カテゴリー別アーカイブ: 休日、余暇の過ごし方

見れた人、見れなかった人。

先日の日曜日の夕方、

買い物に出かけると雨上がりの空が鮮やかな夕焼け空に染まっていました。

夕焼け空

その美しく鮮やかな空に目を惹かれ、思わずパシャリ

あまりに美しかったので家に着くや否や、

息子に、「空がキレイやで、見てみぃ~」と声をかけると、

「もう、見たで‼」と即答。

「エッ、今の空やで?見たん?」

「見たわ、めっちゃ綺麗やった。綺麗なだけ違うて、虹まで見たわ♪」

「嘘ぉ~ん‼ 虹出てた?( 一一)チロッ」

「うん、大きなダブルレインボーが出てたわ♪」

「ほんまかいな~、オカン、見えんかったけど~?」

「イヤ、俺、ガッツリ見えたし、写真も撮ったわ」

「ほんま~、見せて見せて~っ‼」

「にゃ~、ほんまや~、しっかり写ってるやん‼」

「ほんで、マジ、ダブルレインボーやん‼」

「そやろ?オカン見えんかったん?」

「うん、見えんかった・・・(。-_-。)目が悪いし見えんかったんかな~(汗)」

「イヤ、心の綺麗な人じゃないと虹は見えのやろ~(¬_¬)ジロッ」

・・・・・・・・・・・・・・・・

「何やソレ‼、見る場所と、角度の問題やろ‼ ( ̄‥ ̄)=3 フン 」(大人げない)

「ハイ、残念‼( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ」

「・・・・・・・・・・ (ー_ー#)チックショ~~~」

・・・・・という事で、ダブルレインボーの写真、ぶん取りました(笑)

虹

虹

ダブルレインボー

確かに薄っすらですが二重に光って見えます。

ダブルレインボー

「二重虹」は別名「ダブルレインボー」と呼ばれ、世界中で幸運の縁起物とされています。

そんな縁起物、見逃すとは・・・悔しい~~~(>_<)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

やっぱり、心が綺麗じゃないと見えないんかな・・・”(-“”-)”チーン

 

幸せな時間♡

先日、娘と一緒にこんなところへ行ってきました。

こんな時期に・・・とは思いましたが、

他のお客様がいなかったので有難い事に貸し切り状態でした。

そこは「猫猫寺(にゃんにゃんじ)」

前々からず~っと行ってみたい場所でした。

「寺」とは付きますが、決して「お寺」ではありません(笑)

