の問題は無くなり、ガッチリと強固なフェンスになりました。

初めから補助支柱を立てるつもりなら、あえてブロックを使う必要なかったと思います。

エコウッドさんの土へ指すタイプの金具で良かったかも。

それくらい補助支柱の効果は絶大です。

十分な安心も得られます。

これで、いつ風が吹いても大丈夫になったので、下まで板を張っていきます。

dsc_0030

計算どおり下も、ピッタリの位置まで横板が張れました。

dsc_0031

板を張る面(道路側か、庭側か)も迷いましたが、庭側で正解でした。

裏面の見た目が悪くないか心配でしたが、ご覧のとおり、そんなに悪くありません。

 

残り、支柱立てにはには時間がかかりますが、

横板の貼り付けは、バンバン進みます。

数日で、横板張り完成。。

dsc_0034

かなり満足な出来。

間が空いているところは、出入り用の扉を作る計画です

ここからは、また頭を使うところです。

というのも、庭の敷地は、微妙に、いびつ形状のため、角部分は支柱を沢山立てて敷地の形状に合わせてカーブさせます。

dsc_0038

dsc_0037

 

折り返し

2016年9月11日

道路側の辺は、施工完了。

ここまで、なかなかうまく出来て、満足していますが、ここで休む事なく一気に作業にかかります。

もう要領はバッチリなので、2スパンを一度に制作

dsc_0041

ただ、コンクリート仕事に失敗は許されないので、ブロックの間隔は、何度も測って確かめます。

dsc_0043

柱をたてて、垂直、面、距離をキッチリ計測してクサビで固定、モルタル流して固定

dsc_0038

うまくいったら、板を貼っていきます。

dsc_0079

完成していく楽しみは格別です。

dsc_0084

2スパンを一度に作ると、コンクリートの作業が一度で済むので楽です。

dsc_0108

途中、フェンス作りに邪魔になる、木を移植したりしながら作業をすすめます。

dsc_0009

補助支柱で、安心も作ります。

dsc_0008

dsc_0022

img_2320

残り1スパンまで来ました。

img_2318

ラストスパートです。

 

 

フェンスの隠し扉作成

2016年11月28日

エコウッドさんから施工事例の画像を送っていただき、それを真似して西側の出入り用に隠し扉を作成しました。

支柱の柱材に蝶番を取り付けし

dsc_0088

横板を張っていきます。

dsc_0090

完成

img_2721

img_2722img_2749  img_2723 img_2724

うんうん。見た目も良くて、満足♪

ただ、残念ながら、この扉は、失敗です。 横板の強度が不足してました。

扉を開けると、重さで板が曲がって閉めた時に、高さが揃いません。

ホントは、修正必要ですが、この扉は普段開けないところなので、当面はこのままにしとこ。

ラティス扉設置

2016年11月30日

東側の出入り口は、通常、頻繁に使用する個所のため、ラティス材を使用した扉としました。

柱を立てたところ、90幅より狭くなったため、エコウッドのラティス90×90を少し細くする加工して使いました。

img_2647

この、角度調整機能のある丸鋸定規が大活躍で、45度にも簡単にカットできます。

img_2649

分解、組み付けと、結構大変でした。

img_2650

しかも、手間がかかった上に、あまり綺麗にできず・・・・

エコウッドさんで、2500円で、加工しての販売もされているので、それ活用した方が良いです。

 

幸いなことに、完成後のサイズはピッタリで、いい具合に取付けできました。

蝶番は、愛犬が脱走しないように、内開きとして、人が通過した後、自動で閉まるタイプの蝶番を使いました。

img_2662

柱と家の隙間は、施工時に、強く締めすぎて割ってしまったり、反って貼りなおしたりした板を使う事で、結果的に、ほとんどの板を無駄にせず使い切れました。