P1000520

晩秋の庭仕事

風がだんだん冷たくなってきて庭に出る日も限られてきました。

昨年の秋は庭仕事がほとんどできませんでしたが、春は何とな~く庭っぽくなりました。

067

2017年6月

でも今年の秋も何もしなかったら・・そろそろヤバイ?

今年の秋は枝を沢山切りました。風情が欲しいからと鬱蒼とさせたベンチ周りとか、わざと枝垂れさせた薔薇の枝も もう切るもん 切るもん。笑

そうしたら枝葉が山積みになり、凄いごみの量になりました。

P1000520

これを全部ゴミ袋に詰めるのは無理~!と思いましたが、

「やっていればいつかは終わる。」という庭友の以前の言葉を思い出し、時間のある時に座りこんで(まだ長い時間しゃがめない)少しずつゴミを袋に。

しばらく経ったら山のような枝葉のボリュームもなくなってきて、やっとごみは撤去できました。ホント、いつかは終わるもんだね。笑

 

DSC_0011

でも「切るもん 切るもん」と考えなしに勢いで枝を切ったので、誘引してみたら枝が少なっ!ちょうどいい太さの枝も切っちまった~。

 

この時期、薔薇の葉の状態は品種によっていろいろです。

マダム・ハーディのようにほとんど葉を落としているものもあれば

DSC_0014

このボルチモアベルの元気な葉はそのままにするしかないかなぁ。

DSC_0015

寒い山の住宅地ということもあり、以前は春まで薔薇の葉が残ることはほとんどありませんでした。だから葉を取り去る作業はあまりしたことがありません。

ところが、最近はイングリッシュローズでも葉が残ることがあり、以前より冬が暖かくなっていることを実感しています。

 

これにも関連することですが、今までは初秋からの庭の落ち葉は拾わず宿根草たちの「枯葉のお布団」にしていました。

でも今年の秋は一度枯葉を拾いました。夏に長雨だったこともあり春~夏に葉の裏に付着しているかもしれない虫の卵等も気になり、薬品に弱い私としては春のことを考えて掃除した方が良いような気がしたからです。これから落ちる葉は、薄いながらお布団になってくれることを願っています。

葉を取り除く作業途中にカミキリムシ被害の薔薇を何本か発見!ここ数年カミキリムシによる被害が多く、それも冬が今までより暖かいからではないかと思っています。

 

玄関前のボーダーは植え替え終了。

P1000503

ジキタリス、セントーレア、リナリア、ベロニカストルム いつものメンツなのですが、丈夫で間違いない感じ。笑

DSC_0018

それから、長雨で生き残れなかった夏の花を少し補充しました。

P1000527

 

昨年はボーダーにデルフィニュームを植えませんでした。一番は成長に合わせて枝を支柱に結んでいく手間を省略したかったからですが、デルフィの開花時期が早すぎて薔薇と合わないことも理由の一つです。花びらボロボロのデルフィを薔薇の開花まで頑張らせるのがちとしんどい。風で折れた枝をセロテープで止めたりしてましたからね~。汗

ブルーのグラデージョンがないと寂しくなるかな?と心配だったのですが、そうでもありませんでした。笑

 

作業をしたある日の夜は~

塩胡椒&カレー味の牡蠣と鳥肉を片栗粉で揚げ、白菜とネギを少量の白ワインで蒸して生クリームで仕立てました。

DSC_0007

実はその日のテレビを見て真似しただけなんですが、冬の牡蠣は美味しいですね~♡

 

体を動かした後に 美味しく食べれる 幸せなことです♡

ちょっとカロリー高そうだけどね。笑

 

 

父母と共に

 

先日、喜寿のお祝いで父母と鳴子温泉に出かけてきました。

P1000551

4年前に弟が突然クモ膜下出血で倒れてしまい・・

 

 

父母のお祝いをどうすればいいのか・・

長い間、娘としては悩ましい問題でした。

 

P1000545

それから数年が経ち、治療中の弟は少し落ち着いてきましたが、母は足が弱くなって遠出が難しくなってきました。

でも今ならまだ何とか自分でも連れて行ける!という気持ちが日に日に強くなり、細々ですが父母を誘ってお祝いの温泉旅行に出かけたのでした。

 

P1000536

鳴子渓谷はこの時期は紅葉が美しく、宿泊した鳴子ホテルからも紅葉を見ることができました。

でも写真が撮れなかったので、代わりに夕食の画像です。笑

 

 

せっかく鳴子に来たから温泉に入ろうと母を誘い、大浴場へ。

足の弱い母の腕をしっかり持ち、転んだら大変!と思うとうんと肩に力が入って~裸なのに変な汗をかいてしまいました。笑

でも「温泉に入ったのは久しぶりだわ」と喜んでくれて、途中休憩して足湯しながら親子で長話ができました。

P1000544

鳴子のお湯はその日その日で微妙に色が違うそうで、その日は「これでいいのか?」と思うような、青に暗い緑の混じったような濃い色でした。モチロンそれでいいらしいです。(笑)

