カテゴリー別アーカイブ: 暮らし

マリトッツォ作り

 

パン教室でリクエストして、マリトッツォを作りました。

前回、マリトッツォって何?と書きましたが、なんとなく全貌が見えてきました。笑

 

パンは基本のブリオッシュ生地で、今回はオレンジジュースを入れました。

IMG_5532

 

そして、クリーム作りに時間がかかることが判明。中身はマスカルポーネチーズと生クリーム オレンジピール。

そのままだと垂れるので、ゼラチンを入れて形を保つ工夫をしているのでした。

しかもクリームの量が半端ないので塗るのがなかなか難しい~。あれこれやってコツをつかみかけた頃に作業終了です。💦

 

IMG_5536

 

次回はもっと綺麗に塗って、ベリーではなく無花果か桃を貼り付けたいなぁ。

次回はあるのか・・?

クリームが手間だから次回は買うかもで~す。笑

 

 

最後に

スイーツ(長女)が大阪のリッツカールトンで買ったマリトッツッオが美し過ぎて凄いです。

IMG_5544

綺麗だなぁ~heart01

値段も凄いよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

マリトッツォってナニ?トッツォ

 

春に娘が買ってきてくれたマリトッツォ。

最近のスイーツの流行りものですよね。

検索してみると~

マリトッツォ(イタリア語: Maritozzo)は、イタリア発祥の伝統的な菓子(デザート)である。ブリオッシュ生地に生クリームを挟んだもの 。

とのこと。

昔から知っている食べ物は、自分の中でイメージや味が記憶の中で出来上がっていて、それを基準にして硬さとか 香りとか 味が濃い薄いなどを感じているように思います。でも今回は未体験なので❓が多い。

 

IMG_5379

 

娘から教えてもらってから、気になっていろいろなお店やコンビニのマリトッツォを食べてみたのですが、生地はパンだったりスフレスポンジだったりいろいろ。中身も生クリームだったり果物のピールとクリームが混じっていたりと千差万別で。見た目は同じなんですけどね。

 

 

IMG_5455

 

高いとやっぱり美味しい!のは分かりましたが、イタリアに行ったことがないので、マリトッツォの基本形が分からない・・・・食べてみて美味しければ何だっていいのでしょうが、何となくスッキリしないなぁ~。笑

今まで食べた経験がないとはこういうことね。

 

IMG_5499

 

コロナが収まっていつかイタリアに行けたら、是非 本場のマリトッツォを食べてみたいものです。

そしたらナニ?トッツォかはっきりするに違いありません~~笑

 

 

heart01

 

インスタです。お時間のある方はどうぞ。↓

IMG_2757

 

ソファーの修理

前回、コオロギやスズムシのことを書きました。

昨日の夜も心安らぐ演奏でしたが、奏者が変わったのか、それとも新たに加わったのか?昨日とは少し違った演目の演奏会でした。笑 この無償の演奏会はいつまで楽しめるかな~。

夕方のジニア

IMG_5496

 

さて、話は全く変わります。

我が家の3人掛けのソファー、以前から少し真ん中がきしんで気になってはいたのですが、私の体重に耐え切れなくなったらしく、とうとう木枠が外れてしまいました。

すぐ修理に出さなければ!と思ったのですが、購入した○塚家具は数年前に仙台から撤退してしまったので、地元の家具屋さんに見積もりをお願いしました。

いったいどのくらいかかるんだろう?と少々ビビッっていたのですが、良心的な値段だったので修理することにしました。

 

IMG_5471

 

仕事はとても丁寧で、裏側を一度はがして下の木枠を別のもので組み直してくださいました。「この長さだったらもう一つ足がある方が安定するので、皮を巻いて付けました。」とのこと。

 

IMG_5475

目立たない足ですが、あると何となく安心感があるでしょう?

 

子供たちと一緒だった頃、とにかく角がなくて安全なものをと思って購入したソファー。その頃は自分自身はゆっくり座る時間もありませんでした。でも、今ではすぐに疲れたと言っては座る なくてはならない私の休憩スペースになっています。笑

いろいろな思い出と共に過ごしてきた家具たちも、私と同じくらい劣化してきました。今回は良心的な値段だったので迷わず修理しましたが、これが高額だったらまた新たに探す?それともなしで暮らす?高額でも直す?どうするんだろう。

これからの暮らしとか用途とか、タイミングで決断しなければならない物や事がまた出てくるんだろうなぁ~と思った出来事でした。

 

 

heart01

 

モズの巣作り~巣立ちまで

 

