カテゴリー別アーカイブ: 暮らし

いつもと違う春(2)

薔薇のシーズンになりました♪

c

 

庭はかなり狭くなりましたが、工事で囲われた枠外の場所は我が家も薔薇が満開です!

でも、足元は狭いしどこから手をつけていいか分からない~

曇り空でのやっつけスマホ撮影ですが、庭は今こんな様子です。

ブログ

 

その後、雨が降ってきたので庭仕事はほんの少しで終了。

帰りに自分用とご近所の友達用に薔薇を沢山切りました。

持ち帰らなければ誰にも見てもらえないものね。

それに今年は惜しげもなく長めにどんどん切れるのが嬉しい♪

s

 

誰にも見てもらえないというのはちょっと訂正です。

今回、腐ってきた20年物の木製フェンス10m×10mを撤去しました。その為、今年は花たちが南側に向かってどんどん咲いたようです。笑

南側のお隣のおじいちゃんが庭仕事中に声をかけてくださり、「今年はまるで自分の家の花みたいによく見えて、毎日座って眺めて楽しませてもらってるよ。」と、教えてくれました。

それは私にとっては嬉しい言葉で、庭主が不在でも花を愛でてくださる方がいるのはありがたいです。

burogu

 

そして家の前に車を停めていたので、道路を歩いている方が「いつも楽しみに歩いているんですよ。工事中も綺麗に咲きましたね。」と、声をかけてくれました。

道路から見えない足元は草も元気なんですけどね~。汗

こんな感じで過ごしています。

いつもと違う春もいい♪

 

 

 

けなげな薔薇たち

花たちが綺麗に咲く季節になりましたね~。

庭友さんにお会いすると、「Ruiさん今どうしてるの?」とよく聞かれます。我が家は現在家の工事の為に仮住まい中なのです。引っ越しシーズンの3月に 半年だけの仮住まい一戸建てを探すのは難しかったのですが、メゾネット風の新築アパートならと紹介され、無事に住む場所が確保できました。

集合住宅に住むのは久しぶりだったのですが、住んでみると機能的なつくりで部屋も明るく、思ったよりずっと快適に過ごせています。(^^♪ 不便なのはテレビが近くて目が痛いこと。(笑) 手を伸ばすだけでいろいろなものが取り出せるし、掃除も楽~!と、だんだんズボラになるRui。

 

そんな楽ちん生活をおくる中、先日家に行ってみると~~~

IMG_7320

庭主が留守でも薔薇はどんどん咲き進んでいました。

この春は肥料もなし、手入れもほとんどなし、心ここにあらずだったのに、何とけなげなことでしょうかぁheart01

何か、心痛いよぉ~~

思わず車に常備していた庭仕事グッズを出し、予定していなかったお手入れを始めました。

帰りに薔薇の枝を少し持ち帰り、お部屋に。

IMG_7279

薔薇たちはふんわり良い香り。忘れていたトゲの痛さと花びらの感触も思い出しました。

 

薔薇の足元にあったラムズイヤーもついでに持ち帰り、風の通りそうな階段に吊して・・

cats

この調子だと、また何かを持ってきてしまいそう。

せっかく断捨離したので、仮住まいには新たな草花や鉢は持ち込まないsign01つもりsign02 だったのですが・・

ちょっと無理かもしれません~。汗

 

いつもと違う春

東北も薔薇のシーズン本番になりました。

毎年このシーズンは庭仕事やオープンガーデンの準備で気ぜわしく過ごしていましたが、今年は5月から沢山のお庭を見学させていただき、今までとは違った庭シーズンを過ごしています。

昨日伺ったのは天空の薔薇の園でした。我が家の近くにこんな秘密の花園が!と興奮状態のRuiでしたが、薔薇にお詳しい庭主さんにいろいろとお聞きすることができました。

人と庭に歴史あり。暮らしの中に薔薇があり、薔薇と過ごされてきた時間の何と豊かなことかと感じました。

IMG_7306

帰りに、「薔薇がお好きなのに今年は触れなくて寂しいでしょう」と、薔薇を数輪切ってくださいました。

そんなお心遣いが嬉しく、花びらを見ていたら心もホカホカに。

 