 

館内では車椅子をお借りしたのですが、大きな段差のあるところにはリフトが付いていて助かりました。

P1000550

 

手土産は鳴子名物の栗団子。

とても人気のお土産で土日はなかなか手に入らないのですが、この日は平日の朝だったのでゲットできました。本当に美味しいんですよ~♡

narumi_0691

栗団子 (なるみストアーさんのHPより)

 

それから、お土産をもう一つ。

前日に岩出山の坪田菓子店さんに立ち寄ってきました。

006

小さなお店にかりんとうの缶が沢山!

002

坪田菓子店にて

これらも全部かりんとう!

003

どれにしようか迷ってしまいますよね~。

 

手土産を持たせて笑顔の父と母を見送った時は、ほんの少しだけ肩の荷が下りたような気持ちになりました。

自分も親になり、母と同じ気持ちで子どもたちを見ていることに気づきます。

自分のことを自分以上に心配してくれるのが親・・。

 

いろんなことがありましたが、いえ、これからもあるかもしれませんが、とにかく元気に過ごしてほしい。

紅葉の中を走る父母の車を目で追い、紅葉の赤と黄色がうんとまぶしく感じた鳴子の朝でした。

 

 

 

 

 

DSC_0024

秋の庭にて

 

秋の庭には あちらこちらに薔薇が ふんわり。

DSC_0022

 

プックリ蕾が膨らんで、いつの間にか花が咲き始めています。

ソニア・リキュエル

ソニア・リキュエル

 

薔薇の葉は虫食いだったり黒点だったりするのですが、秋は全然気になりません。

葉はもうすぐ落ちますもんね。笑

 

DSC_0020

ジャック・カルティエ

秋の薔薇はステムが長くて、遠~く先端に花が着いていることも多いです。

せっかく秋も咲いたんだもの 気付いて愛でてあげないと。eye

クイーン・オブ・スエーデン

クイーン・オブ・スウェーデン

庭仕事の後、花の重みでしだれたステムの長い薔薇を 部屋に一輪連れてきました。

039

ローズ・ポンパドール

夕方、お茶を飲んでいると

たった一輪なのにお部屋に素敵な香りが漂って

ホンワカした気持ちになりました。

 

庭で咲いた花を摘んで家の中で愛でる。

若い頃に自分がやりたいと思っていたことは

今となっては うんとシンプルなことで、

それを面倒がらずにずっと楽しめる自分でいたいと

改めて思う時間でした。

 

 

 

 

 

 

P1000498

秋の庭仕事

日中も肌寒くなり、日本産のギボウシたちは黄色&シワシワになってきました。

昨年の秋はほとんど庭に出れなくて「見えるけどできない」ストレスにさいなまれて過ごしました。それに比べれば、(完治とまではいかなくても)今年の秋はちょっと、いえ、かなり気持ちが楽♪

P1000499

秋の庭仕事はいろいろ。植え替え、株分け、土作り、低木等の剪定整理等々・・。

でも秋の庭仕事には決まりがある訳ではないので「やらなくてもいいけど やれば春が少しだけ楽」という類のものかもしれません。

植物の品種によっては掘ったりいじったりしない方が株が大きくなる場合もあり、土を作り直すとこぼれ種が生かせないことも多かったりします。

P1000495

これから植える植物たち

その兼ね合いも少し気にしながら、多少の手抜きをしながらも(笑)土に触れて作業するのはちょっと楽しい時間です。(笑)

雑木や山野草の庭に比べて、薔薇と宿根草の庭はどうしても手がかかりますが、毎年同じことの繰り返しのようで でも毎年ちょっとずつ違っていて、今年はどうしようかなぁ・・と考えながら庭でウロウロ過ごすことで 自分が癒されている側面もあります。

 

P1000494

 

期限のない秋の庭仕事は、足の調子に合わせて少しずつできるので「一人遊び」にはうってつけ。やってもやらなくてもいいことをただ「好き」でやっているのです。笑

 

P1000498

暖かい日はまた庭に出たくなるかな~。

お近くをお通りの方は、姿を見かけたらお声をかけてくださいね。

 

オープンガーデンみやぎ20周年の集い

10月13日(金)  仙台ロイヤルパークホテルにて

オープンガーデンみやぎの20周年記念パーティが行われました。

ohana

会場のガーデンルームに揃った沢山の会員さんたち。

皆さんの笑顔を拝見し、係の私たちとしても嬉しいかぎりでした。

ランチ

美味しいお料理とトークそして音楽。

小関さん

クラッシックギターの演奏者 小関氏

会場は和気あいあいで 和やかなパーティとなりました。

デザート

庭を愛する人たちが歩んできた20年。

きっとそれぞれの心の中に

庭の思い出や景色が刻まれていることでしょう。

P1000419

ミシンのオーバーホール

先日、ミシンのオーバーホールをしました。

娘の卒業式のワンピースやピーターパンの衣装を作ったのも今は昔。ミシンはたまに使うものの、最近はロックミシンを出すのも億劫になり、ミシンのジグザグ縫いでごまかしたりしていました。