今年、我が家の庭で鳥が薔薇のアーチに巣作りをして卵を産みました。

C4CB54A1-D1CA-4A77-9BC8-4B64A0A16C3B

 

大きさは中くらいの茶色の鳥・・・

友人曰く、モズとのことでした。脚立に登って巣の写メを撮ってくれたのですが、これが・・なかなか・・いえ、凄~く生々しいものでした。sweat01(改めて観てもクラクラするほどワイルドな世界だったので画像の添付をやめました。sweat01

でも頑張って巣を作ったのに追い払うのも可愛そうだし、すぐ巣立つと思われたので、そのまま見守ることにしました。

 

IMG_5014

 

それからは庭に出るたびに親鳥に凄い鳴き声で威嚇され、私が庭にいる間じゅう(近くの電線の上から)鳴かれるという日々が続きました~。

まるで私が悪者のような変な雰囲気。優しく?見守ってあげてるのに・・・はて?実際は鳥にとっては誰かの庭だからとか、境界線なんて関係ない訳で、たまたま巣を作るのにちょうど良い環境だったのでしょう。消毒もしていないし。

 

夏の気配を感じる頃には、私も親鳥の威嚇の鳴き声に慣れ、そろそろ巣立ちの時期では?思っていました。でもモズは違っていました。sweat01いえ、正確には確かに巣からは出たのですが、しばらく庭で寛ぎ遊び続けたのです。笑 ちゃんと飛んで暮らせるまでのトレーニングなのでしょうか?シジュウカラみたいにある日サッと飛び立つんじゃないの~?笑

小鳥たちは完全に私にも慣れていて、草取りをしていても近くでお散歩。sweat01ここにもあそこにも。sweat02

IMG_5100

モチロン、その間も延々と親鳥は威嚇し鳴き続けました。お疲れさん。

 

よく「鳥の来る庭に憧れます。」「鳥が沢山来て心和みます。」などの文章を目にします。はぁ~。

でも私としては鳥なら何でも来てほしい訳でもなく(笑)小さくて見た目が綺麗な鳥は大歓迎ですが、大きくて黒い鳥(あえて名前は言いません)が来ると他の鳥たちの餌も全部食べてしまい、黒い大きい鳥がいる間は小さな鳥たちは気を遣って庭に来ることはありません。

息子が小さい頃、工作教室でシジュウカラが来る鳥小屋の入口はサイズがあると教えてもらいました。あれは直径何センチだったんだろう?笑 忘れてもうた。

 

この春の出来事は、初めは迷惑でしたが後半はちょっと楽しんでいる自分もいました。

庭のお掃除はできても、自然の出来事は管理できず。鳥も選べず。威嚇にお疲れでなければどうぞご自由に。

 

 

 

ライムグリーンのアナベルたち

今日は朝から曇っていて暑くもなく、庭に出るには最適のお天気でした。

私は蚊取り線香を焚いて、マスク&サングラス&帽子&アームカバー&二重手袋という夏の完全防備で庭仕事を始めました。準備はちょっと面倒なのですが、この季節は何かを怠るとすぐに虫に刺されたり、擦り傷をつくってしまいます。汗

IMG_5307

 

庭に出ると、まず黄色い葉っぱや花がらを取り、大きくなったモサモサの宿根草や伸びた低木の枝を次々に切っていきました。ゴミ袋はあっという間にパンパンに。

でも2時間ほど経つと足や腰が重くなって、ストレッチ~!以前は1日中でも庭で過ごせたんだけどなぁ。

 

IMG_5270

庭を見渡すと、アナバルたちは完全にライムグリーンになっていて、季節は進んでいると実感しました。

アナベルは綺麗なものからどんどん切ってドライにしたいのですが、すっかり無くなると庭が寂しくなってしまうので、部分的に残しておくことにしました。

目につきにくい後ろ側の花や、花の重なりの多い所などから切って家の中へ。

 

IMG_5318

そして

アナベル遊びはもう少し続くのでした。笑

ではまたね。(^^)

 

いつものアナベル

この季節になる度、ブログに「アナベルが好き」って何度書いたことでしょうか。笑 ブロ友さんたちはきっと「はいはい、知ってる。」って思っていらっしゃいますよね。

しかし、今年はいつもの年とは景色が違うのです。

IMG_5226

春先にとても調子の悪かった私は、それでも庭に出たくて、整理整頓をするつもりでアナベルの枝を全部根元からガッチリ切ったのです。切った時は今までにない爽快感で、フラフラしつつも 「庭仕事したぁ~」という気分でした。

