DSC_7560

山形ワイナリー巡りの旅

先日、山形のブドウ狩りと4つのワイナリー巡りの旅に出かけてきました。

一言でワイナリーと言っても趣や形はいろいろでした。今日はその様子を。

 

まず初めに訪れたのは武田ワイナリーさん。

何と創業百年とのことです。

デパートや酒屋さんでよく見かける蔵王スターは武田ワイナリーさんの商品だということを初めて知りました。

DSC_7545

試飲もさせていただきましたが、観光客の施設という感じはあまりなくて、ぶどうを栽培してワインを作る という堅実な仕事ぶりを感じるワイナリーでした。

 

お次はぶどう狩りよぉ~!

たわわに実るぶどうが綺麗だったのですが、最近スマホの画像がぼやけて綺麗に撮れません~。(いよいよ買い替え時みたい)

DSC_7554-vert

「いっぱい食べてください」と言われて張り切って畑に入って行ったのですが、そうそう食べれるものではありませんよね~。笑

 

そしてお次は高畑ワイナリーへ。

高畑ワインは広く流通していますね。

DSC_7558-tile

こちらは観光客向けの施設でもあり、かなり広いワイナリーでした。

 

 

次は大浦葡萄酒さん。

こちらは個人経営のワイナリーさんでした。

ぶどうを絞ったばかりとのことで、甘い香りが漂っていました。お掃除も丁寧で、ワインも丁寧に作っているのが想像できました。

DSC_7562-vert

 

最後のワイナリーは須藤ワイナリーさん。

ぶどう狩り会場の横にある個人経営のワイナリーさんでした。

ぶどう畑の試飲は皆真剣!自分の好きな味はどれかしら~?

DSC_7568

 

今回の旅はクラブツーリズムの日帰りバスツアーで仙台発5990円!

お酒が強い人たちにとっては量的に物足りないのですが、(笑)4つのワイナリーを巡ったので、いろいろな味を試せて好きな味が見つけられるところはとても良かったですよ~。

お酒の弱い私は途中でジュースに切り替えましたが、ジュースの種類もいろいろあり、飲み比べができました。

今回は味の分かる友達と一緒だったので、それぞれのワインの感想も聴けて勉強(?)できたのも良かったかな。

秋のバスツアーは気軽に楽しめてお勧めで~す。(^^)v

 

秋の紫陽花

今年の夏は庭の植物たちにとって大変な夏でした。

ず~っとず~っと雨ばかり降っていたのです。

その為に庭にも出れず、もちろんお手入れもできず、

常に湿っているので芝刈りもできませんでした。

でも芝生の乱れにいよいよ我慢できなくなり、まだ少し湿った芝生を電動芝刈り機で刈ったら・・

ウイ~ンとうなって止まってしまいました。rain

慌てて詰まった芝を取り除いたのですが、その後動かず。

何か・・もしかして壊れた?・・・汗

 

016

土はまだ湿っているのですが、もう我慢できません。

庭の紫陽花たちを少しずつカットしなければ!

021

見える部分の綺麗な花はちょっとだけ残して、傷んだ花や見えない後ろ側の花はカット。

昨年綺麗だからと冬までそのままにしたハイドラシアですが、

今年の花付きはやはり少な目でした。

 

アナベルは思い切りカットして、

ハイドラシアたちはプチプチ芽の出ている所を残して高さを見て切っていきました。

あっちの紫陽花もこっちの紫陽花もまた雨が降る前に作業しないと~。

 

001

綺麗な紫陽花たちは葉を取り除いて日陰で少々休ませ、ブンブン振ってゴミや虫を取り除きました。笑

前回、紫陽花をそのまま室内に持ち帰って エアコンの前に吊るしてドライにしていたら、中からガクのゴミやら、蜘蛛やら・・おまけにチュウレンジ蜂まで出てきてリビングを飛び~~ああああぁ~~という感じになってしまったからです。笑

 

