カテゴリー別アーカイブ: 旅

竿灯祭りにて

東北に住んでいながら、今まで東北のお祭りをほとんど見たことがありませんでした。毎年、仙台のアーケードの七夕飾りの下をくぐって終了。でも今回はちょっと違う展開ですよ~。

今年はrvcarで秋田の竿灯祭りに行ってきました。

IMG_3270

 

人の動くお祭りは迫力もあり、目で追う楽しさが満載でした。

IMG_3270

 

竿灯まつり最終日は台風接近で時々風が吹き、竿がうんとしなりました~。

IMG_3290

おお!倒れる~!バランス!バランス~!

と、動きを観ながら、こちらも力が入りました。笑

 

 

最後は見学をしていた人も灯篭や太鼓などを触ったり体験することができ、出演者が写真撮影をしてくれました。

IMG_3294

地域や職場で発表をし、披露する人たちも見る人たちも楽しめる秋田のお祭り。こうやって地域のお祭りは引き継がれているのだと改めて感じた夜でした。

cancer

夕ご飯は秋田駅東口近くの「あっぱれ寿司」で!→

67952011
食べログより

中トロとウニがこんなに安いのは何かの間違いではないかっ?!絶対間違いに違いない!といつも思ってしまいます。

高くて美味しいのは当たりまえだけど~

美味くて安いのは最高~!笑

 

那須高原にて🍂リーフハウス

  先日、オープンガーデンみやぎの皆さんと

那須高原に行ってきました。

 shine

那須高原は仙台から2時間半。

子供たちが小さい頃、夏に何回も訪れていた場所です。

トリックアートの館

テディベアミュージアム

ミニチュアの蒸気機関車がお料理を運んでくれるレストラン

広~い森の中の釣り堀

そしてホテルのプール!

shine

若かったRuiママは

時を経ておば(あ)ちゃんになり~~笑

今度はまた違った形で訪れるようになりました。

shine

まず初めに訪れたのはリーフハウス。

a

素敵な洋館ですが、実は苗屋さんです。

b

広いお庭の通路に時々ざっくりと苗が置いてあり

庭の植物や低木を観ながら歩くことができます。

暑くても熱心に庭を回遊し、

やっぱり苗を買ってしまうご一行様。笑

       ☆

無題

shine

家(ショップ)のレジ前は素敵な小物をあしらった空間。

n

shine

こうやって飾ったら素敵!と思う小物が沢山♡

でも家が素敵だから何を飾っても素敵なのかも。

自分の家に似合うか?ここは冷静にならないと。笑

        shine

h

             shine

窓辺の景色は自然がいっぱい。

良い意味でザックリとした庭と自然と

堅苦しくないインテリアがミックスされて、

ツボを刺激されました。笑

b

    shine

この場所を訪れるのは2回目なのですが、

ご夫婦で営まれているこの空間には

何とも心地よい何かがあって、

今回も同じ感覚を味わいました。

この庭を流れる風、好きだな~♪

shine

   shine

clover 次回も那須のスポットを!

shine

淡路島の旅

 

3月の中旬に、久しぶりに 本当に久しぶりに 家族旅行に行ってきました。

長男とは大阪で合流したので、旅行の前に大阪の友人夫妻にもお会いしました。S.Fの転勤時代に同じアパートに住んでいたご縁で25年来の友人ということもあり、子供たちの小さな頃のことや最近の近況報告など、話は尽きませんでした。

小さかった子供たちがそれぞれの道を歩み始めたことを喜びつつ、これからは自分たちの健康にも気を付けよう~と、最後はやっぱり健康の大事さの話になりました。

car     rvcar     car     rvcar

その後、家族でレンタカーに乗って三田のes koyamaとアウトレットに立ち寄ってから淡路島へ。淡路島は2回目なので、何となく道路や雰囲気は把握できています。

1ブログ淡路島

宿には暗くなってから到着したので、すぐにお食事に。

淡路牛やアワビ、タコ飯を食べ進め、横で走り回るAちゃん(孫)を横目に「もう食べれない」と言いながらも食べ続ける(笑)食い倒れの夜でした。((+_+))

 

翌朝、窓の景色を見てビックリ!昨晩は暗くなってから到着したので分からなかったのですが、部屋の目の前は海でした。

宿ブログ

その後、定番の渦潮観光に!