・・・と言って、猫カフェと言うものでもなく、

猫好きとアート好きにはたまらない小さなテーマパークのような場所です。

京都の八瀬から大原三千院に行く途中ののどかな大原の集落に

ひっそりと佇むように「猫猫寺」はあります。

趣のある古民家を利用しているので、何処か懐かしく、落ち着きます。

猫猫寺

引き戸を開けて中に入ると

猫作家・加悦雅乃さんの見事な作品が目に入ると同時に、

ハンドメイド作家さんたちの作品がズラリと並んでいます。

猫猫寺

猫猫寺

IMG_8992

先へ進むと、加悦雅乃さんのかかれた見事な襖絵が見えます。

加悦雅乃さんの襖絵

加悦雅乃さんの襖絵

加悦雅乃さんの襖絵

猫たちの豊かな表情と色合いやタッチの素晴らしさは、

見ているだけでとっても幸せな気分にさせてくれます。

別の部屋には加悦雅乃さんのアートギャラリーもあります。

加悦雅乃さんの作品

加悦雅乃さんの作品

その作品の数々はとても素晴らしく、魅了され感動しっぱなしです。

加悦雅乃さんの作品

加悦雅乃さんの作品

IMG_9060

加えて、その作品の数々が気取らず身近に見られることも、

私にはとっても新鮮でとっても刺激的でした。

そして、猫猫寺の中にはカフェもあるのですが、

途中、住職見習の猫ちゃん(チッチや龍(ろん))も登場し、

私たちをもてなしてくれます。

チッチ

ロン

そんな猫ちゃんに癒されながら、お腹も満たされたいと、

「プリンにゃらモード」と飲み物を頂いたのですが、

猫の形をした器にはクッキーで出来た耳や

シッポが可愛い猫型ロールケーキとプリンがのっていて、目でも楽しませてくれます。

カフェの窓から美しい山並みとともに、高野川の風景が楽しめ、

IMG_9059

その上、加悦雅乃さんの素晴らしいアートと作家さんたちの素晴らしい作品に囲まれ、

人懐っこい猫に癒され、美味しいものを頂いて、

目も耳も胃袋も心も満たされて、私は大、大、大満足♪

まるで夢のような幸せな時間を過ごさせていただきました。

オマケ。

途中、お手洗いをお借りしたのですが、ココもちゃんと「猫」でした。

IMG_9047

こんな姿にまで癒される私です(´∀`*)ウフフ

何目的?

お正月、毎年恒例の初詣に近くの梅宮大社に行ってきました。

京都 梅宮大社

この梅宮大社は、桂川の東岸に鎮座する神社です。

梅宮大社の境内に足を踏み入る際に、まず目に付くのが楼門の上の酒樽の数々。

ご祭神として祀られる山の神様である大山祇神(オオヤマズミノカミ)のもう一つの性格である、

酒の神様としての一面に関連しているようです。

ただ私は下戸なので、お酒に関してお願いすることは無いのですが、

昨年1年無事に過ごせたことへのお礼と家内安全のお願いをしてきました。

そして、毎年この梅宮神社へ行くお目当ては、別に・・・

なんでも梅宮大社は、20年くらい前に保護した野良猫が多くの子猫を出産。

現在でも数匹の猫が悠々と暮らしているそうですが、

猫は犬と並んで安産に縁の深い動物なので、「子宝の神社」=「猫神社」となったようです。

私が行ったときには残念ながら3匹の猫しか出会えなかったけど、

どの子も、冬毛だからか、美味しいものと沢山の愛情を頂いているか、

我が家の飼い猫よりもふくよかで、モフモフで、猫好きの私としてはコチラが主役?(^^ゞ

IMG_8279

猫たちは寒いからか、こうしてお賽銭箱?の上や、社務所前の窓際に座って、

暖かな建物の中に入ろうと虎視眈々と狙ってるようで、その姿もとっても可愛かった~♡

IMG_8277

IMG_8280

その姿が見られただけでも、癒されまくりの私。

そして、今年は今まで見れなかった白猫ちゃんにも会えましたよ♪

IMG_8283

IMG_8285

出来ることなら撫でてモフモフを感じたい所ですが、

我が家の猫と、猫社会の事を考えると、その気持ちを押し殺して

一定の距離を置いて猫ウォッチングするのがベスト‼・・・と、

私なりのルールを守りつつ、その空間と時間を楽しませてもらいました。

そして、もう一つの楽しみ。

一足早く咲きだす境内の梅の花を愛でられるのを楽しみにしていたのですが、

今年はなぜか、まだまだ固い蕾。

IMG_8273

暖冬ではありますが、春はまだまだ先のようですね。

 

最後に、猫つながりで我が家の猫の新年のご挨拶。

猫のみぃ

「明けましておめでとうにゃ~」

・・・って、イヤイヤ、みぃちゃん、その顔恐いよ(;´∀`)

こんなところまで飼い主に似るとはね にゃはははは~

忸怩たる・・・

ちょいと前の話。

8月も終わりのある日の夜の事。

暇つぶしに以前100均で買った軽い紙粘土を出して、

何気に掌で丸めたり潰したり、コネコネしたりして遊んでいると、

何となく人の顔のような形になったので、

その紙粘土に爪楊枝で目や口の線を引いて、

近くにあったペンでそこを塗ったらいよいよ顔みたいになったので、

2つほど追加で作って、並べたら・・・

ひょへ~~~~~っ‼Σ(・ω・ノ)ノ!

IMG_7075

「恐~~~~~っ」((+_+))

センスの無さがこんな仕上がりになるとは・・・・・(-“-)ガビーン

自分で作っておきながら、あまりにも気持ち悪い出来だったので、

恐がらせようと、いたずら心で紙に文字まで書いて、ラインで息子に送ったら、

IMG_7076

しばらくして、

「いやぁ~、気持ち悪いな、おい‼」

 

「けど、よく見ると、全員味があるな」

「キャラ持ってる」

「すばらしい」

・・・とのコメントが。

 

「変なもの、送ってくるな‼」と叱られるかと思いきや、

思ってもいなかったコメントに、私が「絶句」(-“-)

1枚も2枚も上の大人な対応の息子。

ええ歳して、いたずら心に変な写真を送ってしまった自分を恥じた。

息子よ、馬齢を重ねているだけの母を許せ <(_ _)>チーン

時間と身体の使い方、間違ってる?

