カテゴリー別アーカイブ: バイカラー

見た目とのギャップ

ヘスペランサ ククラータのお花が咲き出しました。

ヘスペランサ ククラータ

外側がピンク、内側が白のバイカラーの花です。

昨年お花が咲いた後、掘り起こし残していたものです。

ヘスペランサ ククラータ

本来は2~3年はそのまま植えっぱなしでも良いらしいのですが、

球根を腐らすのが得意な私は苦肉の策で花後掘り起こし、

秋に改めて植えこんだのでした。

ククラータ

しかし、今更ですが、上手に管理できていたなら、

球根も太り、加えて数も増え、沢山のお花が見られたのかもしれません(>_<)

同じくして、種も採っていたので秋に蒔いてみたのですが、

そちらはなかなか大きく成長してくれずで、種からの開花は無理なのかも(^^;

ヘスペランサ ククラータ

ヘスペランサは「夕方の花」の意で、天気の良い日の午後から開花するのですが、

見た目の華奢で可愛い雰囲気のお花なのに、

「お天気の日の午後からしか本当の私見せてあげないぞ」って感じが小悪魔的で、

つい、その罠に引っかかって見入ってしまっている私です(≧▽≦)ニャハ

個性強めです(≧▽≦)

クリスマスローズの開花も終盤となりつつあります。

ピンクバイカラー セミダブル

クリスマスローズ ピンクバイカラー

一見普通に見せかけて、

何とも個性的で主張の強い姿でございましょう(≧▽≦)

でも、それも個性の1つ💕

ず~っと見てると愛嬌たっぷりなクリスマスローズに見えてきます。

コアな楽しみ方?

今日のクリスマスローズ

レッドセミダブル

クリスマスローズ レッドシングル

一見普通のレッドに見えるのですが、

ネクタリーがバイカラーになっているのが特徴です。

そして、コチラはピンクネット

クリスマスローズ ピンクネット

この子の親は普通のレッドなのですが、

何故かこの子は色素が抜けて血管のような模様(ネット)が浮き出ています。

どちらもサラッと見ると見逃してしまうほど小さな特徴ですが、

私はそれが見つけられると嬉しくなり、1人ほくそ笑んでしまいます。

気持ち悪いでしょ( ̄ー ̄)ヌフッ

愛おしい

クリスマスローズ ピンクバイカラーが咲いています。

クリスマスローズ ピンクバイカラー

各段の特徴があるクリスマスローズでは無いけれど、

数えられないほどの花芽をあげてくれる強さが特徴だったこの子も、

他の鉢と同じく痩せてしまい、今年は数えるほどの花芽です。

命あるもの仕方ないものと分かってはいても、

沢山のクリスマスローズ達が痩せ細り、

消えてしまう状況はやっぱり悲しいです(◞‸◟)

クリスマスローズ ピンクバイカラー

でも、そんな私の気持ちを分かってか、

晴れやかに咲いてくれている姿を見ると、

健気で愛おしいです。

お顔、見せてくれてありがと、ありがとね(´▽`)

今年はちょっと冒険♪

花壇で咲いているお花が無くなってきたので先日園芸店に物色に行ってきました。

冬の間のお花の代表であるパンジーやビオラをお迎えしました。

例年なら寒色系をお迎えすることが多い私ですが、

今年は例年とは少し違う花色を少しお迎えしました。

淡いオレンジ色のビオラ

淡いオレンジ色のビオラ

オレンジと赤のバイカラーのパンジー

オレンジと赤のバイカラーパンジー

例年ならきっと目にも留めなかったお色ですが、

今年は一目見た瞬間に「今年はこの子‼」って感じで握りしめておりました(笑)

オレンジビオラとバイカラーパンジーの寄せ植え

年齢が上がるにつれ暖系色のお色に魅かれつつある私。

色のもたらす効果に助けてもらいたいのかもしれませんね(^^;

全部持ってる。。。(。-_-。)

球根ものを育てるのが苦手な私ですが、

先日、園芸店で見かけたお花に心を鷲掴みされ、お迎えしてしまいました。

ヘスペランタ・ククラータ

花の直径は約3cmほどで、

萼の方が淡い赤ピンク、内側は白い花びらのバイカラーで、

この色の組み合わせに弱い私はもう、すっかり虜になっております。

ヘスペランタ

後ろ姿のバイカラー具合がたまらなく可愛いでしょ?

この清楚で可憐な花姿に加え、

お花はお天気の良い午後から開くのですが、

その普通じゃない咲き方も小悪魔的な魅力になっているのかもしれません。

上手に育てられるか微妙な所ですが、

是非とも、来年も愛でたいお花です。

ヘスペランタ ピンク

それにしても、

私が持ち合わせていないものを全部持っておりますな(ー_ー)!!ジェラ

シングル3種

今日のクリスマスローズさん

 

ホワイトSS

ホワイトssクリスマスローズ

15~6年前、クリスマスローズの魅力にハマった?第一号さんです(笑)

清楚で可愛らしく、しかし、その中に凛とした力強さを感じるこの姿に胸キュン♡

この子は長年いてくれているのですが、

数年前株分けした方もどうにか元気にお花を咲かせてくれています。

 

そして、ピンクベインバイカラーSS

ピンクベインバイカラーSS

今年、唯一沢山の花芽を上げてくれたクリスマスローズなのですが、

本来ピンク色のお花は色味が薄く、ビックリするほど小輪花(笑)

挙句にベインのスジも見えませぬ(T_T)

 

ピンクネットSS

ピンクネットSSクリスマスローズ

この子は古株さんですが、今年も元気にお花を咲かせてくれました。

兄弟株が数鉢ありますが、その中でも元気さは一番。

 

今日のクリスマスローズ達は、

同じシングル咲きでも花弁の色、形、特徴の出方で、

見え方がこんなにも違うのかと感じるラインナップになりました^^

欲望と願望

今日、咲いてくれたのはこのクリスマスローズ。

 

ブラックSS

クリスマスローズ ブラックSS

今回咲いてくれたこの子も株が弱っていて花芽も少なく、

咲いてくれたお花は小輪系?と思っちゃうほど小さめ(。-_-。)

本来ならお花を咲かさず、体力温存の方が良いのでしょうけど、

「その美しい花姿が見たい」という欲望に負けてしまう私(ーー;)

 

オリエンタリスピンクスポットSS

オリエンタリスピンクスポット

本来なら花弁の中心部分にそばかすのような点々が付く子なのですが、

今年は株が弱り過ぎてじぇんじぇん入っておりません(T_T)

 

ピンクバイカラースポットSS

ピンクバイカラースポット

この子はかろうじて元気な方のクリスマスローズさん。

しっかりとした花茎にしっかりとしたお花を咲かせてくれています。

どの子も何年も小さな鉢で高温多湿の夏を過ごしているので、

体力が無くなるのも致し方無いけれど、

願わくば、毎年、そのお顔を見せておくれ・・・と願ってしまいます。