039

秋の紫陽花はいろいろな色の混じり合ったニュアンスカラー。

028

乾燥させたらリースでも作りましょう。

003

玄関前のカラミンサは今が満開です。

023

夕方になるとカーディガンが恋しくなってきて

ほとんど夏のないままに 季節は秋に移り変わったようです。

 

 

1504935198516

リボーンアートフェスティバルへ

昨日、宮城県石巻市のリボーンアートフェスティバルに行ってきました。

リボーンアートフェスティバルって?と、思われる方も多いと思いますが、詳しくはこちらのHPをご覧ください。

クリック→リボーンアートフェスティバル

復興道なかばの被災地でアートイベントを開催することは、とても意味のあることだと思います。

その地域に足を運び、点在するアートを観ながらろいろなことを感じることができるからです。

 

 

このフェスティバルも今日が最終日。

私も何とか間に合って、石巻周辺に点在するアートを拝見することができました。

1505132486615

牡鹿半島の高台に設置された草間彌生さんの作品 ※友人撮影

 

1504935204157

このフェスティバルのシンボルでもあるシカ ※友人撮影

 

コチラは何だと思いますか?

1505047802198

海に浮かぶファスナーだそうです。

様々なアートを見ながら車で周り、

 

お昼は牡鹿半島のホテルで刺身定食をいただきました。

1505047797231

クジラのお刺身も付いていましたが、お安かったですよ。

 

そしてこんな作品も・・

ホテルの敷地内の海に近い場所。

1505047792297

これは・・・

1505047776342

穴という穴から水が・・・

※芸術ですのでご理解くださいね。

 

お茶タイムはハマグリ堂から階段を上がって行った場所にある高見で。

cats

友人が撮影したシカさん。

1504935198516

※友人撮影

この日は青空がとても綺麗でした。

 

 

018

夏の風景

 

ここしばらくずっと雨の日が続いています。

雨が降る前、ラベンダーが涼し気に道路周りを彩ってくれました。

道行く方からも「綺麗ですね~」と、お声かけをいただき、ラベンダーも嬉しそう?笑

069

 

薔薇のお礼肥の恩恵を受けていることもあり、夏の花たちには勢いがあります。

切り戻してもまたどんどん咲いて凄い!

062

切り戻したミニョネットの白花と開花を始めたルドベキア・チェリーブランデー。

061

ユリたちもあちこちに次々に咲き、庭が素敵な香りに包まれました。

018

この画像ではもう花が終わりそうですが、アナベルの側の八重咲きのホリホックも今年は株が充実してうんと楽しめました。

024

アナベルは白から緑色に変化してきました。

025

 

あちこちで咲いていたクレマチスはそろそろ終わりです。

022

ロウグチやケイトもかなり長く咲いてくれたのですが、最後の最後まで頑張っているのは「踊り場」。

021

昔からの品種ですが、可愛いだけでなく花期も長いおりこうさんです。

 

暑くても汚くならずに綺麗。

そして何より強くてたくましい。

娘たちにもそういう女性になってもらいたいな~。

アレ?花に例えるのはちょっと無理があったかしら・・笑

 

 

 

017

リーフハンギング

こんにちは。少々ご無沙汰してしまいました。

Rui は相変わらず元気で過ごしています~。あれこれ気を取られている間にあっと言う間に8月に突入してしまいました。時間は早いなぁ。汗

アップしようかと写メした画像は貯まっているのですが、ブログはインスタのように画像に一行だけという訳にもいかないような気がしたり・・画像は圧倒的に食べ物が多いので、そんな感じでいいのか~?と思ったり。それでいいんじゃないか~?と思ったり。笑

 

さて、今年の5月にKさんにハンギングをリメイクしていただきました。

これは昨年の花のハンギングの残り(残骸?笑)に、新たに少しだけ植物を加えたもの。

017

今も玄関前に飾っているのですが、葉のコントラストに清涼感があり、

目に触れるたびにこの緑に癒されています。

玄関

 