淡路島の名物は玉ねぎとのことで、玉ねぎタワーに遭遇しました~。

たまねぎブログ

玉ねぎソフトクリームも食べたのですが、味は・・・微妙・・笑

渦潮ソフトブログ

お天気に恵まれ、素晴らしい景色でした~♪

2渦潮

そしてお昼ご飯は「渦の丘」で。

昨晩あんなに「食べれない」と言っていたメンツですが、

名物のウニ雑炊を注文し~

z

ウニの鍋でタイやウニを頂き、その後にウニ雑炊にするという贅沢さ~。

unisyabu_thumb2
HPより

息子は渦潮定食なるものを注文してみました。

zekkei_thumb
HPより

確かに海鮮の渦潮・・・

結局、最後まで食べ続け、胃は横に広がるばかり。笑

走ったりおしゃべりしたりのAちゃんの成長にも目を細め、メロメロのじーじとばーばなのでした。

2ブログ淡路島

今回は久しぶりの家族旅行ということもあり、とても寛げました。

それぞれの場所でまた頑張ろう!そして、またみんなで旅行しようね~!ということになりましたが、我が家のことだから きっと次回も食い倒れ的な旅になるんだろうなぁ。笑 (*’▽’)

 

☆次回は春の庭仕事の様子です。

 

 

父母と共に

 

先日、喜寿のお祝いで父母と鳴子温泉に出かけてきました。

P1000551

4年前に弟が突然クモ膜下出血で倒れてしまい・・

 

父母のお祝いをどうすればいいのか・・

長い間、娘としては悩ましい問題でした。

P1000545

それから数年が経ち、治療中の弟は少し落ちつきましたがまだ家に帰って来れずにいます。

母は足が弱くなって遠出が難しくなってきました。でも今ならまだ何とか自分でも連れて行ける!という気持ちが日に日に強くなり、細々ですが父母を誘ってお祝いの温泉旅行に出かけたのでした。

P1000536

鳴子渓谷はこの時期は紅葉が美しく、宿泊した鳴子ホテルからも紅葉を見ることができました。でも写真が撮れなかったので、代わりに夕食の画像です。笑

 

せっかく鳴子に来たから温泉に入ろうと母を誘い、大浴場へ。

足の弱い母の腕をしっかり持ち、転んだら大変!と思うとうんと肩に力が入って~裸なのに変な汗をかいてしまいました。笑

でも「温泉に入ったのは久しぶりだわ」と喜んでくれて、途中休憩して足湯しながら親子で長話ができました。

P1000544

鳴子のお湯はその日その日で微妙に色が違うそうで、その日は「これでいいのか?」と思うような、青に暗い緑の混じったような濃い色でした。モチロンそれでいいらしいです。(笑)

館内では車椅子をお借りしたのですが、大きな段差のあるところにはリフトが付いていて助かりました。

P1000550

手土産は鳴子名物の栗団子。

とても人気のお土産で土日はなかなか手に入らないのですが、この日は平日の朝だったのでゲットできました。本当に美味しいんですよ~♡

narumi_0691
栗団子 (なるみストアーさんのHPより)

それから、お土産をもう一つ。

前日に岩出山の坪田菓子店さんに立ち寄ってきました。

006

小さなお店にかりんとうの缶が沢山!

002
坪田菓子店にて

これらも全部かりんとう!