お盆の過ごし方2

お盆の間、見えないところのお掃除に明け暮れたと先日申しましたが、

もう一つ、大仕事を済ませました。

それは、お花のドライフラワーを作るとき使うシリカゲルの再生をするため、

5kg以上のシリカゲルをフライパンで少しずつ炒っておりました。

シリカゲルの再生

使い古しのフライパンにシリカゲルを入れてヘラで回しながら

水分を取っていくのですが、まぁ~、この作業の暑い事、熱い事(◎_◎;)

3時間続けた作業はブヨブヨの二の腕がパンパンになるほど。

お陰様で、又、ドライフラワーが作れるくらいには再生出来ました。

IMG_6885

でも、残念ながらドライフラワーにするお花が花壇にありません”(-“”-)”チーン

どっちも大事

お盆休みの間は宣言通りお掃除に明け暮れた私。

でも、毎年のことながら、この時期の大掃除は目に見える場所ではなく、

洗面所やお風呂、台所の排水掃除に、トイレのタンク掃除、

洗濯機の排水や洗濯槽掃除、猫のトイレやベランダの掃除・・・と

見えないところがメインです。

(これから掃除をするので、ちょいと汚いけど許してちょんまげ)

IMG_6993

しかし、娘も息子もお盆休みが無いので手伝ってもらえず、

重たい洗濯機を一人で動かしてホースの中を洗ったり、

這いつくばって配管の中を磨いたり、1人黙々と頑張りました。

IMG_6994

しかしながら、目に見える場所がピカピカになれば、誰かが気付き、

褒めてくれたり、労ってくれるけれど、

排水やタンクを掃除したとて、誰1人気付きもせず、

汗びっしょりかきながら掃除したという自己満足のみ・・・(チーン)(。-_-。)

でも、配管が詰まってしまったら遅いし、何事もメンテナンスは重要よ‼

 

・・・・・・・なんて自分を慰めてみたけれど、

 

考えたら、自分の心と身体のメンテナンスする間が無かった~~~(泣)(T_T)

 

何しに行った?‼

先日のゴールデンウィークの休日の事ですが・・・

休日初めから掃除や衣替え、洗車や大型家具の解体断捨離と、

飛ばしまくり、後半バテていた私ですが、

お天気も良かったので息子とドライブがてら、

大坂茨木市のザ・ファーム・ユニバーサルさんへ出かけてきました。

*外観取り忘れてしまいました。

ドライブと園芸店をダブルで楽しめるなんて、なんて幸せなんでしょう♥

出発時間は午後からの時間でしたが、到着すると沢山の車と人で一杯(>_<)

やっと、駐車場に車を止めて、いざ、出陣‼

早速、獲物?を探そうと入り口に入ると、ミミズクさんがお出迎え。

IMG_6119

そのあまりの可愛さと羽の美しさに見とれ、

その先に進むことも忘れ見入ってしまいました。

IMG_6118

「おぉ~っっとイカン!時間を忘れるところだった」と現実に戻り物色していると、

何やら「いちご狩り」の文字を発見!

それまでお花や雑貨を見るつもりだった気持ちは大幅に的をずらし、

欲望のままイチゴ狩りが出来るハウスに直行(^^;

しかし、ハウスの前まで行くと、「本日のいちご狩りは終了」・・・とな(>_<)

膝から砕けそうになりながらハウスを覗くと、

摘んだイチゴパックが売られていたので、それを買ってその場でいただくことに。

IMG_6123

最初は味見のつもりでしたが、息子と2人、競うように食べまくり、

1パック食べきった、とんだ大食漢親子です(汗)

でも、出来ることなら1つずつ千切って食べたかった~(T_T)

IMG_6127

そのあと、側にヤギに餌やりが出来るコーナーがあり、

ヤギを見に行ったのですが、息子も私もヤギの目が苦手て、

結局外からヤギの姿を見るだけに(笑)