心と時間に余裕があるといろんなものが見えてきます。

「いつもと違う春」もいい。

 

 

桜に会いに

街の用事の後に寄り道し、

今年も街の駄菓子屋さんの枝垂れ桜に会いに行きました。

IMG_6447

ビルも隣接する街中 川のたもとにある「石橋屋」さん。

枝垂れた枝を別の角度からも撮りたいところでしたが、

とても賑わっていてどうしても人が入ってしまいます。

(私もその一人~!笑)

街の中の一本の桜を沢山の人が愛で、

そして幸せな気持ちになれる。

桜とは何と魅力のある樹なのだろうと改めて思う時間でした。

来年こそは朝に会いに行くわ~~!?笑

 

迷いの断捨離(3)

しばらく寒い日が続いていたのですが、日中はやっと暖かな光が届くようになりました。

今は庭がなくて寂しいでしょう?とよく聞かれるのですが、時おり訪れる庭友のお庭で春を満喫させてもらっています。

IMG_6385

先日伺った庭友さんのお庭はクリスマスローズが満開で、思わずしゃがみ込んで見入ってしまいました。風が冷たくても ちゃんと春は来てますね~~。

clover   clover    clover

さて、今回も断捨離についてです。

前回は「迷い少なく捨てた物」のお話でした。婚礼箪笥は同世代の方にとって共通の迷いポイントだったようで、残して大事にする方、捨てた方、迷い中の方、様々なコメントをありがとうございました。

モチロン断捨離の正解などはどこにもなく、捨てようが残そうが個人の自由な訳で、それぞれの事情も違います。だから迷うのかな~とも思います。笑

club     clover     xmas

さて、今回は「迷った末に止めたこと」です。

それは家の固定電話!

我が家の固定電話はここ数年前から「勧誘専門電話」になっていました。本当に用事のある人は携帯電話にかけてくれるし、固定電話が鳴っても日中は出ない状態になりつつありました。「もしかして実家の母かも?」と思ってたまに出てもやはり勧誘で、あぁ~出なきゃよかったと思うこともしばしば。

今回、担当さんに固定電話はどうされますか?と聞かれた時はさすがに迷いました。以前は大事な契約の書類は携帯ではなく固定電話の番号が必須ということが多く、家電は身分証明の一つという観念があったからです。

担当さんにどうする人が多いですか?と聞いてみたのですが、勿論個人の自由ですがという前置きありで、若い方はほとんど固定電話を付けていないとのことでした。

モバイル通信が進化し、いつの間にか世の中は変わっていました。不動産屋さんの書類の記入の際にも携帯番号を!と言われるし、銀行の書類ですら連絡したらすぐに繋がる番号をお書きくださいと言われます。

そんなこんなで~長年使ってきた電話には愛着があったのですが、家で仕事をしている訳ではないので、これを機会に止めることにしました。

初めは固定電話がないのはちょっと不安だったのですが、今のところ不便は感じません。

 

最後は、早春に咲く紫陽花のスプリングエンジェル。

本当は白い花なんですが、青く映ってしまいました。

IMG_6148

冬の寒さには弱いので、室内で水やりね。

花のない季節の嬉しい開花でした。

 

迷いの断捨離 (2)

こんにちは。

春の気配が漂い、花粉も飛びまくっているこの頃です。皆さんの鼻の調子はどうですか?