しかし、開花が始まったら花の大きいこと大きいこと!笑 小玉すいかより大きいアナベルは楚々とした感じもなく、倒れないように支柱をつけても・・あわわ・・アナベルだけでなく近くにある山アジサイも思い切り切ったようで、今年は勿論花は咲かず。笑

具合の悪い時のやっつけ仕事は、いつもと思考回路が違ってしまい判断力も低下して良くないと反省しました。

IMG_5241

でもこれだけデカイとリースの材料としては花マル~heart04

グリーンに乾燥してきた花を早々リースにして、再度室内で乾燥させてから玄関前に。

今までと違う壁面に飾れるのはちょっと新鮮です♪

IMG_5251

 

今年も蜘蛛の巣を避けながら、

小さな虫を追い払い、

細かい花粉を振り払いながら

いつもの夏の香りを感じた時間でした。

 

流星にニンマリ

ご無沙汰しております。

目の調子が悪くなったことから体調を崩し、画面の大きな光が眩しくて直視できず、ずっとパソコンから遠ざかっておりました。最近やっと日常生活を取り戻しつつあり、ブログも短めに再開してみようと思えるようになりました。

当たり前の日常はありがたいことですね。歳をとるのも、あれこれ調子が悪くなるのも受け入れたくはないけど、どこかで折り合いをつけつつ、暮らしを立て直していかなければね。

 

ブログは休憩していても、庭の花たちはいろいろ咲きました。あまり撮影できず終わりましたが、スマホで撮った少しばかりの画像を、(インスタとかぶりますが)観てやってください。

 

そうそう、長くかかった玄関の外構工事もやっと終わり、念願だった手すりも付きました。

IMG_5124

その玄関前の手すりに合うのでは~?とずっと思っていたクレマチス「流星」。

909EFCE7-6B48-4DD5-AFEF-60F3F39F8124

爽やかな色も気に入って、風にそよぐ姿をみて思わずニンマリ。

小さい空間の自分だけのツボなんですけどね。笑

暮らしの中の小さなニンマリって大事ですよね。

また時々、そんなニンマリを投稿してみますね~。

 

 

思い出のアルバム

いよいよコロナの予防接種が始まりそうですが、落ち着くまではなかなか遠距離の家族や友人には会えませんね~。私も母とは電話のみ。母がもっと若かったらLINEという方法もあったのでしょうが、何せ携帯電話の充電もままならないお年頃。電話の声が元気だとちょっとホッとします。

 

 

さて、今日は数年前の秋の旅の思い出です。

ただ庭が好きなだけでたまたま始めた庭ブロでしたが、花だけでなく人のとの繋がりができ、私の大切なものになっています。

庭ブロの友達で初めて私の庭にいらしたのはトレドさんご夫妻でした。初めてお会いした時から初めての感じが全くなく、何時間おしゃべりをしたことでしょう。笑 その後も、お仕事で東北にいらした際や旅行の途中に何度もお立ち寄りくださいました。トレドさんたちは本当に仲の良いご夫妻で、お互いの自然な声かけに優しさが感じられ、夫婦はこうあるべきとお会いするたびに勉強させられます。

 

IMG_4705

やっとRui子の受験が終わった年、念願叶って私も初めてお友達と長野のトレドさんのお庭に伺いました。

そこは本当に「暮らす庭・寛ぐ庭」で、株立ちの紅葉した葉が印象的でした。

そして、ビックリしたのは、ご自宅の間取りが当時建て替え予定の我が家の図面に似ていたことです。特にリビングは図面そのままで、見たこともなかったのに何故!?と本当に不思議でした。

 

IMG_4714

庭のウッドデッキでは手作りのピザをご馳走して頂きました。そよぐ風も心地よくて、とても豊かな時間を過ごすことができました。

 

伺った時、素敵なプレゼントを頂いたんです。それは、我が家にいらした時の庭の写真を綴ったアルバム。

IMG_3905

 

たかちゃん(奥様)が作ってくれたアルバムはお花の飾りやトリミングも丁寧で綺麗♪

IMG_3906

 

改めて見ると、夏の庭で撮った写真は半袖を着た自分が若くてビックリ!ですが(笑)歳を重ねてもこうしてご縁が続いていることに感謝し、有り難く思いました。

 

IMG_3904

アルバム作りって手間のかかる作業ですよね。こうしてまた開くといろいろな部分に手がかかっていて、今更ながら嬉しいです。

コロナ禍で、遠方の家族やお友達にはなかなか会えませんが、ご縁や繋がりが切れる訳ではありません。

こうして庭ブロで出会ったお友達と繋がることができ、会えなくても豊かな時間が持てることにとても感謝しています。