IMG_6130

IMG_6132

そこで、気になったことが1つ。

よく見ていると首のあたりに何やらプラプラしているものが・・・

nikuzen_1

*ネットよりお借りしました ペコリ(。-_-。)

帰ってから調べてみると、

「肉髯(にくぜん)」とか「肉垂(にくすい)」と呼ばれるもので、

スイス原産のザーネン種等によく見られ、

この肉髯の「ある・なし」は遺伝に依っていて、「ある」方が遺伝的に優性で、

何のためにあるかというのは不明または機能はないというのが定説のようです。

この歳になるまでヤギをマジマジと見たことが無かったとはいえ、

幾つになっても知らないことがまだまだ一杯あるなぁ~・・・と思った一時でした。

その後、お店を周り獲物を探しましたが、コレっというものに出会えず、

この日は大人しく帰りましたとさ。

「一体何しに行ったや~っ」て感じですが、言えることは、

イチゴで腹を満たし、ミミズクに癒され、ヤギで勉強になったという事です(笑)

そして、息子とのドライブタイムはとっても楽しい時間だったという事かな^^

時間を共有出来る幸せ♪

昨日はよいお天気だったので、久しぶりに息子とドライブ♪

IMG_4691

・・・っと、言っても運転は息子にお任せでしたけどね^^

市内では木々も色づき、山々はさぞかし紅葉して綺麗だろう・・・と

京都縦貫道を走りに行ったのですが、

残念ながら、山々の紅葉は少し色づき始めたばかり・・・(。-_-。)チーン

なので、遠出はせず、京丹波和知までとし、

コレと言って綺麗な景色も見られなかったので、

せめて胃袋を満たすべく、帰りに道の駅 京丹波 味夢の里に寄って一息。

息子とお昼ご飯を食べたり、道の駅の中を物色したり、楽しんできました。

そして、お出かけのお土産は道の駅で買った大粒丹波しめじ(はたけしめじ)

IMG_4697

香りと味がよく、シャキシャキの歯ごたえが特徴だそうで、

キノコ好きの私としてはゲットするっきゃない(笑)

今晩にでも調理して食べる予定です。

そして、帰りにちょっと寄り道。

近くの鈴虫寺に寄ってきました。

IMG_4692

236

撮り忘れたのでWEBよりお借りしました ペコリ。

鈴虫寺は正式な名称は「妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」といいます。

一年中心和む鈴虫の音色が響く、鈴虫のお寺です。

またお寺自体は縁結びの神様で、お地蔵さまがお祀りされています。

「幸福地蔵」という鈴虫寺のお地蔵さまは、

ひとつだけ願い事を叶えてくれることで慕われています。

鈴虫寺

コチラも写真撮り忘れでWEBよりお借りしました ペコリ。

参拝客の家を回って願い事を叶えに来てくれるそうで、

その為にわらじを履いていらっしゃるそうです。

ですので、参拝時は自宅の住所と名前、願い事1つを

心の中ではっきり唱えなければいけないそうな。

言い忘れたら、お地蔵さまが道に迷って願い事を叶えに来てくれないので、ご注意を^^

折角なので、私も息子と一緒に列に並び、

鈴虫の音色と和尚さんの有難い説法を聞いて参りました。

IMG_4694

毎回お話しされる内容は異なるようで、

和尚さんの説法は鈴虫寺の魅力の1つとなっているようです。

たまには息子とこんな時間を共有するのも良いものだな~・・・と思った休日でした。

ど~こだっ!

♪アロハ~♪ 南の島へバカンスに行ってきました~(≧▽≦)

 

な~んて、言いたいところですが、

実際は今年も娘と2人、故郷へ弾丸帰省(3日間)をしてきました(笑)

・・・と言っても、長崎県平戸までは道中の移動だけで時間を使ってしまうので、

実質、1日しか家にいることが出来ず、

毎度のことながら母とゆっくり話をする時間もありませんでした(^^;

