作成者別アーカイブ: horygarden3

horygarden3 について

hory garden 〒615-0846 京都市右京区西京極 徳大寺団子田町42-1 http://www.horihori.info TEL (075)311-4977 FAX (075)311-4976 MAIL info@horihori.info ■当社ブログスタッフ紹介■ 社長:当社BOSS。出現頻度は     四半期に1回??? T:経理+総務+雑用係?   お笑い大好き、お気楽人間。 Y:営業設計。コミュ名は矢絣   温泉と自然散策が大好き♪

抗うなかれ。。。

クリスマスローズのお花も終盤になってきたので切り取って活けることにしました。

しかし、基本下向きに咲くクリスマスローズのアレンジは難しすぎて、

何をどうすれば良いのか、私にはお手上げ状態(一一”)

そこで、何も求めず、何も追及せず・・・

・・・で、こうなりました(汗)

何も追及せず・・・で、活けた器はピクルスが入っていた空き瓶(>ε<)ププッ

そして、クリスマスローズのお花は切って集めたら、

そのままドーンっ! (ノ ̄▽ ̄)ノ)))))))))オリャァァァァ~!!!

結果、

「自然のままでいいじゃないか、お花なんだもの」

by T

・・・なんちゃって~~~。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャヒャヒャ~

(オマケ)

近くの土手で咲く菜の花。

IMG_5709

春本番がそこまで来ていますね。

旬を食らう♪

もう、コレで何度目でしょう・・・

そう、毎年、2~3月のこの時期に食べずにはいられない新ワカメ。

新ワカメをお味噌汁に入れて潮の香を楽しむのは勿論ですが、

私はその茎と株元のメカブを食べるのが大好き。

今年も1週間おきに茎ワカメを買っては食べております。

IMG_5754

この潮の香りと歯ごたえが食欲をそそるんです。

そして、メカブもいつものコレ。

作り方はコチラ★

IMG_5732

メカブのツルツルとしたぬめりの中に

シャキシャキとした歯ごたえがたまりません‼

食べ過ぎはいけない・・・と思いながらも、

1年のうち、この時期だけ・・・と思えば思うほど、ご飯が進むこの2品。

これから又少しずつ肌の露出が増えていく季節だというのに、

ますます厚みを増す私の皮下脂肪と内臓脂肪。。。

色気より食い気に走った末の姿は我がことながら醜うございますが、

ココまでくると「開き直り」しかあるまいぞ!

ごっつあんです(●^o^●)

にゃははははは~(*ノωノ)

マジョルカカラーに輝く花

先日、蕾に色が付いたとアップしたセリンセのお花が咲きだしました。

嬉しいような、ビックリなような・・・

他の春花とのコラボを夢見ていただけに、

一足も二足も早く咲いてくれることに若干の戸惑い( ;∀;)

でも、この高貴な紫色のお花を見ると、それも許されるのよね(笑)

印象的でエキゾチックな独特な雰囲気がお庭に映えます。

でも、私が思うセリンセの一番の魅力は、この咲きはじめではなく、

咲き進むにつれマジョーラカラーに染まる苞をまとった時で、

花も終わりに近づき、実が付き始める頃。

その姿はうっとりするほど美しく、神秘的でついつい見とれてしまう美しさです。

その姿が見られるのはまだまだ先だけど、今から楽しみで仕方ありません。

このままで・・・

春花たちが目を見張る勢いで成長し始め、

お花見られる日が待ち遠しい今日この頃ですが、

コチラも負けじと頑張っております。

何と、スリット鉢の隙間から芽を出しているんです。

ギリアさん、このまま頑張ります?

リサイクルの土を使っているのですが、きっと土の中に種が残っていたのでしょうね。

サクラソウさんはお花まで咲かせてくれています。

抜こうか迷ったけど、

こんな姿を見ると、抜くに抜けないよね~(^^;

折角の頑張り、このまま見守っていこうと思います。

愛しきかな

やっと、やっと、ピンクユキヤナギが咲いてくれました。

しかし、冬場に調子に乗って強剪定しすぎたため、

柳のような柔らかな枝に付く沢山の小花は何処へやら・・・

株元に小さな小さなお花を咲かせています(汗)

いつもなら細い枝にピンクがかった小花がビッシリと付くのですが、

今年はお花が咲くより先に葉っぱが展開してしまい、

いつもと違った花姿になってなってしまいました。

こんなはずじゃなかったのに・・・

自分でやっておきながら、そんな自分に呆れております。

でも、仕方ない!