次回は庭の様子で~す。

077

紫陽花の季節

昨日の夜から恵みの雨が降り、植物も低木も大喜びです。

私もしばし水やりから開放されました。

090

庭では紫陽花たちが一斉に咲き始めました。

 

084

私は昔からこの季節が一番好きで、

この時期の香りが漂うと、夏休み前のウキウキした気持ちがそのまま残っているような(笑)不思議な感覚を味わいます。

066

一雨ごとに草も木の枝もグングン伸び、緑がいっそう濃くなってきました。

052

 

汗だくで芝刈りをしていると、芝生の青い匂いを体で感じることができ

作業後に冷たい飲み物を飲みながら芝生を眺めるのは心地良い時間です。

112

そうそう、小さな山紫陽花たちを撮っていませんでした。低木の足元で可愛く咲いていたのですが、綺麗な色は終わってしまいました。

小さな紫陽花も品種が沢山ありますね。タグを刺していますが、なかなか名前を覚えきれません。タグが消えたり飛んだりしたら名無しのアジ子ですね。笑

102

庭にいらっしゃる方の一番人気は「黒軸」。

私は5年前にソーマさんから購入しました。花はいたって普通なのですが(笑)この黒い枝がツウの皆さんの心をガッチリつかむようです。

水切れを嫌う品種のようで、ちょっと水やりを忘れると葉っぱが黄色になってしまいますが、今年は背丈も伸びて花もたくさん付きました。

 

077

紫陽花に涼しさを分けてもらっている7月の庭でした。

005

遅咲きの薔薇たちと

6月も中旬を過ぎて庭では薔薇が咲き乱れ、花がらや終わった薔薇の枝を切っても切っても追いつかない毎日です。

124

 

咲くまではあんなに丁寧に扱われた薔薇たちですが、咲き始めたら「あぁ~花びら落ちる~」と、言われながらサッサと切り取られてしまうので、薔薇たちは今頃人間不信に陥っているに違いありません。笑

 

012

 

この時期になると、これから買う時はもっと花持ちの良い薔薇を迎えようと思います。園芸店に行ってもタグで花持ちをチェック!「花持ちが良い」と書いてあるとグイッと引き寄せられてしまいます。(笑)

それから、少し時期をずらして早咲きや遅咲きを意図的に使うのも良い方法ですね。今はテッポウムシの被害で我が家にはないのですが、エブリンなどの早咲きは切り戻しをした頃に他の品種が咲き、それらが終わった頃にまた花が咲いて得した感じがしたものです。

そして、花形の美しい遅咲きの薔薇が何本かあると、他が乱れてきた頃に開花して 庭が持ちなおした感じ?になっていいな~と思います。笑

我が家でも遅咲きの薔薇が開花し始めました。

こちらはデルバールのブリーズ

008

ブリーズ

本来はつる性なのですが、枝の上の方にだけ咲く傾向があったので、私は短めに切ってブッシュ状に仕立てています。ブリーズは直訳すると「呼吸する」と言う意味ですが、本来の名前の由来はどうなのかな~?

 

こちらの遅咲きは花ごころの村田さんに頂いたドメーヌ ドゥ サン ジャン ドゥ ボールガール

昨年お庭にいらした時、テッポウムシの被害で今はないけど、デルバールの中では中輪のボールガールが好き!という話をしたら、村田さんもお好きな薔薇だということで・・・後日送ってくださいました。すみません。汗

ボールガール

ドメーヌ ドゥ サン ジャン ドゥ ボールガール

 

アナベルの上の薔薇は、ご近所の庭友さんからお嫁に来たアルバメディランド

遅咲きで病気に強くて手間いらず。でもトゲはなかなかの曲者なので注意です。

004

 

花持ちや咲く時期などは 自分の庭に植えてみないと良く分からない場合も多いのですが、同時期に咲き乱れるのを緩和すれば自分にも余裕ができて、私の庭くらいの広さだったら「ひょっこ」が始まる前の朝仕事で十分そう。笑