佐世保からレンタカーを借りて平戸まで。平戸に着いて港にある平戸港交流広場でパシャリ。

右側上部に見えるのが平戸城

真ん中一番奥に尖って見えるのが平戸教会

平戸港交流広場のカリヨンの鐘は時計を備えており上部には
波をけって進む帆船を線描でかたどっている。
今まで、この鐘の存在に全く気付いてなかったわ・・・チーン

最初は1人でゆっくり帰省するつもりだったのですが、

娘も母に会いたいというので、今年も娘の休暇に合わせての弾丸帰省となりました。

平戸

ゆっくりする時間はなかったけれど、

少ない休暇を母に会うために使ってくれる娘には感謝です。

年老いた母も娘と孫の帰省を首を長くして待っていてくれ、

久々の再会にテンションが上がったのか、私や娘の顔を見ながら満面の笑みで迎えてくれました。

96歳の母は昨年より一回り小さく細く、弱々しくなり、

耳も遠く、目も見えづらくなったようで、

そんな自分が嫌なのか、何度も何度も、

「こげんなってしもて、つまらん」(こんなになってしまったらどうしようもない)

「それでも、動かんようになったらお終いやけん気張りよるとよ」と、つぶやいていました。

なので、その不自由になった身体で近くの畑に行くのが日課の様。

私はそんな母にコレと言ってしてあげられることも無く、情けないけれど、

数年前から指先が不自由になってきたと言うので、

帰省の度にマジックテープで脱ぎ着出来る洋服を買って持って行くのですが、

今回も「こんな歳になっても娘にお洒落させてもらえて嬉しか~」

「病院やリハビリに行くと、いつもお洒落さんやね~って言われるとよ~」と大喜び♪

IMG_3477

使い痛め関節が曲がってしまった母の指

幾つになっても女性としての身だしなみを気にしている母、まさにリスペクト(ー_ー)!!

 

着いたその夕方には薪でお風呂沸かしを今年も。

娘は昨年、初めてお風呂の火おこしをして楽しかったのか、

「今年は1人でやってみる~」・・・とチャレンジしていましたが、悪戦苦闘。

横で助言をしながらやっているとやっとそれらしく薪も燃えてきてヤレヤレ。

IMG_4310

もう、数十年前、亡き父が風呂場を改装した際、

これからはガス風呂にしようと家族が望んだにも関わらず、

「薪で沸かした湯はなめらかで温かいからそこは譲らない」・・・と

家族の意見を取り入れず通した薪で沸かすお風呂。

時代錯誤も良い所だけど、未だその方法で風呂を沸かしています。

でもね、今になってわかるの。

父が言っていた湯がなめらかで優しくて温まる・・・って意味が・・・ね。

 

おかげで2時間がかりでやっとお風呂が沸きましたとさ はははっ(;´∀`)

20年物

昨日はお休みを頂いて、久々に家の大掃除をしました(笑)

・・・と言っても、家の天井収納に置いていた諸々の断捨離です。

この家に住みだして20年、子供達の成長やライフワークの変化に伴い、

色々な物が増え、天井収納は物で溢れ返り隙間もない程でした。

しかし、年齢を重ねるごとに、その天井収納に収納する事すら大変になり、

この先は開かずの間となってしまうような気しかしていませんでした。

今後、子供達が巣立った後の事を考えると、

運び出しやら整理やら、とても1人では出来そうにないな・・・と思い

手伝ってくれる子供達がいるうちに・・・とやっと重~い腰をあげました。

しかしながら、20年分の諸々は草々には片付きません(汗)

季節毎の電化製品や子供達の小さな頃からの思い出の品、

又、お客様用のお布団や座布団、趣味の小物などなど、

何から手を付けて良いのやら・・・

それでも、何処かで線引きをして断捨離をしなければ・・・と、

娘と相談しながら、必要最小限のものだけ残して、

不必要になったものはリサイクルショップに出したり、

クリーンセンターにゴミ出しにと1日フル回転で片づけをしました。

片づけをしながら何度も「勿体無いオバケ」が出ましたが、

心を鬼にして、残すのはお客様用お布団のセットと子供達の絵や賞状、作品だけにし、

どうにかスッキリと片付けることが出来ました。

おかげで今日は若干、体の節々にきしみが・・・(笑)

 

話変わって、そのクリーンセンターに行く途中、

二条城前を通っていると、こんな物が目に入りました。

IMG_2728

カラーコーンです。

カラーコーンの景観にまで気遣っていたなんて、今まで気付かなかった~(;”∀”)

京都の景観意識恐るべし(パチパチ)