これではいかん!と久しぶりにロックミシンを出して動かしてみると、あらら・・私のように油切れなのかウイ~ンと空回りするではありませんか。

早々、以前ケアしてもらったお店に電話したのですが、閉店されたとのこと。時代は移り変わっていた・・。

その為、昔洋裁を教えてもらった友達に修理のお店を紹介してもらいました。

P1000411

私のミシンはねぇ。独身の時にブラザーで積み立てして買った年代物です。

「セイコのミシン」という名前で、あの松田聖子が聖子ちゃんカットで ♡セイコのミシン♡ と、ニッコリ笑顔で宣伝していたもの。笑

私は全然 ♡セイコ♡ のファンではなかったんですが、パパはファンだったらしいです。(笑) とにかく、独身の時からコレしか使ったことがないので、なかったら困るMyミシンです。

横のベビーロックはベージュに変色してしまいましたが、セイコよりは若い(笑)15年選手です。

P1000417

 

 

「あ~奥さん、油切れだけでなくベルトも劣化して空回りしてますね。」

という訳で、ミシンはまとめてオーバーホールしてもらうことになりました。

3日後。内部を解体掃除し、油を注してもらい、気になる音も無くなって、ミシンたちは俄然調子良くなって帰って来ました!

こんなに調子が良くなるんだったら、自分もオーバーホールしたいくらいです。

「ミシンは使っていると調子が持続します。」とのこと。

何でも使ってないとダメなんですねぇ。

P1000419

調子も良くなったしミシン使うぞ♪ということで、

コンシールファスナーやブレード それにタッセルも買い、

にわかに秋のクッションカバーを縫い始めました。

自分の脳もミシンも使わないと!?

 

 

P1000414

庭木の剪定

 

庭に緑の木があるのは嬉しいこと。

どんな木がいいかな~?どんな葉が綺麗かな~?

ベニカナメの生垣をやめて葉の綺麗な木を植えるぞぉ~!

そんなことを考えて浮かれていたのはもう17年以上前。

そして17年以上経てば木はどうなるのか・・・・。

バラの肥料の恩恵もあって庭の木はどんどん大きくなり、

庭は年々陽当たりが悪くなって 数年前には高さのある木を一本切りました。

幹も太くなってきて 自分では扱いきれず、10年くらい前から年に一度は庭師さんに剪定をお願いするようになりました。

P1000414

庭師の村上さんとの今年の会話

「持て余してるから、自分でも扱えるようにう~んと短く切ってください!」

「いいっスけど、数年は寂しくなりますけどいいんっスか~?」

うう~ん・・・

枝が少なくなって・・

寂しくなって・・・

こんなはずでは・・みたいな?

それではウチの○○の髪と同じ・・・

ど・ど・どうしたら・・・

と、一瞬迷ったのですが、

一度リセットしたいという気持ちは変わらず、

高さを抑えてガッチリ剪定をしてもらいました。

 

年月と共に木々は幹が太くなり、欲しい所に枝が出てこない状態になってきて、以前のようにそよそよした姿ではなくなってきています。

そして自分も 花ありきで葉の色どりを重視していた昔とは好みも変わってきました。足のこともあり、いろいろな意味で自分も庭も移行期にさしかかっているのだと思います。

庭木は株立ちの木々に少しずつ変えたいと思っているのですが、木を替えれば下草も変わってくるでしょうし、庭の雰囲気はかなり変わります。

それに今の薔薇の庭にはまだ思い入れもあり、もう少し木の強剪定でとどめておくことにしました。

P1000422

クロード・モネ

だから~~

我が家に来る方は木がハゲでも気にしないでね~?!

