欲張りと学習能力の無さ。。。

木の実の漂白にチャレンジしてみました。

しかし、結果は失敗(>_<)(汗)

アナベルの時とは違い、今回は硬い硬い木の実。

漂白剤は原液を使って臨んだのですが、

その漂白の時間と、回数、すすぎ方に大きく差が出るようで、

私は今回、大量に付け込み過ぎたのか色がなかなか抜けなかったので、

日にちをかけ、数回にわたり漂白したのですが、

長く漂白液に付け込み過ぎて溶けてしまったり、

かと思えば、漂白できたはずなのに濯ぎがあまかったからか、

乾燥させている間にどんどん茶色く変色したりと、

なかなか思うような結果にはなりませんでした(悲)”(-“”-)”

(ちょい、汚い)

メタセコイヤは漬け込み過ぎたのか、溶けてその姿を変えてしまい、

松ぼっくりは個々によって漂白の具合が変わり、ムラが出てしまいました(泣)

見た目は残念な結果になってしまいましたが、

それでも、せっかく漂白したので、これらを使ってこんなものを作りました。

私の頭の中では可愛くなるはずだったんだけどなぁ~・・・( ;∀;)

失敗ポイントはその他にも・・・

木の実を着けた土台ですが持ち合わせのグリーン色のオアシスを使ったのですが

余白からそのオアシスの色が見えて超~ダサ~((+_+))

そこまで意識してなかったわ・・・チーン

そこで、教訓!

欲を出し過ぎて大きさや形の違う木の実を一度に一杯付け込むのはダメ!

長い時間漬け込むのもNG!(溶けてしまう)

そしてそして、漂白後の濯ぎは十分に!・・・という事が分かりました。

失敗して学ぶ!・・・って感じでしょうか(笑)

何度も経験、体験しないと分からないおばちゃんです (;^ω^)テヘッ

今度は・・・と言いたいところですが、拾い貯めていた木の実もあと僅か。

又、拾い集めるところからのスタートです。

((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

思うようには行かない

サルビア フェニックスパープルが咲いています。

深い紫色のお花は高貴で大人っぽくて、大好きなお色のお花です。

 

「このお色の花穂が沢山上がったらどれだけ渋カッコいいかしら」・・・

・・・なんて想像しながら、毎年育てているのですが、

初夏からの西日が厳しいのでしょうか、

春に挿し木で着いたはずの苗も夏場は溶けてしまい、なかなか充実した株になりません。

いつか、このサルビアを大株に育ててみたい!^^

ごゆっくり、どうぞ

先日お迎えしたヒマワリ ヘリアンサス アネモネイエローキング

小さな蝶が止まり、蜜を吸っていました。

最初は、「蛾」と思ったのですが、

どうやらセセリチョウの仲間で「イチモジセセリ」という名の蝶のようです。

初夏から秋まで、市街地や草原、山地などいたる所で普通に見られ、

翅の裏側は薄茶色の地色に白銀の斑点が見られ、

後翅の白斑模様が一直線にならんでいるのが特徴のようです。

幼虫は、イネ科、カヤツリグサ科の葉を食べるので、

駆除の対象とされているようで、害虫扱いのようです。

私のカメラが急接近してるにも関わらず必死で蜜を吸っている姿は

なんとも可愛らしく見えるのに、害虫とは・・・ね。

もう、邪魔はしませんよ、

どうぞ、ゆっくりなさってね^^

幼虫には冷たい私ですが、成虫には少し甘い私です(笑)