IMG_6184
こちらは庭友さん宅のシラー(シベリカ) 春の訪れを感じさせてくれる可愛い花ですね。

さて、前回は私の荷作りの様子と、思い出に浸って作業が進まない話で終わってしまいましたが、今回も懲りずに断捨離について語っていいですか~?笑

club     club     club

タイトルの通り、今回の引っ越しは「迷いの断捨離」でしたが、迷わず決めたこともあるんです。

これは同世代の方だけの迷いだと思うのですが、「婚礼三点セットをどうするか?」ということ。

親思いの優しい方は多分捨てれないと思います。あぁ、私も親を思ってない訳ではないんですが~~~笑 今回全部処分しました。

理由は二つあって、箪笥は埃の心配がなくて保護されている安心感があるのが良いところなのですが、収納力はちょっと物足りないところがあります。

それから、婚礼セットの家具たちは重厚で重いです。以前、床が少々歪んで扉の開閉がしっくりしなくなってきたので、着物箪笥だけは一階和室に移動しました。その後、二階は震災で明らかな傾きがみられるようになり、別に箪笥部屋があれば問題ないのですが、地震のたびに寝室に重さのある箪笥を置き続けることに危機感を持っようになりました。

 

では和箪笥を処分したら着物は何処にしまうのか?という問題になるのですが、そもそもお茶を習っている訳でもない私が普段に着物を着るのかsign02 しかも若い頃の着物を着れるはずは・・笑   着物の喪服ってこれから使う機会ってあるのかなぁsign02

ということで、母にはうんと申し訳ない気持ちになるのですが、娘たちと自分がこれから着れそうな着物だけを選んで残そうと思います。

できるかなぁ。

もう和箪笥ないんだけど~~。汗

IMG_6218

 

※ちなみに、今着物は引っ越し業者さんから買った和服用段ボールに入ってます~。(段ボールが少し長いだけなんですが、一枚千円。ちと高くない?笑)

迷いの断捨離 (1)

ご無沙汰しています。

家の工事の為、長年住んだ家から仮住まいに引っ越しをすることになりました。

震災での傾きもあり、家の工事については数年前から考えていたのですが、子供の受験が終わって一段落したところで重い腰を上げて行動に移すことになりました。

不特定多数の方が見るブログで 個人的なことをどこまで書くか迷うところではありましたが、この期間の断捨離は誰でもいつかはいろいろな形で経験することと思われ、少し書いてみることにしました。もし良ければお付き合いくださいませ。

clover     clover     club

それにしても、引っ越しに備えて少しずつ片づけをしていたので家の荷物はそんなに多くないつもりだったのですが、いやはや何とも。あるのよ~~あるある。笑

IMG_6212

それに荷物の整理をしていると、どれを捨てるか?どれを残すか?迷ってしょっちゅう手が止まるのです。例えば・・

☆似たようなものだけど何処か違うシリーズ!☆

ホットプレート 電気鍋 カセットコンロ  電気調理器 

電気ポット 焼き肉プレート ホットサンド&ワッフルプレート 

どれも用途は違いますが、家族構成も変わったし全部は必要ないのでは!?笑 ということで、迷った末に電気代が高そうな昔の物から捨てることにしました。

非常時に備えてカセットコンロは必須ですが、その他はパナソニックの電気調理プレートとラッセルホブスの電気ポットだけ残すことに。今後、もし必要になって購入することになっても 新しい製品の電気代はかなり安いし、テフロンが古くなった物より使いやすいと判断しました。

clover     club     clover

洋服については、二人ともあまり多くないので迷うことはないと思っていたのですが、部分的に迷うものも。

捨てれないものNo1はコート!他の服と違ってコートは少し値段が張りますよね。ちょっと財布が痛かったと思うとなかなか捨てられない!