 

これからはますます「今の自分が無理なく楽しく」がキーワードになっていきそうです。

 

 

115

特別な時間 2017

山の住宅地の花の季節は 街よりも少し遅くやって来ます。

029

 そして ある日を境に、花たちがにぎやかにおしゃべりを始め・・・

今年も特別な時間がやって来ました。

067

夕方、花びらを拾いに庭に出ると、気持ちの良い風が庭に流れていました。

花が揺れ 葉が揺れ 枝が揺れ そこに夕日が降り注いで・・・

 

ふんわりと薔薇の花びらが舞い散って飛んで行き、

その花びらを目で追いかけました。

074

ガラスの小物たちが夕日の力を借りてキラキラ光って

とても幸せな時間を過ごすことができました。

115

 

そんな余韻に浸っている夕方、ちょうどRui 子が帰って来て こう言いました。

「今日の風がとっても好き!歩いてて気持ち良かった。」

104

小さい頃、庭仕事をする私の足元で遊んで過ごした娘。

いつだったか・・春の夕方、確かにこんな風の日がありました。

その頃に この時間に共有した庭の風に

今日の風は似ていました。

 

DSC_7097

春の庭巡り

仙台は今、庭シーズンたけなわです。

私も沢山のお庭を訪問させていただきました。

ここ数日、薔薇また薔薇に囲まれる時間を過ごしていますが、伺った先のお庭では花がらを摘まなくても良いし、ただただ♪綺麗~♪と眺めることができるんですね。何か幸せ~。

いつもとは違ったロケーションで自分の家にはない薔薇を愛で、ゆっくりと香りも確認できて、花の季節の楽しみを分けて頂きました。

庭主の皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

昨日は偶然こんな窓辺に出会えました。

携帯撮影ですが・・。

DSC_7097

アデレー ド ドルレアン – Adélaide d’Orléans  

花姿に品があり、なんとも素敵なガーデンシェッドの窓辺でした。

 

自分のお庭ではないけれど・・・

DSC_7094

 

「ずっとこのままだったらいいのに・・」と、つぶやいてしまいました。

夢のシーズンはまだまだ続きます。

 

 

 

 

P1000266

春の庭仕事・2

 

 

朝起きてからリビングのシェードを上げると、庭も毎日少しずつ違う景色に変化しています。

その後、お弁用を作って家族がそれぞれ出かけた後にちょっと庭に出るのですが、その朝の時間が自分の癒しと楽しみになっています。

あちらこちらで薔薇の蕾がプクンと膨らんで、何とも可愛い~♪

 

さて、今日は少し前の庭仕事の様子です。

立ったりしゃがんだりがまだ足の負担になるので、今までのようにお手入れすることはできないのですが、春になるとやりたくなる庭仕事が何個かあります。

5月の上旬にどうしても気になってこんな作業をしました。

P1000248

 

木のベンチはお手入れしないと劣化はあっという間。だから愛着のあるベンチは塗らずにいられなくて~。

一人では移動も無理なので、ここでもしぶるパパを説き伏せて作業に協力してもらいました。

二人で塗ったら思いのほか作業がはかどったので・・・

P1000246

ならば~

アイアンベンチもペンキを塗らないとすぐに錆びてしまうので 心配になって結局塗り塗り~。

 

P1000266

Rui「そしたらついでにこっちも塗らないと~~」

Rui「ペンキが残ったからこっちも~」

Rui「あぁ~!これも~」

パパ「・・・」

 

a

 

という訳で パパに手伝わせて~おっと、手伝っていただいて(笑) 気になっていたペンキ塗りの作業を何とかクリアしました。

でも思いつきで次々に塗るものが増えたので、養生不足でペンキの付いた長靴の足跡が沢山・・これが消したくてもなかなか消えないものですね。

もう見なかったことにしよう~。笑