植物の不思議

ダスティーミラー(白妙菊)のお花が咲いています。

ダスティーミラーはお花も勿論可愛いのですが、

白い毛の生えたシルバーリーフが特徴で、

花物との混植により、主役をよく引き立ててくれるので寄せ植えに重宝する植物です。

そんな私ももれなく寄せ植えの1種として植えているのですが、

少し面白い特徴が出ていたので見て下さいね。

下の写真、何か普通の花茎と違って見えませんか?

コレは綴化(てっか)、帯化(たいか)、石化(セッカ)と呼ばれるもので、

もともと植物の茎頂にある生長点に突然変異が起こり、

本来「点」のように小さな生長点が「線」状に変化したもので、

垂直に伸びたり、帯状に成長する外見的な変形がみられる現象や個体のことで、

茎や根、果実や花などにも起きる現象だそうです。

この形、何処かで見た記憶はありませんか?

実はケイトウの花はもともと綴化したもので、

遺伝的にその変異した形質が残ったものだそうです。

ケイトウの花

WEBよりお借りしました<(_ _)>

突然変異や多肥、環境の変化などいろんな原因があるそうですが 、

でも突然このような姿を見るとビックリしますよね(^^;

私も初めて見たときは、その奇妙さに「何かの呪いかっ」・・・と思ったくらいでした(笑)

しかし、その奇妙な特徴を生かし、今では綴化した多肉植物などが作られ、

同じものが二つとない姿を楽しまれているようです。

そんな私も、折角なので、この帯化したダスティーミラーを楽しみたいと思います^^

やっつけ仕業(汗)

先日、ラグラスのドライを作り、籠に入れてパシャリだけしていたのですが、

それだけでは流石に芸がないかと、やっつけでこんなものを作ってみました。

ラグラスオンリーのリースです。

グリーン色が残るラグラスはモコモコしてて何とも可愛いです。

他に色物のお花を入れようかと迷ったのですが、

コレが又バランスを取るのが難しくて、ラグラスオンリーとなってしまいました(汗)(^^;

ラグラスの花粉を振り払ったつもりでしたが、結構残っちゃってますね( ;∀;)

今更ですが、ラグラスのリースを作るのなら、

もう少し葉も残しておけば良かったかな。

でも、コレで少しはラグラスのドライを消化出来たかな(´-`*)

来年こそは・・・

アジサイたちが咲いています。

柏葉アジサイ

アナベル

しかし、どのアジサイも昨年長い間お花を咲かせていたせいか、

それとも植え替えをしていないので根が詰まっているのか、

今年は花数は少ないし、玉の大きさまで小さい(>_<)

レッドビューティー

当たり前のことだけど、

アジサイも地植えじゃないと厳しいものがあるなぁ~・・・”(-“”-)”

そして、ピンク系のアジサイばかりだったので、

今年こそ青色のお花に変えたい‼・・・とチャレンジをしてみたものの、

悲しきかな、今年もピンクのお花を咲かせました(笑)

名無しのガクアジサイ

西安

思うようにいかないものだなぁ~(ノД`)・゜・。

来年こそは青いアジサイを一杯咲かせて、

リースを作ってやるぞぉ~~~っ!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

問題は夏越し・・・

可愛いお花が咲いています。

アキレア ‘ピーチセダクション’ 

アキレアは別名、西洋ノコギリソウ ヤロウ など と呼ばれています。

耐寒性、 耐暑性も強いとされるこのお花、昔からよく見かけるお花で、

白やピンク、黄色が一般的でしたが、

この‘ピーチセダクション’はアプリコットを帯びる淡いパステルカラーで、

とっても優しい色味は他の草花との相性も良く、辺りを明るく演出します。

ナチュラルなお庭を演出するにはピッタリのお花です。

地下茎やこぼれ種でも増えるらしく、それはとっても嬉しいのですが、

どうやら高温多湿が苦手なよう・・・(ーー;)

 

これからの時期のお花選びは、

耐暑性だけではなく高温多湿にも強い植物となるのですが、

京都ではその条件が一番厳しいのよね~(>_<)

 

毎年の事ですが、当社花壇の植物たちは、

冬越しより夏越しが問題だ!( ̄‥ ̄) = =3

 

魅力一杯♡

庭友さんから種を分けていただいたお花が咲きました。

ブラックレースフラワー

 

褐色のレース状の花がとても渋く、おしゃれで独特な雰囲気を出しています。

ブラックと言ってもチョコレート色のお花ですが、

クラシカルな雰囲気で大人っぽい印象のお花です。

 

鉢植えで育てているので、それほど草丈は高くならないかと余裕をかましていたのですが、

ところがどっこい! 私の頭の上をはるかに超えた場所で咲いております(汗)

なので、短いお手々をウンショと伸ばしてパシャリ(笑)

このブラックレースフラワー、調べてみると毎年このようなお色で咲くわけでは無いそうな。

ノラニンジン(元々白いお花)から黒っぽい花を咲かせるものだけを選んでいるそうで、

時に白いお花が混じったり、色が薄かったり、

場合によっては真っ白になることもあるそうな。。。

ヒメマルカツオブシムシは白いレースフラワーだけかと思いきや、この子にもしっかりついてました(右側)

そして、種が出来ていく途中の姿も面白いらしく、

パァ~と開いた手をグ~にしたような花姿になるそうです。

今から、そんな姿が見られるのが楽しみです。

不思議で素敵なお花にご縁をいただいて、本当に感謝です^^

どっちが早い?