例えばダウンコート。防寒の為にも東北の必須アイテムですが、着なくなったロング丈のダウンを「まだ雪かきの時に使える」と思って取っておきました。でも雪かきの必要な日はこの地方に年に何回もありません。降っても「溶けてくれ~」と念じてさぼったりするし。笑

日常は車で移動するので、ダウンコートに限らずロングコートの類は出番も少なくほとんど痛みません。でも月日と共にデザインは古くなる~~自分と一緒に~~

clover     clover     club

そして懐かしい物も出てきました。

これは初めてのボーナスで買ったコート。

9374541845700

○○年前に渋谷のマルイで買ったものです。

あの頃に流れた音楽や職場の人たち。

ゴチャゴチャしていた駅のプラットホームと街。

それらが一気に思い出されました。

3日前の夕食は思い出せないのに不思議だよ~~~~。

 

あらあら、おいおい、

片づけはどうした!?笑

 

 

 

 

 

冬のリビング

昨日は思いがけず暖かかったので、庭のゴミを拾ったり枯れ枝をカットして数時間を過ごしました。

大した仕事はしなかったのですが、ちょっと腰回りが筋肉痛で、冬の運動不足を実感しました。

IMG_5800

冬の間はほとんどリビングで過ごすので、必然的に冬アイテムになっているのがドライフラワーでしょうか。

 

カットしてそのまま部屋に置いていただけなのですが、夏にカットしたラベンダーや木の実の枝 そしてアジサイ等は、室内の暖房で乾燥してこの時期の部屋のアクセントになってくれます。

IMG_5863

ドライフラワーはエンドレスに増えるのも困るし 埃も気になるので、ほとんどは春にまとめて廃棄して、また新たに春からの庭の花や枝を少しずつカットして楽しむことにしています。

IMG_5813

 

家の関係で今年から庭が狭くなるのですが、その代わり手入れは楽になると思うので、その余力でドライにできそうな花やローズヒップの採れる薔薇など、遊べそうな花や枝を選ぶのも楽しいのでは と思っています。heart01

 

スミレの砂糖漬け

先日、友人にスミレの砂糖漬けを分けていただきました。

IMG_5683 - コピー

口に含んだら本当にスミレの香りがして

思ったより軟らかい食感で幸せ~な気持ちにheart02

IMG_5701

DEMELというウイーンのお菓子屋さんのものだそう。

検索してみるとチョコレートケーキやクッキーはデパートやネット通販でも購入できるようです。

友人とは「チョコレートを食べてみたいね~」と意見が一致し、久しぶりにテンションの上がるheart04素敵なお裾分けheart04でした。

 

 

 

成人式に思うこと

今日は風はあるものの暖かく、久しぶりに庭仕事をしました。

とは言っても、今頃?というような作業ばかりで、心ここにあらずだと 庭はこんな状態になってしまうのかと反省しました。

親戚等で良くないこと続きの最近でしたが、一つだけ明るい出来事がありました。

9191441823621

 

Rui 子が成人式を迎え、この日ばかりは私も嬉しいアッシー君として働きました。笑

振袖は私が結納の時に着たものを着用してくれました。昔のシミが少しだけ出ていたのですが、着物の中にある絵柄を二つほど 同じトーンの金箔でシミの部分に描いてもらいました。

IMG_5716

ちょっと見ただけではどれが後に描き足されたものか分かりません。打ち出の小槌と、アレ?どれだったかな?笑

昔のものなので今の流行よりかなりあっさりした色の着物なのですが、母が孫の写真を見たらきっと喜んでくれるのでは・・と思っています。

 

ついでに 着たばかりでまだシワの残る帯ですが、これは私の祖母が◎◎年前に選んでくれたものです。

IMG_5717

力のある刺繍が気に入ったと言っていましたが、この帯を見るたびに祖母のことを思い出し、小さい頃に手をかけてもらった出来事をいろいろ思い出します。

めったに使うことのない着物ですが、こうやって出してみると 家族のかけてくれた愛情や言葉は今でも鮮明で、あの頃は気づかなかったけど 今だから見えることもあり・・・

見えるものと見えないものが相まって、自分にとってのかけがえのないものとして残っているような気がします。

上手く言えないんですけどね。

では、今日はこのへんで。