見れてよかった~♪

この春、初めてお迎えしたお花、

アガスターシェ・ゴールデンジュビリリー

暑い酷暑の真っ只中、初めて咲かせたお花は期待むなしく、

ショボショボの色あせた花姿でした。

P7120030

そこで、今一度、淡い藤色の花を見られるように花穂を切り詰め様子を見ておりました。

先日の台風もあり、お花は望めないかと諦めていたのですが、

花穂こそ短いですが、淡い藤色の花を咲かせてくれました。

そうそうっ、この淡い藤色の花とライムグリーンの葉色のコンビネーションが見たかったの♡

まだまだ、希望の完成形ではないけれど、この姿が見られて嬉しい~♪

願わくば、来年はもう一回り株が充実し、

華やかに大きくなった姿を見てみたい‼・・・と欲張ってしまうおばちゃんです^^

最後のひと花♡

時期を過ぎた風船カズラの色が変わって茶色くなったきました。

そこで、そろそろお終いにしようと刈り取ることにしたのですが、

中にはまだ元気にツルを伸ばし、花を咲かせ、小さな風船を作っているものがあったので、

元気なツルを選んで、風船カズラのリースを作りました。

風船がアチコチに飛び出した姿がなんとも癒されます。

今年も暑い中、沢山のお花と風船を見せてくれてありがとう。

又、来年、待ってるね^^

出遅れたけど・・・

諦めたころに・・・

そう、諦めたころにお花を咲かせ始めた

オルトシフォン・ラビアツス 別名ピンクパンサー

本来なら梅雨の6月ごろからお花を咲かせ始めるはずなのに、

今年は酷暑だったからか、はたまた、私の管理が悪すぎたのか、

一向にお花を咲かす気配は無く、今年のお花を諦めかけておりました。

すると、どうでしょう、9月に入り、少し気温が下がったせいか、

お花を咲かせ始めてくれました。

勿論、例年になく花数は少ないですが、その姿が健気で愛おしいです。

今年も咲いてくれてありがとね^^

あっぱれ~~~♪

今年の厳しい酷暑にも、先日の激しい台風にも負けず、

6月からひっきりなしに咲いてくれているお花があります。

そのお花は、

ガイラルディアグレープセンセーション

 

見た目はこんなにか細くて弱々しいのに、

次から次へと花芽を上げ、沢山のお花を咲かせてくれています。

2016年にお迎えしたお花で、何もわからないまま鉢植えし、冬越しをして、

翌年にはビックリするほど充実した株に育って沢山のお花を咲かせてくれました。

その丈夫さに図に乗って、植え替えもせず、手もかけず、今年の春を迎えました。

すると、またまた、元気な芽が鉢から溢れんばかりに出てきたので、

一か八か違う鉢に植えてみたら、何とまぁ~、そちらも大きく育って、

こんなに沢山のお花を咲かせてくれ、まだまだ沢山の蕾を蓄えています。

その弱々しい姿とは裏腹に、

先日からの激しい台風にも負けず、ビクともしない強さでお花を咲かせる

ガイラルディアグレープセンセーション、

見た目を裏切るその強さ、あっぱれじゃ~~~(≧▽≦)

私も、そんな女になりたかった~~~(一一”)

新しい仲間2

新しいお花をお迎えしました。

サルビア アフリカンスカイ

 

サルビア アフリカンスカイは上手くいけば宿根できる?・・・とお迎えしたは良いものの、

このアフリカンスカイの情報は調べてみてもあまり載ってない・・・(汗)

まだまだ新しいお花なのかな?

ところでサルビアとセージって、同じお花なのに、

「サルビア」の表示がしてあったり「セージ」の表示があったりと色々ですが、

その違いは一体なんだろう?と疑問でした。

その違いとは簡単に言うとセージは英語表記で、サルビアはラテン語表記だそうで、

結局のところサルビアだろうが、セージだろうが同じお花のようです。

ただ、お花を観賞するものをサルビア、ハーブなどに利用されるものをセージと

分けて呼ぶ方もおられるそうです。

このサルビア アフリカンスカイ、今はしょぼしょぼの花数だけど、

冬までにひと花咲かせてくれると嬉しいな。

 

 

新しい仲間

花壇のお花が少ないので、お花をお迎えしました。

ジニア プロフュージョン ダブル ディープサーモンです。

P9100005

サーモン色が可愛いジニアの八重咲き品種です。

グラデーションのかかったお花は華やかで、柔らかで優しい雰囲気です。

ただ、このジニアシリーズは同じ苗でも栽培環境(日照条件、気温など)によっては

黄色、黄土色が濃くでたり赤みが強くでる場合があり、

花色が変わりやすいのが特長らしいので、それも楽しみの1つのようです。

P9100012

・・・と言っても、ジニアの寿命は10月いっぱいくらいなのが残念。

これから先、何のお花を植えたら良いものか・・・悩みどころです。

今年もキレイだ‼

先日から続く雨日和の中、久しぶりに北側控えスペースを見に行くと、

その片隅で、ミスキャンタスがひっそりとお花を咲かせていました。

後

ミスキャンタスは斑入りの細い葉がシャープに伸びる爽やかで美しいカラープランツです。

寒さにも暑さにも強くて滅多に枯れない常緑の多年草です。

一見、斑入りヤブランに似ていますが、花は白く、花穂もヤブランより短く目立ちませんが、

葉はヤブランより細く繊細で可憐な雰囲気なのが特徴です。

ミスキャンタス

通年鑑賞できて、他のお花との相性も良く、

年間を通して寄せ植えや花壇のアクセントとして、

花の間に絡めるように馴染ませると寄せ植えや花壇がワンランクアップします。

又、切花でもブーケやアレンジメントの素材として、和洋どちらにも使える万能のリーフです。

手も殆ど掛かりませんのでお勧めのカラーリーフです^^