003

どれにしようか迷ってしまいますよね~。

手土産を持たせて笑顔の父と母を見送った時は、ほんの少しだけ肩の荷が下りたような気持ちになりました。

自分も親になり、母と同じ気持ちで子どもたちを見ていることに気づきます。自分のことを自分以上に心配してくれるのが親・・。

いろんなことがありましたが、いえ、これからもあるかもしれませんが、とにかく元気に過ごしてほしい。

紅葉の中を走る父母の車を目で追い、紅葉の赤と黄色がうんとまぶしく感じた鳴子の朝でした。

 

 

 

 

 

春の倉敷

 昨夜、熊本で大きな地震が発生しました。

被害にあわれた皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

 まだまだ余震が続いているようですので、これからも気を付けてお過ごしください。

 

 

 

さて、先日は大阪に行ったお話しをしましたが、その足で翌日は倉敷に行ってきました。今日はその時の様子です。

倉敷に連れて行きたいと提案したのはパパで、卒業旅行で行った思い出の場所なのだそうです。

実は2月に運動で右足首を少々痛めてしまい(違和感はあるものの、普通に歩ける程度)やっと治ってきたのであんまり歩きたくないRuiは、美観地区観光のみのダイジェストな旅をしてきました。

美観地区では、一年に一度開催されるというクラシックカーのパレードが行われていましたよ~。

108

倉敷の美観地区にはクラシックカーがとってもお似合いでした。維持管理はお金がかかるんだろうなぁ~とか、ガソリン代が怖い~なんてことは純粋に車が好きな方々には失礼かもね。笑 車のわからない私が見ても美しいフォルムで、オーナーさんたちの愛着を感じました。

101-tile

倉敷の顔とも言える、代官所跡に建設された倉敷紡績所。↓今はアイビースクエア(ホテル)として活用されている建物です。

115

少しだけ歩いて~ 美味しそうだったから焼き蒲鉾をガブリ♪

119

この辺で、少ししか歩いていないつもりなのにもう足が重苦しくなってきました。旅は自分が思っている以上に足を使っているようです。

パパさんに「船に乗るよ!」と言われ、いつもなら「え~?いいよぉ~!歩いた方が楽しいし。」と言うところですが、今回はあっさり「乗ろう!乗ろう!」(笑)

頭に蓑傘をかぶってさあ、出発!

春の倉敷は緑が芽吹いてとても気持ちの良い風が~♪

いつもは「乗らない派」のRuiには新鮮な景色です。笑

157

桜と新緑のコントラストも綺麗でした~♪

131

石造りの橋をくぐって・・。

155

川からの景色は人の流れを見るようでもありますが、まぁ、たまにはいっか。

船を降りたら、次は岡山出身の庭友が推薦する三宅商店に向かいました。

160

看板には日用雑貨と荒物の卸小売りとありますが、今はカフェになっていて、

164

観光地ながらカレーもケーキも手作り感があり、予想よりずっと美味しくて得した気分でした♪

DSC_4791-horz

一つずつオーダーして3人でシェアね。後でまた何か食べるから。笑

 

街並みで目が向くのはこんな景色。

175

そしてまたすぐにRuiは休憩です。

「みんなは街を見てきてね~。ママはここで休んでるから~。」笑

倉敷珈琲館はとっても素敵なところでした♪

IMG_20160403_181309

大好きなコーヒーの香りと非日常のインテリアが詰まっていていい感じ。

IMG_20160403_181349-horz

190

休憩ばっかりやないか~い!と言われそうですが、いえいえ、次の目的の為に歩行を温存していたのでございます!?

ここに来るのが目的だったんですもん。

151

昭和5年、倉敷の実業家大原孫三郎氏が設立した大原美術館。

地域の産業を支えるだけでなく、あの時代に芸術にも莫大な投資をする姿勢が凄い!

208

でもRuiが 見たかった作品は新東京美術館に貸し出し中でした。汗

せっかく来たからポール・シニャックのオーべェルシーの運河も見たい!モネのワラのあの作品も~~~!と、ウロウロしたら、この辺でかなり足が痛くなってきて・・

あぁ、この程度で痛くなる自分が残念・・。

こうして倉敷の旅はスリムに終了しました~。はぁ~~。

 

☆オマケ☆

旅の〆は、大阪天満宮の帰りにわざわざタクシーで出かけた大阪のこの一枚!

095

やっぱミーハーだから五代様にお会いしないとね!

でも・・・私の知ってる五代様とちょっと雰囲気違うかな~?!笑