って・・突然そんなオチでいいのか~?笑

 

 

005

秋の庭にて

秋になり、朝夕肌寒くなってきましたね。

庭もすっかり秋の景色になり、いろいろな花が咲き始めました。

013

意外だったのは、雨続きの夏にうどん粉病でやむにやまれずガッチリ切り戻しをしたフロックスが秋薔薇と一緒に一斉に咲き始めたこと。

長袖の季節に夏の花が咲いていて不思議な感じなのですが、なかなか綺麗に咲いているのでちょっと得したような気持ちです。

006

ユーパトリュームチョコレートは真っ白い花がたわわに咲いています。

花が咲く前は綺麗な銅葉なのですが、花の開花するころからだんだん緑色の葉になる植物です。花が咲くまで頑張ってオシャレしていたのかしらね~。笑

003

 

ベンチの横にあるイングリッシュローズのシャリファ・アスマ

大輪の品種なので、ベンチの横の絵としては花が大きくて昔から気になっていました。その為、今年の秋こそ引っ越しをしよう(パパにしてもらおう)と夏に短く切り詰めたのですが、この季節に次々に花を付けました。シャリファは引っ越しをしたくないのかしら~。笑

007

 

白薔薇のボレロもいつの間にかふんわり咲いて。

015

肥料のタイミングが良かったのか、インテフォグリア系のクレマチスたちも返り咲きをしています。

022

K氏に頂いた宿根草。名前はえ~と・・?

ダラダラうねるので夏に切り戻しをしても良かったかもしれません。

見た感じとしては、切っても横から花が咲きそうな匂いのする枝です。笑

023

ずっと庭仕事らしいことはやっていないのですが、(笑)

これからやらなければならない庭仕事は、芝生にはびこっているチドメグサ☟を除去すること。

025

今年の夏はずっと雨が降っていたので、芝生に大量にはびこっているのです。

広がり過ぎてとても億劫だったのですが、今日から座り込んで作業を始めました。

024

取り除いた部分はスッキリ!

やっぱり綺麗になると気持ちいいですね。(^^♪

いつ終わるのかは未定ですが、ゆっくりのんびりやりま~す。

 

紫式部も素敵な色になって。

012

ずっと悩まされていた右足のアキレス腱周囲炎ですが、まだ完治とまではいきませんが以前より少しずつ良くなってきています。日常もやっと不便なく過ごせるようになり、気持ちがとても楽になりました。

005

ベラ・ドンナ

久しぶりに芝生に座っていると・・

秋の庭はいつものようにゆったりとしていて、心地よい時間が流れていました。

 

 

アジサイ

紫陽花のリース

季節は秋に移り変わり、スーパーの店頭にも秋の味覚が並ぶようになりました。

先日味噌仕立ての芋煮を作ったのですが、あったかいものが美味しい季節になりましたね~。

003

さて、この季節の庭は写真に撮るものはほとんどないのですが(笑)、

あけさんに紫陽花のリースは?と聞かれていましたっけ。

アジサイ

何という名前の紫陽花?と聞かれそうですが、昔ながらの紫陽花です。(笑)

アナベルがまだ残っているので、今度はブロ友さんたちが教えてくれたアナベルの漂白にトライしてみような~♪

 

DSC_7560

山形ワイナリー巡りの旅

先日、山形のブドウ狩りと4つのワイナリー巡りの旅に出かけてきました。

一言でワイナリーと言っても趣や形はいろいろでした。今日はその様子を。

 

まず初めに訪れたのは武田ワイナリーさん。

何と創業百年とのことです。

デパートや酒屋さんでよく見かける蔵王スターは武田ワイナリーさんの商品だということを初めて知りました。

DSC_7545

試飲もさせていただきましたが、観光客の施設という感じはあまりなくて、ぶどうを栽培してワインを作る という堅実な仕事ぶりを感じるワイナリーでした。

 

お次はぶどう狩りよぉ~!

たわわに実るぶどうが綺麗だったのですが、最近スマホの画像がぼやけて綺麗に撮れません~。(いよいよ買い替え時みたい)

DSC_7554-vert

「いっぱい食べてください」と言われて張り切って畑に入って行ったのですが、そうそう食べれるものではありませんよね~。笑

 

そしてお次は高畑ワイナリーへ。

高畑ワインは広く流通していますね。

DSC_7558-tile

こちらは観光客向けの施設でもあり、かなり広いワイナリーでした。

 

 

次は大浦葡萄酒さん。

こちらは個人経営のワイナリーさんでした。

ぶどうを絞ったばかりとのことで、甘い香りが漂っていました。お掃除も丁寧で、ワインも丁寧に作っているのが想像できました。

DSC_7562-vert

 

最後のワイナリーは須藤ワイナリーさん。

ぶどう狩り会場の横にある個人経営のワイナリーさんでした。

ぶどう畑の試飲は皆真剣!自分の好きな味はどれかしら~?

DSC_7568

 

今回の旅はクラブツーリズムの日帰りバスツアーで仙台発5990円!

お酒が強い人たちにとっては量的に物足りないのですが、(笑)4つのワイナリーを巡ったので、いろいろな味を試せて好きな味が見つけられるところはとても良かったですよ~。

お酒の弱い私は途中でジュースに切り替えましたが、ジュースの種類もいろいろあり、飲み比べができました。

今回は味の分かる友達と一緒だったので、それぞれのワインの感想も聴けて勉強(?)できたのも良かったかな。

秋のバスツアーは気軽に楽しめてお勧めで~す。(^^)v