来年、又、美しい姿が見られますようにと願いを込めて、

今年は静かに愛でたいと思います^^

お手上げ~( ̄ー ̄)

先日、オリーブとポポラスと、ユーカリのリースをアップしたのですが、

今回は、切り分けた枝葉が残ったので、アレンジを作ってみました。

しかし、花壇にはまだ春花も咲いておらず、

取り合えず、今咲いているお花で・・・と周りを見ても、

クリスマスローズか、パンジーくらい・・・(汗)

そこは多くを望まず・・・って事で活けてみましたが、

枝葉やお花を思うように活けられず、お手上げ状態(笑)

リース作りもそうですが、見るとやるじゃ大違いだ!( ;∀;)

先日のリースとコラボ。

時間とお財布の余裕があれば、

是非ともアレンジフラワーを習いたいものだ・・・”(-“”-)”チーン

てんこ盛りのリース

先日、剪定したオリーブとポポラスとユーカリの葉を使ってリースを作りました。

鉢植えで育てている為、剪定したと言っても言うほどの量は出ませんが、

そのまま捨てるのも勿体ないですものね。

私的には葉っぱだけも好みなのですが、

昨年の8月にドライにしたまま埋もれていた、「セルリア・プリティピンク」

ストックやビバーナムスノーボールのドライが使えず残っていたので一緒に使いました。

若干、取ってつけた感は否めませんが、

これでようやく何か月も眠り続けさせていた「セルリア・プリティピンク」にも

日の目を見させてあげることが出来ました(^^;(汗)

過ぎてみれば早すぎる

今年のクリスマスローズは、花芽も少なく、

暖かくなる前に咲き進んだこともあり、早くも半分以上が終盤を迎えております。

そこで、ちょっと早いですがお花を切って飾ってみました。

でも、流石にお花のボリュームが無さすぎて、

同じ日に剪定したオリーブと一緒にアレンジしてみました。

でも、今更ですが、オリーブとクリスマスローズは合わない気がします(汗)(^^;

今年のクリスマスローズはお花は咲くには咲いてくれましたが、

花芽も少なく、お花も小さくて、全体的にボリュームに欠けるものばかりでした。

植え替えのタイミングが遅かったこと、

肥料が足りなかったこと、・・・が大きく関係しているのかもしれません。

「今年こそ、植え替えはもう少し早くしてあげよう」・・・と反省。

何鉢かはお花も咲かせないまま季節も終わりそうですが、

それでも、今年も沢山のお花を見られて嬉しかったです^^

刺激が一杯(笑)

今日は食ブロです。

・・・と言っても相変わらずの手抜き簡単調理ですけどね(^^;

今日は、先日、テレビを見ていた時にたまたま知った、

柿の種(菓子)を使った、おかずラー油です。

材料は
柿の種小袋1袋約40g・フライドオニオン30g・フライドガーリックチップ10g
・干しエビ、さきいか 適量・アーモンド大2くらい
・サラダ油100cc・ごま油 20cc・ラー油10cc・粉唐辛子 小さじ1~2(好みで)
・鶏ガラスープの素小さじ1・ブラックペッパー少々・粉山椒 少々

*香辛料はお好みで調整してください。

作り方は簡単、柿の種、フライドガーリックチップ、干しエビ、アーモンドを

それぞれにビニール袋に入れてお好みの大きさになるまで砕き、

さきいかは適当な大きさにハサミでカット。

後は全部の材料をボールに入れて混ぜるだけです(簡単!)

IMG_5706

最初は蒸野菜にトッピングしていただこうと思ったのですが、

色々作るのが面倒になって、菜の花のパスタにトッピングしていただきました。

IMG_5704

普通の食べるラー油に比べ、柿の種のカリカリっとした食感と香ばしい香りが食欲をそそります。

今回はパスタでメインの味付けとしていただきましたが、

シンプルに白ご飯や冷奴、サラダなどに合わせて食べると美味しそうです。

しかしながら、自分で作っておきながらなんですが、

たっぷりのガーリックと、刺激物は口には美味しいのですが、

年齢を重ねた胃袋はてんやわんや(笑)

何でもガッツリ・・・というより、

美味しいものを適量に・・・が、歳を重ねた体には良さそうです(^^;デヘヘッ

シングルの色々

早くも終盤に差し掛かったクリスマスローズのお花たち。

今日はシングル咲きの色々をご紹介。

ブラックシングル

渋カッコいいブラックのお花は、花壇の中では一見存在感無く見えるけれど、

近くで見たとその存在感は抜群。

グレープバイカラーベインネクタリーシングル

このお花は昨年はもう少し紫っぽい色で妖艶な姿だったのですが、

今年は何故か、ピンクっぽい仕上がりで可愛いカップ咲きに・・・(一一”)

ベインの模様もバイカラー具合も全体がぼやけて個性が薄くなった感じです。

何でや・・・・・(;一_一)

ホワイトスポット

白地に赤いスポットが入り、地味なような派手なような花姿。

何とも言い難いお姿です。

そして、最後は小豆ちゃん姉妹。

同じお父さんとお母さんから生まれたと思われる姉妹なのですが、

少しずつ違いが見られます。

花弁は明るい赤だったり、赤黒い赤だったり・・・

この子達に限っては花弁の縁が色が抜けていて特徴となるブロッヂのように見えます。

かと思えば、花弁の色は薄く抜けて、姉妹とは思えないほどの花色です。

花弁の色も形も大きさも撚れ方もそれぞれで、不思議でしょう?

人間も兄弟姉妹で姿形、性格まで違うのですから、

植物にだって差が出てもおかしくは無いけれど、

その不思議な魅力の塊に吸い寄せられ、抜けられずにいます^^