クリスマスローズのお花をドライにしたは良いものの、

その後の利用方法が思いつかず、

またまた、ただただ埋めるだけ・・・の作品を作りました(^^;

でも、これで使ったのは三分の一”(-“”-)”

後の三分の二はどうしたものか・・・

イエイエ、いくら考えてもアイデアが浮かびません。。。

せっせせっせとドライを作って、

何も作るアテがないなんて、

計画性の無さに自分でも ”┐( -“”-)┌ ヤレヤレ”

コレで終わりたくは無いけれど、何か良いアイデアが浮かぶかしら・・・

我がことながら、それが浮かぶまで待つしかないけれど、

色あせてしおれるのが早いか、アイデアが浮かぶのが早いか・・・微妙だわ~(ーー;)

癒しの小花✿

花壇の片隅で目立つことなくヒッソリと、お花を咲かせている、

ペラルゴニウム「ラベンダーラス」

シルバーがかった小さめの葉に、長い花柄を立て、

先端にエキゾチックな極小の花を咲かせます。

少し暴れるように大きく広がる草姿も愛嬌たっぷり(笑)

花1つ1つに派手さはありませんが・・・・深みのあるグリーンの葉と

可憐なピンクの花が何ともキュートです。

 

ピンクイソトマ フィズアンドポップ

従来品種より大輪で、丸弁の花が可愛らしい印象を与えるイソトマです。

イソトマは今まで幾度となくお迎えしたことはあるのですが、

どうしても夏場の蒸れで枯らしてしまう事が多く長持ちしないのですが、

フィズアンドポップは耐暑性が高く、

春から秋まで長く花を楽しむことが出来るとのことなので期待したいところです^^

気付かない可愛さ♡

先日、梅雨前に・・・と、終わった春花の片づけをしていると、

冬の間に作ったギャザリングの残り花が、妙にモコモコしているので

近寄ってみてみると、何とこんな姿になっておりました。

 

(¬_¬)ジーーーッ・・・・

 

エッ お花? Σ(・ω・ノ)ノ!

 

このお花の名前は、

バロータ(バロタ・プセウドディクタムナス)

シソ科の耐寒性多年草で白い羽毛のような毛の生えた肉厚のある葉はフワフワと柔らかく、

甘い香りがあり、1年中楽しめるカラーリーフプランツです。

調べてみると、この緑のお花のようなものは、どうやらガクらしく、

本来のお花はコチラ。

紫色したものがお花のようです。

このお花も可愛いのですが、私的には、この小さな緑色のガクの可愛さに胸キュンheart02

フェルトで作った金平糖のような可愛いさに胸を鷲掴みされちゃいましたヾ(≧▽≦)ノ

こんな可愛いお花(ガク)を咲かせてくれるなら、

是非とも毎年その姿を見たい・・・と思うのですが、

暑さ寒さ乾燥にも強いバロータですが、高温多湿には弱いそうな(ーー;)

加えて西日が当たる場所は避けた方が良いそうで・・・あぁ・・・((+_+))

今更ですが、西日ガンガンの場所から、少しでも移動させて、

生き残ってくれるよう管理するっきゃないですね。

・・・・という事は、まずは保険?

早速、挿し木しておくとしましょうぞ ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

このままなら良いのにな~

少し前の事ですが・・・

ラグラス オバタスが大きくなって花を咲かせたので、

切り取って束にし、ドライフラワーにしようと逆さ刷りにしました。

S・M・Lにとサイズを分けました。

特に意図はありませんが、何か?(笑)

この色のままドライになってくれると良いんだけど、

やっぱり時間が経つと茶色く変色してしまいます。

なので、取ってつけたみたいに籠に入れてパチリだけしました(笑)

ただ、籠に突っ込んだだけで芸がない ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

出来れば見えぬところで・・・

少し前の事ですが・・・

朝、いつものように仕事が始まり、

お花の見回りを終え、事務所へ戻ろうとしたその瞬間、

何やらタイル張りの通路に紐の様なものが・・・

あれっ?出ていくときは気付かなかったけど、ゴミでも落ちてた?

・・・と、小さな老眼のお目々を擦りながら見てみると、

アヤヤヤヤヤヤヤ~、 ヘビではござらぬか~~~‼Σ(・ω・ノ)ノ!

カマキリやバッタに比べれば、まだヘビの方がいい私だけれど、

それでも、やっぱり不意を突かれるとキツイ(*_*;

マジマジと見入っていると、アレレっ?‼

前にも見たような・・・

そうっ!(ー_ー)!!

以前、北側の花壇を片付けをしたときに出てきたヘビと、どうやら一緒。

「ヒバカリ」というヘビでした。

大人になっても40㎝~50㎝ほどらしく、

大人しくて毒も無く、近年はペットのように飼う方もおられるようです。

勿論、私は飼う気なんてさらさらありませんが、

願わくば、目に付かないところで静かに暮らしていただきたい(ーー;) ハハハ~